人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 01時半頃


[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 さすらい人 ヤニク

[ぺたり ぺた り
歩いて、歩いて  
何も持たない手を握って、開いて。
緩い瞬きを一つ、二つ。
フードの下、薄い色をわしわし搔き乱す爪は
短く、綺麗に整っている。]


しょくどう


[目的地の確認。]

(24) 2017/04/02(Sun) 12時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

しょくどう


      [確認]


食堂


       [確認]


しょく、どう


        [確認]

(25) 2017/04/02(Sun) 12時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

――――あれぇ?**

(26) 2017/04/02(Sun) 12時頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 12時頃


【人】 さすらい人 ヤニク

[きょろり 見回す
歩きながら、目的地を探す。
人の顔は、忘れることはないのに
広い施設とはいえ、一年間過ごした場所の
毎日世話になる場所さえ、よく忘れてしまう。]


――――あ、


[背が高いと、小さいものは見えにくい。
そう、思われることもあるけども
今しがた、赤衣にとっては“なにかのへや”から出てきたその人を>>29
見逃すことはなく。]

(39) 2017/04/02(Sun) 18時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

ろくしまさん おはようございます


[相手にどう思われているかなんて、知らないように
緩い笑顔が向けられる。
彼のことで、知っていることと言えば
何か吐き出していたっけ>>31
その程度の。]


食堂、  どこでしたっけ


[落ち切らない赤の上衣の、腹のあたりをさすりながら
見える部屋の名前すら思い出さないような
呑気な問いかけを。*]

(40) 2017/04/02(Sun) 18時頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 18時半頃


 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


【人】 さすらい人 ヤニク

[その表情は、あからさまな嫌悪と取れよう>>54
彼の抱く感情が、好意ではないことなんて
昔であれば、容易く汲み取れただろうが。

視線の辿る肌の上、あるのは、塞がった線がいくつか。
腹を撫でていれば、当然、そこを覆う布地もずれるわけで。
だらしなく腰に引っかかった下衣と、持ち上げられた裾――その中、腹を隠す包帯の間。
腰骨をなぞるような、昨日出来たばかりの赤い跡は
彼の吐き気を助長する要因となろうか。]

(57) 2017/04/02(Sun) 22時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

ぁ  そうだ、ここだ
食わなきゃしぬのに だめなのに 本当、 また、 わすれんぼです。


[礼の言葉を一つだけ残し、食堂へ。
忙しない足音>>55 が遠ざかるのを背に
室内へと視線を巡らせる。]


おはよう、  ございます


[すれ違う者がいれば、そちらにも笑みを向けて。
挨拶もそこそこに、駆け寄ってきたスタッフに手を引かれ、席へと座らされる。]

(58) 2017/04/02(Sun) 22時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[用意されるカトラリーは全て木製。
トーストの乗った皿も、カップも、同じく。
刃物を取り上げればガラスを割り
ガラスを強化すれば食器を割り
食器を変えればカトラリーを凶器として用いるのだから、壊れやすいものを赤衣の前に出すわけにはいかない、と、頭を抱えるスタッフもいて。

それでも、どこからか刃物を見つけ出してしまうから
日課は、悲しくも日課となってしまい。]

 ん、

[木製のフォークを咥えて、食事が出されるのを待つ。
上機嫌の笑みで、頬を染めて、
ぐい、と フォークを動かせば、口角に滲む赤い色。]

(59) 2017/04/02(Sun) 22時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[リクエストが通ったのか>>0:32
ベーコンが多めに乗せられたトーストと、カットフルーツと。
それらの乗ったトレイが出てくれば、フォークをゆっくりと口から離す。
覗かせる舌先から、薄紅混ざる細い糸を引かせて。]


 いー、てんき


[ぼそりつぶやき、席を立つ。
天気が良ければ、外で食べることも多く。
もっとも、この赤衣の「良い天気」は
雨であろうと、晴れであろうと、関係ないのだけども。]

(62) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


【人】 さすらい人 ヤニク

[ぽかり、とされた程度では足りるはずもなく
滑ったらしい、と、そんな話も>>61
スタッフに席へと座らされる間にかかる声さえ>>63
へらへら頬を緩めたまんま。]

くれはさん
今日の飯、何でしたか。
るとーさんがね、職員さんに、なにか伝えておくって、言ってた気がするんですけど
何だったかなぁ。辛いのが良いなぁ。

[そう、やはり会話にならない言葉を続けるうちに、トレイは出される。
片手にそれを持ち、もう片手のフォークは離さないまま
鼻歌とともに、食堂を去ろう。]

(66) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


【人】 さすらい人 ヤニク

―廊下―

やえさん、

[ふらふら進む足取りは、真っすぐ中庭への扉へと続かず
あてもないよう、廊下の上。
先ほど、食堂の入り口で見た姿へ>>61
後ろの方から声がかかる。]


ねぇ さっきのね 次、
もっと 強く、 おねがいします。女の子でも、本気出したらいたいって、聞いてますし、それに
おこってましたよ、ね。ね。

(67) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 22時半頃


[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


【人】 さすらい人 ヤニク

おこってたら ね、どこかにぶつけたら
一発、 ぐさっと ばきっと やったら
スッキリ、しますから

いくらでも いつでも 良いんですよ
でも、殴るのは、 女の子の手も、いたい、から
出来れば ナイフが良いですね。


歯みたいに
ぶすっと、突き刺して、埋まるような
そんな、ナイフが 


そしたら すっごく、きもちよくて
それが、 ひ、 ひひっ あは、さっきの、 さ、
思い出したら、だめだ やりすぎたらしんじゃうのに、また、 また

(81) 2017/04/02(Sun) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[また、フォークを口の中へ。
何度、何度も刃物を咥えた口内は、消えきらぬ傷で埋まっているから
少し広げてやれば、舌の上に、木のそれではない味が広がる。
舌を、唇を木製が撫で
ふと、それを動かす手が止まる>>79]


  ぁ  食べなきゃ
  たべて、 血、つくんないと
  フルーツ、あって、うれしいですね これ、すごく、沁みるから


[手招かれれば、そのまま
ついていこうと、歩き出す。*]

(82) 2017/04/02(Sun) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[所謂、注意と呼ばれる類のものは、
都合よく、認識の網目を通り抜け。
音でなく、言葉として、引っかかってくれるものは
例えば、生死にかかわることなんかだ>>91]

しぬ は、イヤですね
死ぬんなら、 いっぱい、きもちーときで、しにたいですから
自分で勝手に死んじゃうのは あんまり、やりたくありませんね
だから、死なないように 内臓は、まもってあげないと。

[引っこ抜いたフォークを、指の間で揺らす。
くるり、回して また、口元へと突きつければ。]

(98) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

すき、  そうですね。

――――だいすきですから。フォーク。



[ついていく最中>>91
そんなことを、ぽつり、独り言のように、小さく。]

(99) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

―屋上―

いーてんき
これなら、飯もすごくおいしく食べられますね
高くて おちたら、ぐしゃって、なるんだろうなぁ
それも 素敵ですけど それよりも
やっぱ、刺すほうが、好きですから

[問いかけなどは聞こえぬように>>92
軽い足取りは、屋上の隅へと座り込む。
転落防止のネットの向こう
中庭を、一度見下ろして。]

何が、咲くんでしょうねぇ。

[苦笑いの彼女へと
弓なりの目を向けて。*]

(100) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[フォークはトレイの上に
そのトレイは、膝の上。

“生きたいのか死にたいのか”

腹を裂いて、死にたくないと。
「フォーク」に食われたがるような発言をしながら
ここにいる。
言動の不一致に対する疑問を投げられたこともあったが
「ケーキ」を守る施設にいることを、答えだと
そう、解釈した者もいた。]

(109) 2017/04/03(Mon) 01時半頃

[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


【人】 さすらい人 ヤニク

綺麗な花の根元って
ひとが、埋まってるそうですね。

[見上げる>>106
トーストの耳を、指先が撫でて。]

「ケーキ」を埋めたら
砂糖菓子みたいな
甘い花になるのかなぁ。

たとえば、 
 それ みたいに
蜂蜜色の花が咲いて はちみつの、あまいにおいがして

[琥珀色に、視線を合わせる。
甘い甘い蜂蜜を、閉じ込めたような色へと。
滅多に笑みの崩さない顔のまま。
言い終えて
真っ赤な舌と、真っ白な八重歯を晒す。
持ち上げたトーストを、大きく、一口。*]

(112) 2017/04/03(Mon) 02時頃

[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヤニク 解除する

処刑者 (5人)

ヤニク
2回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi