人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 友愛組合 チアキ

[こつん、と扉の一つを叩いた。
彼がそこにいるかはわからないが、きっといるなら返事をくれるだろうと思って。

「冗談だよ」と笑って終いになった、話の続きをしようと思った。
「どっちもやだ」>>2:214なんてそんなの]

 無理だよ。 選ばなきゃ
 だってもう、始まっちゃったんだから


 始めた人が悪いんだから
 俺の、 せいじゃない

[自分に言い聞かせた言葉は、廊下に空しく響いたか。
それとも誰かの耳に届いたか]

(2) 2017/04/06(Thu) 01時頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 01時頃


【人】 友愛組合 チアキ

[なんでもひとつ願いを叶えよう。
そんな言葉、絵本でだってもはや古典でしか見ないだろう。

もしそんなことを言われたらきっと裏がある。
そんな風に、きちんと正してくれる存在が、その時彼の傍にいれば――あるいは、運命は変わっていたのかもしれない。


血に染まる部屋。
食事の仕方を知らない幼子のように、口元、首筋、襟までだらしなく赤く汚した存在がそこにある。
何処かで潰れたケーキの香りは届かずに、きっと初めて"本当の笑み"を彼に向けた]

 ありがとう ………ごちそうさま

[本当の気持ちを、食卓に捧げた**]

(13) 2017/04/06(Thu) 02時半頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 02時半頃


 ― 朝・とある廊下 ―

[ふわり、ふわり
穏やかな波に身を寄せるように、白いフードの娘が漂う。

眠っているように閉じていた目がパカリと開いて、きょろり、きょろりと辺りを伺う。

人の気配はないが、どこからか、音は聞こえてきているだろうか。あったとしても耳は傾けず、彼女の意識はしばらくの間、心地のよい浮遊感に夢中だった。

ふわり、ふわり
ふわり、ふわり]


気持ちいいなあ


[昨日までに起こったなにもかも、今は微塵も感じることなく、浮かぶ表情は穏やかな笑みだけ**]


メモを貼った。


[ふわりふわり、廊下をただよいながら、南の見つめる先は天井]


あ、あんなに汚れてる


[高いところの掃除は、少し苦手。
重たい掃除道具を持ちあげなければならないし、
そうでなければはしごを使って、高いところまで登って行かなければならない。
小柄な南にとってどちらも大変な作業]


今なら、簡単に届くのになあ


[伸ばした指先は天井の中へもぐりこむ。
手招いてみるけど、こちらには来てくれない]


きれいなものが好きなのに
この白い建物がずっときれいなままであったらよかったのに

見回してみても、やっぱりいない、スタッフの人達]


どこに行ったんだろ


[ほうきを取りに行く代わりに、あの人達をさがしてみよう
白いフードが雲のように、廊下へ、外へ、ただよっては消えていく**]


メモを貼った。


メモを貼った。


友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 21時頃


【人】 友愛組合 チアキ

[廊下に流れ出した目印は、ほんの少しの染みのようだったけれど、ケーキにはきっとただの血臭にしか感じられないだろうそれが、何よりの証左。

語りかける声にすぐには答えず、智秋は口元を手で拭った。
鏡を見なくても、それがもっと酷い結果になったことがわかって、少し笑った。

智秋には、六川の言葉の全てを理解することは出来なかった。
けれどきっと、悲しいのだろうと思った。

仲が良い人が死んだら、悲しいものだ。
そういうものだから。
そのはずだから。
六川の何が欠けているかは知らないけれど、きっと心のそういう部分は「普通」なんだろう、そう思って]

(24) 2017/04/06(Thu) 21時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 ははっ   は、  ずるいかぁ

[立ち上がると、膝上にのっていた欠片が落ちて水音を立てた。
扉に歩みより、こん、と音をたてて額をくっつける]

 ねぇ、 六川せんせい

[彼は智秋がいることを予想していただろうか。
過った思考は、意味のないことだと、自分でも見えない笑みの紛れて消えていった]

 自分が死ぬのと、誰かが死ぬの、
 ……どっちが、マシですか?

 六川さんの「本当」の気持ち、って どれ?

[談話室で聞いた数々が、全部本当とは思えなかった。
もし偽りない言葉だったら(仮にそれが、思い込みであったとしても)それこそずるいと思った]

(27) 2017/04/06(Thu) 21時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 いいよ、開けても

[最後の選択は彼に委ねる。
鍵なんてかかってない。この扉は、ただ隔てるだけの板で、障害になんてなりやしない。
開けばそこには、犀川の部屋にあったと同じような、食べ残し。
否、それよりも契られた欠片の量の多さに、血臭も、凄惨さも増していようか。
初めての食事に我を忘れても、フォークはただ、味覚が違うだけの人間。その胃袋には限界があった。

命を落としたケーキ――ギリアンが抵抗し智秋を傷つけていたとして、赤に塗れた様では、きっと分かりづらかっただろう]

(29) 2017/04/06(Thu) 21時半頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/06(Thu) 21時半頃


【人】 友愛組合 チアキ

[智秋はフォークとしてあまりに未熟だった。
自分を偽るを知らず、ケーキの味を(本当の意味では)知らず。

腹を満たせばそれで満足。
ならもう、あとはどうなってもいい。
そんな気持ちと、

ただ食事をしただけ。何も悪いことはしていない。
そんな気持ちと、

人を殺してしまったという、気持ちと、]

(31) 2017/04/06(Thu) 22時頃

【人】 友愛組合 チアキ

[だから笑う。
はりつけた笑みは、言ってみればただ顔の筋肉を動かしただけだから、血にまみれていても、それはいつもの顔。

それが初野智秋の「普通」なのだから]

(32) 2017/04/06(Thu) 22時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

 大人だね、六川さん

 人のことなんて気にしなくていーよ
 それとも ……それによって答えが変わるの?

[どっちもやだ、と言ったギリアンが子供なわけではない。
自己中心だと言うのでもない。
きっと誰にとってでも、「やだ」とまっすぐ言えるのが羨ましいだけ。
「寂しい」と言った六川の声>>37が羨ましいだけ]

(47) 2017/04/06(Thu) 23時頃

【人】 友愛組合 チアキ

[六川の「本当の気持ち」は痛くて、甘くて、少し苦かった。
口の周りを舐めれば、乾いていない新鮮な甘みがそこにはあって、思わず小さな笑い声が漏れた。

入ってきた六川の表情が読めなかった。
どんな感情を抱いているのか、まったく分からなかった。
元からわかってないのかもしれない。
想像していただけかもしれない。
食べられる野菜や動物がどう思ってるかなんて、そんなの捕食者の妄想でしかないんだから。だから、きっとそれと同じ]

(49) 2017/04/06(Thu) 23時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 うん、 すごく甘かった

 今まで食べた何より、美味しかった

[だから張り付けた笑顔を向ける。
表情がわからないから、これもただの真似事だ。
人の真似事。
ケーキの、真似事]

 ねえ、 ギリアンは「どっちもやだ」って言ったよ。
 

 ……六川さんは、どっちがマシ?

 自分が死ぬのと、 ……俺が、死ぬのと

[問いかけの言葉はすり替えられ、
赤くそまった指先は、薄桃色とは言えなくなったカーディガンを伴って、六川にそっと、伸ばされた*]

(50) 2017/04/06(Thu) 23時頃

―  ?・廊下(の後) ―

[朝。それは南にとって目が覚めた時。ふわふわと頭の中が浮ついて、再びそれに浸りたいと思う時。だからその時は『また朝が来たんだな』と思っていたけど、実際はどうだったか。
その日は目覚まし時計も鳴らなくて、それでも目が覚めたなら、毎朝の日課をこなそうと体を起こす。

だけどその時は頭の芯からしびれるようで、なにか聞こえてきたとしても耳に入ることはなかった。

今が何時なのか、眠る前になにがあったのか、それすらおぼろげで。
考える暇もなく意識を別の所にやってしまった。

ふわふわただよいながら、記憶をたぐりながら、廊下をめぐる**]


【人】 友愛組合 チアキ

 そうかなぁ
 ………そうかなぁ

[秤にかけるべきではない。
そんな言葉に、もうよくわからなくなって首を傾げた。
伸ばした指の理由もわからなくて、
(動いている人に触れたくて)
簡単に掴まれた手は、六川の望むまま、修道服に押し付けられる]

 そうかもしれない
 ……わからない

[布の向こうに鼓動があった。
みっしり詰まった人の身体。
ふわふわの、スポンジみたいな。
きっと六川はギリアンと全く違った味がするだろう]

(63) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

[知らず深く吸い込んでいた息に、頭の中は甘い香りでいっぱいになる。空腹だったら噛みついていたかもしれない。
ギリアンが美味しかったなら、六川だってきっと美味しい。


ケーキだから。

好きな人だから。

思いついた理由があまりにおかしくて
笑おうとしたら既に笑顔は顔に張り付いていた]

(64) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

 でもさ。俺、死ねって言われるかと思った
 ……変なの



 怒らないの?
 殴らないの?

 殺さないの?

[修道服を強く掴む。
痛みを与えることを恐れない遠慮のなさで、
伸ばされた腕の分だけあった二人の間を一歩詰めた]

 ………もしかして先生、
 ギリアンのことそんなに、 好きじゃなかった?

(65) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

[六川の目を覗き込むように顔も近づければ、甘い香りが強くなる。
咥内に滲み出た唾液を飲み込む。
そのままなら、そっと舌を伸ばして頬を舐めるくらいのことはしたかもしれない。―――唾を飲み込むのと同じだ。

腹いっぱいの重たげな胃を抱えて、
それでも乾いた喉は甘さを求める。

彼が何かになりないのなら、食べてみるのもいいかもしれない。
そうしたらきっと、真にケーキになれるのだから**]

(70) 2017/04/07(Fri) 00時半頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 00時半頃


[こつんと、扉の鳴る音>>*1が聞こえる。

夜遅くと言えども、ただのノックだ。
別に珍しいことでもなければ、警戒しなければならないことでもない。

此処に閉じ込められているのは、可哀想で惨めで無力な――ケーキたちなのだから。

いつものように返事をして、ノブを捻れば良いはずだ。

そのはず、なのに。
その時は、声を出せずにいた。]


……あの゛。

[決心して開いた扉の先。
其処に居たのは、先程気まずくなって会話を打ち切ってしまった相手だった。

ギリアンが、
初野の望む答えを出さなかったせいで、怒っているのだろうか。
いつも通りのお兄さんの笑顔に、
指の先から心の臓まで、冷え切る。

気持ちの悪い汗が、首を伝って鎖骨へと流れた。]


ぎょう、は、いろんな゛、ごわ゛い゛ごど、あっで、やだ、よね。
ぎりあんも、ごわい゛がら、い゛っじょに、ねよ゛っか。

[いつの間にか止めていた息をゆっくりと吐き出しながら、初野の目を見た。

ああ、何度も見たことのある目だ。
熱の浮かされた獣の目が、ギリアンを捉えている。]


……じゃーね。

はるが、ぎだら、でづだっで。
ほんどう゛に、おやざい゛、う゛え゛る゛の゛。

[何でも叶えてくれる>>*2のなら、あの時の口約束を本当にして欲しい。

ベッドに腰を下ろすと、その重さにスプリングが悲鳴をあげた。
立ったままの初野に、手を伸ばす。
太い指が智秋の髪を持ち上げて、頭蓋を撫で下ろしたら、
ああ、彼の笑顔は最初から偽物だったのだなと
妙に達観して、冷静になれた。]


[逃げよう。
水でも取りに行く振りをして、そっと。

そう思って背中を向けたのがいけなかった。

次の瞬間、鋭い痛み>>*3が走る。
ぐらりと揺れた視界と共に、現れるのは走馬灯。
立っていられなくなって、床に倒れこんだ。

視界が真っ赤に染まる。
首に噛み付いた初野の頭をはたき落とそうと、拳を握って振りかぶった。]


(――ああ、先生のいう神様とか、全然よく分からなかったけど。

隣に寄り添って貰えるだけで、救われていた。

ギリアンの手は、優しい手だって。

庭仕事後のボロボロの手を握ってくれて。

この力は誰かを傷付ける為のものなんかじゃないって言って貰えて、本当に嬉しかったんだ。)


(せんせー…は、大丈夫、かな……)

[結局、殴れなかった。

怖いとか死にたくないとか、そういう感情よりも申し訳なさが勝ってしまう。

握った拳が、力なく床に落ちて、そして二度と動かなかった。**]


メモを貼った。


― 中庭 ―

[血だまりの中立つ男を見て動きを止める

 じっと背中を見つめて、不愉快そうに、目を細める]


 なんで、まだここにいるの?


[いつもつまらなそうな顔してるくらいなら、さっさと出ていけばよかったのに。こんなことになる前に。
優しくするほどの価値もないやつらばかりというなら
 
見回したどこにもスッタフはいなかった。
生きている時は、どこにも行く気なんてなかったから探さなかったけれど、伊島が見つけられないような抜け道だって、彼ならたどり着けるだろうに>

血の跡を見て、『困った』って、
青ざめたり取り乱したり、この人はやっぱりしないんだなあとぼんやり思う]


[ともすれば『まあ、いっか』て、なげやりにもとれる言葉]


食べられ方にこだわりなんてあるの、おかしな人


[誰だって、どんなふうにだって、その人が喜んでくれるならそれでいいと思っていたから。
瑠東が誰に対してそんな感想をつぶやいているのか、そこまで深く考えずに、彼の背だけ見て小さく笑った。あの日捨てたトレイを見るまでは]


それ、捨てたやつなんだよ。だから持ってこないでよ
……相変わらず、いやな人


[手向けのように残された真っ白いトレイ
 蹴り揺らされたゴミ袋

赤く塗れた若葉を見て、今さらのように、もう何も伝えられないんだと悔しく思った。
紫色の目を南の方からのぞきに行っても、もうなにも言えないんだな、と今さら**]


― 廊下 ―

[少し前、中庭で血に塗れた若葉を改めて見る前

八重と呉羽を見かけて、つかの間立ち止まる。

犀川の死体を目の当たりにした彼ら

じっとしていられないという気持ちは八重も、もしかしたらワレンチナも同じなんだろうかと、最後に中庭で見かけた姿を思い出す。

犀川を殺した『フォーク』を殺してやりたいと言った呉羽
心は揺れないと言った八重

どちらの言葉に違和感があったかなんて、まっすぐな思考では、一つしか思い至らずに]


けが、しないでね
今走ったら、危ないよ


[届かない忠告だけが残って、彼女の姿を見送って、あきらめたように中庭に目を向ける。
吸い寄せられるように、自然、体はそちらの方に**]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:チアキ 解除する

処刑者 (5人)

チアキ
15回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.203 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi