人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ギリアン! 今日がお前の命日だ!




[何も見えなかった。
 感じたのは、匂い、甘い匂い、それだけで。
 それが、疑いの発露によるものとも、赤を希うケーキたる彼によるものとも、フォークなろう彼のものとも、何も、知れはせず。
 ただ、誰も見るわけはないこの刹那に、
 愉しげに、少し、笑った]


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[受け入れられた>>0:195と言うと、語弊があるのかもしれない。わたしは逃避していて、思考の一部には、きっと覆いがかかっている。
 ――ひとの死は、過日の記憶。
 それ以上のことは考えない。考えていない。閉じられてしまった檻のなかで生きのびるということ、その意味を直視して何になるのだろう。犀川さんの死すら直視したくなかったのに]


 言わせなくてもいいの。
 わたしが、切り分けて、食べてしまえばいいんです。
 

[わたしは、わたし自身を食べたことがない。藤也くんの手つきをまじまじと眺めたこともない。知っているのはあの男の動きだけ。あの子に叫ぶことすら許さなかった、手際の良い、的確な動作と刃の立て方]

[――あの通りに動けたならば、きっと切り分けたひとは死んでしまう]

(6) 2017/04/06(Thu) 01時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 “無罪を証明するために、死に至らしめる”

[それはきっと異常なこと。
 けれど、血肉を必要とする代わり、わたしが確かに出来ることでもあって――イワコノフさんとの間に“食べるか・食べさせるか”の認識差が生まれていることにすら気づかない今のわたしは、この提案が持つ意味も、及ぼす影響も、理解できていたとは言い難く]

(7) 2017/04/06(Thu) 01時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[“殺さない理由”がないときに、殺す理由を与えてしまう可能性も考えず。むやみにも殺せないというイワコノフさんに首を傾げて、数歩引いて。
 イワコノフさんにカッターを渡してしまったから――藤也くんが時々するみたいに、破片でも作ってみようかしらと、窓を開き]


 ……ああ。

 …………ね、イワコノフさん。
 遠いけど、今また、甘い香りがしたわ。


[広がるケーキの香り>>0:200に、瞳を伏せた]


[“わたしたちが、躊躇する理由なんて、あるのかしら”
 それが伊島の手によるとは知らないまま、掠れた独り言をひとつ。“始めて”しまった誰かに対し、どこかの誰か>>2と似た感想を抱きながら――煽られている]**

(8) 2017/04/06(Thu) 01時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 01時半頃


[好きな相手だから美味しいなんて嘘だ。
嫌いな相手だって美味しい。きっとなんだって甘い。
けど―――、本当はわかっていた。
食べたくなるってことは、やっぱり「好き」なんだってこと。

その気持ちに大小あれ、
(それがただの勘違いであったとしても)

にこにこと笑顔を向けてくれた彼を、
きっと世間では醜いといわれるだろう姿を
美味しそうだ、と思ったのは、確かだった]


[羨ましかった。
本当の笑顔を浮かべられるのが。

皆本物で、自分だけ偽物。
皆本物のケーキで、偽物のケーキは不味いだけだから]

 お願いが、あるんだ

[他に誰もいない場所で、ギリアンに話しかけた最初の言葉はそれ。
とても困っている、そんな表情を浮かべて、
嘘は言わずに、正直に告げる]

 とってもお腹が空いて、疲れたのに寝られないんだ
 一緒に、寝てくれる?

[他の人には頼めない、そう言って――]

 かわりにひとつ、なんでもお願い聞いてあげるから

[幼子に対するような口調で、張り付けた笑顔の下は、欠けているものだらけだった]


[お腹が空いていた。
理性は既に忘れ去られていて、それでも、談話室でワレンチナが言ったように。智秋はそれでも人間だった。
だから、ただ食べたいといってもそんな簡単に食べられるはずなんてない、ってわかっていて。甘えるようにして、あわよくば彼がうとうとでもいい、眠りそうになった時に。

首の皮を噛みちぎってやろうと思ったのだ。
部屋中が赤く染まるだろう。
もしかしたら、一息には出来ずに酷い抵抗を受けるかもしれない。
それでも、もし一口でも血を啜れたら。
一口でも肉を飲み込んだら。
その甘さを知ってしまったら。

きっと止まることなんて出来ない**]


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 18時半頃


【人】 白銀∴秘星 マユミ

―― 廊下 ――

[イワコノフさんの確認>>14に、こくりと一度頷いた。
方法はどうあれ、見分けが付くのはほんとうの事。わたしは、ケーキとしてここにいることも含めて、嘘を吐く必要は感じていない]

[間に合うかもしれない、と。
 そう話したイワコノフさんの、半歩先を進んでいく。
 時にちらりと、彼女の顔を窺いながら]


[どうしてイワコノフさんは、疑問の残る声をしていたのだろうか。
 あれは、状況への疑問符ではなかったように思う。
 どうやって甘いと言わせるのかと、イワコノフさんはわたしに問うていた>>2:195。ケーキを食べれば判るわたしが、甘いと評するもの――それが一体どういうことなのか、彼女は十分判っているはずなのに]

(42) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[――“実感”を得られない状況であり続ければ、例え知っている事柄であろうと、甘いという単語ひとつで意味を繋げるのは難しい。
 イワコノフさんは、“ケーキ”としての知覚しか持っていない。
 今のわたしと、違う目線しか持っていない]


[半分の思考でその事に気づくのは、もう少しばかり、先のことで。
 残り半分は淡々と、“お菓子の家”に辿り付くための目印>>1>>21を、追いかけて]

(43) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 ……いえ。一緒にいきます。


[退く様に勧められても頑として譲らず、直線ならワレンチナさんの方がきっと早いですよ、とまで言葉を続け、タイヤが止まる>>34その時まで、並んで歩いて行く]*

(44) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 23時頃


[君が、辿り着いたなら、
 気が付いたなら、
 きっと叶うよ。それはね。

 過ぎらせる、思考。

 楽しかったよ。君達との日々は。
 好きだよ。僕は。君達の事が。
 でも、何より、

  美味しそうだから。 ]


 でも、そっかぁ


 美味しいものを好きになるのは、当たり前か


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[少しばかり、驚くべきことに。
 廊下に転々と甘い目印>>21を残したヘンゼルは、まだ立っていて。引きずられているのは、同じ色をまとったグレーテル。イワコノフさんが面影を感じたように>>41、そのフード姿に、日々駆け回る伊島さん>>0:3を思い出す]


 藤也くん。

 一緒にいるのは、伊島さん?
 伊島さんは――死んでるの?


[藤也くんは、何と答えただろう。短な回答か、婉曲な表現>>2:210か、うっそりと笑んだまま、何も語らなかったか。あるいは、そのいずれでもない応えだったかも。
 ――そしてわたしには、伊島さんが“もう動かない”ことだけ分かったならば、十分で]


 藤也くん。
 ……それ、貸して?


[イワコノフさんがきちんと対処を考えている>>41、薄桃色に輝く鋏>>3。甘露零す彼へはじめて両の眼を向けて、柔らかく笑んで見せて、渡してほしいとねだる]

(66) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[――ひとの死を直視するのは、二度目のこと]

[一度目は、愛するあの子だった。
 最後の言葉は形にならず、伸ばされた指を、いつものように握ってあげることが出来なくて――わたしの世界は、すとんと起伏を失った。
 わたしはあれから、喪われたものを、もう一欠片もいないあの子を、追憶しながら生きていた]

[そうして、二度目。
 犀川さんのことを見るのは避けたのに、淡い記憶は押し流され、わたしは錨を失ったままで“伊南さんの死”を直視している。わたしを否応なしに欠落させる、暴力的な事柄を。
 けれど既に、感覚は遠ざけられたあと]


[だからわたしが失ったのは、実感、だった]

(67) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[伊南さんは動かない。
 あちこちでお掃除に励んでいて、元気一杯の八重さん>>0:78>>0:133と同じぐらい、生気に溢れて見えたひと。そんなひとが失われた、いえ、手形>>21のとおりに殺された。だから、食われないために殺す>>2:123。疑心暗鬼が始まっている。生きたいのなら、信用か、殺されない理由>>55を抱かせ続けないと。閉ざされた箱庭は、徐々に、ほんとうの墓場へと変わりゆく]

[――そのすべてに、自ら思い至ることはなく]


[藤也くんから鋏を“借りて”、
 伊南さんの身体を“切り分けよう”と、振り下ろす]

(68) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[元より手際は良くないし、藤也くんの、イワコノフさんの手がわたしを引き留めたならば、ますます手先は乱れるけれど。四苦八苦して、何とかひとかけら、伊南さんの身体を手に入れて]


 ……甘いわ、イワコノフさん。


[伊南さんはケーキだった。
 そう、“わたしに出来ると、わたしが考えた役割”通りの、台詞を紡ぐ]**

(69) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 01時頃


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 01時頃


[そんなの、決まってる。
答えなんて、一つしかない。

赤衣にとって、「ケーキ」という生き物は
「フォーク」の食べ物でしかないのだから。]


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 19時頃


白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 23時頃


「フォーク」さん
たべて、くれなさそー  だもん


でも
おいしそーな 顔、してくれるの
うれしい から、 いーや 今は


[朦朧とする意識と、
最早、どこが痛いのかすらわからないほどの痛みと、熱と。]


おもいだした、 あ、 あは、ひ、


[“死”を知らなくてもわかる
それへと近づいていく感覚。


確か、それが一番、 気持ちよかった。]


【人】 白銀∴秘星 マユミ

―― 廊下 ――

 ……真意>>85、だなんて。


[そんな大仰なものは持っていない。
 八重さんの疑問>>86も、わたしにとっては最早普通のこと。ケーキであっても、フォークへ成り果てることはあるんだと、わたし自信が示している。
 イワコノフさんも八重さんも、どうしてそんな事を聞くんだろうって、伊島さんの血に塗れた唇をたわめて苦笑する]


 わたし、あくまでケーキとして、来ていましたから。


[あの男は、ひとりを連れて行く用意しかしていなくて。あの子だけを連れて――わたしの代わりには、散らばった荷物の中から、わたしの生徒手帳を連れて行った。もう一度、わたしを見つけられるように。
 わたしを学校の中に“囲っていた”両親と、事件を増やしたくない学校は、直ぐさまわたしにここを教えた]

[食の細くなった私に、手料理の味を、確かめることもなく]

(117) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[そうして、八重さんは推測>>106を藤也くんに語ったけれど。
 わたしが成そうとしている役割とイワコノフさんの言葉>>85、それに藤也くんの望み>>91とが、わたしの中でかみ合って、推測は現実へと近づいていく]


 藤也くんはどうして死なないのかしら、って
 わたし、不思議に思ってたのだけど。

 ……どうしても、食べられたかったのね。


[ならどうしてここに来たのだろう、という祭くん>>1:32とそっくりの疑問は、浮かんですぐにはじけて消えた。
 ――わたしが後押しされたように、藤也くんを外へ出したくない人が、いたのかもしれない。殺されたくないのか、こんな姿を見たくないのか、どちらかは判らないけれど、そう考えれば何の不思議もないこと]

(119) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 ……藤也くん。わたしね、
 これまで、お腹が空いて辛いって>>83
 思ったことがなかったの


[何を食べても、ほのかに甘いだけ。感触だけを伝える食事にわたしの唾液が絡んで、すべてが同じ味。誰かと食事をするのは苦手になった。あの子をやってしまいたくなかった、余さずわたしのものにしたかったって、ただ惜しむだけの時間に変わっていった]


[そうして惜しみ続けるために、他のもっと甘いものを、始終漂う藤也くんの香りを避けていた]

(120) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


 でも、ええ。
 ……もういいわ。もう、いいの。


[再び床へ倒れた身体>>115の傍へ寄り、飛沫を跳ねさせた掌へ、左手を重ねた。
 麻布が解けて>>84露わになったお腹の傷、そこに、藤也くんの唾液と伊島さんの血に塗れた、鋏の先端を差し入れる]


 食べたかったひとは、居なくなってしまったの
 だからわたしね、今からあなたに“ひどいこと”するわ。

 ……一欠片も残さないから、どうか、許してね。

(121) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[そうしてわたしは、甘露零す傷口に一度、口付けて]

[“ご飯になりたい>>91”と、そう願ったひとの腹を裂き、いくつもの細片を作り、これまで空想していた通りの“やりたかったこと”をなぞろうと――
 鋏を握る手に、力を込めた]*

(122) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 23時半頃


 ― 部屋の中、違う二人の時間 ―

[あの時。ギリアンの目は確かに怯えていた。
一緒に寝ようなんて、そんな用事で扉を叩いたことはなくて、甘えるような笑顔を作ることもなくて、明らかにおかしい智秋をそれでも、―――それでも、部屋にいれてくれた。

断り方を知らなかったのかもしれない。
逃げ方を知らなかったのかもしれない。

太い首に噛みついて、下品な音を立ててその血を啜りながら、智秋は笑った。
涙を流して笑った。
皮膚を、肉を舌で押し分けて、とくとくと止めどなく流れるその根元を探りながら、笑った]


[呼吸が上手くいかなくて、鼻に血が入って情けなくも噎せた。
顔をあげて、咳き込んだ口元から手を離せば
よほど強く掴んだのか、爪の間にも血が入り込んでいた]

 あ、  ……あは、  は

[下の前歯で人差し指の爪から血をこそげ取る。
そのまま指を舐めれば、その甘さは口の中で溶けていった]

 ふわ、  って さ。
 マシュマロみたい

[床に倒れたギリアンは、まだ少し動いているようだったけれど
意識があるのか(命があるのか)はわからない。
さっき視界の隅に振りかぶられていた腕を手にとった。
服を脱がすように袖をまくって、食べでのありそうな腕の、やっぱり柔らかい内側に噛みついた]


[マシュマロは口の中ですぐに溶けていく。
すぐに消えるそれを追いかけるのが楽しくて夢中になった。
身体の内側にしまってあったピンク色のマシュマロは、それぞれひとつずつ食感も味も、微妙な変化を持っていた。
とても全ては食べられなさそうだったから、少し齧って、また次へ、そんな風に、智秋は心の底から初めての食事を楽しんだ。

喉が渇けば血を啜る。
肉を食べれば笑顔を深め、
ずっしり重くなったギリアンの服を部屋の隅に放り投げ、

そしてそのうち、形として綺麗に残ったのは、彼の頭部だけになった]


[「フォーク」の存在に他ならない。]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マユミ 解除する

犠牲者 (4人)

マユミ
14回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi