人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 架空惑星 レン


[ 中止する>>12
 最終的に下された結果に双眸を眇める。
 これでよかった。
 死ぬ覚悟はあったが、死なせる覚悟はなかった。

 それこそ晴れ晴れしい意味で息を引き取り
 これから父が歩み続けるであろう道に
 手向ける花を贈れなくなっていた。

 タイマーですらも変えられない不器用な生は
 かみさまがいずとも結局自分の為に機能しており、
 あの時感じた救われたかった気持ちに嘘偽りはないが
 されとて簡単に今から生きますと
 言い切れる程には強くなかった ]

(36) noil 2019/02/23(Sat) 15時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ それに、代わりがいるなら問題ない。
 それならば新たな絶望など芽生えない。
 たとえ悲しんだとしてもいずれ薄れる。
 付き纏う死の誘惑>>10に鼻を鳴らした ]

  ( だって、死にたいのは、死にたい )

[ これは彼の言うように自由意志だから>>11
 どれだけ歪んでいたって、半ば恨んでいたって
 父さんをどうにかして救ってやりたかったのも事実。
 神さまなんてこの世界にいない。
 だから、自分が何とかするしかない。

 妹を救えるのは、きっと大勢いる。
 だが、父さんを救えるのは――俺だけだ ]

(37) noil 2019/02/23(Sat) 15時半頃

【人】 架空惑星 レン


 ( 不治の病でも生き残りでも
  自分をぐちゃぐちゃににされたわけでも、
  虐められたり、事故で突き落としてしまったり
  どうしようもない何かを抱えている、
  そんな訳でもないのかもしれない、けど )

(38) noil 2019/02/23(Sat) 15時半頃

【人】 架空惑星 レン

[ あの場で手を挙げなかった人をただ尊敬する。
 やはりどうしようもなく嘘つきであるので
 勢いだけで記念撮影の声>>25に群がり、
 聞こえた声>>34に確かにと後ろを陣取った。

 シャッターを切る謎の掛け声>>26>>35
 トーストに塗るならマーマレードがいいな
 いつかの朝の光景を脳裏に描く。
 使わない癖にいつもストックを欠かさないジャム。

 生前の母さんが好きだったらしいそれを浮かべて
 どうしてバラバラになったんだろう。
 冷たい背中を思い出しながら笑った ]

(39) noil 2019/02/23(Sat) 15時半頃

【人】 架空惑星 レン



  ありがと。今日のこと忘れない。


[ それだけ一言かけて立ち去る時は跡を濁さず。
 きっと写真に写るさいごの写真となる。
 せいぜいうまく笑えているといい ]**

(40) noil 2019/02/23(Sat) 15時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ 写真にいい思い出のなかった少女はどうなるだろう。
 完璧に覚えたと告げた少女は
 あの写真の中に素敵な思い出を残せただろうか。
 自分を愛せと言葉を押し付けるだけして
 全部持ってないと両手を後ろに回して
 今の今までを眺めていた。

 12人集められたこどもたちがそれぞれ浮かべた未来は何か。
 11番は未だ眠りについたままだったかは分からないが、
 頭にピースサインを乗せられた>>66男は呟く ]
 
  多分俺は、  たかった。

[ それだけ告げて立ち去る背中は
 凪いだ空の下、陽炎のように揺れていた ]

(211) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン

  ―それから―

  そういえばさ、あんたの娘に会ったよ。

[ 何でもないトーンで告げる。
 茶碗の置く音がやけに大きく聞こえた ]

  別に、心配するようなことはない。
  元気そうだったし、
  友だち出来て楽しそうだった。

[ 短く告げ、草臥れ項垂れた大人を見る。
 ほくそ笑むような唇は綺麗に整っており
 しかし営業スマイルや俳優の演技にしては
 どこかぎこちなく歪なものだった ]

(212) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン


  大丈夫だって、俺がなんとかする。
  父さんが心配するようなことなんて
  なんにも、ねーから。

[ 落とした金色の底、初老の男に似た黒を晒して
 溌剌とした表情で少年は笑う。
 こちこちと秒針の音が響く中、
 脳裏に浮かび上がるのは様々な光景。

 何処ぞの有名人が亡くなり後追いが絶えないだとか
 病と闘病生活を送る賢明な誰かの姿だとか
 日常の裏側では今も誰かが何かと向き合っていた。

 それらを他人事だと思いながら肘を立てる。
 行儀が悪い自覚を持ちながらも咎める声はなかった ]

(213) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン


  父さんは、俺が助けるよ。
  全部、知ってるから。

  俺の価値も、俺の値段も、全部。

[ 両手を広げる。
 価値を知りたくとも換算できない我が身。
 それら全てを差し出しても何も残らない。
 分かっていながらも見開れた瞳を
 意外そうに少年は眺めて口端を上げた ]

(214) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン



  冗談だよ。笑い飛ばしてくれよ。


[ そこに救いのような光を見て少年は落胆する。
 やっぱり何処で生きたって苦しいだけ。
 雁字搦めに囚われて首を締められている気分だ。
 やっぱり帰ってくるんじゃなかった。
 今更笑い飛ばしたって遅い感傷に浸る。

 だが、それでもいい。
「他の人」が良ければそれでいい。

 もう、どうだってよかった ]

(215) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ やがて訪れる春は何をもたらすだろう。
 一度死んで生まれ変わったこどもは
 何をその手に掴み取るのだろう。
 
 ただ、ふとぽつりと思い出した。
 管理人を名乗る男に、
 ひとつだけ、問いかけたい事があったと ]

  ( あんたは誰を救いたいの って )

[ 死にたいこども達を集めたくせに
 それらを救い上げようとする男に感じた違和感。
 陽だまりの中に引き寄せようとする癖に
 どこか死の気配を感じられるような、人。

 だがそれは最早関係のない事だ。
 繋がった糸すらも断ち切って
 なかったことにして日々を過ごす少年には知らぬ話 ]

(216) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ いつか、きっと、忘れ去られる記憶の中で
 鈍く息を吸いながら命を潰す少年には
 何の関係もない話、ではあるけれど

 ただ、水より濃い血のつながりが断ち切れた時は
 その時は、あの開け放された屋上のような場所で
 空を飛んでみたいと、そして何処かへいきたいと思う。

 この忌々しい感情が散ってしまえる遠くへ ]

(217) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン



  ( あーあ、煙草、吸いたいな )


[ ポケットの中にもうない箱に目を細めて
 目の前で対峙する男の瞳に
 少年が探し続けた答えを見つけて瞼を閉じた。

 一刻も早く、誰にも見つからないそんな場所へ
 思い出すらも全て忘れ去られる境地へ
 汚泥の水の中に唯一浮かぶ白い蓮の花が揺れる
 そんな楽園のような場所で、息を吸いたい ]

(218) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

【人】 架空惑星 レン



    [ ただ、愛されたかったこどもは思う ]**
 
 

(219) noil 2019/02/26(Tue) 20時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:レン 解除する

生存者
(10人 0促)

レン
14回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.226 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび