人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 弁務官 ジャーディン


  ……君は無慈悲だな、いや


[去りゆく男が吐く言葉に薄く笑った。>>5:169
 彼はきっと、医者に隙など微塵も見せないだろう。

 ならば託そうか──
 それを望むのなら、治療法の一つとして。

 彼を殺す獣は、もう、己に聲も届かない]
 

(0) pisca 2019/03/22(Fri) 01時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[舌に残る血玉は鮮明で、
 砂を噛む食事を小食を装い過ごした過去を、
 酷く滑稽な記憶として蘇えらせているのに。

 釦を掛け違えた思考へ逸れた料理長に柔く笑う。
 彼の創り出す料理が懐かしく、その意味を知って。

 緩く首を振る。
 事実を伝える言葉は彼の抱擁を避けた時のように、
 何を伝えれば良いのかを迷って、ただ事実を]
 

(5) pisca 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  私はこの船に乗る前から病いだった。
  ずっとこの病を抱えている――

  貨物船の獣が実験体だったは偶然で、
  少なくとも私に限っては、君のせいではない。


[獣と混じり己を失い続ける病を知るために、
 陸から海へと患者を求め、海原を渡る船に乗った。

 そこで出会った料理長への言葉の海は、
 揺れのない凪であり、そこに感謝の一滴を混ぜる]
 

(10) pisca 2019/03/22(Fri) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[獣を自覚した頃より食事というものが、
 人間の肉体を繋ぐ行為でしかなかった己に。
 何を食べても満たされない空虚を埋めた、
 たったひとつの料理を思い描き、頬を緩めて]
 

  そうだな、廃棄しておくように。


[その味覚が救いになったことは敢えて口にせず、
 船医としてそれだけを告げて、階段へと歩き出す。

 離れ際、エルゴットの濡れた頬を撫でた。

 血にも汚れたそこを拭う指もまた血色だったが、
 別れの挨拶代わりならば、きっと相応しいだろう]
 

(11) pisca 2019/03/22(Fri) 14時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  では、後は任せた。
  
[感傷を撫でた感触ごとそこに置き、
 階段を上る足音を、振り返らず甲板まで響かせる**]
 

(12) pisca 2019/03/22(Fri) 14時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  ……そうか。
  そうだな、当然の権利だ。


[荷物運びの思考は読み難く、>>1
 暫し考え考察を放棄し溜息交じりに。

 血を抜いた頭を使うなとか、
 動かずに安静にしろと言っても聞かないだろう。
 己が彼らとは違う獣であることを告白した今、
 その獣の忠告を聞く義理は人間にはないはずだ。

 だからこそ肯定を僅かな仕草で返し、
 言葉も鸚鵡のように返すだけ。

 人間の傲慢さがこんなにも眩しいなどと、
 僅かも――滲ませることはしない]
 

(19) pisca 2019/03/22(Fri) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[そうして、もう振り返ることはせずに。

 葬送への階段をひとつ登るたび、
 記憶の断片が過っては、罅割れていく。

 獣の発露と、露見を懼れ、
 獣を集団で排斥しようとする人をも恐れ、
 陸から逃げこの船に到るまでの、ただ昏い記憶たち。

 その記憶が割れていくのは、
 漸く“治す”ことができるからだろう。

 感傷に浸るでなく過去が拭われる心地は、
 僅かばかり己に冷静を引き戻し、仕事を思い出させる]
 

(20) pisca 2019/03/22(Fri) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

― 甲板 ―

  ザーゴ

[拉げた扉を潜るのに苦労した。
 屈んで通り抜ける仕草はまた視界を血彩へ変えて、
 無造作に瞬くも片目は既に使い物にならない。

 そんな満身創痍でありながら、
 己を殺そうとする男への呼びかけは静かに――]
 

(21) pisca 2019/03/22(Fri) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[気配を殺す接近は、最後の悪戯心からではなく。
 肉食獣の残滓を絞っての不意の一撃だった。

 ナイフを蹴る仕草に紛れて距離を詰め、
 何事かを呟くのを風に流してその首筋へ。
 
 階段を上りながら密やかに血清を吸い上げた注射器の、
 細い針をザーゴの首筋へと正確に打ち込み、中身を注ぐ。

 この男が薬を使おうとしないのを、
 友のあの言葉を刻んだ医者が気付かない筈はなく。

 人に殺される道を受け容れるならば、
 せめて、獣が人を殺す未来を少しでも詰む――
 医者の仕事を、最期まで果たすべく実践しただけのこと]
 

(22) pisca 2019/03/22(Fri) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[彼は数え間違いをしたようだが、
 薬は彼に渡したものを含めずに4本――
 つまりは、生きた人間の数と同じ数。>>5:12

 指摘し、この意地っぱりに意地を張られても困る。
 生きてて欲しい者とはグスタフが望んだ仲間のことで、
 彼がその内側にいるのは明白なのだから]
 

(23) pisca 2019/03/23(Sat) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  すまないが医者には医者の意地があってな。
  何処でも生きられるというなら、生きて帰り給え。


[空にした注射器を投げ捨て、
 残った患者候補を託すのがほぼ他人に近い彼とは。

 予想もつかなかったが、
 関係が薄かった彼だからこそ、
 剣呑な銃口を向けられるに相応しくも思う。

 近距離では撃ちにくかろうと離れようとしながら、
 最期の瞬発力を絞り出した身体はどうにも重く。
 
 ふらりと傾いで、無防備にも蹈鞴を踏んだ*]

(24) pisca 2019/03/23(Sat) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 
[  アンタだって一人の人間なんだから  >>3:231]

 

(38) pisca 2019/03/23(Sat) 17時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.171 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi