人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[――おやつの頃。せんせの部屋に顔を出して、質問をした。少しばかりの雑談も。
 参考として教えて貰った本を、図書室の奥から引っ張り出す頃には、とっぷりと日が暮れていた]

[だから皆、部屋に戻る頃だと思っていた。
 すれ違った犀川さん>>1:#3が、何を呟いていたとしても]


 ……?


[藤也くんの時とは違い、言葉の意味すら判らなくて、首を傾げて、それでお終い。
 わたしは。
 追われていると、一度も感じたことがなかったから]*

(0) 2017/04/04(Tue) 01時頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 08時頃


【人】 白銀∴秘星 マユミ

―― 廊下 ――

[少しばかり早く、目が覚めた。
 まだ他の声>>7>>9もしなくて、わたしを阻むものはなにもない。朝の早いひと>>1は別の所にいるのがお決まりだから、ひとりでのびのびと、朝食に臨むことができる。
 そのはず、だった]

[けれど……、香りがした。
 藤也くんがよく残すものよりずっと濃い、過日の香り。その先で、取り返しの付かないところまで、損壊したのだと思わせるもの。伺い見れば扉がひとつ開いている。わたしの部屋にほど近い、あそこの主は犀川さん。蘇る記憶、昨日すれ違った彼。逃げろと>>1:#3呟きながら彷徨う姿]


[自問自答。
 ――彼は“逃げられた”のだろうか?]

(66) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[浮かんだものを振り払うように、わたしは踵を返し、食堂へ。
 何も考えたくないときは走るのだと、そうわたしに語ったのは誰だっただろう。元々多くはない食事を、機械的に口へ運ぶ。食事を済ませれば、挨拶に笑んでみせることもなく、そのまま図書室へ向かう]

[思考を紛らわすだけの動作たち。
 きっと初めての、過去へ向けた逃走]

(67) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

―― 図書室 ――

[そして扉を開いたそこに、まだ祭くん>>1が――気分が悪そう>>1:32にはしていない、未だ状況を知らない彼がいたならば。
 いつものように挨拶をすることはない。無言で本を手に取って、真っ直ぐに窓際の閲覧席を借りる。話しかけられたとしても応えることなく、古い紙のにおいに囲まれながら、かつてわたしがいた場所の気配を探している]

[暫くして、遠い叫び声>>7が届いたならば――そのときに初めて、つぐんでいた口を動かすでしょう]


 祭くんは行かない方がいいわ。


[一切の前置き無く投げる言葉は、見てきたかのように断定的。
 直視を避け、理解が滞ることはなく。たとえ昨日>>1:31のような目線がこちらを向こうとも、俯いて紙面に視線を落とす]

(69) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[――ああ、部屋に戻った方がよかったかもしれない。
 あの子が遠くなる。
 ずっと押し留めていた月日を、新たな記憶が犯してくる]*

(70) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 22時半頃


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[――重い口を開くより先に、扉が軋む。
 少し離れたところで、イワコノフさんの声>>59がした]


 “大変なこと”


[ケーキが切り分けられて]

   (あの子の喉が細く鳴る)
   (廊下に漂う香り)

[そこにはフォークが刺さっている]

      (一欠片も残らなかった)
      (多くは撒き散らされて)

[ここへ届いた一言だけで、過去と現在が、想像と現実が入り交じって渦を巻く。そっと目線を伏せ、息を吐いた。
 ――ああ、わたしは……このあと、どうしようか。
 そう自問してみても、犀川さんを思った先刻とは異なり、答えはすぐに出てくれない]

(93) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[落ち着いて見える位>>78に身体を動かせているのに、思考は真逆を追い求めているのだから、ひとつの結論にたどり着ける筈がない。
 身体の落ち着きに、頭が付いてきてくれれば良いのに……ささやかな、けれど切実な願い]


 いいえ。

 ……でも、朝の一番に……
 開いた扉と、廊下に漂った、ひどく濃い…………は。


[ほら、彼女の問いに答えるだけで、わたしの意識は引き戻される。……戻りたくない現実へと。
 否定を言い切る強さに比べ、詳細を語る声は輪郭を曖昧に失った]

[せめて、イワコノフさんへの回答になっているだろうか。
 少なくとも、押し黙り引き延ばし続けた祭くんの問い、その回答にはなっていない>>85。苛立ちの滲んだ声が放たれて、わたしはそれをはっきりと知る]

(94) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[でも、視線を上げられない。
 推測の結果を、きちんと口にすることができない]


 ……犀川さんの部屋、から……
 ひどく、大量の、血の香りがしたのよ。


[いくら祭くんの苛立ちに煽られたとしても、決定的な単語は示せないまま。内臓の臭いについてすら言及できはしない]*

(95) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[“怪我”というレベルではなかったと、祭くん>>99には言えなかった。
 あれはケーキの切り分けられる香り。
 あれだけのものを撒き散らして、生きていられるはずがないと――あの子を喪ったわたしには答えられる、香り]

[それに加えて、認識の相違。わたしがこの施設のことを、無人の礼拝堂より“進んだ”表現で表すならば、“墓場”。そう呼んでいたことだろう。
 護られていると感じていなかったわたしは――硬直する祭くん>>108と、話を合わせることが出来ない]


 ……わたしも、行きます。


[けれど、留まっていても何にもならない。何もできない。ようやくそんな結論に辿り着いて、わたしはイワコノフさんの目的地>>100に同行する意思を告げる]


[……そう。いまの会話で、現実を“直視してしまった”。
 わたしは最早、あの子を偲んでいられない]

(115) 2017/04/05(Wed) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[それに、そう。
 イワコノフさんの告げた“最悪への備え”は、きっと“犯人探し”。わたしが推測をしたように、直接見た彼女が言うように、フォークが犀川さんを切り分けてしまったのなら。次のケーキが食べられる前に、何か手を打たないといけない]

[……ほんとうは、犯人探しになんて興味はない。あの子の香りがもう思い出せないと、ただベッドで嘆いていたい。
 けれど“逃避したい”という思いのままに、レールを得た思考が次々進んでいく]

[祭くんは無言だけれど>>110、視線が雄弁にものを語る。
 どこか咎めるように、知っていたのかと問うてくるようで、思わず目を伏せた。“直視したくなかったの”と唇が動く]


 ……わたし、やっぱり。
 “直接”は見ない方がいいと思うわ。


[祭くんを気遣うようでいて、その実、半分以上がわたしの願望。
 閲覧席の椅子を戻しながら、そんな言葉を呟いた]*

(116) 2017/04/05(Wed) 01時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[本を返していたわたしは、ひとりで談話室までの道程を歩む。
 普段ならばちらほらと見かける筈のスタッフさんとは、イワコノフさんの言葉>>102通りに、一度も会わない。その不思議さに、思考がまた頭の表面を滑り出す]


[彼らは、わたしたちをどうしたいのだろう。
 行き場のないところへ、大切に囲って、面倒を見て。
 そうして、守れなくなったら――?]


[……箱庭は狭く、散歩は短い。
 八重さん>>107の後を追って談話室へ入ったとき、わたしは挨拶を一言告げただけ。イワコノフさんの言葉>>123を聞きながら、ずうっと思索に耽っている。
 告げるべき言葉を選び出すには、みんなが揃うまで待ったとしたって到底足りない]**

(124) 2017/04/05(Wed) 01時半頃

マユミは、朝、最後に見たスタッフの名前を思い出そうとしている**

2017/04/05(Wed) 01時半頃


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 08時半頃


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 22時半頃


【人】 白銀∴秘星 マユミ

―― 談話室→ ――

[せんせはああ言ってくれた>>136けれど――少なくともわたしは、昨日と今とで変わってしまった。
 お昼にそれまで通りであったことは、夜も平穏が続くことを、担保してくれない]


[昨日のわたしならきっと、談話室で口をつぐんだとしても、内心に迷いなんてなかっただろう。こうして、イワコノフさんと歩きながら、ひとり別の“探しもの”を始めることもなかった筈]

(176) 2017/04/05(Wed) 23時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[……そう。誘われる>>154ままに歩みを進めた結果、わたしたちは新たな現実と向き合うことになった。
 外への扉が、ひとつも開かない>>#3
 鍵を持っているはずのスタッフさんも、どこにもいない]


[犀川さんは、逃げろと呟いていたけれど。
 わたしたちは、今や、外に出ることを選べない]

(177) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

 
 スタッフさんは、わたしたちをどうしたいのでしょう。

 ……ああ、でも。きっと。
 そんなこと、気にしたところで……今更、ですね。


[守れなくなったら>>124、閉じこめて。
 わたしたちが死ぬのを願っているのか、それともフォークを外へ出したくないのだろうか。蓋をして見ない振り?みんな、無かったことになんて出来ないのに]

[――でも最早、わたしたちが考えても、詮のないこと。
 首を振って、流れる思考を引きはがす]

(178) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[そうして流した視線の先に、作り付けの戸棚がひとつ。
 ……目に付いたのは無意識だったけれど、数秒の後に思い出した]

[中に小さな道具箱が仕舞われていたのを、わたしは知っている。
 藤也くんが探し回るから、開梱に使う道具は(時にはわたしが分からなくなる程に)しょっちゅう場所を変えるのだけれども、昨日はたまたまその場を通りがかったのだ]


[他は空振りばかり。でも、元々あまり使う人のいなかったあそこなら――そう思いながら手を伸ばした先には、昨日のままに、物の入った道具箱が存在してくれた]

(179) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[……ようやく、見つけた。
 人心地ついたわたしは、この時やっと、イワコノフさんの両眼をきちんと捉えた。殺すしかないと言い放った彼女の、意思映す瞳を]


 ……イワコノフさん。
 ケーキでないひとを、探すのでしょう。

 ……なら、方法なんて単純だわ。


[中身のカッターは大振りで、替刃もちゃんと揃っている。
 これが破棄>>46されずに残っていたのは、“ここに隠したスタッフさんが、今日は休暇を取っていた”という幸運に依るものだったけれども、わたしがそれを知ることはなく]

[封筒を開けますかと、問いかけるような気軽さで
 イワコノフさんに、その柄を向ける]

(180) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

 

 切り分けて、口を付けて――甘くなければ。
 その人は、ケーキじゃないんだもの。

  

(181) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[肌の香りも、汗の香りも駄目。
 わたしは疾うに慣れてしまっていて、溢れる血でしか、判らない]

[そして、追憶したい香りを、わたしは遂に見失ってしまった。
 嗅覚も味覚も、あの子のことを喪ってしまって――空いている。使うことが出来る。押し留めるものが何もない。“あのとき死なず”“あの子を留めておけなかった”わたしにとって、死への忌避感と生への渇望も淡いもの。
 ひとつしか残らなかった、味覚のように]


[誰から切り分けましょうか、と。
 昨日までなら絶対にしなかった提案を――口にする]*

(182) 2017/04/05(Wed) 23時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 23時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マユミ 解除する

犠牲者 (4人)

マユミ
14回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi