人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

vdspuren 2017/04/11(Tue) 01時頃


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[わたしが研ぎ直した藤也くんの鋏は、わたしの身体に刺さったまま。
 けれど、ここでこうして伊島さんと話すわたしの意識にも、穿たれた傷口にも、その奥を窺わせる“もの”が突き立っている]


 ……伊島さん、やさしい、ですね。


[気遣う言葉と、触れずに止められる指先>>6:+36
 普通なら、きっと気付いてしまうのに。元から血塗れの服が隠しているけれど、新たに床を塗らす雫のないことに、それでいて辺りにわたしの香りが満ちるその意味に。
 目を背け。こちらを労って。――そのことを、逃避だとしても優しいと、そう思って]

(5) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 わたしは、大丈夫です。
 ……もう、何も。痛くもないから。

 わたしが、取りますから、少し待って……


[血潮を噴かない傷口、否応なしに死体を想起させるそれを見せまいと、身体を返そうとした、その時。
 伊島さんの掌が、強い意志でもって伸ばされる>>6:+37

(6) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[わたしはたたらを踏んで、抑えていた手は離れてしまって。わたしの意識を穿っていた鋏は勢いよく引き抜かれ、伊島さん>>6:+40の手の中に。
 ――そうして、わたしは]


 ……ね。

 だから、もう、大丈夫なんです。わたし。
 ……終わってしまいましたから。


[伊島さんの勢いに押されて零れ落ち、床へ垂れ下がってしまったものたち、わたしと繋がったままのそれらを一瞥し。その大元たる傷口を、申し訳程度に腕で覆って、くすくすと笑う]

(7) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ただそれでも、他の死、わたしが気付いていなかった死は、わたしの心を未だ震わすもの。……きっと、みんな食べようとしていた、食べて確かめようとしていたわたしが、口にすべきことではなかったのかもしれないけれど]


 そう、ですか。
 ……寂しい、ですね。


[平時の様子が戻ったらしい伊島さん>>6:+40の前で、そんな、“普通”の言葉を漏らした]

[フォークは一人ではなくて、それでも、ふたりは確実に死んでいて。呉羽さんも、死ぬにせよ食べるにせよ、死の気配から離れられるとは思えずに。他のひと――伊島さんが見ていない、イワコノフさんと、八重さんと、瑠東さんも、フォークの傍という危ういところに立っていて。
 がらんどうで止まっていたここには、今、本当の死が満ちている]

[――生きたいひとだって、いたはずなのに]

(8) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[もう一度、寂しいですねと繰り返した後]


 ……伊島さんは、藤也くんのところに行くんですか?


[それを届けに、と、伊島さんの手にあるものへ、視線をやった。
 わたしはよそへ、ほかの人に最後に会ってみたくて。零してしまったものを何とか仕舞おうと、手を伸ばす]*

(9) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
檀の死に伊島さんがきづいてなさそうだったので なんか あの 死体の方から取る展開おもいつかなくて 生やしました……
あととってももつもつした趣味に走っていてごめんなさい(俯いた

さて、はい、おつかれさまでしたありがとうございました!!ありがとうございました!!
むつがわせんせと藤也くんの灰を読んでいるとわたしもハイテンションになりたくなってこまります!!おなかがいたいです!!

(-7) vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃

マユミは、でも今日は途中まで読んだところで寝るのです……**

vdspuren 2017/04/11(Tue) 02時頃


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
いや、伊島さんはやさしい。やさしいです。
中の人は、鋏をぐりぐりされるぐらいのことは考えてました(もつしまいしまい)(いや、藤也くんとその鋏になると伊島さん揺れてたみたいだら、怒られるかしらって…

そしておはようございますと行ってきますを同時にするのです。
ログが読みたいしご挨拶もしたいのだけど ねむ……

>村立てさん
他に不都合あるかたがいなければ、延長、お願いしたいです**

(-24) vdspuren 2017/04/11(Tue) 08時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
にこにこウォッチ!ウォッチはいい文明です。
(帰ってきてるのだけど行き先が決まらなくてころんころんしている)(医務室も居室もいきたい)(どうして分身できないのかしら)

(-76) vdspuren 2017/04/11(Tue) 22時半頃

マユミは、(頭が止まりだしたので仮眠してきます……)**

vdspuren 2017/04/11(Tue) 23時半頃


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
仮眠 #とは

ごめんなさい…また夜に…伊島さん何ならわたしに構わず先のこととか書いてくださっても…!**

(-122) vdspuren 2017/04/12(Wed) 08時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
(呉羽さんとイワコノフさんの今後をたのしみにしています)
(話題になれるなんて 死体冥利につきますね!)

さて、今日は少し早めに戻れました…睡魔が来る前に勝負をかけます…!
>伊島さん
ただ体力的に燃え尽きただけで、返しにくいとかではなかったのです…ほんと…すみません…!
こんどはがんばります(ぐっ

(-143) vdspuren 2017/04/12(Wed) 21時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[やすやすとは認められないと、そう言いたげなことを伊島さんは呟いて>>10――わたしは、わたしがすんなりと抵抗無く受け入れていた理由に、ようやく思考を巡らせる]

[死にたかったのだろうか、わたしは。
 あの子を喪ったわたしは]


[いいえ、そんなこと、考えたことはない。
 でも、止まってしまいたかったわたしは、死にたくないと零さずにただ理由を問うたわたしはきっと――元より、生から離れつつあったのだろう]

(52) vdspuren 2017/04/12(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 時間、かかってしまっても
 きっと……普通のこと、ですよ。


[瞳を伏せ、改めて浮かべた笑みは、淡く寂寞滲むもの。
 既に死を経たわたしたちに、こうして時間が与えられている意味があるとしたら、死を受け入れた上で去るためではないのかと――そんなことを考えてしまって]

[すとんと認められていたわたしだけでなく、“ずっとここにいられたら”と願う>>11伊島さんまでここに来た、来てしまっていたことが、寂しい]

(53) vdspuren 2017/04/12(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[けれど]


 ええ、そうですね。
 まだ――みんな死んでしまったのでは、ない。


[伊島さんが告げる、生きているひとたちの話に、触発されるように。
 わたしが食べられた分だけ、生きたい誰かが生きていられるのなら、良いかもしれない、なんて――ひとを想う感性が、久しぶりに、姿を見せる。
 いつも楽しそうに振る舞っていた八重さん、停滞したここに嫌悪を見せていた>>1:27瑠東さん、食べられるのは嫌だと言い切って>>2:123ひとに刃を向けた>>3:79イワコノフさん――]

[そして、わたしを食べた、呉羽さん]

(55) vdspuren 2017/04/12(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[伊島さんの掛けてくれた上着、その裾を軽く、握り込んだ]


 ……わたしも、少し、見ておきたいものが。

 伊島さん。
 ……さようなら、でしょうか。


[八重さんの行く先を、伊島さんが見守るなら。
 わたしが結末を確かめたいひとは――他に、いる]

(56) vdspuren 2017/04/13(Thu) 00時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 ありがとう、ございました


[震えの止まった指先>>12へ触れ、最後に口にしたのは、一言のお礼。 助けて貰ったし、お世話になった。今だけでなくて、ここに来てから、ずっと。
 けれど、手を借りて全てを仕舞い終え、お腹を抑えるように学生服のシャツを括ったとしても、きっと別れ際のお辞儀はできないだろうから]

[感謝の思いは、指先にそっと託して――立ち上がった]*

(57) vdspuren 2017/04/13(Thu) 00時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
見守り隊になりたい(要約)という話でイワコノフさんを挟んでしまって おばけなのをいいことに傍から眺めてる感が倍増。
(しつれいしました…)(そして伊島さんお待たせしました…!)

(-175) vdspuren 2017/04/13(Thu) 00時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
視聴率ぐんぐんさせます ぐんぐん(着席中もお風呂にいっても しっかり みています)

>>-146 むつがわせんせ
むつかわせんせの語る擁護理由にすごく筋が通っていて、占われてたの自体全然気付いてなかったです(当然動きにくさなんてあるはずもなく)…!ごめんなさい……!!

(-180) vdspuren 2017/04/13(Thu) 00時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
おや、学生さんは仕送りの残高を確認しているようですね。布教用の購入本数を確かめているのでしょうか?

>>-187 瑠東さん
だいじょうぶ分かります通じます 藤也くんはすごかった 素敵だった
鋏でちょきちょきしながら影で大感謝していました

藤也くん食べきれなかった……

(-192) vdspuren 2017/04/13(Thu) 00時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
おふろでとけていた……
わたしも語彙がとろとろしてきたので ねます ねます!
瑠東さんに藤也くんもったいないおことば!!ありがとうございます!!殺されてくれた藤也くんをていねいにアレコレしたいという思いをせっせこつめてよかった…よかった……

伊島さんのフードは傷とか覆ってくれるすばらしいフードですよ!フード掛けてもらえてなかったらシャツの裾縛れませんでしたよ。おなかチラ見できちゃうから。。
じつは伊島さんとお話ししたことによって最後に見てから去りたいものがくるっと180°転換したんですよー思考がだいぶん前向きになったのです 伊島さんやさしい

(-213) vdspuren 2017/04/13(Thu) 02時頃

マユミは、どうして分身できないのかしら(なんかいでもいう

vdspuren 2017/04/13(Thu) 02時頃


マユミは、おふとんの隙間から表をみるの…**

vdspuren 2017/04/13(Thu) 02時頃


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
新年恒例のアレで遅くなってしまいましたいま帰路です伊島さんは天使かしら???????
やさしいのは あなたです あなたです……!!

そして祭くんこんばんはー顔が見られてよかったです!
延長もありがとうございます!!!

(-291) vdspuren 2017/04/13(Thu) 23時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
そういえば、ケーキにしてフォークという前例が伝達されてしまうと ケーキであることが身の潔白を証明してくれる訳ではなくなってしまうので イワコノフさんの将来がとても心配です………やっぱり出られないのかしら……

(-293) vdspuren 2017/04/14(Fri) 00時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
昨夜 ねおちていたわたしも 瑠東さんのそばでひっそりこう 最後を考えます(こんばんは!

はっそしてもぐってしまうまえに
むつがわせんせ、ごめんなさい、わたし何時むつがわせんせと同村したかわからなくて…!教えてもらえるとうれしいです!とても!

(-344) vdspuren 2017/04/14(Fri) 23時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
あっ 獣と少女はわたし参加したこと無いです…! 

(ただし獣と少女2やドンケハイツや対魔忍はチラッ………チラッ……としていましたので 戦績見て「ああ!」という顔はしておりました あらためて初めまして!)

(-348) vdspuren 2017/04/14(Fri) 23時頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
明かされる手の内!
(伊島さんのタックルうけとめてくるくるしつつ)

はっそういえばわたしは初めましてとお久しぶりが3:2くらいでした。たぶん。
呉羽さん、藤也くん、初野さん、八重さんがお久しぶりで、他の皆さんが始めましてです、たぶん。

vdspurenこと茅崎です この度はありがとうございました!
またお会いできたらどうぞよろしくお願いしますね と ご挨拶しつつ もうちょっとがんばるんですよ(〆を)(書くのを)

(-365) vdspuren 2017/04/14(Fri) 23時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
わたし もぐもぐする村には けっこう行っているもので……!
いま3年経っていたということにふるえましたお久しぶりです!!!!!

(-370) vdspuren 2017/04/14(Fri) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[遠く聞こえた、拒絶の声>>69
 血濡れたイワコノフさん>>100と、ナイフの引き抜かれ、転がる音>>110。……わたしが傍へ寄った頃には、再び、辺りは静寂に包まれている]

[ふたりの姿をそっと見下ろして。
 少しの後に、俯いたその顔>>115を口を開いた]


 ねえ、呉羽さん、
 ……満足、でしたか?


[満足しなかったら許さない、なんて、言うつもりはない。
 ただ単に、知りたかった。
 どうして呉羽さんがここに来たのか問うたように、気になってしまったから。問答無用で食べたりはしないくらいには、イワコノフさんに何かしら、思い入れがあったのでしょうに]

[呉羽さんが食べたわたしの前、フォークとして残した跡の前で、こうして終焉を迎えて]

(144) vdspuren 2017/04/15(Sat) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[でもきっと、呉羽さんが望みどおりに振る舞った、その結末なのでしょう。だから、応えがなにも返らなくても、瞳を伏せて、脳裏に浮かべた挨拶を手向けの言葉とする。
 そうしてもうひとつの、告げるべき別れを口にした]


 イワコノフさん。

 もっとお話、聞きたかったし、したかったです。
 あまり力になれなくて、ごめんなさい。

 さようなら。どうか、良い夢を。
 

(145) vdspuren 2017/04/15(Sat) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[イワコノフさんの意識はもう、外界を捉えていないようで>>138、膝をついたわたしの言葉は、就寝に添える祈りにも似て。重ねようと伸ばした指先は感触を返さず、眠る子の意識を揺らさぬよう慮るがごとく。
 ……もしもこのまま、弱った吐息が絶えてしまうとしても。翻弄された、抗っていた、イワコノフさんの元に、刹那の夢であったとしても――]


 ――ひとひらの充足が、傍にありますように。*
 

(146) vdspuren 2017/04/15(Sat) 00時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
おわかれをね!!!いいたかったの!!言いたかったんです!!!

伊島さんには またいつか、って微笑んだ(注:表にでてない)けどそれは伊島さんパワーなのです 伊島さんがいたから口に出来る希望なのです……つまり伊島さんは天使……八重さんと伊島さんで黒翼と白翼の天使ペア……

(-409) vdspuren 2017/04/15(Sat) 00時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
呉羽さんの終演が しんとした静寂、サナトリウムの気配そのものとでもいうべきものに包まれていてですね……崩したくないけれど告げたい別れがあるってとてもこう……四苦八苦しました……!
身に余るおことば 頑張った甲斐があるというもの(ありがとうございます

八重さん!そう!お話したかった!
一度会えたのに諸々の事情によってぜんぜん…はいらなくて……! 不穏の気配が来る前のほのぼの会話とかね、もっとしたかったです!

(-413) vdspuren 2017/04/15(Sat) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マユミ 解除する

犠牲者 (4人)

マユミ
14回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi