人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


 
[ 腹が減ったな ]
 



[あの卵料理は絶品だった]
 


 
[――男の耳許で、耳孔へと響く距離で]
 


 
[目の前の男が何かを喋っている。

 視界は昏く、血色で、輪郭は滲み、世界は曖昧で、
 聴覚は潮騒で満ちて耳鳴りへとなり空虚に響く。

 もう呼吸をするのですら億劫となりながら、
 唇の動きを辿ればどうやら男は罵っているらしい。
 
 苛立ちも露に何もかもを責め立て、
 分かり合えるはずもないと真実を言いながら、
 その実、言葉を綴っている裏腹な男]
 


 
 (……医者は、殆ど残っていないのに)
 

[獣を抑え込む苦痛に削がれ続けながらも、
 やるべきことを掲げ、最期までそれを貫き通して。
 限界まで自己を削り尽くしたのだから当然の如く、
 残されたものなど、僅かでしかない。

 何も思い残すことがないなどあろう筈がなかった。
 あれの内に潜んだ獣だから知る抱えていた絶望を、
 結局の所、死ぬことでしか癒せない結末では。

 何も救われていないことを良く知っている。
 獣と混じっていながら人間でありたかった医者の、
 抱いた願いを……少なくとも、“自覚”している]
 


 
[――人間ではないのに。
 人間に届けられた言葉が支えた願いは打ち砕かれて、
 その友を殺した契機に自ら死へ駆け出した医者が、
 救われた何かがあるとするなら。

 背に届いた、あの言葉。
 病を自覚しその病を罹患している己を厭い、
 人嫌いで通した人間の背に、届けられた言葉だ。

 人は言われなければ何も伝わらない。
 想われても、思っても、
 見守ってくれる者がいたとしても、
 同じ悩みを抱えていたかもしれなくても。

 あの泣きじゃくる医者見習の言葉は、
 確かに、“自覚”へと響いてしまっている]
 



  ……ふ


[そんな思考しているうちに、
 己を殺す人間の言葉は終わったらしい。

 そう、全てはもう、終わっている。
 やり残したことをやり遂げて、
 獣が狩りをするには力の失せた身体を残し、
 あの医者の残滓は、漣一つで攫われてしまう程度]

 


 
[のろりと顔を上げ、“そこ”を見た。
 ――海への入り口。漸くの終わりの場所。

 血肉を憶えて覚醒した筈が、
 獲物としか思えなかった人間に抑えつけられて、
 その人間の意志が消えてもこの身体にもう力など無く、
 であるならば、最期くらいは獣らしく]
 


 
  他人の思い通りが、気にくわないか。
  ああ、そうだろうな……うん。


[肩を震わせ唇を吊り上げる。
 終わりの場所まで足を引きずるように歩き、
 銃口を向けられてもその言葉に嗤うかのように。

  案外、気が合うじゃないか人間。
  獲物でしかなかったはずの人間と気が合うなど、
  おかしいにもすぎるが、事実でしかない。

  あの医者は仲間を守ろうとした友に殉じた。
  自ら幕を引き人に獣を殺させまいとしていたが、
  その思い通りにしてやるなど気に食わない。

 腰掛けろと言われたが無視をして、
 喉を震わせ、獣らしく悪辣に嗤ってやるのも精一杯で、
 どちらかといえば無理をしているような様相だろうが]


 
  確かに。
  ひとり勝ち逃げさせるのは気に食わないよな。


[銃を向けられ嗤う獣の意図は恐らく伝わるまい。
 眼前の男が“医者”を殺したいのだったなら、
 これこそが人間への反撃だが、言葉にする意もなく]
 


  
 
[ 銃声が響くその刹那まで、紅い瞳は逸らさずに **]
 
 


【人】 執事 ハワード

― ⇒ 甲板 ・ 少し前? ―

[ 耐え難い眠気に身を任せ
 ゆらり漂うは荒々しい潮騒の狭間

 いや、違う。
 今この耳に届くざわめきは
 これまで殺めてきた幾多の人間たちの怨嗟の声だ

 …五月蠅い。
 地獄で聴いてあげますからもう少し待っていなさい。
 安らかに眠るかと思われた意識は、しかし
 何かに導かれるようにして浮上 ]

(61) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   …此処、は… 

[ どれ程の時が経っていたか分からないが
 気が付いたら甲板で一面の青に包まれていた
 果たして自分はどのような状況なのか

 生ある者に見えていないのは確かだが
 死した者に見えているかは分からずに

 自分が死んだのだ、という感覚だけは
 理論ではなく直感で理解していた

 しかし何故甲板で目覚めたのだろう、
 辺りをそっと見渡せば
 ギリアンに抱えられた自分の姿>>3が目に入った  ]

(62) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   本当に、変な気分ですよ
   
[ 貴方とこうして話せるというのは。
ギリアンに>>3ぼやいた

寝て醒めたらギリアンが話せるようになっていた
その理由を私は知らない。

彼を治した" 人間の "医者の姿と
医者に銃を構える会計士の姿は
甲板にあったとしても死角に入っていたため見えなかった

かつて願った事>>2:20は確かに叶ったけれども
今度は自分の言葉が届かないのでは意味が無い

或いはこれは私が願った夢なのか?
全てが曖昧で、ただただ一面に広がる
蒼だけが非現実的なまでに美しかった ]

(63) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   どうしようも無かったでしょう
   獣と人は…私と貴方は、相容れないのですから。

[ 努めて素っ気無く答えた>>4
 湿っぽい空気は似合わない

 伝えれば良かったのだろうか?
 私には破滅に繋がるとしか思えなかった

 互いのために真実を隠し続けた日々であり
 それが綻んだからこその今だ ]

(64) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   守ろうとは思っていたんですよ?
   死霊の方が強かっただけで。

   でもこの船に居着く死霊も
   暫くは満腹でしょう
   
[ 笑い飛ばそうとした声は、しかし覇気無く
海風の間に浚われて消えていった

ギリアンを付けねらっていたようにも思えた死霊は
しかし土壇場で私を選んだ

…なんて非科学的なものを信じているわけでも無いけれど
夢だろうが何だろうが、こうしてギリアンが言葉を操る様を
見れたのだから、悪い事ばかりでも無かったかもしれない ]

(65) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

   なので…

[ ぽたりと落ちた雫は見ない振り。

ギリアンを指差して、それから自分の胸を軽く拳で叩く仕草
言葉に出すのは気恥ずかしい

けれど伝わる筈と信じて ]


   暗い顔してたら、呪いますからね?

[ Redwolf号はきっと生き返る
いつ死ぬとも知れなかったギリアンが
今こうして話している位なのだ

医学の心得など無かったからギリアンの体の状態など見て分かる筈も無い

ただ言葉を話せる程には回復したのだろう、安直に考えてバシッと肩を叩いて立ち上がった *]

(66) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

― 現在 :甲板 ―

   ええ、お願いします。

   そして出来るなら
   最期は火の中で終わりたいのです


[ 遺体がロープで括り付けられる>>45のを見ながら
 淡々と呟いた

 ガストンやフェルゼがどう望むかは知らないけれど。

 板の上で朽ちるのを待つよりは
 板の上で炎に包まれ痕跡一つ残さずに。
 その炎はさぞ美しかろう

 とはいえ最期はギリアンに任せるしか無いのだけどね。]

(67) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃


  ジャーディン、さようなら
  どうか悔いなきよう
  
[ 船首の方からは、最期まで人たらんとした仲間の声。
 それを認識しつつも見に行くことは無い

 彼が選ぶ道はきっと、彼に最良の道だ。

 姿を見る事は無いままに紅き声だけで彼の冥福を祈り ]


【人】 執事 ハワード


   ――…ギリアン?

[ ふ、と視線を元に戻せば
 干しイチジクを齧る姿>>46

 ねぇ、貴方。
 …どうしてそんなに不味そうに…?

 それ以上何も問うことなど出来ずに
 目を瞠りただ呆然と見詰めていた *  ]

(68) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

― 回想 ―

[賑やかな祝宴

老いも若きも、男も女もギラギラと瞳を輝かせ
欲望を満たさんとする。

その中に、誰かの歌う声に聞き入っている…
のでは無く、とっくの昔に夢の世界へ旅立っている男一人。

その男の前にはまだ半分程残った木製のジョッキ。
安上がりな奴だな、なんて野次が飛んでたりもするのだが
何も聞こえては居ない
その光景も何時もの事だ ]

(69) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

[ 夢うつつの微睡の中に
モンドの声が雷鳴のように降ってくる>>14


  (―そっかぁ。
    モンドも俺と同じ・・・)


嗚呼、なんて都合の良い夢なんだろう
こんなに近くに心を許せる仲間が居たなんて

自らの意識はとうに獣のものに浸潤され朧気に。
獣の道は地獄へ続く修羅の道だと知りつつも
それでも尚、心は仲間を求め続ける

口許浮かぶ微かな三日月はひどく苦くて ]

(70) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   えー、俺も
   ギリアンよりニトカが良い…

[ ゴツイ腕に揺さぶられ>>15むにゃむにゃと言葉を返す

ニトカ。港町の宿屋で働く娘の名だ
階段上から降ってきたのを偶然受け止めて以来
気になっている、とかでは無い。…うん、多分。

尚、自分で起きるのを待つよりは
朝を待つ方が余程に早いだろう ]

(71) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード


   The friends we are leaving
   I leave without regret   

[ 誰かの背にぐたりと凭れかかりながら
 先ほどまで聞こえていた唄を口ずさむ

 別れを告げる時が来たならば
 私は涙も見せずに旅立とう ]

(72) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

   And our sails we will set.
   Goodbye,  Gililan
   Goodbye,  Gililan


[  ( ギリアン" も "
    人狼なら良かったのに )

 酒に任せてさえも言えなかった事。
 それは口に出さねば伝わるまい

 でも、いつか真実が伝わる時はきっと来る
 だからそれまでは仮初の友好を。

 私たちの船旅は終わりとしているようですね
 さようなら。*二度と会うことの無い友よ* ]

(73) moko0113 2019/03/24(Sun) 19時頃

【人】 執事 ハワード

― 薄れゆく景色の中で ―

[ 果てしなく広がる蒼い海

 今まで紡いできた生に悔いなどない。
 別れも済ませた。

 私の航海は間もなく終わる。
 そう思うのに今尚消えず残っているのは何故なのか
 それはきっと全てがすれ違ったまま
 分かれることになってしまった ――…  ]

(126) moko0113 2019/03/25(Mon) 18時半頃

【人】 執事 ハワード


   …ピスティオ。

[ 彼との蟠りが残っているからだろう

 先程まであれほどまでに強く胸を焦がしていた
 冷たい殺意は鳴りを潜め
 彼の姿を認めれば欄干に凭れ掛かりつつ
 軽く右手を上げた

 今彼と対峙するのは
 副船長の仮面をつけた人狼では無い
 ただの人間であるハワードだ  ]

(127) moko0113 2019/03/25(Mon) 18時半頃

【人】 執事 ハワード


   やっと、嘘をつかずに話せますね

[ 溜息と共に吐き出した言葉には安堵の念が混じり。
 至極凪いだ口調は緩やかな漣の隙間に紛れていった

 それが命を奪い合った者同士の邂逅の第一声として
 正しいものかは分からないけれど
 今は何を言っていいのかも分からなかったから ]

(128) moko0113 2019/03/25(Mon) 18時半頃

【人】 執事 ハワード


[ >>98人狼とは知らなかったとの言葉を聞き
 驚きに目を見開いた ]


   …そう、だったんですね。

[ いやはや。
 予想外の言葉を聞くと何も言えなくなるものです。

 急に出てきたヌヴィルの話題にもすぐには頭が追い付かず
 波の音ばかりが目立つようだった
 ピスティオの軽やかな笑い声>>99を聞き ]

(129) moko0113 2019/03/25(Mon) 18時半頃

【人】 執事 ハワード


   ヌヴィルのため怒っていたんですね
   仲間のために心を燃やせる貴方は…

[ 言い淀みつつ自分が仲間を殺されたらどうするか考えた

 おそらく自分は怒らない。いや、怒ることが出来ない。
 ただ心の裡に昏い感情を溜め込んで、それで終わり。

 怒りも、哀しみも、歓びも。
 人間に見せてはいけない。それは破滅の元だから。
 …所詮は自分が一番可愛いのだ。

 怒りをぶつける相手が直接手を下したわけでは無いと
 理解しているならば、尚の事 ]

(130) moko0113 2019/03/25(Mon) 18時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ハワード 解除する

犠牲者 (5人)

ハワード
24回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.203 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび