人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 士官 ワレンチナ

[六嶋はスイーツと聞くと意外そうな顔をした。>>1
もちろんその言葉が出てきたのはスイーツが華やかに紹介されるグルメの本ではなく、ケーキを襲ったフォークがベルギーチョコに見立てて惨たらしく調理殺害した事件の一端に出てきた言葉だったわけだが]

 大変?でも読めると言うことは楽しいことでもあるわ。ふふ

[大変と言う彼に、そればかりでは無いと笑みを見せる。そんな余裕を持てるようになったのも、久しく施設の中で平和に暮らしてきたからか、母国に戻れぬことの望郷の念はあっても比較的落ち着いて、笑えるくらいの心のゆとりは持っている。]

 歴史? そう…たいしたものだとは思うけれど
 いつかこの国の歴史も調べてみたいわね。
 そのときになったら教えて貰おうかしら

 あ。メモはそこの本棚に貼っておくわ
 ありがとう。

(17) 2017/04/02(Sun) 10時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

[歴史や推理小説を読むと言う彼>>2に、自分もいつかは読んでみようと考えながら好意に甘えて今度からはメモを置いていくことを決める。部屋を出て行く彼に軽く小さな手フリを添えて見送るとワレンチナも机の上に広げた教材を片付け始めた。

檀がここにきたのはそのタイミングだろうか>>13]

(18) 2017/04/02(Sun) 10時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

[横目で確認して近づいてくることに気づくと会釈を垂れる。
問われた質問に少し上を向き、一考した後に視線を合わせた]

 ・・・本は、色々見たけれど、そうね、面白い本があったわ。
 古くからの言い伝えの物語を描いた絵本だけれど、
 あなた達にも関係するお話よ。

[頭の中に浮かんだのはウクライナに伝わる日本のお話。今尚伝えられて知られているその話は、日本人に伝えるにはきっと良いお話だと考えてそれを選んだ。

それは親日の理由の話 ウクライナにも伝わる古代ユダヤの話―――]

(19) 2017/04/02(Sun) 10時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

[ 昔々にユダヤ人の仲の良い家族がいた。
 
 しかし彼らは生きるために別れることを選び
 
 生活圏を求めて一人は山へと向かいキルギス人の祖先となった

 別の一人は大きな湖を発見しウクライナ人の祖先となった。
 
 肉が好きな一人は月を目指してトルコを建国した。
 
 魚が好きな一人は太陽を目指して海を渡り日本を建国した。
 旧約聖書にある古代イスラエル10支族のうち
 一つは日本でありそれはすべて兄弟である ]

[話終えると言葉を選び、「Брати」と言う言葉を呟いた。]

 ・・・兄弟と言う意味よ。
 私も詳しいわけではないけれど、私の国は親日だったわ。

[気の利いた話ではなかったけれど、少しだけ自分の国のことを聞いてくれたお礼にと話してあげた。まだ他にも知りたいことがあるならば、国のことや文化のことを色々と話しただろう。 ここに来た経緯等聞かれなければ特別話を詰まらせることもない**]

(20) 2017/04/02(Sun) 11時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 11時頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 20時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

――食堂――

[檀といくつか話を終えれば、本棚にわからない単語を記載したメモを貼り付けて食堂へと向かう。
貼り付けたメモには
「コロッケはゆみへの後にヤッパにて首を掻き切り最後にアカウマに見せかけて逃走した」と続く
隠語と呼ばれるものもまた、ワルンチナの辞書には無くほとほと諦めていた。]

 結構いるわね。

[食堂につけば見渡しながらそこにいる人に挨拶をしてトレイにパンと牛乳載せる。膝に置いてテーブルへと車椅子を進ませれば食事に入り、バターの乗ったパンを口に入れた。*]

(52) 2017/04/02(Sun) 21時頃

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


【人】 士官 ワレンチナ

――食堂――

[簡素に食事を済ませていると、スタッフに世話されて座る肉叢が視界に入る。>>58
特別対応の肉叢セット。木製のフォークと言うのに赤色を早速滲まれてるようだ>>59]

 ・・・出来ることなら平穏に食べてるところを見たいものだな。

 呉羽はいつも大変だな。
 犀川は相変わらずいつもの調子か?
 
[肉叢を気遣う言葉をかける呉葉>>63 もう一人の変わり者について聞いてみた*] 

(69) 2017/04/02(Sun) 23時頃

[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


【人】 士官 ワレンチナ

 ・・・そうか。

[具合が良いと聞いて犀へと視線を向ける。
彼といい肉叢といい、精神をやられて仕方ないにせよ、ワレンチナはその二人をどう接していいのかわからなかった。
視線が合い、俯き逸らす姿を見て小さな溜息を零す。]

 ・・・相変わらず呉羽にはよく懐いているみたいだな。
                 まあ元気ならいい。

 [肩を竦める呉羽に向かい、そう呟くとトレイを膝に乗せて片付ける前に一言伝えてから席を離れようか]

 後で良かったら話がしたい。まあ、いつものことだ。

[ここの収容所にきてから私は彼にだけは復讐のことを伝えている。いつかはここを出て、自分をこんな目に合わせたフォークを殺したい。 そのために記事を漁り、日本語を勉強しここを出る方法を探っている。*]

(88) 2017/04/03(Mon) 00時頃

【人】 士官 ワレンチナ

――書庫で檀との会話―

ふふ、ブラートと言うの。地方によってはブラーティかしら。

[>>83発音を真似た檀の姿に微笑んでその発音を喋って見せる。母国の言葉なんて話したのはいつぶりだろうか。懐かしさに少しだけ望郷の念が沸き起こる。 もう戻れないと言うのに・・・。]

 隣が日本だったら良かったわね。
 そしたらもっと仲良く出来たかもしれない。 
 それと私とあなたならばそれは「従姉妹」じゃ無くって?
 私にも兄弟はいなかったわ。

[兄弟はいないと言う檀、自分にも兄弟はいないことを思い出して少しの親近感。興味を持ってくれた檀の言葉を嬉しく思うと、そっと片付けを始めて食堂へと向かう準備を始めた。]

 取り寄せたなら、その翻訳くらいはしてあげるわ。
 あるといいわね!

[そうして私は食堂へと向かうのだった*] 

(93) 2017/04/03(Mon) 00時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 00時半頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 01時頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 01時頃


[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


[風に紛れた小さなそれも]


“だいすきですよ”

“「フォーク」って存在が”


[いつか
誰かの前で零した言葉も。*]


【人】 士官 ワレンチナ

― 中庭 ―

[呉羽に伝え終えて食堂を出ると中庭に向かう。
到着すれば車椅子を壁の横につけてゆっくりと腕を手すりにかけた。]

 っぐ……

[少しずつ体勢を起こし重度の麻痺に侵された足首に体重を乗せて力を入れようとする
手すりに凭れながら起き上がり5秒ほどその体勢を維持するも力なく沈んでいった。]

 くそ・・・。やはりだめか。

[リハビリにもならない程に傷ついた足の裏、はっきりと今も傷痕が残っている。

ワレンチナがここの脱出を考えたのは1年くらい前、ここは平和ではあるものの、生きて死んでいるようなものだとワレンチナ自身は思っている。 
今なお世界には私をこうしたフォークを始め、その他のフォーク達ものうのうと生きているのに、あまり情けなく、またイライラとさせていく*]

(137) 2017/04/03(Mon) 20時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 20時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

――中庭――

[リハビリのような、ただ悔し紛れに足を痛めつけてるような、そんな時間は過ぎていき、庭の隅で足を休めていると廊下を歩いている呉葉の姿を見かける]

 呉葉か、もういいのか?
 良かったら手伝ってくれ

[中庭から少し遠いが彼に向かって手をあげて呼ぶ。
腕の筋肉を使いすぎたようで、手すりに掴まる腕が重い車椅子に座ろうと体を起こすにもしんどく感じた。*] 

(143) 2017/04/03(Mon) 22時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 22時頃


【人】 士官 ワレンチナ

 すまない・・・

[気づいて近づいてくるのを確かめると手を伸ばす。
冷たい義手に腕を絡めて彼に身体を預けるとふわりと起き上がり、車椅子へと降ろされる。
小さくふうっと息を吐いた後に土に汚れた服をパッと払った]

 ・・・情けないところを見せたな。
 呉羽はここに来てどれくらいになる。
 お前はここの生活に満足してるのか?

[今まで伝えたのはいずれも自分のことばかり、平和はあっても鳥かごのような生活に彼はどう感じてきたのか気になって話をふった。*]

(155) 2017/04/03(Mon) 23時頃

[くちゅり くちゅり
粘着質な音を立て、咥内をかき回す。
口唇を開けば、その隙間から
真っ赤に汚れたフォークが顔を覗かせて。*]


[食事は苦手だった。
味がしないものを飲み込むのは不自然なことで、
それを人前で上手くこなせる経験も演技力も足りなかったから]

 ……いちごジャム、みたいな

[甘い匂い。
果物を煮詰めて、香りを強くしたような、濃い匂い。
それが彼の血の香りで、
彼を目の前にすると、味のしないパンも、かつてジャムを塗って食べた時みたいな勘違いを起こすから。
食堂で会うには、最良の人だった]


いちご、じゃむ


いりますか?


[職員さんは厨房の中
食堂には二人きり。

真っ赤なフォークを差し出してみることも、少なくはなかった。
それをするのは
自分たち以外、誰もいないときに限るけども。]


― Page XX ―

有り体に言えば、勘というもので。
一目惚れとはこんな感覚なんだろうなぁ、なんて。
逆上せたような頭が考えていたのを覚えている。

他の誰も気づいていない。
まだ、気づいてはいない。


「たべないんですか、ケーキ。」


「おいしいですか。」



施設に来て、数か月も経たない頃。
そう、声をかけたことだって
他の誰も、知らないこと。*


 うん、 ……やっぱり、まずいよこれ

[パンを指さし、その手を伸ばして真っ赤に濡れたフォークを受け取った。
その手は少し震えていて、本当はジャムさながらパンに塗りつけようかと思ったのに(そうすればパンも美味しく食べられるから)待ちきれない、というように舌を伸ばして]

 ……ん、  ふふ

[とびっきり美味しいものを食べた時、思わず笑ってしまうように。
はりつけたものではない笑みを満面に浮かべて、フォークに絡みついた血を舐めとった]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワレンチナ 解除する

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi