人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

mimu175r 2017/04/11(Tue) 01時頃


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

何を……そうだね、それは、

……

[問いかけには薄く口を開いて、幾度か、開閉しかけるような仕草をし。だがそのままに言葉を紡ぐ事はなく、代わりに笑みを深め、目を細めた]

……そうだな、あるいは。
皆役者なのかもね。

時に望む自分を、
時に望まれる自分を、
皆、何かを演じているんだ。

そう思えば、……世界は。
危うい、あやふやな、ものなのかもしれないよ。
僕が思っているよりも。

君が、思っているよりもね。

(15) mimu175r 2017/04/11(Tue) 22時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[ぽつりぽつりと、語る調子は、寝物語でも思わせるような、淡々としながらも穏やかなものだっただろう。常の、男と同じように]

ね。
まだ、クランクアップにはならないんだ。
舞台の幕は下りないんだよ。

まだ、……

(16) mimu175r 2017/04/11(Tue) 23時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[伸ばされる手、その手を掴み]

……うん。

きっとね。
最後には、

[最期には、]

僕は、君に、本当の僕を見せるよ。
本当の、呉羽 流樹、を。

[僕が、
 君を食べてしまう、
 その時には]

(19) mimu175r 2017/04/12(Wed) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


…… 行こうか。

[呟く。そして、そっと、
 そっと、彼女の体を抱き上げた]

(20) mimu175r 2017/04/12(Wed) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……ううん。

何も出来ない、だなんて。
そんな事、ないよ。
君はずっと戦って、……戦ってきて、

諦めない、戦う意志を持ち続ける、
持ち続けられる、君が。
僕は眩しかった。

諦めないで、戦わなきゃならない。
そう君が言ってくれたから。
一緒に外へ行こうって、
そう、言ってくれたから。

僕は、戦えたんだよ。

[一歩、一歩、緩やかな足取りで廊下を進む。血の匂いがする、死の匂いがする、生命の残滓が、満ちている、それは最早混沌と混じり合いわからなくなる程に、溢れている]

(26) mimu175r 2017/04/12(Wed) 00時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[彼女が涙を零す、
 その目元に、一たび口付けて。

 向かうのは、
 向かう先にあるのは、
 いずこだろうか*]

(27) mimu175r 2017/04/12(Wed) 01時頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール


[彼女の涙、その雫は、
 透明な果汁の味がした]

(*0) mimu175r 2017/04/12(Wed) 01時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[通り過ぎる、一際濃い死の匂いの一つ。
 通り過ぎる、 檀の死体のすぐ近く]

……、
そうだよ。檀さんは……僕が殺したんだ。
彼女が、フォークだったから。
フォークで……僕を食べようとしてきたから、

[それを視界に入れたらしい、ワレンチナが零すのに。檀の死体、其方を見る事はないまま、沈痛な面持ちを作って返す]

フォークは、……彼女だけじゃなかったんだ。
そんな気は、何処か、していたけれど。
フォークは……そんなにも、
飢えて狂っている、のかな。……

そんな、同じフォークを、

(38) mimu175r 2017/04/12(Wed) 20時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

同じフォークの死体に、
噛み付いて……
腹を切り開いて、

そんな事を、するくらいに。

[零す。
 死体に目を向けないままに。
 零す。
 知りえない筈の、事実を]

(39) mimu175r 2017/04/12(Wed) 20時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……そうだよ。

檀さんは、鋏を持って、向かってきたんだ。
僕は肩を刺されて、……
彼女は笑っていたんだ。
僕は、どんな味なのか、って。言って。

[独りごちるように答える。其処でようやく「初めて」、檀の死体を見やり]

……わからない。
フォークは、ケーキを食べるものだから。
本当に、正気じゃない、としか。
思えない。……

他の誰が、フォークか、……
それも、わからない。
瑠東君は……フォークというよりは、
その協力者か何かに、思えるし、

(42) mimu175r 2017/04/12(Wed) 22時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……

君は。
誰が、他のフォークだと思う?
檀さんがフォークで、でも食べようとしなかった…… なら。

僕は、どうして……

[赤い匂いの中、足を止める。俯く。
 男にごく近く在る彼女なら、 軍人であった彼女なら、 疑念を抱き始めた彼女なら、 あるいはそれにも、気が付き得たかもしれない。
 男の右肩の傷が、
 鋏ではない刃物によるものだと]

(43) mimu175r 2017/04/12(Wed) 22時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……、

…………

………………

[沈黙。長い長い、沈黙。
 長い髪により、彼女から面が窺い難くなる角度に、男は俯いて。静かに肩を震わせ]

……、僕を……疑っている、のかな。
僕を……僕が、……

僕が、どうして……犀川君を……
…………

[震えは、声にも伝播し、]

(47) mimu175r 2017/04/12(Wed) 23時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……、ふ、

[ふと、音のある吐息が漏れる。
 それは嗚咽のような、]

……く、

[それは、]

……ふふ。……ふ、くく。
ははは。
あは、 はははっ。

[笑い声。
 場には不釣り合いな爽やかささえある、
 ごく愉しげな、笑い声。
 顔を上げる、其処にはやはり笑みがあって]

(48) mimu175r 2017/04/12(Wed) 23時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

ああ、

……――カット!

カットだよ、もう。笑っちゃったもん。
ははっ。
嗚呼、駄目だね、「秘密の暴露」しちゃって。
特殊メイクもセルフじゃ。駄目だね。流石に。

いや、語るに落ちる?
話し過ぎたかなあ。調子に乗って。
もう皆死んじゃったみたいだしさあ。
油断して。あー。脚本もいないからねえ。

はは。起承転結、その後に転、
ドラマなら、最終回前……
ってところかな?

[饒舌に語る、その顔は、声は、彼女がよく知った「呉羽 流樹」であり。だが、その表情は、声色は、語る言葉は、まるで似つかわしくないものであっただろう]

(49) mimu175r 2017/04/12(Wed) 23時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……可哀想だね。

可哀想な、ワレンチナさん。
僕なんかを信じてしまって。
信じてはいけない、僕を信じてしまって。

憎い、
仇敵の、
殺すべき、

フォークなんかを、信じてしまって。

[涙を流す、絶望に染まっていく、ワレンチナの顔を見下ろす。笑みは柔らかく変わり、瞳には慈しむような色が浮かんで]

(64) mimu175r 2017/04/13(Thu) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

ごめんね。
残念だけど。
僕は君達とは違う、僕は、
フォークだったんだよ。

騙してたわけじゃないよ。
ただ、演じてただけ。

なんて。……でも、本当に。
そうだよ。演じてたんだ。
「ケーキ」という役を。「ケーキである、
呉羽 流樹」を ね。

役者なんだから。
演技するのは、当然でしょう?

そう、僕は、役者なんだから、
……ね。

(65) mimu175r 2017/04/13(Thu) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

でもね。僕が、

……いや。
これは、蛇足だね。きっとそうだろう。
…… ねえ。

ふふ。

[発しかけて呑み込んだ、
 言葉の代わりに、笑いを零した]

(66) mimu175r 2017/04/13(Thu) 00時頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[僕が、

 君を好きだったのは、
 愛おしく思っていたのは、
 本当だよ。

 ――食べちゃいたいくらいに、ね]

(*2) mimu175r 2017/04/13(Thu) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


…… ワレンチナさん。

[胸に爪を立てられる、微かな、ごく微かな、違和感に似た程度の痛み。先刻のように、その髪を撫でた。
 そして、その体を、傍らの壁に寄りかからせるようにして、そっと、そっと、座らせて]

そんな事じゃ、僕は痛くも痒くもないよ。
フォークは、退治されやしないよ。
「悪魔」は、死なないよ。

ねえ。ほら。
君は、フォークに仇を討つ、んでしょう?

[その目前にしゃがみ込み、笑む、煽るような言葉。スラックスのポケットを探り、銀を取り出す、 銀、 銀色のナイフのその刃を緩く持ち、柄を差し出すようにしては、 笑む]

(72) mimu175r 2017/04/13(Thu) 01時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[激情が迸る。
 激情が、振り上げられる。
 振り下ろされる、銀の、きらめき、]

――っが、

[押し潰されたような、断片の声が、口から漏れた。不随意の音。――彼女が振り下ろしたナイフ、その切っ先は、真っ直ぐに、男の首に、右側面と前面の半ばに、突き刺さった]

(90) mimu175r 2017/04/13(Thu) 22時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[ぴしゃりと、切っ先が抜かれる以前で噴き出しはせずも散った赤は、彼女のその激情に染まった顔を赤く化粧しただろう]

[首を打って断たれたような一瞬の烈しい衝撃。それから感じる、劇しい、局地的な鼓動。男は左手で首に触れ、ナイフの突き立った際を握るように押さえ、そのまま、ゆらりと立ち上がった]

……あぁ、 ……は……

[首に鼓動と共に熱が集まるのを感じる。ただその熱は左手に感じられはしない。作り物の手は温度を感じはしない。
 その手を、腕を伝い、シャツの白を一層侵しながら、ぱたり、ぱたり、揺らぎ立つ男の足元に、赤が滴り落ちていく。
 男は、一とき、
 笑いもなければ乱心もない、何もない、なにでもないような、無表情でいた]

(91) mimu175r 2017/04/13(Thu) 22時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


……『ムルソーじゃないが、

[首を押さえたまま、にわかに、口を開く。そして発した声は、首を刺されているとは思われない程に、震えなく、明瞭に。ただ、すぐに咳き込み、ごぽりと血を吐き出して、]

……『俺が望むのは、最早、罵倒と嘲笑だ。
そして俺を待つのは、
ああ、見ろ、待ち侘びてくれている、
あのうるわしき、 地獄』

[それでも尚、続ける。
 片腕を広げて、掌を天へ掲げて、
 血と喘鳴と共に台詞を吐き出す、それは、瑠東に演じてみせたと同じ、昔に「なった」、ある復讐鬼のものだ]

(104) mimu175r 2017/04/14(Fri) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


…… ああ
やっぱり
不味い なあ。

[それに続けてふと零したのは、今度は男自身の呟き。口内を満たす己の血へのたわいない感想と、]

残念、だなあ、
君を 食べられなくて ……

[とっておいた苺を食べられたかのような、そんな軽い調子で紡ぐ、ひとひらと]

(107) mimu175r 2017/04/14(Fri) 00時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール


あぁ、……

……カーテンコール。
行かなきゃ、

[虚ろの、断片。

 ナイフの柄を握り締める。ぐ、と、 一息に、それを引き抜いた。引き抜くまま、からり、ナイフを床に落とす。男の首から、噴水のように一気に血が噴き上がり、光景をより赤く、赤く染めて、]

(110) mimu175r 2017/04/14(Fri) 00時半頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール



[……

 So may the outward shows be least
 themselves … The world is
 still beceived with ornanent .

 …………]

 

(*3) mimu175r 2017/04/14(Fri) 00時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール



[男は背後の壁に倒れ、そのままずるずると、崩れ落ちるように体勢を失って。俯いた視線は間もなく宙を見つめ、何をも映さないようになった。
 役者はもう台詞を語りはしない、
 演技の潰えた、
 …… *終幕*]

(115) mimu175r 2017/04/14(Fri) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:クレパスキュール 解除する

処刑者 (5人)

クレパスキュール
23回 (7d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi