人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


/*
ただいま。今日は静かだな。
襲撃はパス……うん。


【人】 銀行屋 ザーゴ

[ジャーディンはギリアンを見捨てないだろう。
もし助からなくとも、それは彼のせいじゃない。
ここにいるのは医者だ。
あともうどれくらいかはわからないが、最後に医者として「仲間」のために役立てて良かったのかもしれない。

なんてことを考えながら押さえつけていたわけだが、
ギリアンは無事に助かった、ように見えた。

今は死なない、というだけの状態を治ったというかはわからない。
シーシャもそうだ。
笑いやんだかと思えば武器を持ち立ち上がる。
わかっているのか、そうでないのか。
明らかに死んでいる存在に対して「殺さないと」という彼も、やはり治ってはいないのだろう]

 ……もう、此処にいる奴らしか、生きていないのかもしれないな

[さっき考えたことを口にした。
それから、ジャーディンがさっき開いた血清の小箱を見た]

(102) 2019/03/21(Thu) 21時半頃

/*
うん、眠いけど無理はしたいとこ。
なんせザーゴのLW投票は確実だから、
気づけば吊られてるみたいになりそうだし。

吊られる前にやりたいことあるんだけど、
シーシャたち待たないで動くのも悩みどころ。
この人数捌くのに遅筆がついていけるかも悩ましいトコw


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ギリアン、
 モンド船長は死んだ。 殺された。

 ……多分、もう殺した奴も殺されたと思う

[フェルゼが人狼でないのなら、あと一匹は誰だろう。
ジャーディンは知っているだろう。
彼を見つめ、―――しかし、彼を人狼だと告発する気はなかった。意味はないし、信用されるとも思えない。
意味はない。
もう死んだ存在の正体を探るのも、
これから死のうとしている者の正体を暴くのも。
何も意味はないだろう]

(103) 2019/03/21(Thu) 21時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[ギリアンの言葉に応え、それからその視線を追った。
グスタフ、と聞こえた気がした。
結局、グスタフには何も声をかけなかった。
かなしいとも思わない、なんて自覚だけ胸にあって、
それはよっぽど、仲間としての感傷には乏しかったかもしれない]

 あぁ、 ……いや、そうか。

[血清は4人分とジャーディンは言っていた。
ギリアンにさっき注射していたから、残り3人分。
もしかしたら間に合うのかもしれない。
それだけの人数が生き残れば、船を動かすことも可能だろう]

(104) 2019/03/21(Thu) 22時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/21(Thu) 22時頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

 そいつも死んだ、
 ああ、確かにもうRedwolfは、

 ……船長が死んだ時に終わっていたのかもな

[ギリアンの手を掴んで力を込めて引っ張った、というところで、果たして踏みとどまることが出来るのか、という疑問が浮かんだ。
が、後の祭りだ。
転んだところでこちらは一人で立てるから問題はない]

(110) 2019/03/21(Thu) 22時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[おおかみの、ガストン。
今まで死者の名前ばかりだったギリアンの口から、知った名前が出てきた。おおかみのガストン。けがをして、どうなったかは……]

 グスタフ、は
 ……いや、グスタフも死んでいた

[血まみれで死因なんてわからなかった。
だからそれだけ言って、]

 弔うって、
 なあ、やっぱり
 海に還すべき   ……だよなあ

[船に置いていたって腐るだけだ。
陸に埋めるなんて哀れすぎる。
それならば、やることは決まっている。
船を生者のために、軽くしなくてはならないし]

(113) 2019/03/21(Thu) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[まあ、わかっていたことだ。>>115]

 二度目はねーぞ、クソが

[自分でも驚くほどの低い声とともに、ギリアンを掴んだ手で、斜め後方に放り投げるようにして身をかわした。
壁にでも床にでも寄り掛かればいい。
それで傷が開いたら、まあ、それはそれで、仕方のないことだ]

 ガストンもおおかみだったのか?
 記憶とんでんだかどうなんだか、

 ……俺に刺されたのも覚えてるか?

[と、自らの首を叩いてみせたり。
治療の手助けをしたり手を貸したり、親切心の貯蓄は切れてもうマイナスになっている]

(117) 2019/03/21(Thu) 22時半頃

/*
やべぇどう動けばいいんだこれ……
みんな疑心暗鬼してないから投票が読めない……
やりたいことはあるけど、時間的に俺は死ぬぞォアピしたほうがよさそうかな



[確かな現実だったものが幻となり、
 失っていく苦痛を、永くその身で知りながら。
 
 殺してくれと泣いて縋った弱く醜い”人間”ならば、
 その脆弱な精神を食い荒らし、
 獲物を狩る側へと傾け、この空腹を満たせたものを]
 


【人】 銀行屋 ザーゴ

[ギリアンの手から逃れ、ベルトから飛び出しかけていたピストルをさしなおした。
もうほとんど乾いた髪をかきむしり、シーシャを見た。>>121]

 ………、

[ジャーディンを見れば、どうにも顔色がどんどん悪くなんっているように見えた。急がなければ死んでしまう。
殺したいわけじゃない、けれど殺さなければならない。
ピストルに手を置いて、新たな生き残りの登場に息をついてから口を開く。言葉に迷いながら。間違えないように、と慎重に]

 人狼だ、……と聞いた
 グスタフを殺したのは人狼で、

 ……そんで、 俺はそいつを殺すと決めた

(127) 2019/03/21(Thu) 23時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ………、だから

[だから、どうしようか。
此処で殺すわけにはいかない。
人狼を殺す、医者が医者であるままに殺す、そう決めたけれど、今目の前で銃を抜くなんてことは出来ない。
そうすればきっと止められるだろう。
人望、なんて言葉を思い浮かべるのは生涯で片手に足りるほどだが、明らかにジャーディンは人望がある。

迷う間に、彼は彼の、何かを決めたのだろうか。
薬瓶を手に、こちらを見て>>128]

 ……時間は、

[やり残したことを終わらせる時間は、と。>>129
言葉>>126の続きを促すようにうなずいてみせた]

(130) 2019/03/21(Thu) 23時半頃

 
[暴れる力が失われつつあるからこそ、過る。

 あの狂えるフェルゼは確かに余計なことをしたが、
 獣と混じった存在が己の他にもいると――
 人に非ざる獣は孤独ではなかったことを教えてもくれた。

 それが良いことだったのか悪いことなのか、
 今はもうどうでもいいことだろう。

 独り、獣に落ちる恐怖だけは癒された。
 癒してくれたのだ――

 医者だけでは、治せなかったそれを]
 


/*
無理だぁ間に合わない。
エピでも処刑の前の話ちょっとしててもいいよね
墓は見てます皆気遣いの言葉ありがとう


【人】 銀行屋 ザーゴ

[時間はない。>>139
殺してやる、と言った時はそんなつもりじゃあなかったのに。
これはきっと、ジャーディンも望んでいることだと、
彼のためだということに気が付いてきた。
それは少し気に食わない心地もするが、
望みが二つ、同じ方向を向いているのならば仕方ない]

 ………お前、

[それでも、ジャーディンの告白>>142に、深く溜息をついて項垂れる。それでもピストルにそえた手は離さずに]

(148) 2019/03/22(Fri) 00時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[時が止まる。
それでも周囲の光景はもちろん変わらない。
その中で一人、上から来た連中とすれ違うように階段に足を向けた]

 ニールすまん、 飯は食えないかもしれない

 血清に関しては、
 あとシーシャと、エルゴットとニール。
 三人分はあるって話だ。
 「医者」の言うことを信じるかどうかは任せる、
 それで……

[彼らの耳に届いたのは、
あるいは口に出せたのは時が動き出してからかもしれないが
言わなくてはいけないことをまくしたて、一息ついた]

(150) 2019/03/22(Fri) 00時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 弔いを、  しようと思う

[階段から振り向き、ジャーディンの目を見て、言った]

(152) 2019/03/22(Fri) 00時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[人狼が人狼たる姿を見たことはない。
それでも副船長がもし人狼だったとしても、その死体は人に見えた。

彼を、ジャーディンを医者のまま殺そうと思った。
あるいは人狼である彼ごと、か。
だから弔いを、海に送るのと同時に殺してやれたら、と考えていた。
海が見える甲板で。
命を奪って、そのまま―――。

そう、考えていたけれど。
人狼が人狼であると、多くが知ればそれは上手くいかないかもしれない。そう思っての「お前何言ってんだ」>>148だったわけだが、互いに言葉も表情も乏しいうえに言葉を必要最低限しか交わしたことのない間柄だ。伝わるはずもなく、内情を口にするつもりもなかった]

(155) 2019/03/22(Fri) 00時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 あぁ、貯蔵庫か。まあ他にないもんな

[ニール>>156に頷くが、貯蔵庫によるつもりはなかった]

 俺一人じゃあ、全員は運べねーよ。
 またあとで頼むぜ、ママ

[階段をのぼりかけて振り向いたまま。
皆を見渡し、さて、と考えた]

 足りてる。
 お前はさっき、死にかけの時に打たれてた

 だからそれでいいだろ

[自分はいらない、とは言わなければ、
既に打っていると誤解してくれるかも、という目論見。>>164
病がどうとか、死にたいとかそういうわけじゃあない]

(166) 2019/03/22(Fri) 00時半頃



[───この聲は届かない]
  
 


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ………ジャーディン、俺はあんたを殺す。
 ……つもりだけど、まあ。

 気が向いたら来いよ

[そう、運ぶのは重いのだ。
ギリアンだってそういうくらいだし>>167
(力の問題ではなさそうだが)
人の目があれば鈍る心もあるかもしれないからだ。

ジャーディンの名を呼ぶ彼らの前で殺すのは気が進まない。
進まないその理由はよくわからないが、
ピストルで殺せなかった場合、返り討ちにあうかもしれないし。

ともあれ、また皆に背を向けて上を目指そうか。
下から上へ。
この階段を上っていく先が、こんなに静かだったことは
記憶にある限り一度もなかった]

(169) 2019/03/22(Fri) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ザーゴ 解除する

生存者
(5人 0促)

ザーゴ
16回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび