人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


―― 廊下 ――

[遠くから掛けられた、先程見た時は絶えていたはずの、声。見上げれば、フードは純白の、汚れを知らぬ姿に戻っていて――良いことだと、眦を細めた]

[伊島さんが、藤也くんを傷つけたのだと、知ってはいるけれど。伊島さんは、香るものを恐がり、怒って見せるほうが、きっと地なんだろうと思っていたから]


 伊島――さん。
 こんにちは。

 ごめんなさい。笑っていて、気付くの、遅れてしまって。


[お腹を押さえる手は離さず、伸ばされた手も掴まずに、傷を晒してしまわないように。少しばかり、壁に体重を預けて、息を吐く。
 ――でも、伊島さんが次に告げた言葉は、藤也くんを裂いた感触を思い出させるもの。どうして伊島さんがって、一度目を見開いて、探す訳を考えた]


[同じ様に、どこかにいるかもしれない藤也くんに、届けてあげるのだろう。
 ――そうして自分に納得をあげるまで、暫し、時間を掛けたあと]


 ……藤也くんの鋏なら、
 わたしの、ここに。


[そう呟いて、片手の指先を喉元へ。鎖骨の間、何かの突き立った痕残るそこを示し、一度背後へ視線をやれば、仄かに甘い――彼女にとっては鉄錆の――香り立つ物陰に、“捜し物”があることは伝わるでしょう。
 わたしの身体が、どういう状態であるかも]


 
 でも、あちらは
 色々と……見えてしまっているから。

 何なら、わたしが取ってきましょうか。


[かたくなに離さない片腕。
 鎖骨から続く傷。
 ――藤也くんに渡すのは、お願いしますけれど。そう伝えて、こちらを向いている、彼女の瞳を覗き込む]*


メモを貼った。


 そうだね、 皆狂ったら一緒だよね
 君とか、 俺とかはさ ……元からだしさ

[いつみても肉叢は幸せそうだった。
今は「すっごく幸せ」ではないみたいだけれど、
自分が食べなくても、彼の最期が楽しかったなら良かった、狂っているようでも純粋にそう思えた]

 うん、 あっけなかったな
 こうして終わってから思い起こせるのが不思議だけど

[殺すのも、殺されるのも
食べるのも、食べられず終わるのも、
あっという間に通り過ぎただけだった]


 ………楽しい?

[そういえば、彼もいつも笑っていた。
血まみれで、いつもいちごジャムみたいな香りをさせて
にこにこと幸せそうに笑っていた。

感覚が戻ってきたら、食べることも出来るのだろうか。
けれどそこがもし地獄なら、
食べることも、食べられることも、
自分たちが望むことはきっと、取り上げられるに違いない。

信じてもないのに、空を見上げる肉叢の横顔を見ながらそんなことを考えていた]

 楽しかった?

[今と、そして生きていた時。
智秋の顔は笑みを形作らず、そのうちに視線を生者に戻して、返事を待つでなく、彼らの行く末を見守っていた**]


メモを貼った。


[そうして、伊島さんと話しているうちに、ふと気付く。
 ――香りが。わたしのものが一番濃くて、学生服に藤也くんの残り香、伊島さんのものはほとんど香らない――それだけのはずだったのに、少しばかり、違和感のように混ざりこむものが、あるような、気が]


 ……伊島、さん。
 あの、他にも誰か――死んでいったのですか?


[呉羽さんが始めて、藤也くんが殺して、わたしが食べて――その他にもどこかで同じ事が起きていた可能性に、はじめて思い至って。どこかよそから来た筈の彼女に、少しの動揺滲む声で、問いかけた]*


[繕いの言葉を口にする壇に、さきほどまでの笑顔はもうなくなっていたか。
肉叢を切り刻んでいた時のような、異質のなにか――その時南にもたしかにあったようななにかは、身を潜めたように見えるけれど

『それ』を差し出すように背を向ける彼女からは()、まだ、否定してはいけないような、においを感じる。
ここに来て感じなくなったもの、それと同時に、失いかけていたもの。
恐怖を、見たくなくて、目をそらす。
こんな状態でも壇は話をしているというのに、においに、吐き気をもよおしてえづいた。
満たされたはずじゃなかったのか。壇も、肉叢も。
それなのに欠けたものがすぐそこにある。


近づいて、そっと指先を動かそうとして、思いとどまる。
だって、そんなことをしたら]


壇さんは、大丈夫なんですか?


[こんなに血が出ているのに。生きているのと変わりないくらい、においまでするのに。
彼女が生きているかどうなのか、そんなことすら考えられなくなるほど生々しいものがそこにある]


[『したくない』と、口にしようとするより早く、

壇の言葉()に挑発されるように、奪い取るように、手を伸ばす*]


メモを貼った。


あ 笑ってる
楽しい話、してるんですかね。どんな時も、楽しいことは大切って
よく、聞きますから。なんだって、楽しめるのが良いみたいで。


[空から、また、話す二人へと視線を戻せば
そちらを指さして、くすり、くすり。]


つまんなくって、 でも、楽しくって
死んだら、また、つまんないに戻ったから
次は、また 楽しい、が 来てほしいですね。


[苦痛を与えるというならば
望むような痛みなんて、ないだろうに
湧き上がる思考を、そのまま言葉に乗せただけ。


見守る、と 言うには
随分と穏やかさに欠ける眼差しが
正者をじっと じぃ、っと。*]


[鋏は奪い取れたかとれなかったか、伸ばした指先が届かなかったなら、動きを止めて彼女を見る。
届いたなら力をこめて、勢いのまま引き抜こうとしてしまっていただろう。

問い()にわずかに気をやって、震える声で答える]


いますよ――たくさん
六川さんもギリアンさんも、智秋君も
……たぶん、六嶋さんも


[六川さんとギリアンさんはたぶん、智秋君に、と付け足して、]


あとの人は、きっと無事です
私が見た限りになってしまいますが


[ざわめいた瞳の波は落ち着けて、そう返した*]


メモを貼った。


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:チアキ 解除する

処刑者 (5人)

チアキ
15回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi