人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 季節巡回 こころ

/*
わっ。落ちてた(それはそれで、驚く奴

(-1) 2018/07/22(Sun) 23時頃

【独】 季節巡回 こころ

/*
それなら、オスカー君使って盛大にやりたかっt……w

(-6) 2018/07/22(Sun) 23時頃

【墓】 季節巡回 こころ

― 回想 ―

[麻衣も、特に思い当たる事は無い様で>>4:48
謝罪の言葉に、ゆるりと首を振り。]

 ううん。私も、全然分からないもの。

[眉を下げて笑んで。
続く言葉>>4:51には、『危ないから、麻衣は集合場所へ行って』そう返そうとしたけれど。
七海の言葉>>4:41に、その言葉を飲み込んだのだった。]

[届かなかった、七海の声>>4:58。]

[ごめん。
鈍足なくせに、こんな時だけは、少し早かったのかな。]

(+6) 2018/07/22(Sun) 23時半頃

【墓】 季節巡回 こころ

[私の中で鳴り響いた。
終わりを告げる、チャイムの音。]

[七不思議の一つが頭に浮かんだその刹那、その思考を遮るように、私の名を呼ぶ声がして顔をあげた。]

[七海!!!]

[追ってきてくれてるなんて、思わなかった。]

[危ないから来ちゃダメ!]

[そんな事を瞬時に考えて、反射的に元来た方向へ向けた視線は。
けれども。
目の前に立っていて、目が合ったのは、赤い瞳の少年。*]

(+7) 2018/07/23(Mon) 00時頃

季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/23(Mon) 00時頃


【墓】 季節巡回 こころ

 んっ……?

[気が付いたら、そこは、真っ暗な世界で。
追ってくれた友人の姿も、見えず。]

 七海! 七海!! 無事なの!?

[自分の声が、もう届かない事も。
自分の置かれた状況も、認識できていないまま。
友人の安否に、切迫した声をかけていた。**]

(+8) 2018/07/23(Mon) 00時半頃

季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/23(Mon) 00時半頃


季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/23(Mon) 10時頃


【墓】 季節巡回 こころ

 七海!! 私、ここに居るよ!!

[七海が私を呼ぶ声が聞こえるのに。
どんなに大きな声で返事をしても、届かないみたいで。]

 七海、危ないから、早く逃げて!!
 私は、大丈夫だから。

[何が大丈夫なのかは、サッパリ分からないが。]

 ごめん。 ごめん……。

[視聴覚室の中に、歩を進めたらしい七海。
先程赤い瞳の少年が現れた場所で、更に深くなった闇の中。
そんな場所に私、七海を一人にさせてしまった。
恐くないわけがないって、思うのに。]

(+19) 2018/07/23(Mon) 22時頃

【墓】 季節巡回 こころ

[そうして、何度目かの私の名を呼ぶ声の後。
移動するらしい気配と言葉に、胸をなでおろして。]

 うん。分かった。
 ……一緒に、行くね。

(+20) 2018/07/23(Mon) 22時半頃

【墓】 季節巡回 こころ

― 視聴覚室→ピロティ ―

[七海の手にそっと手を重ねて、隣を歩きつつ。
現在の状況に、思考を巡らせる。]

 赤い瞳の少年を見た。
 その後、七海には私の姿が見えなくなった。
 声も届かない。

 天宮君も、同じ状況?
 それなら、天宮君はどこかに居るのかな?

 ……私、死んだのかな?
 自分が死んだ事に気付かず、学校に留まってる?
 にしては、天宮君と同じなら、死体が無い。

[んー、と再び考え込み。]

(+21) 2018/07/23(Mon) 22時半頃

【墓】 季節巡回 こころ

 なら、異世界というか、別の空間?
 にしては、私からは七海が見えるし。
 声も聞こえるし。
 私が相手には見えない『状態』にされたとか?

[いやそれとも、片方からは認識できる別空間?]

 ……って、結局考えても分からないし。
 対処法も分からないよ!

(+22) 2018/07/23(Mon) 22時半頃

【墓】 季節巡回 こころ

 あ! そうだ!!
 どうやったらみんなが助かるか、
 オスカー君に聞けば。

 ……って、紙もペンも持ってない!

[しかも、返事が来るのは明日だ。]

[深くなった闇の中。
赤い瞳の少年が現れないかを警戒しながら、歩く。]

 ま、負けないから。

[赤い瞳の少年と、土俵を同じくした?ならば。
七海を守るんだから、って。
いや、怖いけれど。でも。]

(+27) 2018/07/23(Mon) 22時半頃

【墓】 季節巡回 こころ

[それから、思う。
天宮君が、もしも自分と同じ状況ならば、会えるかもしれないと。]

 天宮くーーん!!

[それからもう一人。]
 
 横戸せんぱーーい!!

[少年が私の前に現れたという事は、横戸先輩はもう自分と同じ様な状況にあるか、或いは、私の方に引き付ける事ができたのなら、無事逃げられたか。
どちらかではないかと思う。]

[ピロティへと歩を進めながら、私は、二人の名を呼ぶ。]

(+28) 2018/07/23(Mon) 23時頃

【墓】 季節巡回 こころ

[それから、ぽつり。]

 ……このまま、誰からも見えなくて。
 誰にも声が届かなくて、
 一人ぼっちになっちゃったら。

 …………こわい。

[至ってしまった考えに、きゅっと唇を引き結んで。
少し、視線を下げた。**]

(+31) 2018/07/23(Mon) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:こころ 解除する

処刑者 (5人)

こころ
21回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi