人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


マユミ! 今日がお前の命日だ!


【人】 営利政府 トレイル

 こういうことする気、あんまりなかったんですけど

 でも、だって いくら外国でもさ、
 就職の面接に 関係ない人連れて行かないでしょ?
 まあ、俺も面接受けたことないけどね

[車椅子は簡単に倒れ込み、乗っていた彼女も投げ出された。きっと、通常なら彼女はこうはならないだろう。現に触れた右腕に、筋肉質の硬さを、服の上からでも感じている。]

 それで、われんちなさん
 俺は詳しくないから聞きたいんです
 あなただったら、一時的に相手の動きを奪う時って
 どこを刺すんですか


[俯いた彼女に見えることはないだろう、瑠東は確かに高揚を口端に乗せ。彼女に、どこを刺されたいか尋ねる。素人に刺されるよりは、と答えるのを期待してか否か、表情はもとより声音からもつかめない様子で]

(3) 2017/04/09(Sun) 02時頃

【人】 営利政府 トレイル

 ゆっくり話してる場合では、って。
 あの悲鳴がケーキだったら大丈夫ですよ
 どうせ食われるだけだろうし
 
 そんなの、ここでだって、外でだって
 たくさんあるうちの一つでしょ 

[廊下に伏せた彼女にも伝わるだろうか。
瑠東が、右手に持った刃物の先を
どこを刺すべきかを確かめるように
服越しにひとつひとつ、筋肉のついた部位をなぞるのを。]

 でもね、安心してくださいね
 あなたを殺すつもりはまだないですから

 だって、悲鳴の先のフォークが最悪な野郎だったら
 俺はちゃんと、殺してくるんで 
 そしたら、はは、仲直りしましょ

(4) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【人】 営利政府 トレイル

  それで、

[尋ねる声音は確かに低く、冷たく]

   俺に刺されるの *どこがいいですか?*

(5) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 02時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 13時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 13時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>9 取り乱す様子もないイワノコフに、瑠東は鼻白んだように息を吐いた。
その実、彼女が胸裏で打開策を考えていること。彼女が、自らを律することに長けた人物だということ――ともに暮らした月日の浅い瑠東には推測することも能わなかった。]

 目的ならさっきから言ってるじゃないですか
 『フォークとゆっくり話したいから』
 話して こいつでいいかな って思ったら、
 俺、フォークにつきますよ

 あんな汚い食い方するんだから時間はかかるだろうけど
 ――まあ、食い方教え込むのも楽しそうですもんね
 俺そういうの結構好き
 少しずつ相手を変えてやるってぞくぞくしませんか、ねえ


[>>10 その問いが、たとえ時間を稼ぐ目的だろうと、思考の綻びから現状を打破するためのものであろうと。瑠東は気にせず言葉を返した。けれど返答は歪に積みあがった価値観に支えられ、それだけでは、理解することも少なかろう]

(12) 2017/04/09(Sun) 14時頃

【人】 営利政府 トレイル

 まあ、……実践を見せてもらう気は、
 もちろんないので、……んー……


[話す間にも刃先は衣服の上から骨を探り、
骨に絡みつく筋繊維をなぞり、

ここでいいかな、などとのんきな言葉と共に止まった。

肩甲骨。
筋肉のついた、けれど、男のものより華奢な背にある
その右側の骨を。
右腕の運動能力を支える、その根幹を。

イワコノフの、ひねりあげた右手を膝で封じたまま
瑠東は体重を両手に――両手の先の、刃物に乗せて。

裂いた肉の、筋繊維の、その奥の骨を砕くために
鈍色の光を埋め込む。]

(13) 2017/04/09(Sun) 14時頃

トレイルは、ワレンチナの肌が、刹那衣服の奥に見え、すぐに赤に覆われて見えなくなる

2017/04/09(Sun) 14時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>10悲鳴は、誰かの名前に置き換わった。
誰かの。呉羽の、名前に。
先程言葉を交わした、その男の名前に。
>>8>>11それなのに、どこかからは別の声が、
なにかの悲鳴が、鼓膜を揺らす。

二つの音を受け取り
 あぁ、  と瑠東は、吐息をこぼした。
 一瞬の充足を得たかのような、微かな熱の発露のある吐息をおとし]

  だめだよ
 名前呼んだら、来ちゃうじゃん
 
 はは、ゆっくり話す時間なくなっちゃう
 いそがなきゃ

[刃物を引き抜いた。
瑠東はイワノコフの上から立ち上がり
――立ち上がる刹那に、その金髪に触れ
急がなきゃ ともう一度口にし 歩き始めた*]

(14) 2017/04/09(Sun) 14時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 14時頃


トレイルは、ワレンチナの血が付いた刃物をぶらさげて

2017/04/09(Sun) 14時頃


どうして。

……どうしてかな。

どうしてだと思う?
檀さん。

[疑問符に、ぽつり、疑問符で返す。
 その口調は常の男と変わらず穏やかで、
 ただ声の底と口元に在る色が、愉悦の色が、明確に異なっていた。鋏を持つ彼女の手、それに温度のない左手を柔らかく重ねる。そのまま、細い手首を握り込むように掴んで]


犀川君が、気付いてしまいそうだったから。

犀川君が、美味しそうだったから。

……いや。
そうだな、……そう、……

――僕がフォークだから。
  ――僕がフォークで、君達が、ケーキだったから。

それ以上の理由なんて、ないのかもしれない。
ないんじゃないかなあ。
だって、そういうものなんだから。
そうでしょう? 「ケーキ」と、「フォーク」はさ。


ねえ。

……それでも君はさ。
「普通」じゃない君は、君には、
別の答えがあるのかもしれないけれど。
どうだろうね?

[目を細める。口付けようとするかのように、手首を引き寄せ、その背にもう片手を回し、引き寄せて、彼女の肩口、首筋へと顔を沈めた。ぎり、と、手首を掴む手に、それが折れる程に――折れずとも、少なくとも、鋏を取り落としはしただろうか――強く力を込める。
 そのやはり細い首筋に唇を寄せ、舌先をなぞらせる。――爽やかな、杏仁のような、甘い匂いと、味。それに笑みを深めながら、犬歯を立てるように、噛み付いた*]


【人】 営利政府 トレイル

[歩き、歩いて
数週間歩きなれた、入所者たちの部屋が連なる廊下。

そこには、ささやかな川があった。

地に恵み齎すとは到底言い難い、肉紅色の
枝つ別れた先から褐色みのます、ちいさな川>>4:30が。


瑠東がたどったのは、階段に流れ落ちるものと、逆に伸びた支流であり
そのせいだろう、こちら側はさほど長い脈を残してはいない。]

(17) 2017/04/09(Sun) 16時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[足音のないように、血脈の源を、たどる。
たどった先、一つの部屋の前にある血だまり。

その先には気配があった。
生きた気配が、むせかえるような血の香りの中に紛れて
部屋の中から這い出している。


>>15>>16 複数ある声の欠片が耳に入る
瑠東は少しく思考する間を、歩くリズムの中に織り込んで
そして、血だまりの横で足を止め、壁に背を預けた。
その声を、その部屋の状況を、知ってみようと思って**]

(18) 2017/04/09(Sun) 16時半頃

トレイルは、下げた刃物から落ちる滴が、床の血液と*混ざりあう*

2017/04/09(Sun) 16時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 16時半頃


[首筋に噛み付き、そのまま皮膚を、肉を、破り、半ば潰すように裂いていく。溢れ出す熱く甘い液体が口の中を満たし、喉を下る。
 飛沫が口元を頬を染め、顎から首筋へ伝い滴る、普通ならば不快である筈のその濡れる感触は、甘さの内にあれば、何よりその雫こそ甘さそのものなのだと思えば、むしろ悦楽の一端であるようにも思えた。
 身を捩る、服を握る、彼女のかそけき抵抗を感じた。感じながら、それも味わいの内に、その柔らかな肉を噛み千切り、ゆっくりと咀嚼して、呑み込んだ]


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時半頃


[甘い。
 犀川君とは違う甘み。ケーキは皆、それぞれ、別の味に感じられる。それをおいても、今まで食べてきたケーキ達の中でも、彼女の味は何処かしら異質に感じられた。杏仁めいた味、その後味に残る、痺れのような、苦みのような、独特の、「棘」。
 これが、彼女の、「フォーク」の部分なのかな、 なんて、 そんな事を、考えた]

…… ああ。
美味しいね。君も、やっぱり。
君はフォーク、でも、ケーキだから。

僕はただフォークだから。不味いんだよ。
不味いんだ、残念だけど。はは。
残念だったんだよなあ。

[力を失う彼女を一たび抱き留めてから、床に仰向けに寝かせる。声は彼女に何処まで聞こえていたか、関係なく、ただ独り言のように、たわいない冗漫を、零して]


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 22時半頃


[彼女が落とした鋏を拾い上げる。拾い上げて、そのまま、彼女の襟元を少し乱すと、その鎖骨の半ば辺りに切っ先を突き刺した。
 それからスラックスのズボンを探る、取り出したのは、ナイフ、犀川を殺したその刃、手によく馴染んだ凶器の形、]


[ああ、ワレンチナさん。
 彼女の声だ。どうしたのかな。
 「彼」に襲われた? 「仲間」に、やられた?

 考えれば、遠く、
 いい匂いがしてくるような、
 そんな気がした。気のせいでも、
 彼女がいい匂いなのは事実だ]


【人】 営利政府 トレイル

[途切れ途切れ聞こえる会話の断片。
日が浅いと言っても、声の持ち主にあたりはついた。
いつも通り>>23 をいつまでも続ける女の声と
フォークを殺した>>25と、ひどく嘔吐いた男の声と。

瑠東はその、事実と思われる言葉を、端的な言葉を。
壁に身を預けて聞いていた。]


  ――……

[右手にあるままの刃物、
 その先から滴るものを眺めながら唇を動かした。
 死した人物の名前を、死んだのか、と呼気だけで綴り]

(28) 2017/04/09(Sun) 22時半頃

トレイルは、移動する足音を追う声はするか、と、耳をそばだて*

2017/04/09(Sun) 22時半頃


【人】 営利政府 トレイル

[足音が、粘着質な水を跳ねさせる音が近づいて
 瑠東は壁から身を起こした。

足音の主が、声の持ち主が――あるいは『悪魔』が。
戸を超えて姿を現すのを待ち]

 ―――― 殺したんだ
 
 なあ、どうだった? フォークの味
 食らう側を殺した気分って どんなもん

 怯えて逃げようとしていた子鼠が
 逆にフォーク折っちゃうなんて、 すごいね


[瑠東の掛けた声は、部屋の中まで聞こえたろう。

 口端に載るは、嘲りの代わり、不機嫌そのもの。
入所当時より浮かべてきた「つまらない」よりも雄弁に不快を語り
冷えた薄紫が無遠慮に、六嶋を彩る他人の血液を眺めまわした]

(32) 2017/04/09(Sun) 23時頃

トレイルは、右手にある刃物が、鈍い反射光を放つ*

2017/04/09(Sun) 23時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>37ぎゃん、と吠えたてる様は、厨房の時に聞いた、
子供じみた発散のようで
瑠東もその時と同様に、刹那肩を竦ませた。

滔々と流れる音の洪水はすぐに途切れる。

「外に出なきゃ」それだけは、瑠東にも共感できる言葉で]


  『悪魔』って、案外 幽霊的なんだ
   

[何も耳に入らないだろう六嶋の隣、そんな感想を。

狭い廊下すれちがう、その小さな、体躯。
きっと瑠東の、続く言葉が終わるころには、通り過ぎてしまうのだろう。]

(38) 2017/04/09(Sun) 23時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[続く言葉は、部屋の中まで声が聞こえようと、
瑠東は気にもしていない素振りで
むしろ聞かせでも、しているような、――不機嫌さで]


 ……や、……――

 あんたには、全然関係ないことだけど

 せっかく気分のってきたのにさ、――
 殺しちゃうなんて

 フォーク いなくなっちゃったかあ


 うん、 
  うん…… 結構  、はは、むかつく から
  あと、なに? なんていうか……
 『悪魔』ってさ ちょっと興味、あるんだよ

(39) 2017/04/09(Sun) 23時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[だからさ、]


[至って気軽に告げられる言葉]
[瑠東はたしかに煩わしがるように、茶髪を震わせ]
[カフェモカの間から しんと覗く 冬の三日月は菫色]

(40) 2017/04/09(Sun) 23時半頃

【人】 営利政府 トレイル

 だから、


        死ねよ
 

[その言葉が眼差しが、すべて十全の説明だというように]
[小さな、血にまみれた体の 背か  あるいは――いやどこだって、いい どこだって瑠東には変わらない]
[        瑠東の五指揃う右手が刃物を煌かせた*]

(41) 2017/04/10(Mon) 00時頃

トレイルは、血の香る部屋に背を向け、刃物が光った*

2017/04/10(Mon) 00時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/10(Mon) 00時頃


[いい匂いだなあ。
 美味しそうだなあ。

 そんな散漫を、頭に浮かばせながら]


【人】 営利政府 トレイル

[>>45 静止を求める声を 鈍色の刃物は切り裂いた。
イワコノフの血に濡れた切っ先が
八重の声を、六嶋の背を、切りつけ――――小柄な躰に飲み込まれていく。

>>47 刺し込まれた六嶋の、振り向きざまの一閃。
身を引いて、刃物を引き抜きよけようとした。
―― 避けようと、した。]

  ―――

[いくばくかのカフェモカ色が宙に舞い

 遅れて 飛び散る、鮮血]

               ―――― っ

(49) 2017/04/10(Mon) 00時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[掠ったのは左頬だった。
鈍くなった骨切狭の切っ先は 削り取るように皮膚を傷つけ、血を散らす。]


 ふ、 ざけんな、 ふざけんなクソが、
 お前、誰に傷つけて  ―― ……

 もった、いない これなくちゃ  ああくそ

[瞬間迸る激情は、血の色とよく似ていた。

 けれど、血を拭った先、眼前にあるのは
とめどなく血を流す、見た目不相応の感情をかんばせに乗せた姿。

 頬を焼いた熱さを刹那のうちに、薄ら紫に押し込め
 瑠東はわざとらしく、
 背後の部屋から聞こえた声に返事をした。
 纏いきれない、見せかけの穏やかさもかなぐり捨てた、あの『8畳間』の声で]

(50) 2017/04/10(Mon) 00時半頃

【人】 営利政府 トレイル

 …… だいじょうぶ、
 遊んでるだけだから

  これから こいつと、『屠殺ごっこ』するからさ

[血だまりに座り込む六嶋へ 月がわらう
わらうかたちを真似るだけの、それをする]

  な、 お前が豚で 俺が屠殺人 わかりやすいな?*

(51) 2017/04/10(Mon) 00時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/10(Mon) 00時半頃



[思い出していた。
 「始まり」とはまた別の、昔の記憶を。思い出していた。彼女の腹を、手術でもするように切り開き、抉り出した臓物に噛り付きながら。思い出していた、――どうして此処に、彼女が問うた、それにつられたように。

 「フォーク」となってから、男は何人もの「ケーキ」を食べてきた。他の同類と比べれば、恐らく自分はやりやすい境涯にあったのだろうと思う。ケーキは希少だが、それでも多数のファンの中にはやはり一定数は見つかるものだったし、自分には演技という鎧が、立場という盾が、金という補強が、あった。
 連続殺人犯、シリアルキラー、
 実態としてはそういったものになっていたのだろう、男自身は一にも二にも、とにかくフォークなのだという自意識と、フォークだから当たり前なのだという、一瞬極まった許容ばかりしか、抱いていなかったが。

 それが終わったのが、五年前だ]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:トレイル 解除する

生存者
(3人 24促)

トレイル
28回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi