人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 01時半頃


 ― 朝・とある廊下 ―

[ふわり、ふわり
穏やかな波に身を寄せるように、白いフードの娘が漂う。

眠っているように閉じていた目がパカリと開いて、きょろり、きょろりと辺りを伺う。

人の気配はないが、どこからか、音は聞こえてきているだろうか。あったとしても耳は傾けず、彼女の意識はしばらくの間、心地のよい浮遊感に夢中だった。

ふわり、ふわり
ふわり、ふわり]


気持ちいいなあ


[昨日までに起こったなにもかも、今は微塵も感じることなく、浮かぶ表情は穏やかな笑みだけ**]


メモを貼った。


[ふわりふわり、廊下をただよいながら、南の見つめる先は天井]


あ、あんなに汚れてる


[高いところの掃除は、少し苦手。
重たい掃除道具を持ちあげなければならないし、
そうでなければはしごを使って、高いところまで登って行かなければならない。
小柄な南にとってどちらも大変な作業]


今なら、簡単に届くのになあ


[伸ばした指先は天井の中へもぐりこむ。
手招いてみるけど、こちらには来てくれない]


きれいなものが好きなのに
この白い建物がずっときれいなままであったらよかったのに

見回してみても、やっぱりいない、スタッフの人達]


どこに行ったんだろ


[ほうきを取りに行く代わりに、あの人達をさがしてみよう
白いフードが雲のように、廊下へ、外へ、ただよっては消えていく**]


メモを貼った。


【人】 士官 ワレンチナ

 ···あなたなら見分けがつく。そう言う解釈でいいのかしら?

[「食べてしまえばいい」。少女の言葉>>6を聞いて覚悟に繋がる希望に額からの雫が一筋頬を伝って流れだす。
理屈はわからない、でも彼女が嘘をついているようにも見えず、もしその通りならば必要最小限の犠牲で済ませられるかもしれない。
悪魔で合理的、最悪の中の最善がそれならばもうそれ以上考えることもなく静かに決意した]

 甘い、匂い?

[異質な表現に複雑な気持ちになりながらもその意味することはわかる。新たな犠牲者か、脳裏に過る地獄の惨劇と彼女の確認のため確かめるべきだろう]

 どこからするの?まだ間に合うかもしれない、行きましょう?

[漂わせるような状況が最悪を思わせるけれど、一縷の望みをかけて現場へと身体を運ばせる。案内があればそれに、なければ闇雲に、一人でだって向かうだろう。*]
 

(14) 2017/04/06(Thu) 13時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 13時頃


メモを貼った。


【人】 士官 ワレンチナ

――廊下――

[甘い匂いとされるその場所を探していれば廊下に見える赤い足跡、疑わなくてもそれがなんなのかは察しがつくくらいにその匂いを感じた。
甘いなどとは到底理解できぬ吐き気が出るような鉄の匂い。人の足痕にまばらに滲られた向かう先は厨房か]

 ・・・檀、少し離れて。
もし相手の顔を見たらあなたはすぐに逃げてそれを誰かに伝えなさい?

[ポケットにカッターナイフを忍ばせて、血を追いかけていく。 
やがて前方に見えてきた人影を見つけてタイヤは止まった。]

(34) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ・・・肉叢か。その子をどうする気?

[引き摺られてる赤くなったフードに伊島の面影を感じて。
距離を置きつつもカッターを握って肉叢を見据える。
鋏とカッターでは分はわるくみえるが、心得が無いならばこんな状態だとしても正攻法で負ける気はしない。
 鉄の椅子は言ってみれば盾にもなり、武器ともなる。
また軍隊時に身に着けた護身術は、刃物を持った相手にも不意をつかれた状況も想定されているもの。 
向かってくる分に関しては、素人相手に遅れをとるような状況ではないように見える。今はまず、彼の話を聞こうか*]

 

(41) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 23時頃


―  ?・廊下(の後) ―

[朝。それは南にとって目が覚めた時。ふわふわと頭の中が浮ついて、再びそれに浸りたいと思う時。だからその時は『また朝が来たんだな』と思っていたけど、実際はどうだったか。
その日は目覚まし時計も鳴らなくて、それでも目が覚めたなら、毎朝の日課をこなそうと体を起こす。

だけどその時は頭の芯からしびれるようで、なにか聞こえてきたとしても耳に入ることはなかった。

今が何時なのか、眠る前になにがあったのか、それすらおぼろげで。
考える暇もなく意識を別の所にやってしまった。

ふわふわただよいながら、記憶をたぐりながら、廊下をめぐる**]


【人】 士官 ワレンチナ

――内心――

[ワレンチナは檀をけしてケーキである、とまでは信じていない。
むしろこれまでの流れで彼女に関しては大きく疑問すら抱いている。
その疑惑の一番の理由はやはり書庫での回答だろう。

まず彼女は朝一番に犀川の部屋の前にいた。血の匂いとまで状況を把握しながら彼女はそれを確かめることもなくその場を離れてのんきに書庫にいたことになる。

その時点で第一に疑うべきは彼女であり、精査が必要な相手であるのは否めない。

そして彼女は見たのか?の質問に否定をしている>>2:78>>2:94>>2:95
疑惑の渦中ならばそれはつまり容疑者とは別に真犯人がいると言う示唆であり、彼女が嘘をついているとなればそれはそれで彼女自身のフォークの可能性に繋がる。

彼女は気づいているかどうかはわからないが
"あいつら"と私が表現したのを>>2:195覚えているのだろうか。
その言葉に疑うこともなく彼女は食べさせればいいと答えた>>6

最悪の最善、それは目の前の、協力的なおかしな五感を伝えるこの子を利用して何はともあれフォークを殺すこと、
その一点に今は殺さない理由が存在する]

(55) 2017/04/07(Fri) 00時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 00時頃


[こつんと、扉の鳴る音>>*1が聞こえる。

夜遅くと言えども、ただのノックだ。
別に珍しいことでもなければ、警戒しなければならないことでもない。

此処に閉じ込められているのは、可哀想で惨めで無力な――ケーキたちなのだから。

いつものように返事をして、ノブを捻れば良いはずだ。

そのはず、なのに。
その時は、声を出せずにいた。]


……あの゛。

[決心して開いた扉の先。
其処に居たのは、先程気まずくなって会話を打ち切ってしまった相手だった。

ギリアンが、
初野の望む答えを出さなかったせいで、怒っているのだろうか。
いつも通りのお兄さんの笑顔に、
指の先から心の臓まで、冷え切る。

気持ちの悪い汗が、首を伝って鎖骨へと流れた。]


ぎょう、は、いろんな゛、ごわ゛い゛ごど、あっで、やだ、よね。
ぎりあんも、ごわい゛がら、い゛っじょに、ねよ゛っか。

[いつの間にか止めていた息をゆっくりと吐き出しながら、初野の目を見た。

ああ、何度も見たことのある目だ。
熱の浮かされた獣の目が、ギリアンを捉えている。]


……じゃーね。

はるが、ぎだら、でづだっで。
ほんどう゛に、おやざい゛、う゛え゛る゛の゛。

[何でも叶えてくれる>>*2のなら、あの時の口約束を本当にして欲しい。

ベッドに腰を下ろすと、その重さにスプリングが悲鳴をあげた。
立ったままの初野に、手を伸ばす。
太い指が智秋の髪を持ち上げて、頭蓋を撫で下ろしたら、
ああ、彼の笑顔は最初から偽物だったのだなと
妙に達観して、冷静になれた。]


[逃げよう。
水でも取りに行く振りをして、そっと。

そう思って背中を向けたのがいけなかった。

次の瞬間、鋭い痛み>>*3が走る。
ぐらりと揺れた視界と共に、現れるのは走馬灯。
立っていられなくなって、床に倒れこんだ。

視界が真っ赤に染まる。
首に噛み付いた初野の頭をはたき落とそうと、拳を握って振りかぶった。]


(――ああ、先生のいう神様とか、全然よく分からなかったけど。

隣に寄り添って貰えるだけで、救われていた。

ギリアンの手は、優しい手だって。

庭仕事後のボロボロの手を握ってくれて。

この力は誰かを傷付ける為のものなんかじゃないって言って貰えて、本当に嬉しかったんだ。)


(せんせー…は、大丈夫、かな……)

[結局、殴れなかった。

怖いとか死にたくないとか、そういう感情よりも申し訳なさが勝ってしまう。

握った拳が、力なく床に落ちて、そして二度と動かなかった。**]


メモを貼った。


【人】 士官 ワレンチナ

 え?

[傍らから進み対峙している肉叢との間を割って入る檀、危害を加えられることもなく鋏を手にすると、向けられたのは伊島の遺体]

 ·····!!?

[目の前で始まる狂気じみた光景、肉を刻み、切り取り始めた行為に私は戸惑い逡巡する、彼女はやはり同類ではない。とても危険な存在だと改めて思う。
しかし切り取り終えて口に運び、はっきり伊島がケーキだと聞けば、目の前の協力的な彼女よりは先に優先すべきは伊島を先に殺した相手

首に見えた大きな手形に血に濡れた身体と鋏、状況証拠はこれでもかと言うほどに揃っている。
彼がイカれた肉叢であると言うこと以外には、躊躇する理由なんてなかったようには思える]

 肉叢、改めたいことがある、そこを動くな·····

[ワレンチナはゆっくりと車椅子を動かし始めると、一息に殺すために肉叢に近づいていく、途中現れた>>78に今構っている状況でもない。

止められたり間合いが近づくのを許すことになれば一気に加速し体当たりと同時に上腕を掴み、彼の首の動脈へとカッターナイフを突き刺そうとするだろう。*]

(79) 2017/04/07(Fri) 08時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

ちっ……
[届いたかに見えた刃は距離を残して喉を掠める。
背の高い彼の喉を突き刺すには崩しが足りない。左上腕を掴んだ手はバランスを崩した彼を離し、座り込んだ彼に冷たい視線を向けた。]

 ···伊島はお前が殺したのだろう?
   ケーキだと言うなら何をしようとした。
  

[運ぶ理由に何かしらの目的を見出している。私は彼のイチゴジャムの言葉、食べられた話、虚言ではないかと疑っている。しかし、変わらない彼に再び迷いが生じると横目に後ろの檀に話しかけた。]

 檀、私も貴女はフォークだと思うわ。貴女の真意はわからない
 でも食わせる上であなたに協力してもらう····。
 こいつを食べてみて。

[フォークだと言われている以上八重がいる手前態度は明確にした。
 少なくとも、敵対とは言えない今、殺すよりは利用すべきだと感じて*]

(85) 2017/04/07(Fri) 13時半頃

― 中庭 ―

[血だまりの中立つ男を見て動きを止める

 じっと背中を見つめて、不愉快そうに、目を細める]


 なんで、まだここにいるの?


[いつもつまらなそうな顔してるくらいなら、さっさと出ていけばよかったのに。こんなことになる前に。
優しくするほどの価値もないやつらばかりというなら
 
見回したどこにもスッタフはいなかった。
生きている時は、どこにも行く気なんてなかったから探さなかったけれど、伊島が見つけられないような抜け道だって、彼ならたどり着けるだろうに>

血の跡を見て、『困った』って、
青ざめたり取り乱したり、この人はやっぱりしないんだなあとぼんやり思う]


[ともすれば『まあ、いっか』て、なげやりにもとれる言葉]


食べられ方にこだわりなんてあるの、おかしな人


[誰だって、どんなふうにだって、その人が喜んでくれるならそれでいいと思っていたから。
瑠東が誰に対してそんな感想をつぶやいているのか、そこまで深く考えずに、彼の背だけ見て小さく笑った。あの日捨てたトレイを見るまでは]


それ、捨てたやつなんだよ。だから持ってこないでよ
……相変わらず、いやな人


[手向けのように残された真っ白いトレイ
 蹴り揺らされたゴミ袋

赤く塗れた若葉を見て、今さらのように、もう何も伝えられないんだと悔しく思った。
紫色の目を南の方からのぞきに行っても、もうなにも言えないんだな、と今さら**]


― 廊下 ―

[少し前、中庭で血に塗れた若葉を改めて見る前

八重と呉羽を見かけて、つかの間立ち止まる。

犀川の死体を目の当たりにした彼ら

じっとしていられないという気持ちは八重も、もしかしたらワレンチナも同じなんだろうかと、最後に中庭で見かけた姿を思い出す。

犀川を殺した『フォーク』を殺してやりたいと言った呉羽
心は揺れないと言った八重

どちらの言葉に違和感があったかなんて、まっすぐな思考では、一つしか思い至らずに]


けが、しないでね
今走ったら、危ないよ


[届かない忠告だけが残って、彼女の姿を見送って、あきらめたように中庭に目を向ける。
吸い寄せられるように、自然、体はそちらの方に**]


― 中庭 ―

[瑠東の背中を見ている途中ですっと離れて、距離を置く。
触れもしないのに、ぶつからないように、八重に道を譲るように()浮上する。

食べ物にされる人と、される人、どんな違いがあるんだろうと考えながら、トレイの行方を確認するまで二人の話を聞くとはなしに聞いていた*]


メモを貼った。


[いつでも誰でも、食べ物にされてきてしまったから、わからなくなっていた。
『フォーク』を見つけるなんて、そんな南には最初から無理だったのだ。

なにも知ろうとせず、ゆえになにもつかめず、一人ぼっち。

突きつけられた現実だけをかかえて


あの人は、なんで私が「ケーキ」ってわかったのかな


[今さらのように考える。もう意味なんてないのに。
こうなってしまっても、なにかできることがあるじゃないかと探すように、考えたい。忘れたいから]


いつまで私はここにいるんだろ


[望めば消えることだってできるんだろう。
普段しない考え事なんてするから、少し疲れてしまった。
自分以外に誰か、消えてしまった命があるなんて知らず、目を閉じた*]


【人】 士官 ワレンチナ

 裏切られたら・・・?
 よくそんなこと目の前で言えるわね。

[あくまで冷静に、動揺など微塵も見せず私は言い返す。>>86
八重が肉叢にする行為はまるで猫をあやすかのよう。
横たわる伊島に視線を向ける、彼はまだ殺したとも運んでた理由も何も答えていないのに]

 今それを私が語る必要はないわね、
 少なくとも利害は一致してるのだから。
 それより肉叢が違うと言うなら貴女はどう見るのかしら
 私達が到着したとき、そこの伊島は死んでいたわ。
 廊下に続く血をあなたも見たでしょう? 肉叢が運んでいたの。
 彼がケーキだとして、何のためにここまで連れて来たのかしら?
 そこは厨房よ・・・・・・

[心情を見れば彼はケーキに見えるが状況が示すのは彼の食事前、そこの疑問が解けぬ限り、やはりワレンチナには彼を信じることは出来そうもない] 
 

(98) 2017/04/07(Fri) 22時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

[>>91 楽しそうにのたうち回り笑う姿に狂っているのは自分かそれともこの男か。見ているとそれすらもわからなくなる。
檀はどうするのだろうか。殺して食べるのか、それとも切り取り生かすのか。ただ手を貸さなければどの道彼は死ぬんじゃないだろうか。
そんなことすら感じるほどに、赤く流れる血は綺麗で醜い*]

(101) 2017/04/07(Fri) 23時頃

[言葉の裏、ひっくり返してみても、また考えることが増えてしまうだけ。言葉の隙間だってそう]


だけど、あの人は、私が「フォーク」じゃないってことしか言っていない


[隙間を勝手に埋めてしまっても、見ないふりをしても、見つけられないから、それだって意味がないんだろう。
普段聞こえない声に耳をすますことだって、望めば、今なら、できるんだろうかと、考えながら*]


[だれかを殺さなければと思う時、いつも悲しかった。
怒りより、喜びより、なにより、悲しくて、寂しかった。

その時を自分で決めてしまうのが怖かった。
もうこれで終わり。なにもかも。
生きている時だって満足なことができるほど、上手じゃなかったのに。

そんな思いを何度もするのは耐えられない。
どうにもできっこないから、自分より、誰かがそんな思いをするのは、もっとずっと、重たい。


八重がまた去っていく。こんな時でも、いつもの彼女らしく、元気よく
転ばないように、
血の跡を追わないでと言うこともできずに、追いかけるように中庭を離れた*]


― 廊下 ―

[いよいよ、自分は死んでしまったんだなあと、心の中でつぶやきながら、ひきずられた赤いフードを見る。

対峙するワレンチナと、壇と、寄り添うように話しかける八重と、その先の肉叢を、

暗く見つめる。引き裂くように*]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワレンチナ 解除する

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.171 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi