人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 季節巡回 こころ

 いだッ!……く、ないけど。

[七海のチョップに、触れる感覚は無いのに、反射的に目を閉じて。>>0]

 はぁい。

[抱き着きおばけは、眉を下げて笑みながら、チョップされたおでこをさすさすしていたのだけれど。
視界の外、聞こえた声>>5には、弾かれた様に目を向ける。]

[櫛谷先輩、星華も無事に帰してくれるのだという事を、聞いて。
横戸先輩>>8と天宮君が2人を探しに行くと言うのには、頷き。
他の面々と一緒に、屋上へと。]

(24) doubt 2018/07/25(Wed) 21時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[みんなと一緒に、屋上へと続く道を歩く。]

[戻れなかったらどうしよう、と不安になって、胸を押さえるのは。
江西君の導いた答えを疑っているわけではない。
純粋な恐怖。]

[通常施錠されているはずの屋上の扉は、ガチャリと開いて。
屋上へと、出た。]

(25) doubt 2018/07/25(Wed) 22時頃

【人】 季節巡回 こころ

― 屋上 ―

 そうだね。

[江西君の言葉>>20に頷いて、まだ暗い夜空を見上げる。
星を見るのは、好きだ。]

 ……夏の大三角。

[夜空に輝く星々を、見つめる。]

(26) doubt 2018/07/25(Wed) 22時頃

【人】 季節巡回 こころ

[それから、段々と空が白み始め。
東の空の暁の、雲の隙間から銀色の光が幾重にも射しこむのを見つめ。]

 暁は、ただ、銀色。

[なんて。少し目を細めて、ぽそりと呟けば。
さらり。
先程までは感じなかった風>>20が、私の頬と髪を撫でていった。]

[ぼう、と、姿を現した少年>>23に。]

 ……またね?

[にこりと、笑む。*]

(27) doubt 2018/07/25(Wed) 22時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[赤い瞳の少年が姿を消すのを、見送った後。
屋上に居るみんなの姿を、一人づつ確認してから。]

 ……私、ちゃんとみんなに見えてる、かな?

[などと、眉を下げて、少し照れた様に笑んで。
元に戻れた事を確認できたなら、天宮君>>31に続いて。]

 私からも、ありがとう。

 七海と、麻衣も、信じてくれて。
 ……ほんと、嬉しかった。

[あれだけ泣いたら、『嬉しい』の気持ちは伝わっていたと思うけれど。
改めてお礼を言って笑う目尻には、ちょっぴり涙が浮かんでしまったかもしれない。**]

(41) doubt 2018/07/26(Thu) 19時頃

【人】 季節巡回 こころ

― 翌日:研修センター ―

[百物語をしたのか?と問う顧問>>#1と、平然と笑いながら肯定している横戸先輩>>16を、眉を下げて笑みながら見守りつつ。]

[体調が良くなった、と言うのには。]

 それなら、良かったです。
 私も、何かお手伝いしますか?

[なんて言ってみる。
必要なら、お茶やテーブルの用意位は手伝えるかな?と。]

[それから、みんな揃っていただきます。
つるん、と、のど越しの良い触感に、ふふっと笑みつつ。]

(42) doubt 2018/07/26(Thu) 19時頃

【人】 季節巡回 こころ

 素麺って、色が付いてるのが入ってると、
 何か嬉しいよね?

 来年は、流し素麺とかやれたら楽しそう。
 部費で流し素麺機買うか、作るか。
 ……って、それオカ研っぽくないか。

 ね。新部長?

[などと冗談めかして。
唐突に天宮君に水を向けて、悪戯っぽい笑顔。

一時はどうなる事かと思ったけれど。
誰一人欠けずに、みんな揃って食卓を囲めている事が、とても嬉しく、尊く思えた。**]

(43) doubt 2018/07/26(Thu) 19時頃

【人】 季節巡回 こころ

[素麺をみんなで食しながらの、歓談。
まだ寝ぼけ眼の天宮君は、私の言葉にもぼんやりとした相槌>>46を打ってくれていたのだけれど。]

[その天宮君に水を向けてみたら、ぱちっと開いた目>>49が合って。
即座に赤い顔で咽せ、『なんで?』>>51って書いてある顔で、見てくるから。]

 だ、大丈夫!?
 あっはは。ごめん、ごめん。

[なんて。
理由は言わずに、笑いながら、背中をさすってみたりしたのでした。]

(53) doubt 2018/07/26(Thu) 23時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[それは、素麺を食べる前の、おはようと言うには少し遅い時間のこと。
まだ目を覚まさない麻衣>>47に。

 麻衣ー。そろそろ、素麺の時間だって。

って、優しくゆすったのだけれど。その内。

 心プレスー!!

などと言って、布団の上から麻衣の上にのしーっと寝そべって、笑いながらプレスしてみたんだっけ。]

(54) doubt 2018/07/26(Thu) 23時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[それから。
素麺は麻衣も手伝うと言う>>48ので、一緒に先生と三好君を手伝って。]

[オカ研に入って、合宿に参加できて良かった>>52と言うのには、笑んで小さく頷いたのだけれど。
心霊スポット、と聞けば、今度は私が咽る番。]

 げ、元気だね。

[あんな怪異に出会って尚、今夏の内の次なる心霊イベントを提案する彼女に、眉を下げて、力ない笑顔を。
さすが、更に次の世代の次期部長です。*]

(56) doubt 2018/07/27(Fri) 00時頃

【人】 季節巡回 こころ

[流し素麺に賛成してくれた>>55のには、笑んで頷きつつ。]

 ありがと。

[その反応も、恥ずかしさを誤魔化様に、音を立てて食べる仕草も、とても分かり易いので。
それ以上ツッコむ事はせず。

来年はと言えば、先輩達が卒業してしまうので、その事を想えば寂しくなるのだけれど。
また来年も、楽しい夏になればいい。そう思うのでした。*]

(57) doubt 2018/07/27(Fri) 00時頃

【人】 季節巡回 こころ

[私は、天宮君にはそれ以上は追及せずに、笑んでいただけだったのだけれど。
横戸先輩>>58や、江西君>>67が、追従をする。
他にも同意した者は、居ただろうか。

続く江西君の言葉>>68>>69は、素麺を食べながら、耳を傾けていたのだけれど。
副部長に立候補したのには、目を丸くして、ちょっと咽た。
なぜならば、私も、少し考え始めていた事だったから。]

[天宮君は、どんな反応をしただろう。
私は二人の会話を邪魔する事も、私も立候補する、と声を上げる事もなく。
素麺を食べながら、ぼんやりと。
あったかもしれない未来の空想に、身を委ねていた。]

(70) doubt 2018/07/27(Fri) 03時頃

【人】 季節巡回 こころ

 ……なんて、ね。

[あったかもしれない未来は、空想の中に溶けて。
現実の私も、同じ様に、眉を下げて笑んだ。**]

(71) doubt 2018/07/27(Fri) 03時頃

【人】 季節巡回 こころ

[曖昧にしておいたそれは、横戸先輩の一押しで、確定事項へと変わる>>72
私はその光景を眺めながら、心の中で、頑張れって呟いた。

それからすぐに、江西君が副部長に立候補した事には、驚いて。
思わず咽てしまった私に、七海が麦茶を手渡してくれたの>>93を、ありがとうと受け取ってこくり。
ぼんやりと浮かんだ、あったかもしれない未来は、すぐに霧散したのだった。]

[天宮君の言葉>>75>>76を聞いて、本当に、その通りだなって。
良いコンビだなって、思って。
拳を合わせる天地コンビの誕生に、笑顔で小さく拍手を送る。]

[ぼんやり浮かべた未来とは、立つ場所が違っていても。
自分にできる事があるのなら、一部員として、部のために。
天宮君にではなく、二人に、みんなに力を尽くしたいと思う。]

(96) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

― 春 ―

[ピンク色に染まっていた景色が、新緑に色を変え始めたそんな頃。
ふいに呼ばれた名に>>82、くるりと振り返る。
そこには、オカ研の新部長と副部長が並んで立っていて。
手渡された紙の束に、小さく首を傾げながら手を伸ばすと。]

 ……新入部員の名簿?

[受け取った束を、一枚一枚捲って。]

 男子、あんまり入らなかったね。
 心のお色気大作戦、失敗かー。

[なんて、冗談を言って笑う。
実際の所、0な色気は何を掛けても0だし、何をすれば良いのかも分からないので、それについては特に何もしていない。
普通の勧誘は、頑張ったつもりだけれど。]

(97) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

 でも、凄い。沢山入ってくれたね。
 天宮君、頑張ってたもんね。お疲れ様。

[天宮君が、新入部員の勧誘に奔走していた姿を知っている。
江西君も、何か別の事を頑張っている様だった。
それはきっと、他のみんなもだろうけれど。]

[そうして、女の子の名の多い新入部員名簿に、丁寧に目を通しながら。
徐々に、疑問が浮かぶ。
『なぜ二人揃って、これを見せに来たのか?』
単純に、沢山新入部員が入った事を教えに来てくれたのだろうか?

その答えは、最後の1ページを捲ったところで明らかになって。>>83
私は、目を丸くした。]

 …………えっ?

[ページを捲る手を止めた私に、続く言葉>>84>>85は、状況が飲み込めずに目をぱちぱち瞬いたまま、聞いていて。
やがて段々と、頭が追いついてきたならば。]

(98) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

 オカルト苦手なのに、オカ研って。
 よく入ってくれたね。

[とても自分にブーメランな言葉だけれど、くすりと笑う。
それは新部長の人望なのか、はたまた、私や星華の様に、何か事情があるコ達なのか。]

[続く、あの時>>86の言葉に、思い出すのは、勿論夏合宿での事。
みんなでつないだたすきリレー。
それに思いを馳せながら、小さく頷いたけれど。
問われた言葉には>>87。]

 ――……嫌。

[おそるおそる伺う天宮君には、べぇって舌を出して。]

 二人で内緒で、進めちゃって。
 私の事なのに。ばか。
 『今度』は手伝わせてくれないと、『嫌』だからね。

(99) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[なんて、悪戯っぽく笑おう。
これからは私にも、手伝わせてねって。
それは暗に、承諾している言葉で。
けれどもその後に、改めて。]

 ありがとう。私で良ければ、喜んで。

 私こそ、足りない所が沢山あると思うけど。
 不束者ですが、宜しくお願いします。

[そう言って、ぺこりとして、笑んだ目尻には、少し涙が浮かんでいたかもしれない。]

[部長になって、3年生になって、貴方はどんどん頼もしくなっていくけれど。
女の子の涙の止め方は、まだ分からないままかな。
それは、貴方の頼れるもう一人の相方に助けを求めても、多分?]

(100) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[夕季、と呼んでいた名が、心、に変わる。>>86
だから、私も。]

 こちらこそ宜しくね。
 ――……英、大地。

[そう言って笑むと、あの日の二人に倣って>>76、そっと拳を差し出した。]

[西の地平線に沈む夕日は、天を、大地を、茜色に染める。
私はきっと、この光景を、いつまでも忘れないだろう。

――……それは、人間と人ならざるものが入り混じる、逢魔が時。*]

(101) doubt 2018/07/27(Fri) 18時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[夕日に照らされた大地の顔は、最初から赤くって。>>110
でもきっと、あの時>>1:38みたいに、とても真っ赤になっているんだろうなと思う。]

 はぁい。
 ……あっはは!!

[心、と呼ばれたから、返事をしたけれど。
私の顔も、きっとつられて赤くなってる。
茶化す英の言葉も重なって>>117、私は目を細め、楽しげに声を出して笑う。]

[冷静で、頭が良くて。頼れる副部長。
眉間に皺を寄せて何かを考えているのも、大地だけど。
こういう所も、笑顔も、もっと見られたら。
もっと素敵だと思うよ。]

[願わくは、大地の>>1:8、みんなの、行く未来が。
幸せな毎日でありますように。*]

(128) doubt 2018/07/27(Fri) 23時頃

【人】 季節巡回 こころ

― その後 ―

[ある日の放課後、私は、生徒玄関の隅の古い下駄箱>>1:6に、一通の手紙を入れておく。
そこには]

 『今年の夏合宿で、誰かが校舎に忍び込んだら、
 また全員無事に帰してもらえますか?』

[と書いてある。]

[昨年あった事を考えれば、英も大地も行こうとは言わないかもしれないけれど。
大分増えた人数、脱走して行くものも居るかもしれないな、と思って。
――……翌日届いた返事は『   』。**]

(130) doubt 2018/07/27(Fri) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:こころ 解除する

処刑者 (5人)

こころ
21回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび