人狼議事


252 Survivor's Guilt 未亡の民と永遠の呪い

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 01時頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 01時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

[>>1お礼を言われれば、否定するのも失礼になる。もう謝るのはやめる事にする。]

あはは…やっぱり、流石に堪えますね。

[此方は二日酔いではなく今日の出来事についてだが、言及はしない。もう薬の結果を黙って待つしか無いのだから。]

何でも無い、って顔はしていませんが…
…アタシでは、力になれない事ですか。

[自分に出来る事は少なくて、どうにもならない事なのかもしれない。それでも見過ごす事はできなくて、やはり言葉をかけてしまう。問いかけに答えはあっただろうか。]

(2) 2018/03/15(Thu) 02時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[返事があっても無くても、少し間を置いた後…
決意した様に見上げる。

”何があっても、何もなくても、言葉を交わすのはきっと大事なことだもの。”

思い返す、カトリーナの言葉>>2:54]

あの…今話す事じゃ無いかもしれないんですけど…
でも、やっぱりドナルドさんに聞いて欲しくて。
言いますね。

(3) 2018/03/15(Thu) 02時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

アタシ…ドナルドさんが好きです。
友達や、村の皆を好きっていう気持ちとは違う、
男性として…特別に好きです。

あ、でも!だからどうして欲しいとか、
そういう事じゃなくて!!ただ、知っていて欲しくて…
だから、返事はいりません!!!

[最後は言い訳がましくなったが、本心だった。自分の気持ちを押し付けて、負担になりたくない。だから只知ってもらうだけで良い。そう思った。

流行期への意識も少なからずあったと思う。何時もなら耐え切れず逃げ出してしまう所だが、ぐっと我慢するようにエプロンを握りしめた。*]

(4) 2018/03/15(Thu) 02時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 02時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―前日の続き―

そう…ですよね。

[同意に、口元を歪める。自分の様に声をあげて泣かなくたって、皆心に伸し掛かっているんだと。分かち合うだけ。]

えっ、アタシにだから…、何ですか?

[言えない、という言葉には寂しそうに笑った後。>>5自分にだけ、と言う言葉には少し声色を明るくして食いつく。
然し内容を聞けば、明るい話題では無かったのでまたトーンを落とす。数日前に聞いた、家を出たいという話。]

…嗚呼…家にも、染みついちゃいますよね。
取ろうと思っても取れるものじゃなくて…
時と共に流れるのを待つしかないと思います。

[まるで洗濯仕事のような口ぶりで、吐露に対して相槌を打つ。少しでも心が軽くなれば良いと思いながら。]

(10) 2018/03/15(Thu) 07時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[自分が告げた言葉にあっけにとられたような表情と、沈黙が息苦しい。その内視線を合わせられなくなり、俯いて耐える姿勢となる。]

う、 えっっ!?

[>>7ぐいと抱き寄せられる感覚。森の方へ入ったのだろうという草木の匂いを感じるが、温かさにまたじんわりと涙が溢れてきた。連日の事に、憔悴しているのだ。]

…ん。んんっ…。

[頭上から届いた謝罪に、泣き声を耐えながらただ首を振る。7つも離れているし、子供と見られている感覚はあった。だからこの気持ちは届かないと自分の中で決めつけ、言わないと思っていた。

…でも。言葉にして伝えてみたら、”もっと早く知ってたら”と言ってくれた。言葉を交わすのは大事って、本当だねカトリーナ。心の中で応援してくれた友人にお礼を言いながら…咽び泣いた。]

(11) 2018/03/15(Thu) 07時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[どのくらいそうして居たか分からないが…落ち着くとやがて、彼へ身を離すように自ら促して。朝から泣き通しで赤く腫れた目元を恥じるようにこする。]

本当に…良いんですからね…。

[自分の事を考えて貰えるのは嬉しい。でも、今は他にもやるべき事が沢山あるだろうから。]

明日もお店を営業再開できるかは、
ちょっと分かりませんけど…
でも、明日も、そのまた明日も、会いたいです。

…じゃあ、また…。

[次は我が身かもしれない。その言葉は押し込んで、未来に対して希望を述べ別れただろう。*]

(12) 2018/03/15(Thu) 07時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 07時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―翌朝―

[朝起きてまず、自分の掌の痣を確認する。身を起こして、母にも確認する。…二人とも無事だ。息を吐いた。]

カトリーナと、ネルス兄…
今日も会えるかな…。

[友人達に降りかかった発症。経過が気になって仕方ないけれど、直ぐに知るのは矢張り怖い。昨日の様に急に死と対面しては、心が保つ自信が無い。

そして今日も誰かが…?と、同じ事>>9を考えていた。それでも、長寿であるブローリン家は対象として思考から外してしまうのだが。]

(13) 2018/03/15(Thu) 08時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[ふと、テーブルを見やる。そういえば、一昨日は酔って帰宅して、昨日も憔悴してしまって…結局まだ貰った果実ケーキ>>2:125を食べられていない。焼き菓子なのである程度は日持ちするであろうが、勿体ないと食べずに駄目にしてしまっては元も子もない。]

もしアタシが発症したら…
なんて考えたら、怒られるよね…。

[流行期が始まってからだ。幸せな気持ちで受け取ったこの贈り物に対して、最期に食べるのはこれがいいな、なんて。そんな考えが浮かんでしまって居た。*]

(15) 2018/03/15(Thu) 08時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 08時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―クロックフォード家前―

………ふぅ。よし、

あの、朝からすみません。セレストですが…

[クロックフォード家のノッカーを鳴らす。
今日は昨日の様な焦った呼びかけでは無く、普通に友人の家を訪ねた様な口調で。

昨日みたいにカトリーナが出迎えてくれたら、無事を喜べばいい。出て来れなかったら…その心の準備もしてきた。

その内扉を開くのはカトリーナでは無く、別の家族だろう。そして友人の部屋へと通されるだろうか。]

(18) 2018/03/15(Thu) 09時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

…っ、………

………とても、 綺麗だね、カトリーナ…

[>>3:138>>3:141お化粧をして。薄桃色のドレスと、うさぎの髪飾りを身に着けて。一番のおめかしをしたまま眠り続ける友人に…そう声を掛けた。

やはり我慢は出来ない性質であったが、それでも涙が滲む理由は完全に悲しみだけでは無かった。本当に、本当に彼女が綺麗だったからだと思う。*]

(19) 2018/03/15(Thu) 09時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 09時頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 09時半頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 10時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―広場―

[カトリーナの寝顔を確認した後、広場に戻って暫しゆっくり過ごしている。
そういえば。昨日、自分が今日も会いたいと強請ったのだ。すれ違うといけないから、何処かへ移動する際は休業の看板に、移動先の地図を貼りつける事だろう。]

今日をちゃんと生きる、か…。
フィル兄も、カトリーナも…本当に 凄いなぁ。
…ネルス兄は…。

[死を予期して一日中ずっと、確りと動いていた二人へ想いを馳せる。
そしてサイモンと同様、逃げ出したと言うネルスはどうなっただろう。そちらも確認したい気持ちはあれど、再び残念な結果であれば…そう想像すると、休み休みでは無ければ動けなかった。]

…早く元気になると良いよね。

[年端もいかない子供は、未だ状況に理解が及ばないらしい。”パパもママも、げんきがないの”と、心配だけしている様子を、時たま相手しながら。*]

(32) 2018/03/15(Thu) 11時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 11時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―広場―

…ドナルドさん。お早うございます。

[無事を示すように――掌を見せるように――片手を挙げ、挨拶を。強調するような口ぶり。会いたいという自身の願いを約束として聞き入れてくれて、それ自体はとても嬉しかったのだが。]

デッ…!?!っ、???

[子供達の疑問の声への答え方には、思わず目を瞠って絶句した。軽口で躱す事は多いけれど、こんな色恋沙汰を示唆する冗談を言うような人だったか。

きゃあ!と声を挙げる子。

”前に「つきあって」って言ってたの、ホントだったんだー!””あれっておにごっこの話じゃなかったの?”と子供達は口々に騒ぎだした。]

(46) 2018/03/15(Thu) 16時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

な、何を…も、もう!
ごめんね、アタシたちは行くから…
暗くならない内に帰るんだよ!

[そんな喧噪の輪から逃げるように、ドナルドを連れて足早に離れる。自分はこの男に恋をする乙女だ。正直、悪い気はしない。…けれど、漠然とした違和感を胸に。]

→池の畔―

[広場から離れ、静かに過ごせる場所を探して、小さな池の畔に辿り着いた。四季に様々な花が咲き、水鳥が戯れている。別にデートスポットを意識した訳じゃ無い。]

…さっきの、何だったんですか。
お仕事は、大丈夫なんですか?

[流行期の”ブローリン”だ。兄の様に採集をしなくとも、色々と忙しいであろう。
照れと疑念が混じる複雑な表情を浮かべながら、窺う。*]

(47) 2018/03/15(Thu) 16時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 16時半頃


セレストは、ドナルドに、変な噂になっても知りませんからと唇を尖らせた。

2018/03/15(Thu) 16時半頃


セレストは、ブローリン家の兄レオスさんもきっとお忙しいんだろうな…と思った。

2018/03/15(Thu) 16時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

またそんな…

[>>53軽口に頬を膨らます。景色が良くゆったりとした場所で二人きり。本当にデートの様だから困る。浮かれて良い状況では無いのに。]

言う事…?

[何だろうか。昨日の返事は良いと念押したし、相手も時間がかかるようだった。後は…

声を掛けられて此方は視線を向けたのに、彼の視線は池に向けられたままで。…良く無い話題なのだろうな、流行期の事なのかと、緊張していく。]

(56) 2018/03/15(Thu) 20時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

――…。

[顔を合わせた時からポケットに入れっぱなしだった手。差し出された掌を認め、また目を瞠り絶句してしまった。]

え……? どっ、…

[どうして、ブローリン家なのに。問いかけは喉に詰まる。彼の方がそう思っているかもしれない。
只管驚いてた状態から、じわじわと。「約束を守れない」という言葉が、別れを示していると認識する。絶望がこみ上げてくる。]

………っ、これ、…レオスさんや、ご家族には…?

[言いたい事は沢山あった。でもどうやって、勝手で残酷な我儘にしかならなさそうだったから。振り絞って、家族には話したのかと問う。
今度はナイショにし切れる自信が無い。自分一人で抱えるには重すぎる。]

(57) 2018/03/15(Thu) 20時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 20時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

あ… そ…う、です か…。

[簡単な言葉を紡ぐことすら、嗚咽が出そうでままならず。
発症するなら、自分の方が先だと信じていた。だから、自分が発症した場合の心の準備は少しずつしてきた。

それなのに相手の方がこうなるなんて…全く覚悟ができていない。]

アタシ…、…っ。

[一番に言わないと、という言葉を受け取るが…嬉しく思って良いのか分からず、涙を滲ませ頷くだけ。家族には後で伝えるという言葉には、ほっとした。]

…ドナルドさんは、今日、やりたい事、無いんですか。
フィル兄は、皆で楽しく過ごしたかったんだと…
カトリーナは、とても綺麗なお嫁さんになって、眠って…

だから…っ。

[彼が今日したい事があれば、精一杯手伝いたい。言葉が繋がらず、視線で訴える。]

(59) 2018/03/15(Thu) 21時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[彼の話を聞いて欲しいという願いに、また一筋涙を流しながら頷いた。視界が潤んでいくが、視線を外す事は無い。口を挟む事無く、嗚咽を堪えながら頷く。

>>61「このために生きてた」
途中の言葉には、思わず首を振りたくなった。然し直ぐに訂正が入る。]

―――…

[彼が生への執着を示す。自分が起因していると言う。]

そう、言って貰えただけでっ、アタシは…っ

[>>0:163自分の気持ちが少しでも伝わって、家族の事よりも自分の事を考えている。それだけできっと幸せなのだ。髪を撫でる手に自分の其れを添えて、泣き顔で微笑んだ。]

(63) 2018/03/15(Thu) 21時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 21時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

はい…。

[また泣き腫らしてしまった瞳を、水で冷やした後。

帰ろうという提案には、苦い顔で頷く。此れが永遠の分かれとなってしまうのかと思うと、流石に離れがたかった。然し夜になると、目が効かなくなってしまうから。これ以上束縛してはいけない。

もう十分に貰った。これ以上は贅沢なのだ。でも…]

…あの、帰る前にアタシからも一つ良いですか。

[周りには誰も居ないのに、耳打ちする様に口元に手を添える。そして背伸びをして、そっと顔を近づけた。]

(67) 2018/03/15(Thu) 22時頃

セレストは、…「デート」って言ったのは、ドナルドさんですから。

2018/03/15(Thu) 22時頃


セレストは、耳元で囁いた後、叶うならそのまま頬に唇を押し当てる。

2018/03/15(Thu) 22時頃


セレストは、調子を狂わせる何時もの軽口への、仕返しのつもりで。

2018/03/15(Thu) 22時頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 22時頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 22時半頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/15(Thu) 22時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

→広場―

[>>70ほんの仕返しのつもりが、見事なカウンターを食らう。帰り道はかなりまごまごしていただろう。
でも、とても幸せに満ち足りた気持ちだった。眠る前に話したカトリーナの様に…]

あ…オーレリアさん、こんにちわ。

[>>74草笛を作る子供を見つめる姿を見つけ、声をかけると同時に、ドナルドの発症を伝えるか迷う。家族同然だろうから、本人が後で伝えるだろうかと。]

(76) 2018/03/15(Thu) 23時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[>>81子供達の囃し立てにひいっと肩を竦め、慌てて人差し指を立て]

そ、そうですね。
綺麗な池の畔があって…
デートスポットにオススメですよ。

[窺う視線に頷く。また彼と二人で行ける望みは薄いのだろう。けれど照れた笑顔で。]

(83) 2018/03/15(Thu) 23時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

えっと、自慢したいんですけど
アタシもフィルとカトリーナみたいに、
二人で「恋人になった」って報告したいので…
…今日は…

でも、ありがとうございます。

[そんな理由で子供達に必死に口留めしつつ。建前では無く、本心だった。]

(88) 2018/03/15(Thu) 23時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

とっても良い人です。
あっ、結婚はちょっと早いかと…!

[楽しみに笑う貴女も、良く知っている人。そんな報告が出来る日を、自分も切に願っている。]

ええ、二人を見習いたくて。
流行期…過ぎ去ってくれると…良いですね。
…オーレリアさん?

[明日の朝はどうなっているのか。矢張り祈る事しかできないのだけれど。
>>93そして小さな呟き。続きが聞こえず首を傾げる。]

(94) 2018/03/16(Fri) 00時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

アタシ"は"、大丈夫でした。

[確認の為に掌を見せる。そして此れまでの楽し気な会話でまさかと思いつつ、念の為オーレリアの掌も見せて貰った。確認後、息をつく。]

…ええ。切実そう思います。

[流行期が終わっていない事は、知っている。

願わくば、彼が流行期の最後の発症者で。薬を乗り越えて、明日も会えると良いのに。近しい人の立て続けの発症に怯える日々から、解放されると良いのに。

そんな可能性の薄い希望を祈りながら、池の畔での思い出を胸に…明日を待つ。**]

(97) 2018/03/16(Fri) 00時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/16(Fri) 00時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:セレスト 解除する

処刑者 (6人)

セレスト
5回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび