人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


 
[ 腹が減ったな ]
 



[あの卵料理は絶品だった]
 


 
[――男の耳許で、耳孔へと響く距離で]
 


【人】 露店巡り シーシャ

[ママへの言葉>>10の中。
ジャーディンがこれまで抱えてきたものの、
尻尾くらいは掴めた気がしたんだ。

医務室でききそびれた、質問の答え>>3:71>>3:96
試してないはず、なかったね。


ジャーディンは、
この船の人間の怪我や病気をみてきたんだ。
さっきギリアンにしてくれたみたいに、
必死に。

そんな人間が抱えていた病気は、
治せなかったら、この船の人間を危険な目にあわせるもの。

ジャーディンがザーゴに託した
けっせい?ってヤツ>>5:136>>5:150
それが、あの質問への、
ジャーディンの答えなんだって、僕は受け取る。]

(36) ぶんちゃん 2019/03/23(Sat) 01時半頃

【人】 露店巡り シーシャ


 ―――ジャーディン、


[「しんどかったね」
その言葉はもう言った。

なにか、なにか伝えなきゃって思うのに、
頭の悪い僕が、どれだけ言葉を探しても
「死なないで」しか見つからない。

でもその言葉は、違う気がするんだ。

やっと終わるんだから、
ジャーディンの、獣との闘いが。

結局なにも続けられずに、
目に焼き付けるように、忘れないように、
僕は、その顔をじっと見つめるだけ。**]

(37) ぶんちゃん 2019/03/23(Sat) 01時半頃

 
[目の前の男が何かを喋っている。

 視界は昏く、血色で、輪郭は滲み、世界は曖昧で、
 聴覚は潮騒で満ちて耳鳴りへとなり空虚に響く。

 もう呼吸をするのですら億劫となりながら、
 唇の動きを辿ればどうやら男は罵っているらしい。
 
 苛立ちも露に何もかもを責め立て、
 分かり合えるはずもないと真実を言いながら、
 その実、言葉を綴っている裏腹な男]
 


 
 (……医者は、殆ど残っていないのに)
 

[獣を抑え込む苦痛に削がれ続けながらも、
 やるべきことを掲げ、最期までそれを貫き通して。
 限界まで自己を削り尽くしたのだから当然の如く、
 残されたものなど、僅かでしかない。

 何も思い残すことがないなどあろう筈がなかった。
 あれの内に潜んだ獣だから知る抱えていた絶望を、
 結局の所、死ぬことでしか癒せない結末では。

 何も救われていないことを良く知っている。
 獣と混じっていながら人間でありたかった医者の、
 抱いた願いを……少なくとも、“自覚”している]
 


 
[――人間ではないのに。
 人間に届けられた言葉が支えた願いは打ち砕かれて、
 その友を殺した契機に自ら死へ駆け出した医者が、
 救われた何かがあるとするなら。

 背に届いた、あの言葉。
 病を自覚しその病を罹患している己を厭い、
 人嫌いで通した人間の背に、届けられた言葉だ。

 人は言われなければ何も伝わらない。
 想われても、思っても、
 見守ってくれる者がいたとしても、
 同じ悩みを抱えていたかもしれなくても。

 あの泣きじゃくる医者見習の言葉は、
 確かに、“自覚”へと響いてしまっている]
 



  ……ふ


[そんな思考しているうちに、
 己を殺す人間の言葉は終わったらしい。

 そう、全てはもう、終わっている。
 やり残したことをやり遂げて、
 獣が狩りをするには力の失せた身体を残し、
 あの医者の残滓は、漣一つで攫われてしまう程度]

 


 
[のろりと顔を上げ、“そこ”を見た。
 ――海への入り口。漸くの終わりの場所。

 血肉を憶えて覚醒した筈が、
 獲物としか思えなかった人間に抑えつけられて、
 その人間の意志が消えてもこの身体にもう力など無く、
 であるならば、最期くらいは獣らしく]
 


 
  他人の思い通りが、気にくわないか。
  ああ、そうだろうな……うん。


[肩を震わせ唇を吊り上げる。
 終わりの場所まで足を引きずるように歩き、
 銃口を向けられてもその言葉に嗤うかのように。

  案外、気が合うじゃないか人間。
  獲物でしかなかったはずの人間と気が合うなど、
  おかしいにもすぎるが、事実でしかない。

  あの医者は仲間を守ろうとした友に殉じた。
  自ら幕を引き人に獣を殺させまいとしていたが、
  その思い通りにしてやるなど気に食わない。

 腰掛けろと言われたが無視をして、
 喉を震わせ、獣らしく悪辣に嗤ってやるのも精一杯で、
 どちらかといえば無理をしているような様相だろうが]


 
  確かに。
  ひとり勝ち逃げさせるのは気に食わないよな。


[銃を向けられ嗤う獣の意図は恐らく伝わるまい。
 眼前の男が“医者”を殺したいのだったなら、
 これこそが人間への反撃だが、言葉にする意もなく]
 


  
 
[ 銃声が響くその刹那まで、紅い瞳は逸らさずに **]
 
 


【人】 露店巡り シーシャ

[甲板へ上って行くザーゴ。

面倒くさい役は、ザーゴに任せよう。
「殺すと決めた」>>5:127、そう言いきったザーゴに、
押し付けてやるんだ。


ジャーディンがその後を追って、
甲板への階段を上がって行くのを見届けたら、
ママとエルゴットを残して、僕は船底へと向かう。


「弔い」をしなくちゃいけないんだ。
ジャーディンが言ったように。
ジャーディンの強さと、ザーゴに殺されるだろう獣。

それに構うより、
死んでしまった仲間たちの弔いを>>5:97――。]

(39) ぶんちゃん 2019/03/23(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[静かだ。

船にぶつかる波の音以外、僕には聞こえない。
これまでのうるさかった日々が
一瞬で消えた。
一瞬だよ、一瞬。
もう何年かは忘れちゃったけど、
ずっとうるさかったんだから。

それが、船長が殺されてから
一回の日暮れも見ないまま、本当に一瞬だった。]


 嫌な夢なら、さっさとさめてくれないかなぁ……。


[上から下へ階段を下りる。
現実から夢へ落ちるように。
全部全部嫌な夢――。
そうだったらいいのになって、思いながら。**]

(40) ぶんちゃん 2019/03/23(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[二発の銃声>>51をきいた。

夢にと下りきった船底で。


―――コチコチコチコチ。
時計の針が、音を立てて進んでいた。


そこはやっぱり血腥いままで、
疲れた体がふらって揺れる。

壁にゴンって体が打ちつけられて、
首にも力が入らなくて、頭をぶつけた。]

(52) ぶんちゃん 2019/03/24(Sun) 00時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 ―――――っ、 ………ぅ、……ぐすッ

  ………ずすっ、


[壁に体をあずけたまま、
ずるずるってしゃがみこむ。


二回も、誰かに泣き顔を見られたくなくて、
僕は逃げたんだ。

「殺さなきゃいけないんだよ」
ジャーディンの前でそう言いきったのに、
最後はザーゴに甘えた。


「よわみ」>>3:19の意味が、僕の心に刻まれた。**]

(53) ぶんちゃん 2019/03/24(Sun) 00時頃


  ジャーディン、さようなら
  どうか悔いなきよう
  
[ 船首の方からは、最期まで人たらんとした仲間の声。
 それを認識しつつも見に行くことは無い

 彼が選ぶ道はきっと、彼に最良の道だ。

 姿を見る事は無いままに紅き声だけで彼の冥福を祈り ]


【人】 露店巡り シーシャ

――船底――

[喉がかわいた。
頭がガンガンする。

船底の貯蔵庫に水があったはず。
扉を開けたら、そこにも血の跡と、
まだ乾ききってない水が床を濡らしてた。

一つの樽に頭から突っ込んで、
がぶがぶ水を飲んだ。


――生きてる。僕は、生きてる。]

(111) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[貯蔵庫から出たら、
やることの多さに溜息が出ちゃった。

でもやらないと。
もうこの船に残ってる人間は少ない。
エルゴットは腕が痛いみたいだし、
ギリアンに無理はさせられない。
ザーゴは力仕事は無理そうだし、
ママは食事を作らなきゃならない。]


 まずは――


[牢にいる、
ヌヴィルを迎えに行くことにしたんだ。
ここから近いし、上まで一番遠いところだから、
早いうちに、やる気があるうちに運んでおこうと思って。]

(112) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 ――終わったみたいだよ。
 ったく、そんなキンキラ、
 死んじゃったら意味ないじゃんか。


[どうやって運んでやろうかって考えて、
背中と膝の下に腕を差し入れて、
絵本のお姫様が王子様にされるみたいに抱き上げた。
字が読めない僕に、かあさんが読んでくれたっけ。]


 おっも…………。


[持ち替えようかと思ったけど、
ママがヌヴィルの声が聞こえたとか言ってたから、
もし見てるんなら、嫌がらせになるかなって。
だって、ヌヴィルが「お姫様」だよ?]

(113) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ

――第三甲板――

[途中ふらついて何回か壁にぶつかりながら、
第三甲板へと上ってこれた。

小さくなってるエルゴットをみつけて、唇を噛んだ。
だってまた、鼻の奥がツーンってしそうになったから。

手があいてたら、
数日洗ってないだろう頭だろうが、撫でたかったんだけど。
今は「お姫様」で手一杯。]


 ―――。


[かける言葉は、ここでも見つからなくて、
僕は黙って上を目指すことにしたんだ。]

(114) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ

――甲板――

[第二甲板、それから甲板へ。

外に出たら、ふわって風が前髪を撫でていった。
さっき僕の前髪に触ってた手、
その手の持ち主は、もうそこにはいなかった。


見届けなかった後悔。
見なくて済んでよかったって気持ち。

その両方がもやもやって胸にあって、
甲板に座ってるその背中>>95を、
軽く膝で小突いてやった。]

(115) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 ママ、今夜の食事はなぁに?


[ザーゴにかける言葉にも悩んで、
振り返って、ママにいつもみたいに
食事のこんだてをきいた。

だって、「ありがとう」も「ごめんね」も
「おつかれさま」もなんか違う。

こんな時、頭がよかったら困らないのかなぁ。]


 ギリアン、ヌヴィルもそっちでいい?


[弔うのに、
もう人狼も人間も関係ないって、僕は思うから。]

(116) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[見上げた空が青い。見下ろした海も。


船は無事で、

  ――僕は生きてる。


やってやる。

食べて、眠って、
これからも生き抜いてやるんだ。**]


 ねぇ、ザーゴ。
 僕に字と計算を教えてくれない?
 

(117) ぶんちゃん 2019/03/25(Mon) 02時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:シーシャ 解除する

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.242 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi