人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


チアキ4人が投票した。
マユミ1人が投票した。
ロビン2人が投票した。

チアキは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
マユミが無残な姿で発見された。


現在の生存者は、クレパスキュール、ワレンチナ、トレイル、メルヤ、ロビンの5名


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

 
……そんな君は。

どんな味が、するのかな。

(0) 2017/04/09(Sun) 01時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


[長椅子の箇所から幾分離れた、
 角を一つ曲がり進んだ、陰。
 照明を逆光に、彼女を見下ろす男の瞳は、
 漆黒の石のように、鈍くも強く光り、]

[その口元には、
 三日月が、*浮かんでいた*]

(1) 2017/04/09(Sun) 01時半頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 01時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

 空耳じゃないようね····
話は後よ!フォークに襲われてるのかもしれない!!

 [>>4:82教えてはともかく会いたいと言う言葉に疑問は残るけれど、叫び声に優先を感じてクルリと車椅子を回転させて背を向ける。
急ごうと握るハンドリムに力をこめて走り出そうとしたところに背中からの気配>>4:83を咄嗟に感じれば、慌ててその近づく足に腕を向けて身体を反射的に守るけれど····]

 つっ!?貴様····!!!

[ガシャッと音をたてて倒れる車椅子、自分の体も放り出されて体勢を立て直す間も与えられない、右腕を奪われ組み伏せられ取り出す刃物が見えれば奥歯を噛み締め、油断に悔しがる顔を見せた。]


 くそっ···!
 ゆっくり話などしてる場合ではないのに···

 
[彼はフォークなのか、焦る気持ちと過る不安。
右のポケットにはカッターがあるけれど、右手を奪われている状態では取り出すことも出来ない、止むなく抵抗を止めて俯いた*

(2) 2017/04/09(Sun) 02時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時頃


【人】 営利政府 トレイル

 こういうことする気、あんまりなかったんですけど

 でも、だって いくら外国でもさ、
 就職の面接に 関係ない人連れて行かないでしょ?
 まあ、俺も面接受けたことないけどね

[車椅子は簡単に倒れ込み、乗っていた彼女も投げ出された。きっと、通常なら彼女はこうはならないだろう。現に触れた右腕に、筋肉質の硬さを、服の上からでも感じている。]

 それで、われんちなさん
 俺は詳しくないから聞きたいんです
 あなただったら、一時的に相手の動きを奪う時って
 どこを刺すんですか


[俯いた彼女に見えることはないだろう、瑠東は確かに高揚を口端に乗せ。彼女に、どこを刺されたいか尋ねる。素人に刺されるよりは、と答えるのを期待してか否か、表情はもとより声音からもつかめない様子で]

(3) 2017/04/09(Sun) 02時頃

【人】 営利政府 トレイル

 ゆっくり話してる場合では、って。
 あの悲鳴がケーキだったら大丈夫ですよ
 どうせ食われるだけだろうし
 
 そんなの、ここでだって、外でだって
 たくさんあるうちの一つでしょ 

[廊下に伏せた彼女にも伝わるだろうか。
瑠東が、右手に持った刃物の先を
どこを刺すべきかを確かめるように
服越しにひとつひとつ、筋肉のついた部位をなぞるのを。]

 でもね、安心してくださいね
 あなたを殺すつもりはまだないですから

 だって、悲鳴の先のフォークが最悪な野郎だったら
 俺はちゃんと、殺してくるんで 
 そしたら、はは、仲直りしましょ

(4) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【人】 営利政府 トレイル

  それで、

[尋ねる声音は確かに低く、冷たく]

   俺に刺されるの *どこがいいですか?*

(5) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時半頃


【人】 逃亡者 メルヤ


 ……なにがあったし。

[中庭を抜けて廊下に出る
第一声がそれになってしまいました
一瞬入ったつもりだったけれど、その間になにかあったのでしょうか]

 ……何処に行くかなぁ。
 ……赤い部屋とか?

[廊下から赤が漏れていた部屋を思い出して
そこに向けて歩き出す]

(6) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……なにがあったの?

[ぎりあんさんの部屋について
部屋はどんな状況だったでしょう
その部屋に誰か>>4:69はまだいたでしょうか
いなければ、他のところに向かったでしょうが**]

(7) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時半頃


逃亡者 メルヤは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時半頃


【人】 執事見習い ロビン

 ―――――!!!

[好きだから食べた。それを肯定されたとしても、何が諒恕できる訳でない。それでも、何かしら、そう、人として、せめて人である事を許して欲しかったのだ。

気紛れに隣人に本を貸し出すような。
…ほんの少し胸をときめかせて、放課後を待つような。

それが、けして香餌が故でないと未だ信じたいと思っていたのだ。
返される笑いはからからと。その無恥を、浅はかさを嘲笑うように。

この部屋で初野は、ギリアンと、六川と、どんな話を行っていたのか。六嶋は知らない。]

 あ、ああああああ!!

[二人の体格差は大きく変わる事はなかったが、繰り返す嘔吐は六嶋の体力を大きく削り、常なら振り切る事など無理と思えたものが、するり、と初野の手から逃れたのは、その手の血の滑りの為か、振り回す刃物から距離を取ろうと、一歩下がった初野が、そこかしこで乾きかけた血と脂の沼に体勢を崩す。

切っ先が自由になった事に一瞬戸惑った。初野を見る。何処か、此処ではない約束を思い出すように、此処ではない人物に問い掛けるように、初野はまだ、切っ先の届く距離に居た。

今度こそ、骨切鋏の刃先を、その首筋へと叩きつけた。]

(8) 2017/04/09(Sun) 11時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 
 就職?面接?何をわけのわからないことを・・・

[体勢の不利にそれを覆す方法は何か無いものかと思考を巡らせる。
自力での脱出は説得以外にはもはや不可能か、しかし刃を身体になぞらせる瑠東の様子に説得なんて果たして通用するのか。>>3

それよりはそう遠くないところにいる呉羽がいる。
何とか彼を利用出来ないだろうか。

気持ちの悪い嫌悪感と危機感にのまれかける気持ちを抑えてこの場を打開する材料を探しては最善を練っていく。]

(9) 2017/04/09(Sun) 11時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ・・・一番早いのは私を解放して実践を見てみることね。
 抵抗の出来ない女に刃物まで取り出して・・・
 あなたは何が目的なのかしら?私を食べるの?
 それよりはフォークを刺して苦しむ顔を見た方が
 何倍も楽しいと思うけど。


[刺して欲しいところなんて答えるわけがない。>>4>>5
彼がフォークなのかケーキなのかもわからなくなってくる。
しかしまだ殺すつもりは無いと言うのなら一か八かとなる呉羽を呼んで賭けに出る前に試す余地はまだあるように思えその矛先を何とか変えられないものかと試みる。

ワレンチナは食べられたいとも思わなければ傷つきたいとも思わない。属性で言えばお腹の中に甘い蜜を蓄えたミツツボ蟻のような存在か。
美味と言う理由で捕獲され、最後まで抵抗を続ける甘い昆虫は、ときに生きたまま食される。味自体はラ・フランスの香りを漂わせたフルーツの味だろうが・・・。

そのままどこかを刺したならば私は悲鳴の前に呉羽の名を叫び、助けを求めて暴れだすだろう*]

(10) 2017/04/09(Sun) 12時頃

【人】 執事見習い ロビン

 ―ッ

[肉を深く抉る感触に怖じけて、咄嗟に手を引いた。穿った傷口から、刺し抜いた大動脈から、噴水の様に赤い血が降り注ぐ。]

 うわ、わ、わ、わあああああ!!!!

[その傷を塞ぐように二度、罪の意識を叩きつけるように三度、四度、五度目はもう何も考えてはいない衝動のままに。何度も何度も叫びながら骨切鋏の切っ先を初野の首筋へ叩きつける。

ずるり。力を失った初野の重みが、勢い此方に凭れかかるのに、混乱やいやまして、首筋と言わず、肩、背中、至る所に切っ先を立て続ける。その重みのまままるで二人して床にへたり込むように崩れ落ちる。]

 あ、あ…あ…

[初野の身体はまだ温かく、溢れる血はいっそ熱いほどだ。首筋に新しい口の様な無残な創傷が幾つも開き、…しかしその骸は饗される事もないまま、無為に冷えていくしかない。

意味のない声を口から零し続けながら、背後から掛けられた声にも気付かず>>7、力を失った手は鋏を握ったままだらりと垂れ、「フォーク」だったかっての隣人を抱えて、蹲っていた。]*

(11) 2017/04/09(Sun) 12時頃

執事見習い ロビンは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 12時頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 13時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 13時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 13時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>9 取り乱す様子もないイワノコフに、瑠東は鼻白んだように息を吐いた。
その実、彼女が胸裏で打開策を考えていること。彼女が、自らを律することに長けた人物だということ――ともに暮らした月日の浅い瑠東には推測することも能わなかった。]

 目的ならさっきから言ってるじゃないですか
 『フォークとゆっくり話したいから』
 話して こいつでいいかな って思ったら、
 俺、フォークにつきますよ

 あんな汚い食い方するんだから時間はかかるだろうけど
 ――まあ、食い方教え込むのも楽しそうですもんね
 俺そういうの結構好き
 少しずつ相手を変えてやるってぞくぞくしませんか、ねえ


[>>10 その問いが、たとえ時間を稼ぐ目的だろうと、思考の綻びから現状を打破するためのものであろうと。瑠東は気にせず言葉を返した。けれど返答は歪に積みあがった価値観に支えられ、それだけでは、理解することも少なかろう]

(12) 2017/04/09(Sun) 14時頃

【人】 営利政府 トレイル

 まあ、……実践を見せてもらう気は、
 もちろんないので、……んー……


[話す間にも刃先は衣服の上から骨を探り、
骨に絡みつく筋繊維をなぞり、

ここでいいかな、などとのんきな言葉と共に止まった。

肩甲骨。
筋肉のついた、けれど、男のものより華奢な背にある
その右側の骨を。
右腕の運動能力を支える、その根幹を。

イワコノフの、ひねりあげた右手を膝で封じたまま
瑠東は体重を両手に――両手の先の、刃物に乗せて。

裂いた肉の、筋繊維の、その奥の骨を砕くために
鈍色の光を埋め込む。]

(13) 2017/04/09(Sun) 14時頃

トレイルは、ワレンチナの肌が、刹那衣服の奥に見え、すぐに赤に覆われて見えなくなる

2017/04/09(Sun) 14時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>10悲鳴は、誰かの名前に置き換わった。
誰かの。呉羽の、名前に。
先程言葉を交わした、その男の名前に。
>>8>>11それなのに、どこかからは別の声が、
なにかの悲鳴が、鼓膜を揺らす。

二つの音を受け取り
 あぁ、  と瑠東は、吐息をこぼした。
 一瞬の充足を得たかのような、微かな熱の発露のある吐息をおとし]

  だめだよ
 名前呼んだら、来ちゃうじゃん
 
 はは、ゆっくり話す時間なくなっちゃう
 いそがなきゃ

[刃物を引き抜いた。
瑠東はイワノコフの上から立ち上がり
――立ち上がる刹那に、その金髪に触れ
急がなきゃ ともう一度口にし 歩き始めた*]

(14) 2017/04/09(Sun) 14時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 14時頃


トレイルは、ワレンチナの血が付いた刃物をぶらさげて

2017/04/09(Sun) 14時頃


【人】 逃亡者 メルヤ


 ……あ、あれ?
 おーい、六嶋くん?大丈夫?

[声をかけても反応がない>>11
しかたない、と誰のだかわからない赤い水溜まりに遠慮なく足を踏み入れる
ぴちゃりにちゃり水音ならして]

 六嶋くーん?大丈夫?
 ……やっちゃったんだ?

[崩れ落ちたのを助けようとも
初野さんから流れる血を止めようともせずに
六嶋くんを真っ直ぐ見れる位置に移動して問いかけた
普段通りに真っ直ぐ見つめて**]

(15) 2017/04/09(Sun) 14時半頃

逃亡者 メルヤは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 14時半頃


閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 14時半頃


【人】 執事見習い ロビン

[暫く。もう反応を返す事もない、ただ冷えていく骸を抱え込むのに、意識の外から、呼ばわる声がする>>15

見上げれば、見慣れた顔が、此方へ「やっちゃったんだ?」>>15などと声を掛けており]

 …………は?

[存外、低い声が喉から漏れた。八重が何時からこの場を把握していたかは知らないが。それほどに軽い声を掛けられるほどに、此処で何が起こっていたか。「被害者」は。「加害者」は。どちらか認じているのかと、憤懣も顕な目線を、その目に向けた。]*

(16) 2017/04/09(Sun) 15時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[歩き、歩いて
数週間歩きなれた、入所者たちの部屋が連なる廊下。

そこには、ささやかな川があった。

地に恵み齎すとは到底言い難い、肉紅色の
枝つ別れた先から褐色みのます、ちいさな川>>4:30が。


瑠東がたどったのは、階段に流れ落ちるものと、逆に伸びた支流であり
そのせいだろう、こちら側はさほど長い脈を残してはいない。]

(17) 2017/04/09(Sun) 16時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[足音のないように、血脈の源を、たどる。
たどった先、一つの部屋の前にある血だまり。

その先には気配があった。
生きた気配が、むせかえるような血の香りの中に紛れて
部屋の中から這い出している。


>>15>>16 複数ある声の欠片が耳に入る
瑠東は少しく思考する間を、歩くリズムの中に織り込んで
そして、血だまりの横で足を止め、壁に背を預けた。
その声を、その部屋の状況を、知ってみようと思って**]

(18) 2017/04/09(Sun) 16時半頃

トレイルは、下げた刃物から落ちる滴が、床の血液と*混ざりあう*

2017/04/09(Sun) 16時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 16時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

 フォークとゆっくり話す?フォークにつく?
 あなたは何を言ってるの?
 
[話せば話すほどに彼の思考、その行動が理解できない。>>12
ゆっくり話すために私は邪魔だと言うのだろうか。
私を切る理由。楽しみを奪われてしまうことに怒った子供とでも理解すればいいのか、説得が能わりそうにない様子に必死に次を考えるけれど、彼の握る刃が私の背中を宛てがいその動きを止める]

(19) 2017/04/09(Sun) 21時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ま、待て!!!
 まだ話は・・・やめろ・・・
 ぐっ・・・・う、うう
 
[彼の気配が変わる、肩の後ろに立った切っ先は背中の弾力が空しいほどあっさりと沈んでいく。
押し込まれるほどに激痛が走りそれでも体重を乗せて骨にあたっているのが自分でも感じられた]
 
 こんなことして何になるのよ!
 呉羽!!! 呉羽!そこにいるなら助けて!!
 
 いっ!ああぁあああ――っ!!

[助けを求めるのが遅すぎたのか、いや、どの道この状況を覆すなんてそもそも無理だったのだろうか。
身体の筋肉と言う筋肉を硬直させて全身から吹き出る汗と震え、その重たい激痛に身をよじりたくても、右腕は動かせず、届かぬ左手をただ闇雲に動かしてそれを堪えるしかなかった。
ゴリともパキともわからぬ音とブチと裂ける音、そしてさらに深く沈みこんでいく追加の痛みは凄まじく、右肩からの感覚が消えるのと同じくして彼の声を聞くだけの余裕も消えていった。

開放されたとて動けるわけも無く、温かい自分の血に溺れて、ただただ、うめき声をあげていただろう]

(20) 2017/04/09(Sun) 21時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 う、ううう・・・ 

[右肩からの自由を失い、唯一動く左手は届かぬ肩甲骨から激痛の響きを我慢するために右腕を力なく抱きしめていることに精一杯。
うつ伏せに倒れながら 時折膝で立ち、離れていく彼>>14に涙を滲ませた怒りの目で睨みながら、再び崩れた*]

(21) 2017/04/09(Sun) 21時半頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 21時半頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時頃


【人】 逃亡者 メルヤ

[固まった血のせいで片目が現在あきませんが
それはそれでいいでしょう
六嶋くんが低い声を出しても>>16
にっこり笑っておきましょう]

 ……だって、君。
 鋏握ったままだし、君がやったんじゃないの?それ。

 違ってたらごめんなさい?

[垂れた手にある鋏>>11をじっと見つめて]

(22) 2017/04/09(Sun) 22時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……私ね。
 誰が正しいとか間違ってるのかとかわからないし。

 誰が生きてるとか死んでるとか、でしか。
 物事を見れないんだよね。
 人を見ただけじゃ、なーんにもわからないし。

 ……だって、さっき来たばかりの場所の状況。
 君ならわかるのかな?

 ね、どうなってるのか教えてくれない?
 私も、これまで私にあったこと話すからさ。
 怖い声出さずにさ?……ダメ?

[話してくれるのだろうかと首をかしげた*] 

(23) 2017/04/09(Sun) 22時頃

メルヤは、顔の左半分が血濡れだ*

2017/04/09(Sun) 22時頃


逃亡者 メルヤは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時頃


執事見習い ロビンは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時半頃


【人】 執事見習い ロビン

[場にそぐわない笑顔が苛立ちを掻き立てるが>>22、君がやったんじゃないの、と指摘されて改めて気付いたように、抱えたままの初野の身体を突き飛ばす。だらりと垂れた腕、けれどその先の指は、白くなるほどに未だ血塗れの鋏を握りしめている。]

 ぐぇ……っ

[人を、殺した。いや違う、「フォーク」だ。
そう欺瞞を自分に言い聞かせながら、今更ながらの空吐きを繰り返す。嘔吐きと嗚咽が暫く響く間、八重はそこに居ただろうか。]

(24) 2017/04/09(Sun) 22時半頃

【人】 執事見習い ロビン

 …初野は、「フォーク」だった。先生と、多分、ギリアンも喰われた。

[荒い息の下、ベッドを指差せば、修道服に包まれた、今や半分ほどとなった肉の塊が見えるだろう>>4:37。それより前に犠牲になったギリアンは、あの巨体をほぼ食い散らかされたのか、部屋中に散らばる肉と脂と血の名残が残るばかりだが、此処がギリアンの部屋なら、ほぼ間違いはないだろう。

それだけ言うと、立ち上がる。

よく見れば八重の半面も血塗れであるが、この場において、何が正しいのかわからない、などと、ふわふわとした話に付き合う気には到底なれなかった。

…だからと言って、何をしたい訳でもなかったが。
ふらり蹌踉めく足で、扉を潜る。廊下の気配には、気付いていない>>18。]

(25) 2017/04/09(Sun) 22時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


[……]

[その頃の事だ。
 己の名を呼ぶ、悲鳴が聞こえたのは]

(26) 2017/04/09(Sun) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目
トレイル
28回 注目
メルヤ
17回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ギリアン
7回 (3d) 注目
ムパムピス
11回 (4d) 注目
マユミ
14回 (5d) 注目

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目
ヤニク
2回 (4d) 注目
チアキ
15回 (5d) 注目
ロビン
0回 (6d) 注目
クレパスキュール
23回 (7d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi