人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 修道士 ムパムピス


なに、話は滑るものですよ。


[生徒達は影で私の授業を「むっぴーの子守唄」などと呼ばわっていたから、面白い話がうまくいかなかったと聞いて>>4妙に神妙な顔で頷いてしまう。難しい話>>3をうまく話すことは難しいから、次第に生徒達が興味を無くして、どんどん机と額をくっつけていって……あれはわりと傷つくものだ。

私の膳には、カットフルーツと、ベーコンエッグを載せたトーストが置かれている。腹を満たすべくトーストに齧り付くと、つるりと流れた黄身が指を汚して皿の上へと滴った。
一瞬、がん、と机が大きく揺れたけれど>>5特に咎めようともしない(だってどう考えてもこの机が彼に合っていないのだもの)で、口の中の肉とタンパク質とを咀嚼する。

頂いた命は余すことなく。指についた卵黄をねろりと舐め取って、皿がきれいに片付くとまた両手を合わせて祈りを捧げた。]

(12) 2017/04/02(Sun) 03時頃

【人】 修道士 ムパムピス

ー 食堂の入口にて ー

[丁度、柔らかそうなほっぺたをつついてみたい欲求と戦っていた頃……その張本人とばっちり目が合って>>29私は誤魔化すように口元に笑みを浮かべて……]


……うっ……!


[気にしているところをぐっと突かれて半端な笑みを浮かべたまま呻く。確かに彼に勉強を教えていた時より、トゥニカの下の身体はずっと肉が付いてきている。

生徒らには私の授業は格好の昼寝の時間だったから、真面目に話を聞いてくれる六嶋くんのような生徒がいるのは嬉しかった……たまにこうして毒舌が飛んでくることはあっても、それを含めて可愛らしいと思う。]

(33) 2017/04/02(Sun) 15時頃

【人】 修道士 ムパムピス


でも、そいつ、なんて呼んではいけませんよ。
ちゃんと名前で呼びましょうね。


[ついつい指先がほっぺたに向かうのを押しとどめて、くしゃ、と髪を撫でた。決して幼子扱いするつもりはないのだけれど、前も成績優秀を褒めようとしてポケットからキャンディを渡してみせたっけ。
ここに来た、自分より1回りも年の若い者達に対する態度はどうにも子供に対するそれになってしまうのは、果たしてどう思われていることやら。

そのまま入口をすり抜けていってしまう彼の背中を、そっと見送ろう。]*

(35) 2017/04/02(Sun) 15時半頃

【人】 修道士 ムパムピス


いやあ……その、なんと言いますか、私の話がつまらないのはやはり教職員として未熟なせいですな。
六嶋くんなどはよく頑張って聞いてくれていると思いますよ……。


[冗談めかされたとて>>36真っ直ぐ言葉を額面通り受け取って頷いて。義手になった部分はあれど、私の目には彼はかつての銀幕のスターのままに映るから、目線はやはり自分の手元に伝った黄身の筋を追っているのだけれど。

でも葡萄をギリアンに、などと珍しいことを聞けば>>34存外子供のようなことをするものだと目を見張る。
好き嫌いはなりませんよ、とうっかり言いかけて口を噤んだ。ここに収容された「ケーキ」の中でも私と同じ年長者にあたる彼にそんな事が言えようはずもない。]

(49) 2017/04/02(Sun) 21時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[そして話を聞きたい>>43と……ああ、教職に就いていた時に生徒の口からこの言葉は聞きたかったものだ……そう聞こえた瞬間私は目を輝かせる。]


ええ!もちろんですとも!


[彼女とは話すことはあったろうか。ここに来た時は私の授業を受けるような年齢ではなかったろうけれど、ギリアンにも私のような者にも屈託なく話しかけてくれるのだから往々他愛もない話に花を咲かせたかも知れない。

食事を終えて立ち上がるのを見送って>>45私は上機嫌のまま残りのトーストを平らげたのだった。]*

(53) 2017/04/02(Sun) 21時半頃

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


【人】 修道士 ムパムピス

[ギリアンが「仲良しに見える」と言われて喜んだように、話を聞きたい>>60と何度も言われて私も嬉しい。流石にテーブルは揺らさないが、顔を真っ赤にして脂下がった顔をする。]


ふふ……ではいつかお話いたしましょう。
午睡の子守唄代わりにでも。


[生徒の居眠り率の高さに定評のあったのをちょっと自嘲するように呉羽さんに頭を下げて、綺麗に空になった器を下げようと立ち上がる。
杖をつきながらであっても自分で出来ることはしなくてはならない。

スタッフに手伝われて食事をする肉叢君の姿>>59や私より遥かに早く1人で動けるワレンチナさん>>52を見かけたら挨拶をする。
ギリアンが食事を終えたのであれば片付けるのを見守ってから、一旦自室に帰ろうとゆっくりゆっくり廊下を歩いて行こうとする。]*

(70) 2017/04/02(Sun) 23時頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 23時頃


[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


【人】 修道士 ムパムピス

ー 女学院にいた頃の話 ー

[私の受け持ちは世界史だった。けれど生徒らは私の授業をこう呼ぶ。

むっぴーの子守唄、と。

一人、また一人、黒板を見つめていた生徒達の頭が机へと吸い寄せられていくのを傍目に見ながら、私は淡々と板書を続ける。真面目な生徒は襲い来る眠気に耐えながらノートを書き、熱心にノートを書いているが顔を全く上げないあの子は確か漫画研究部。

その中に1人、こちらを爛々とした目で見ている生徒がいた。

酷く痩せた生徒だったのを覚えている。肉食獣のように目をギラギラさせて……。
「ケーキ」や「フォーク」という言葉は浸透してきてはいたけれど、その時は己に結びつけて考えようともしなかった。

そのうちその子はよく私が告解室にいる時によく何彼となく話に来るようになった。
仲良くいつも一緒にいる誰々達は本当は裏で悪口を言い合っているとか、この間駅前に出来たアクセサリー屋のミサンガが生徒達の間で流行ってるとか、本当に他愛のない話を彼女が一方的にして、私は彼女の獣のような目を見ながら時折相槌を打つばかりだった。]

(94) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[ある日彼女は打ち明けた。

「あたし、駅前のクレープ屋より先生の方が美味しそうに思うの」

告解室の信者と修道士とを隔てる木の格子窓越しに私は彼女の目を見つめて……やがて「いけません」と呟いた。
彼女は「フォーク」であっても、これから先に輝かしい人生があって、私はそれを育てるための教師だった。格子窓の奥からこちらをじっと見つめる彼女に忍耐を言い聞かせ、神の教えを説いた。獣の目をした彼女の瞳が飢えと苦しみに満ちるのを取り除こうとした。

そうしてふた月も経つ頃に彼女の目は更に苦しげになって、枯れそうな声で「どうしてもキスをしてほしい」と言われた。

そうすればこの苦しい気持ちも癒されるだろうと、格子窓に縋り付いて彼女は泣いた。私はそう言われる度に断ったけれど……彼女が泣くのが苦しくて、せめても救いになればと格子窓の間から舌を差し出した。
唇を合わせることは出来なくとも、彼女は舌先を赤子のように夢中になって吸った。

格子窓越しでなく、彼女を告解室の私の椅子に招いて口を付けるようになるまで時間はかからなかった。]

(95) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[放課後はそうしてただ何時間も口を合わせて過ごした。それ以上の触れ合いは必要では無かった。
唾液を啜って舌を絡めて、零れたものすら余さず舐め取られ……それで彼女の飢えが満たされるなら構わないと思っていた。

けれど、そう思っていたのは私だけだった。
そう気付いたのは、告解室の床に押し倒されてからだったのだけれど。

飢えを満たしてやれると思っていた。
神のはしための1人として、苦痛を取り払ってやれると……彼女を良家の子女たる生徒のまま、私は教師であり聖職者のままいられると信じていた。
それが最も正しいことだと本気で思い込んでいた。]

(96) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[結果、私は今「何にもなれない者」になってしまった。

誰かの母親でも、父親でも、友でも、恋人でもない。
先生でもなく、聖職者にも戻れない。
いっそあのまま彼女に食べられていたら彼女を満たす糧になれたろうに。

沈黙を保つ神に何度祈っても、答えが返ってきたことなどただの一度もない。]*

(97) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


[風に紛れた小さなそれも]


“だいすきですよ”

“「フォーク」って存在が”


[いつか
誰かの前で零した言葉も。*]


【人】 修道士 ムパムピス

[杖をコツコツ突きながら廊下を幾ばくか歩いた頃か……こちらに駆け寄ってくる姿を見て>>108私はまた顔を綻ばせた。]


やあ、こんにちは檀さん!


[最初こそ女子生徒の服を着た彼女を見ると己の過ちを思い出しては苦しくてたまらない気持ちになったものだった……いつしか歴史に関することを何度か聞かれるうちにそんな気持ちは薄らいでいったが。]


ええ、その通りです。
構いませんよ、私に答えられることであれば。


[ちらり、と見せてもらった本の背表紙を見て、広大な世界の一体どの辺の時代のことかを記憶を紐解いていく。

もしギリアンが共にいたなら、一声かけて此処で別れただろう。
大昔の血腥い宗教戦争やら王政から民主制に取って代わったことやら……それこそ彼にとって子守唄になってしまうだろうと思って。
いつでもいらして下さい、と檀さんには声をかけ、また廊下を歩き出す。]**

(121) 2017/04/03(Mon) 02時半頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 02時半頃


修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 02時半頃


修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 21時半頃


[くちゅり くちゅり
粘着質な音を立て、咥内をかき回す。
口唇を開けば、その隙間から
真っ赤に汚れたフォークが顔を覗かせて。*]


[食事は苦手だった。
味がしないものを飲み込むのは不自然なことで、
それを人前で上手くこなせる経験も演技力も足りなかったから]

 ……いちごジャム、みたいな

[甘い匂い。
果物を煮詰めて、香りを強くしたような、濃い匂い。
それが彼の血の香りで、
彼を目の前にすると、味のしないパンも、かつてジャムを塗って食べた時みたいな勘違いを起こすから。
食堂で会うには、最良の人だった]


いちご、じゃむ


いりますか?


[職員さんは厨房の中
食堂には二人きり。

真っ赤なフォークを差し出してみることも、少なくはなかった。
それをするのは
自分たち以外、誰もいないときに限るけども。]


― Page XX ―

有り体に言えば、勘というもので。
一目惚れとはこんな感覚なんだろうなぁ、なんて。
逆上せたような頭が考えていたのを覚えている。

他の誰も気づいていない。
まだ、気づいてはいない。


「たべないんですか、ケーキ。」


「おいしいですか。」



施設に来て、数か月も経たない頃。
そう、声をかけたことだって
他の誰も、知らないこと。*


 うん、 ……やっぱり、まずいよこれ

[パンを指さし、その手を伸ばして真っ赤に濡れたフォークを受け取った。
その手は少し震えていて、本当はジャムさながらパンに塗りつけようかと思ったのに(そうすればパンも美味しく食べられるから)待ちきれない、というように舌を伸ばして]

 ……ん、  ふふ

[とびっきり美味しいものを食べた時、思わず笑ってしまうように。
はりつけたものではない笑みを満面に浮かべて、フォークに絡みついた血を舐めとった]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ムパムピス 解除する

犠牲者 (4人)

ムパムピス
11回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi