人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 山師 グスタフ

  ―大分 第三甲板辺り―

[ ハワードとピスティオがやり合っている。
 二人の間に流れる空気は仲間とは遠く
 咄嗟に動いたがヌヴィルが早かった>>+5:329
 だが、その爪はヌヴィルの体を擦り抜け
 辺りには鮮血が散らばった ]

  ……やめろよ。
  
[ このままではきっとどちらも死ぬ。
 呟いた声は小さい。
 誰の耳にも届かないほど細かった。

 体の奥底から弾き出される声>>+5:119
 ハワードは何故避けない。
 視線の先>>+5:40を見て見開いた ]

(6) noil 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 山師 グスタフ



  ハワード、……アンタ、どうして。

[ たった一言呟く声は二人には届かず。
 二人して散った命を見て
 やり切れなさに歯噛みした ]

(7) noil 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―しばらく前の第三甲板―

[ 焚き付けてやった事を覚えているかは分からない。
 ただ、まだこの先生きただろう若い命に
 熱くなる筈のない目頭が痛んだ気がした ]

  なんでお前らまで死ぬんだよ、バカじゃねェか。
  ひとって簡単に死ぬんだよ、バカティオ。

[ あれだけ殺すと口にしていた癖に
 実際この目で見届けるのは心苦しく
 それもさいごまで人狼であり続けてくれれば

 ハワードに対しても抱えなかったであろう気持ちに
 肩を揺らして眉を寄せた ]

(8) noil 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 山師 グスタフ


  今までハワードのこんな顔、
  俺は見た事がなかったような気がする。

[ どこか安らかにも思える表情>>5:42
 語りかけるヌヴィル>>+5:342と同じく
 知らなかった姿に手をかざし
 瞼を閉じさせてやる事くらい出来たらいいのに
 そんな思いを込めて翳してみたがどうか。
 次にと傍の小柄な青年を見て目を細めた ]

  お前は、強かったよ、ピスティオ。
  心臓をスリ取れるくらい。

[ 強くない>>2:363
 そう告げていた若い輪郭を思い出す。
 この手が触れられない事は分かっている。
 理解していたが伸びた手は、頭を撫で
 すり抜ける指を見て瞼を閉じた ]**

(9) noil 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―しばらく前の第三甲板―

[ 全くもってらしくない=B
 だが、これこそが本当の彼の姿だったと
 思っていたい程に微温湯に浸かっていた。
 手を翳した事がきっかけかは判らない。
 だが、貫かれて眠るその人は
 何処か安堵したように映った。

 俺達に出来る事とは何だろう。
 俺もだと告げたヌヴィルに思う>>47
 がさつだが何処か柔く撫でる掌>>48
 こんな一面がこの男にもあったのだと
 唇を噛み締めそうになってやめた ]

  花実は咲くか、死して尚。
  ンな事ねェとは思っちゃいたが……。

(58) noil 2019/03/24(Sun) 17時頃

【人】 山師 グスタフ


  ちょっくら出かけてくる。
  いつかこの時間が終わるかは分からんが
  きっと何か意味があるんだろう。

[ 感傷的に二人を見下ろすのをやめて立ち上がる。
 何かを奪ってばかりいたヌヴィルが
 何かを与える様を今までに見ていたなら
 明日は槍でも降るんだろうか、と
 陽気に茶化しては揶揄っていたんだろうが ]

  その一面をこんな形で見たくなかったと
  そんな事を思うのはあまりに酷いか。

(59) noil 2019/03/24(Sun) 17時頃

【人】 山師 グスタフ


  じゃあな、ヌヴィル。
  もし全てが終わってもまだ消えないようなら
  幽霊船の準備でも始めようや。

[ 片眉を下げる表情すらぎこちない。
 湿っぽい空気など似合わぬというのに。

 片手を上げて背を向ける。
 今どこで何が起こっているのか。
 その全てをこの目に刻み付けられば
 この時間もいつか果てが訪れるのか。

 分からぬまま亡霊は漂う ]*

(60) noil 2019/03/24(Sun) 17時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 人狼を、殺したいと、――思う。

 だが、分からなくなっている。
 人と人狼の違いとは何なのだろう。

 自分を殺した男はあまりにも人間じみており
 ピスティオを手にかけた男も人間のように安堵し
 昨日まで語らった仲間の貌をしていた。

 仲間を殺した事実はもう消えない>>+5:111
 ならば憎むべき存在の筈だ。
 友を、仲間を、家族を、殺した存在だ。
 だのに憎み切れない理由に答えは出ず

 ひとつ残された心残りも>>*3:115
 輝きが失われた瞳>>+5:111も知らぬまま
 同じように目を覚ました仲間を探しながら
 誰かの泣き噦る声>>5:20に眉を寄せた ]

(74) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


  俺達の船に誰かの泣く声なんて、
  誰かの悲しむ声なんて、要らなかった。

[ 撫でてやる事も叶わず時間が過ぎる。
 ヌヴィルは確かニールが死者の声が聞こえると
 そのような事を口にしていた気がするが
 それでもジャーディンを告発出来ぬ理由も
 自分自身すら知らないまま、考える ]

(75) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 俺たちは何をして
 誰が誰を殺したのか――等と。
 
 今更他人の命を弄ぶように嬲ってきた男が
 至極真面目に考えていた。

 かつての仲間であっても、
 仲間を殺したのならば敵の筈。
 ならば仲間を助ける為に告げるべきだ。
 分かっていたのに何も知らせなかった。
 ジャーディンがザーゴを喰らう可能性だって
 無かった訳ではないのに背を向け出て行った。

 その理由が全くもってして分からない。
 だが、それ以上に、それ以上にだった ]

  どうして、人で在ろうとする。

[ 仲間を手当てする人狼の姿で>>5:58 ]

(76) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 吐き出した息が震える。
 そんな感覚を覚えただけだ。
 実際に呼吸などもうしていない。
 しかし、貫かれた筈の胸が軋んだ。

 お前が頼っているのは仲間を殺した人狼だと>>5:73
 (まるで、人間みたいに笑っている>>5:82)

 何がだいじょうぶだと言うのだろう。
 (蒼白い顔を晒して、それで何処が大丈夫なのか)

 怒りじみた感情が湧き上がる理由も知らず
 ただ、声を押し殺して一連の流れを見ていた ]

(77) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ ギリアンが喋った>>5:92
 ジャーディンが施した治療が効いたのだろう。
 いつも通り過ぎる光景だ。

 だが、そこに一つ疑問が足されてしまう>>5:101
 それに答えるのは恐らく人狼の正体を知る声>>5:113
 シーシャの声>>5:121に手を強張らせる。
 ザーゴの言葉>>5:127は正しい。
 だが、何一つ笑えやしなかった。

 残りの人狼は誰か。
 混乱のままよどめく空気に視線が泳ぐ。
 耳を塞いでしまいたい。
 このまま消えてしまいたい。
 
 それとも一層、狡猾に欺いてくれたらよかった。

 あんな台詞>>5:14 聞きたくもなかった ]

(78) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


  ――――、

[ エルの声が聞こえる>>5:159
 口を開けて、音にならないまま ]

  やめろ。

[ ――――この聲は届かない ]

(79) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 動けなくなっていた。
 一度は殺そうとした男を見て唇が戦慄く。

 何故、殺さない。
 何故、切り裂かない。
 何故、喰らいつかない。

 狂人のような思考だと嘲笑う余裕もなく
 手の届く距離だというのに
 自死を選び、人のまま死のうとする姿に
 きっと、この想いは届かないのだろう ]

  俺はアンタに生きて欲しかったんだよ。

[ 耳に届いた、あの言葉>>26
 何故、で終わっていた問いに答えが出る。
 簡単な事だった。
 馬鹿馬鹿しくて嫌になる。
 自分自身の言葉>>38に殺されるのだ ]

(80) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


  俺にとってアンタも、人だったんだ。

[ 殺した存在が例え人狼だと語っても>>4:220
 その当人が否定したとしても>>*6:5

 銃口が向けられる>>50
 笑みを浮かべるその姿>>*8に目を細める。
 こんな時にだけ涙を流さぬ男に喉が引き攣った。

 銃声が響く>>51
 飛び交う鳥は一斉に
 空の色を落とした海の上を飛んでいった。

 雨など降っていない。
 顎を伝うものを拭わぬまま呟いた ]

(81) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

【人】 山師 グスタフ


  さいごまで傲慢なアンタだからこそ俺は
  守ってやりたかったんだろう、な。

[ 獣を殺そうとした友に瞼を閉じる>>5:163
 ようやっと、分かった。

 この手も足も何も触れる事は出来ないが
 意識の淵でもこうして傍らにいた理由が 
 それらを口にしないまま溶ける前に囁く ]

  誰かを治すその手が、選ぶ先が見たかった。

[ どうしようもない願望の話。
 守ってやれない約束は結ぶものじゃない。
 自嘲気味に笑う男の姿は風が吹いた瞬間、
 少しの気配も残さずに消えていった ]**

(82) noil 2019/03/24(Sun) 21時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:グスタフ 解除する

犠牲者 (5人)

グスタフ
16回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.195 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi