人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


 
[ 腹が減ったな ]
 



[あの卵料理は絶品だった]
 


 
[――男の耳許で、耳孔へと響く距離で]
 


 
[目の前の男が何かを喋っている。

 視界は昏く、血色で、輪郭は滲み、世界は曖昧で、
 聴覚は潮騒で満ちて耳鳴りへとなり空虚に響く。

 もう呼吸をするのですら億劫となりながら、
 唇の動きを辿ればどうやら男は罵っているらしい。
 
 苛立ちも露に何もかもを責め立て、
 分かり合えるはずもないと真実を言いながら、
 その実、言葉を綴っている裏腹な男]
 


 
 (……医者は、殆ど残っていないのに)
 

[獣を抑え込む苦痛に削がれ続けながらも、
 やるべきことを掲げ、最期までそれを貫き通して。
 限界まで自己を削り尽くしたのだから当然の如く、
 残されたものなど、僅かでしかない。

 何も思い残すことがないなどあろう筈がなかった。
 あれの内に潜んだ獣だから知る抱えていた絶望を、
 結局の所、死ぬことでしか癒せない結末では。

 何も救われていないことを良く知っている。
 獣と混じっていながら人間でありたかった医者の、
 抱いた願いを……少なくとも、“自覚”している]
 


 
[――人間ではないのに。
 人間に届けられた言葉が支えた願いは打ち砕かれて、
 その友を殺した契機に自ら死へ駆け出した医者が、
 救われた何かがあるとするなら。

 背に届いた、あの言葉。
 病を自覚しその病を罹患している己を厭い、
 人嫌いで通した人間の背に、届けられた言葉だ。

 人は言われなければ何も伝わらない。
 想われても、思っても、
 見守ってくれる者がいたとしても、
 同じ悩みを抱えていたかもしれなくても。

 あの泣きじゃくる医者見習の言葉は、
 確かに、“自覚”へと響いてしまっている]
 



  ……ふ


[そんな思考しているうちに、
 己を殺す人間の言葉は終わったらしい。

 そう、全てはもう、終わっている。
 やり残したことをやり遂げて、
 獣が狩りをするには力の失せた身体を残し、
 あの医者の残滓は、漣一つで攫われてしまう程度]

 


 
[のろりと顔を上げ、“そこ”を見た。
 ――海への入り口。漸くの終わりの場所。

 血肉を憶えて覚醒した筈が、
 獲物としか思えなかった人間に抑えつけられて、
 その人間の意志が消えてもこの身体にもう力など無く、
 であるならば、最期くらいは獣らしく]
 


 
  他人の思い通りが、気にくわないか。
  ああ、そうだろうな……うん。


[肩を震わせ唇を吊り上げる。
 終わりの場所まで足を引きずるように歩き、
 銃口を向けられてもその言葉に嗤うかのように。

  案外、気が合うじゃないか人間。
  獲物でしかなかったはずの人間と気が合うなど、
  おかしいにもすぎるが、事実でしかない。

  あの医者は仲間を守ろうとした友に殉じた。
  自ら幕を引き人に獣を殺させまいとしていたが、
  その思い通りにしてやるなど気に食わない。

 腰掛けろと言われたが無視をして、
 喉を震わせ、獣らしく悪辣に嗤ってやるのも精一杯で、
 どちらかといえば無理をしているような様相だろうが]


 
  確かに。
  ひとり勝ち逃げさせるのは気に食わないよな。


[銃を向けられ嗤う獣の意図は恐らく伝わるまい。
 眼前の男が“医者”を殺したいのだったなら、
 これこそが人間への反撃だが、言葉にする意もなく]
 


  
 
[ 銃声が響くその刹那まで、紅い瞳は逸らさずに **]
 
 


【人】 奴隷運び ヌヴィル

― しばらく前の第三甲板 ―

 ああ、俺もだ。

[グスタフが副船長に向ける言葉にうなずいた。>>9
俺もグスタフもそれなりに長いが、
副船長がふんわり笑ってるとこなんか見た事がねぇ。
船長やギリアンには見せてたかもしれねぇが。

グスタフの手が副船長の目を覆う。
無駄だ。
俺達にはもう何もできねぇ。
どんなに悔いたって。
そのはずだったんだが。

グスタフが手を外した時、
副船長の瞼は閉じられてたんだ。>>5:+256]

(47) azubu 2019/03/23(Sat) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[俺はグスタフの横に立って、
奴がピスティオを撫でてやるのを見下ろしていた。

こいつは本当にバカティオだ。
こんな時こそこっそりとスリとってやればいいのに。
真正面から馬鹿正直に殴りにいきやがって。]

 ――あぁ。

[俺は昨日みた幻覚を思い出す。>>2:112]

 そういう奴だったんだな、お前。

[俺もしゃがみこんで、ピスティオの頭をなでてやる。
グスタフみてぇにやさしくはねぇが、勘弁しろ。

胃袋のあたりがきゅうっと締まる。
最後に喰った飯の味を思い出したんだ。]*

(48) azubu 2019/03/23(Sat) 23時頃


  ジャーディン、さようなら
  どうか悔いなきよう
  
[ 船首の方からは、最期まで人たらんとした仲間の声。
 それを認識しつつも見に行くことは無い

 彼が選ぶ道はきっと、彼に最良の道だ。

 姿を見る事は無いままに紅き声だけで彼の冥福を祈り ]


【人】 奴隷運び ヌヴィル

― しばらく前の第三甲板 ―

[俺達は死んだ。
生きてる奴らに何してやれるわけでもねぇ。
副船長のまぶたが閉じたのだってきっと、たまたまだ。
でもそんなたまたまに、俺は救いを感じちまった。
何もかも今更だってぇのにな。

幽霊二人して倒れた二人のそばにしゃがんでたが、>>58
先に立ったのはグスタフだった。>>59]

 そうだな。
 探して来いよ。

[出かけてくると言うグスタフを見上げる。
何で殺されたのか、納得できる答えが見つかりゃいい。>>5:+234
納得いくまで探せばいい。]

(89) azubu 2019/03/24(Sun) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[と思ってりゃ、グスタフがなんだか寂しそうな顔して
こっちみてやがる。>>59]

 あぁん?
 まぁ、他の形で見たからって、
 ちゃんと視れたかどうかはわかんねぇけどな。

[てっきり俺は副船長の事かと思って、
そんな風に返事をしたんだ。]

(91) azubu 2019/03/24(Sun) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[よいせと俺も立ち上がる。]

 じゃあな、グスタフ。
 俺は俺でいってくら。
 死んでもドンチャン騒ぎできりゃ楽しいが――

[このまま作る幽霊船はきっと、カビだらけだ。]

 ま、スッキリ消えられるといいな。

[ひらりと手をあげかえし、俺も奴に背を向けた。]*

(92) azubu 2019/03/24(Sun) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

― 残り火 ―

[気になる奴。
といえば、俺の命を喰って生きている奴の事だ。
奴の気配がしたもんで、俺は厨房へ向かった。]

 こりゃ、また。

[厨房にはいろいろな気配が残っていた。
魚だの、鶏だの、兎だの。
俺らが食った肉達の気配だ。]

 そういや、せっかく食ったのに俺、死んだな。

[最後の食事はパンと、兎の肝煮だ。
食っといて自分が喰われてみりゃ、
兎に悪い気がしてくるから現金なもんだ。]

(106) azubu 2019/03/25(Mon) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル


[奥に進むと食料貯蔵庫だ。
こっちはもっとごちゃごちゃしてたが、
その中に新しいでかい気配があった。
誰のものかなんて、考える必要もない。
でかい身体さらして倒れてるのは、ガストンだ。

死にやがった。
ガストンの死体を見てまず浮かんだのはそれだけだった。

で、その後、頭ぐちゃぐちゃだな、とか。
やったやつすげぇ馬鹿力だな、とか。
そういうのが湧いてくる。

で、その後。]

 やり切ったのかよ?

[気になったのはそこだった。]

(107) azubu 2019/03/25(Mon) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[俺はしゃがんでガストンの身体を眺める。
赤い目、銀の毛、狼の手足。
俺を喰った時はここまで化けてはいなかった。
ヒューを殺った時点で半分ガタきちゃいたが、
それでも化けたガストンがまともに戦えば、
こうも滅多打ちになるとは思えない。
 
なんでこんな死に方する事になったのか、
ガストンの幽霊でもうろついちゃいねぇかと
辺りを見回したが見当たらねぇ。

ってことは、わかんのは、ガストンが俺を喰って、
ヒューがキレてガストンと戦って死んで、
ガストンが人狼のまま誰かに殺られたって事だけだ。
つまり、何もわかんねぇってことだ。
まぁ、誰が殺ったかの見当くらいはついたが。]

(108) azubu 2019/03/25(Mon) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル


 はー。
 しょーがねぇな。

[ため息ついてしゃがみ、ガストンの顔を覗き込む。
苦しそうな顔に見える。
こんだけボコされてりゃそうなるか。
と、もひとつため息。]

(109) azubu 2019/03/25(Mon) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 
[しばらくため息ついてたら、
階段の方がにぎやかになってきた。
何か動きがあったらしい。

そろそろ行くとするか。
もひとつため息ついて、俺は立ち上がる。]

 じゃあ、お先な。

[声かけて、11号室の夜を思い出す。
大体寝るのは俺が先だった。
ランタンの光の中、ガラクタいじってる背中見ながら
寝たもんだ。

こいつがやり切ったかはわかんねぇ。
何を思って死んだのかもわかんねぇが。
せめて、夢くらいいい夢を見ていればいい。]*

(110) azubu 2019/03/25(Mon) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

─ 船の中 ─

 もう生きてんの、お前らだけか。

[ギリアンにジャーディン、シーシャにエルゴットに]

 お前、ちゃんと生きてたか。

[ニールのつるぺた頭をぺたぺたする。スカった。
エルゴットは腕が痛そうだ。
いてぇのは腕だけじゃなさそうだが。]

 ったく、無茶しやがって。

[ガストンの体の下にはフェルゼの体もあった。
あっちはあっちでめちゃくちゃだった。
なんで死んだかはさっぱりわからんが、
今生きてる顔見りゃ、こっちも殺った奴の見当はつく。
それから、グスタフを殺った奴の見当も。]

(124) azubu 2019/03/25(Mon) 17時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[俺は人狼が誰か。ってのは正直どっちでもいい。
なんでこんなことになった?
ってのも、もう、考えるのはやめた。
死んだら色々気にしてたもんどうでもよくなって、
恨む気もしねぇし、なによりわかんねぇ。

わかんのは、船長も俺もみんな生きて死んで、
それでこれから船が変わるってことだ。
俺達の家だった、Red Wolf号が。


見届けてやろう。
船がよく見える場所で。]*

(125) azubu 2019/03/25(Mon) 17時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[空は青い。海も青い。
船だけが真っ赤だ。

青い海からざばぁんと、命の消える音がした。]

 
 アンタ、強いな。


[ザーゴの背につぶやく。
俺が前でて守ってやるはずの相手だったのに。
キルマーク1位の俺様ができねぇ仕事をやり切った。
俺ならきっと撃てなかった。]

(145) azubu 2019/03/25(Mon) 22時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 

 アンタも、な。


[海を見つめる。
ザーゴは外さなかった。
きっと痛くはなかっただろう。
胸ン中に比べりゃ、ちっとも。]


 みんなつえぇな。
 俺が知らなかっただけで。


[みんな必死で生きてたんだろう。
死んでから知った。
強いってのは、そういうことだ。

もしかしたら、ボートで逃げた連中だって。]

(146) azubu 2019/03/25(Mon) 22時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[そうだ、グスタフは。
奴は探していた答えをみつけたんだろか。

振り向けば、奴の笑った顔が見えた。
ヒューが手ェ出そうとした瞬間――]

 消えやがった。

[目が合ったヒューに片眉だけあげて、
俺は奴が消えてった空を見上げた。]*

(147) azubu 2019/03/25(Mon) 22時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[青い青い空と海。
じっと見てると甲板にシーシャがあがってきた。
俺を持って。]

 っちょ、てめぇ!

[なんだその持ってきかたは。
どこの王子様だ。
いや、それじゃあ俺が姫じゃねぇか。
撤回!撤回だちくしょう。]

 ああもう、全くなってねぇ。
 もうちょっとなんか楽な方法あんだろうが。

[じだんだふんでも何にもできねぇ。
気配でも察しやがれと思いっきりにらみつけてやった。
が、すぐに渋い顔することになる。]

(151) azubu 2019/03/25(Mon) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 
 泣いたんじゃねーか。

[シーシャはびしょ濡れだったが、
よく見りゃ跡が残ってる。
気楽そうな声だして、
いっちょまえに人のこと気づかいやがって。

結局、こいつにゃ色々教えてみようとしたが
全然聞かなかったな。
カトラスはやらねーし、
ボンキュッボンのいい女も紹介してやったってのに、
ヒョロヒョロに走りやがって。]

 ま、いいさ。

[お前は十分強いし、一人でやってける。
そうだろう?]

(152) azubu 2019/03/25(Mon) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル


 ありがとな。

[ぽんと肩叩いてやったが、ああ。
届かないんだった]*

(153) azubu 2019/03/25(Mon) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヌヴィル 解除する

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.218 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび