人狼議事


252 Survivor's Guilt 未亡の民と永遠の呪い

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


きみは自らの正体を知った。さあ、村人なら敵である人狼を退治しよう。人狼なら……狡猾に振る舞って人間たちを確実に仕留めていくのだ。


どうやらこの中には、村人が1人、煽動者が6人、王子様が1人、人狼が1人、酔払いが9人いるようだ。


【人】 厭世家 サイモン

逃げろ。逃げろ!おまえらだけでも逃げろ。

(0) 2018/03/12(Mon) 01時頃

【人】 魚屋 ワンダ

―翌朝―

[その日は朝から騒がしい一日になるだろう。
道行く人に聞けば、誰からともなくその理由が告げられる。

サイモンが発症した。
そして、魔女の薬を飲むよりも早く、人目を盗むように家から消えたのだと。

放置すれば呪いに飲まれ、彼は化け物となる。
村人たちの多くは彼の行方を捜し、魔女は再び毒を煎る。
――村内から人喰いを出す訳にはいかないのだ]

(1) 2018/03/12(Mon) 01時頃

魚屋 ワンダは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 01時頃


【人】 信徒 オーレリア

─ オーレリアの家・作業場 ─

[魔法の手、と呼んでもらえる手を見おろした。
 その掌には痣がある。 呪いの印の痣が。

 この手で何が出来るだろう。
 迷う事なんてたくさんある。

 でも今は、
 弟のような大事な友人を祝福できる手段がある。
 それはやっぱり素敵な事だと思うから。

 ……あと、どれくらい。
 私は生きていられるんだろう。
 あと、どれくらい。
 私は薬を飲まなくてもいいんだろう。

 来るなら早く、はやく…。]

(2) 2018/03/12(Mon) 01時頃

【人】 信徒 オーレリア



  [ ───…私は早く、あの薬が飲みたい。 ]
 

(3) 2018/03/12(Mon) 01時頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 01時頃


【人】 小悪党 ドナルド

――自宅――

……肉?

[>>0:226今日の夕食は魚の煮付けじゃなかったろうか。肉も使ったのだとしたら、いやに豪勢な。
 友人が来たからと言ってご馳走を作るような家計の余裕はないはずだが、と食卓を見れば、魚のブツがどんと大皿に乗っていた。]

大丈夫かお前。

[友人を心配はするものの、大人数の食事で他人を慮っていては食いっぱぐれだ。
 買い物の荷物整理もそこそこに、直ったばかりの椅子に座って煮付けに手を伸ばした。]

(4) 2018/03/12(Mon) 01時頃

【人】 新妻 カトリーナ

―夜・自宅―

[その日は一人で家に帰って、急いで夕飯づくりの手伝いを始めました。
人数が多いとはいえわたしより上のきょうだいはもう家を出ていますから、こういうことはわたしの仕事です。

嫁入り修行よ、なんて言われながらスープの味付けを任されて、いつも通り……よりは、やややかましい食卓を囲みます。やはり一番の話題はお見合いのことになりますから、にぎやかになってしまうのは仕方ないことです]

まだ、わからないですよ。だってお話がきたばかりじゃないですか。

[そう言って答えを先延ばしにするわたしには、まだ呪いに追われるという感覚が足りていないのでしょう。それを嫌でも突きつけられることになるのは、もう少しだけ後の話**]

(5) 2018/03/12(Mon) 01時半頃

新妻 カトリーナは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 01時半頃


【人】 童話作家 ネル

―ブローリン家―

大丈夫だいじょーぶ。

……あいたっ。

[ぼーっとしていて舌先を噛んだ。>>4
だいじょばない。]

いたたぁ……う、うん、しっかりしよう。

[痛みで頭もはっきりしたのか、それ以降はちゃんと魚を美味しく食べて。心配されてわたわたしたり、話をそらそうと好きな魚について話したりしながら、いつもより賑やかな食事を終えた。]

ごちそーさまでしたっ。
美味しかった、ありがとう。
遅くなる前に帰るよ。

[ぺこりと礼をして、このご恩は次の注文のサービスに生かします、と約束してブローリン家を後にする**]

(6) 2018/03/12(Mon) 01時半頃

童話作家 ネルは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 01時半頃


【人】 小悪党 ドナルド

おいおい、どこが大丈夫だよ。

[>>6大丈夫といったその口で舌を噛んだのを笑う。
 それからは、家族とただ食卓を囲むのとは違った会話で盛り上がった。

 ちなみに好きな魚は鱒だ。まだ季節には早いが、川魚で一番美味いと思う。
 時期が来たら、オーレリアにハーブを貰って焼こう。焼き立てを四人で食べたこともあったな、と若干胸の痛むことも思い出しつつ。]

(7) 2018/03/12(Mon) 01時半頃

【人】 小悪党 ドナルド

[ネルスが帰るというのに、席を立つ。
 女子供でもないので、送っていかなくてもいいだろうと玄関先で別れた。
 まあ女子供だったとして、俺自身が夜道を送っていくことは出来ないのだが。]

ああ、そうだ兄貴。
明日、これセレストに渡してくれねぇか。

ビアンカ婆のところに洗濯モン届けたんだけどよ、あいつ金額間違えたみたいで。

[何となく、あのやり取りの後では会いづらい。
 兄が請け負ってくれれば楽だなと、小銭を押し付けた。]

(8) 2018/03/12(Mon) 01時半頃

【人】 信徒 オーレリア

― 翌朝:自宅 ―

[今日も一日は朝食の祈りからはじまる。
 昨日の魚の煮つけを残しておいた。つくづく助かる。

 フィルに頼まれた髪飾りは試作品が完成した。
 昨日の兎の毛皮はまだなめすのに時間がかかるから。
 以前になめしたものを使っている。
 そう言う意味でも試作品。気に入って貰えると良い。]

さてと。
今日は…… ん? はあい。

[家の扉が叩かれ出ると、居たのは自警団の一人だ。]

(9) 2018/03/12(Mon) 02時頃

【人】 信徒 オーレリア


おはよう?どうかしたの?
─── え、だっそ、 そんな! まさかでしょ?

[この家は村の端にあるから、何かみてないか、と。
 見てないというと、
 そうか、何か解ったら、と告げられ頷いた。見送る。]

……

[ぎゅ、と手を握りしめた。
 念のため、うろうろと家の周りやら茂みの中やらを探す。
 残念ながら誰も居なかった。]

(10) 2018/03/12(Mon) 02時頃

【人】 信徒 オーレリア

― 翌朝:→広場 ―

[がさがさと探してみても人の気配はないし、
 サイモンに会っても良く考えたら何も出来る事はない。
 息を整え、両手を握りしめ、息を止めるように口を噤む。
 広場へ行けば誰かいるだろうかとやや足早に向かった。

 騒がしいのが解る、少しだけ息を緩めた。]

(11) 2018/03/12(Mon) 02時頃

【人】 鳥使い フィリップ

--翌朝/自宅--

「フィリップ!フィル!いるか!?」

[どんどんと激しく扉を叩く音に、ただ事じゃないとすぐに出る。
扉の前には自警団の仲間。聞けば、サイモンが呪いを発症して逃げ出したという]

わかった。俺は森に行く。
見つけたらマルクトを飛ばすから

[食べかけだった朝食を押し込んで、いつも使うものとは違う弓を取る。いつものものでは人間を止めるには少し弱いのだ。だから、いつもよりも強い弓を持っていく]

マルクト、行こう

[相棒を肩に乗せて森へ向かう。村の中にいるならいい。けれど、森に逃げれば見つけるのは困難だ。できれば村の中で見つかってくれたらいいのだけれど]

(12) 2018/03/12(Mon) 02時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 02時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―回想―

[無造作に掴んで渡したコインが何時もより多かった事は、確認する余裕も無く気づかなかった。背後で呼び止める様な声が聞こえた気がするが、構わず逃げてきた。

望みは薄いと思っていたし、元より伝えるつもりも無かったはずだ。なのに、突き付けられると如何してこんなに胸が痛いのだろう。

店に戻るとベッキーが何時もの様に楽しそうな顔で”どうだった?”と聞いてくるが]

何にも無いよ!

[乱暴に言い放ち、カウンターに突っ伏した。この時ばかりは、お喋りなベッキーも茶化せなかったという。]

(13) 2018/03/12(Mon) 02時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

―翌日・広場―

はぁ…

[昨日残りの洗濯を片付ける際、余りに上の空だったもので本日はお暇を貰った。情けなく思いつつも、一人で居たい気分であったから丁度良い。何処へ行こうかと迷いつつ、何時もの癖で広場へと足を向けていた。]

…オーレリアさん?何か探し物ですか?

[>>11丁度広場についた彼女を見かけただろうか。今日はお喋りのベッキーと一緒では無い。村全体が騒がしくなりつつあるが、ぼんやりしていた事もあり、サイモンが発症し逃げ出したという話は、未だ知らない。**]

(14) 2018/03/12(Mon) 02時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

--森へ向かう途中--

[自宅から森に向かうには村の柵を超えるのが一番近い。しかし今日は、村の出入り口から森に向かうルートをとる。
誰かに会えばサイモンの目撃情報を聞いてみたり、落ち着かない様子であれば落ち着かせようとするだろう**]

(15) 2018/03/12(Mon) 02時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 02時半頃


【人】 信徒 オーレリア

― 翌日・広場 ―

[声をかけられるとほっと息を零した。>>14
 洗濯屋には定期的にお世話になっている。
 作業着の汚れがもうこれ以上ないほどに極まった時だ。なめし液や血液繊維、様々なもので。つまり依頼に行くときは大概が頑固な汚れになってしまっているため、実は少し申し訳もない。が、それはそれ。]

セレス。
ねえきいた?サイが… 発症して。
それで、薬を飲まずに逃げ出した、って…。

[両手は握りしめたまま。顔を顰める。]

今日の話らしいから、
まだどう、とはならないだろうけど。

(16) 2018/03/12(Mon) 03時頃

【人】 信徒 オーレリア

[どうして、と口を開きかけて、閉じる。]

…、…自警団の皆も動いてくれてるみたいだから、
多分大事には至らないと思うけれどね。
フィルも頼り甲斐がでてきたし、ドンだっているし。

[他にも何人か、自警団に協力する人たちの名前をあげて。微笑もうと思ったけど、少し失敗して。眉を寄せた*笑みになった*]

(17) 2018/03/12(Mon) 03時頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 03時頃


【人】 小悪党 ドナルド

――翌朝――

[普段通りに目覚めて顔を洗い、簡単な朝食を摂る。
 扉を叩く音がするまで、何でもない朝だと思っていた。
 けたたましい音に扉を開ければ、顔馴染みの自警団が血相を変えて話し出す。]

……何だって?

[聞き返す。聞こえなかったわけではない。信じたくなかったのだ。
 サイモン。静かで穏やかな男だった。あれが人を襲うなど信じられない。
 それが発症して、なおかつ逃げ出したなどと。
 ずきずきと眼の奥が痛む。眩暈がするような思いに、頭を抱えた。]

(18) 2018/03/12(Mon) 03時半頃

【人】 小悪党 ドナルド

……とりあえず、こっち側にはそうそう来ねえだろ。
薬飲まずに逃げ出して、魔女の家の前まで来るほどバカじゃねぇだろうからな。

[ならどこに行くのか。そんなもの、発症したことなどないから知るはずがない。
 衝動を恐れて人から逃げたいのか、衝動のままに人を襲いたいのか、サイモンの性格なら前者のように思うが、さて。]

とりあえず、もう探した場所があったら教えてくれ。
で、逐一教え合いな。

[同じ場所を何度も探すほど馬鹿らしいこともない。
 眼帯をつけて、外に出る準備を整えた。
 セレストに釣りを返すどころじゃねぇなと、兄の方を見て軽く肩を竦めた**]

(19) 2018/03/12(Mon) 03時半頃

小悪党 ドナルドは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 04時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―広場―

[>>16布屋を営んでおり、実に汚れの落とし甲斐がある作業着を定期的に依頼してくれる女性。顔馴染みだ。然し本日はその用事では無いらしい。]

えっ!?サイモンが…?

[カトリーナの元恋人。少々弱気な男性だったか。知った名前の発症を知り、心を痛める。然し続いた言葉にはさっと青ざめて]

そんな…薬を飲まなかったら…

[人では無くなってしまい、化け物となってしまうと言う。実際に惨状を目にした事は無いが、両親から口を酸っぱくして聞かされた事だ。]

(20) 2018/03/12(Mon) 07時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

そう…ですか。でも、アタシも探してみます!
早く見つかった方が良いですよね!

[自分に男性を止める力は無い。見つけたら自警団に知らせる方向で]

フィル兄…ドナルドさん…はい。

[馴染み深い名前が挙げられる。お見合いの前に一大事、早く収束すれば良いのだけれど。ドナルドさんと会うのは気まずいな、緊急自体だからそうも言ってられないけれど。

そんな考えを巡らせつつ、此方も笑顔を作ろうとして苦笑になった。不安なのは一緒なのだろう。

引き留められる事が無ければ、手分けをして探す事になるだろうか。**]

(21) 2018/03/12(Mon) 07時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 08時頃


【人】 採集人 ブローリン

─前日:ブローリン家─

[>>0:223見合いについて話せば話すほど、ネルスの意識は明後日へ飛んで行ってしまうようだった。
これでは伝えないほうがよかっただろうかとおろおろとしていれば、ドナルドも帰宅し、両親と家族そろった食事が始まる。

もう30になろうかという子のいる家にしては、珍しいだろう人数の食卓。
今日はそこにネルスも加わり、なかなかに賑やかなひとときとなった。]

大丈夫、か?

[>>6ぼんやり具合は少々ではない。
それでも、好きな魚や味付けの話へ話題が移るころには、なんとか落ち着いて食事はできるようになったようだ。]

……悪いことをしたかな。

[帰っていく彼が、どうか途中でぶつかったりこけたりしませんように。]

(22) 2018/03/12(Mon) 09時頃

【人】 採集人 ブローリン


セレストに?ああ、わかった。

[>>8その夜、自分でできることはしたがる弟が、珍しい頼みごとをしてきた。]

忙しいのか。

[尋ねながら、ふと思い出すのはオーレリアとの会話だった。
ドナルドにも、恋だとか結婚だとか、そういう話が何かあったりするのだろうか。
もう何でも話しあうような年齢でもないから、わざわざ問うようなことはしなくなって久しい。]

……。

[どうなのか、と聞くのもおかしな感じだ。
結局見つめるだけに終わって、手渡された小銭を袋へしまい込んだ。*]

(23) 2018/03/12(Mon) 09時頃

【人】 採集人 ブローリン

─翌朝─

[朝はいつも通り、のはずだった。
やかましい音に、身支度の手が止まる。]

……発症。

[表情が硬くなる。
やるべきことができたらしい。]

探すほうは頼んだ。

[人を取り押さえるのは得意ではない。
それよりも、採集人としてしなければならない仕事がある。]

(24) 2018/03/12(Mon) 09時半頃

【人】 採集人 ブローリン

[>>0:205『これはね、希望の薬だよ』

その言葉を、覚えている。
大丈夫。
今度こそは、大丈夫。

希望を生み出せる、魔女の役に立てることを、今は誇りに。**]

(25) 2018/03/12(Mon) 09時半頃

採集人 ブローリンは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 09時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

--村に近い森の中--

[村を囲う柵が木々の間に見える深さの森を、丁寧に探す。
マルクトはもう少し深い場所を村へと追い込むように、木々の間を飛ばしている。マルクトの鮮やかな赤は森の中では目立つし、俺がマルクトを相棒にしているのは村ではよく知られているから、おそらく俺が探しているのはわかるはずだ]

っくそ、

[サイモンの容姿を思い出す。黒髪に、いつも地味な色の服。森の中ではとても馴染む色合いで、声や音でもなければろくに見つかる気がしない。
一度ほかの森狩り役に会って、森のどこを探したかの情報共有と、交代の時間を知らされた。一日中気を張って効率を落とすよりは交代制でということらしい。俺の担当は昼まで]

逃げたら、もっとキツイだろうがっ

[苛立ちとともに吐き捨てて、藪を分ける。チラリと見えた掌の痣が今はとても不吉に見えて、弓を握り直すふりをして、逃げるように視界から外した**]

(26) 2018/03/12(Mon) 10時半頃

【人】 童話作家 ネル

―翌朝―

[硬いパンを食べながら、昨日のことを考える。いつまでも子供じゃいられないんだな、当たり前だけども。変わらない物なんてない。

年齢的には成人しているけど、幼馴染たちの変化にやっと意識した感じ。自分は……どうだろう?と振り返る。]

(27) 2018/03/12(Mon) 11時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(2人 12促)

ドナルド
14回 注目
ワンダ
0回 注目

犠牲者 (1人)

サイモン
0回 (2d)

処刑者 (6人)

フィリップ
0回 (3d) 注目
カトリーナ
0回 (4d) 注目
ネル
2回 (4d) 注目
ブローリン
16回 (5d) 注目
セレスト
5回 (6d) 注目
オーレリア
15回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi