人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 地道居士 エニシ

  ……そうか、うん。
  じゃ、行こう。

[ そう言って、屋上への道を行く。
  普段なら、そこの扉は、施錠されている。
  勿論、大地も知っていたけれど。

  屋上への扉は、『開いている』。
  直感が、そう囁いた。

  がちゃ、とドアノブに手をかけ、一気に押す。
  案の定……多少の抵抗はあったが。
  その扉は、開いていた。 ]

(19) moumoureena 2018/07/25(Wed) 21時頃

【人】 地道居士 エニシ

― 屋上 ―

  ……やっぱり、まだ暗いな。

[ 雲一つ無い夜空。少しの風を感じる。
  ぐるりと見渡す。 夕季や英たちも来ただろうか。
  これで、終わるといいけれど。

  それにしても……。
  当然の如く、屋上に来たことなどない、大地。
  そこから見た景色は、大地が想像する以上に、
  圧倒されるものだった。

  ……この下には、町や自然が広がっている。
  まだ見えないけれど、それでもその事実を感じて、
  なんとも言えない気分になっていた。

  ……空が段々濃紺から青に変わっていく。
  夜明けは近い。 ]

(20) moumoureena 2018/07/25(Wed) 21時頃

【人】 地道居士 エニシ

― 曙、それは ―

[ ……――怪奇の終わりを意味する。
  肌に刺さる、朝の光を感じた、その瞬間。
  大地は、東の空を見ようと、振り向いた。

  夜明けの刻が、きた。

  そう思い、東を見ると……。 ]

(21) moumoureena 2018/07/25(Wed) 21時頃

【人】 地道居士 エニシ

[ 太陽を背に、逆光を受けて。
  例の少年、『オスカーくん』が、そこに居た。
  その顔は、曇り無き笑顔。
  けれど、どこか寂しげに見えたのは、気のせいだろうか。

  大地は、目を丸ませた。 ]

  ……おす、かあ。

[ そう呟いた声。 オスカーくんは、何も言わず。
  太陽と重なるように、それでも光を受けて。
  神々しい姿を、感じた。

  風を受けて、オスカーくんの髪が、少し揺れる。
  きっと、それは『別れ』を意味するのだろう。* ]

(23) moumoureena 2018/07/25(Wed) 21時頃

【人】 地道居士 エニシ

[ オスカーくんが一瞬笑って、
  そして、日の光を受けた、次の瞬間。
  此処まで導いてくれた、七不思議の一つは、
  空気に溶けるように、その姿を消していた。

  大地は呆然と、オスカーくんが消えた、
  東の方向へと歩を進め、そこからの景色を見た。

  屋上からの景色。朝の光が射し込む町は、
  何処にでもある、『普通の町』の景色で。
  きっと、そんな光景は、世界中どこにでもある。
  それは、理解っていたことだけれど。 ]

(62) moumoureena 2018/07/27(Fri) 01時半頃

【人】 地道居士 エニシ

[ ――それでも、世界は、綺麗だった。 ]

(63) moumoureena 2018/07/27(Fri) 01時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……はは、は。
  本当に、バカだな、俺。

[ 学校の成績、親からの期待。
  優等生であろうとして、必死にすがりついていた自分。
  だけれども、こんなに近くにあった、
  意識もしなかったものが。
  とても、愛おしくて、そして。

  世界は、自分が思っていたより、
  ずっと広くて、綺麗で。
  こんな単純なことも、見落として。

  すう、と、息を吸って。 ]

(64) moumoureena 2018/07/27(Fri) 01時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……オスカーくん!! ありがとう!!

[ 『普段』なら、絶対しない、
  そんな屋上からの『叫び』。
  人がいるのも、知ってるし、
  恥ずかしいことやってる、ってのも、知ってるし。

  けれど、こうやって叫んだ、大地の顔は、
  曇りなど、なかった。 

  振り返れば、消えたたちも、『戻って』いて。 ]

  ……おかえり、みんな。
  戻ろうか、あの日常(センター)に。

[ そう、呼びかけて。* ]

(65) moumoureena 2018/07/27(Fri) 01時半頃

【人】 地道居士 エニシ

― そして、お昼 ―

[ 『信じてくれて、ありがとな。』 >>31
  そう言ってくれた、英に、照れくさそうに笑い返したっけ。

  そんな余韻に浸りながら、食べる、素麺。
  なんか、若気の至りって奴かもしれないが、
  今思うと大分恥ずかしい行動してたような……。

  そんな思いを抱きながら頂く素麺。
  薬味が効いてて、おいしい。
  ……軽く現実逃避をしながら頂いていると。

  爆弾投下され、俺は思わず英の方を見る。>>51]

(66) moumoureena 2018/07/27(Fri) 02時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……え、何。
  来年の部長、英やるの?

[ 誰にも言ってないらしい。
  と言うことは夕季はカマかけたか、知ってたか。
  まあともあれ、この反応は、ビンゴということか。 ]

  ……ふぅん。 それは……いいと思う。
  というか、確かにそうだな。
  適任な気がする。

[ そう、肯定の言葉を投げかける。
  勿論、誰がやってもよかったけれど、
  英がトップに立つ、という事も、想像が容易い。 ]

(67) moumoureena 2018/07/27(Fri) 02時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……俺もいいと思うぜ、天宮部長。

  たーだー、気がかりな点は無くはないよな。
  突っ走っていく好奇心の強さ。
  これが怪異相手だったら真っ先に取り込まれてるよな。

[ 実際、そうだったわけだけど、
  まあズバリ指摘するのはやめておこう。 ]

  ……例えるならば、ブレーキのない車のようなもの。
  優秀な『アクセル』を持っていても、
  『ブレーキ』がなきゃ、どうしようもない。

[ そこまで言って、俺はみんなを見渡す。 ]

(68) moumoureena 2018/07/27(Fri) 02時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……オカルト研究会。部長と言う『アクセル』に、
  副部長と言う『ブレーキ』。
  きっと、部活としても素晴らしい効果になると思う。

  ……そして、ここに。
  自分で言うのもなんだが、優秀な『ブレーキ』がいる。

  オカ研の副部長。
  英が部長をやるなら、立候補しようじゃないか。

  ……ま、そうは言っても実際は雑務とか書類仕事だろうけど。
  英、そういうのあまり得意じゃなさそうだし、っていう理由もある。

  どうだ?

[ そう、何気なく、英に問いかけた。* ] 

(69) moumoureena 2018/07/27(Fri) 02時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……ふふ、ありがとう。
  色々言ったけど、頼りにしてる。
  オカ研を楽しくしてくれるの、英だと思ってたし。

[ そう言って、高く拳をかかげれば、
  照れくさそうに、それに応じて、笑った。>>76
  天地コンビ、だと言われるのは、後の話。 ]

  ……ああ、そうだ。
  今のうちに、言っておこうかな。
  俺、もう一つ目標が出来たんだ。
  目標っつーか、野望かな。

[ そう言って、まっすぐな目で、見つめる。 ]

(105) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……俺さ、作ってみたいんだ。
  都市伝説や、伝承を調査して、まとめた、
  いわば、『百物語レポート』。

  いずれは一人で作って、本を出したいなって、
  思っているけれどさ。
  まだ、分からない事も多いから。

  だから、副部長やりながら、色々やってみたいんだ。
  もちろん、部としての活動だから、
  英や、みんなも協力してほしいんだ。

(106) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時頃

【人】 地道居士 エニシ

  それとさ、こういうオカ研の『活動の証明』。
  多分、部を存続させる為に必要になると思う。

[ なにせ、オカ研とは活動形態すらあやふやなもの。
  教頭や教師や生徒会が、もしかしたら、
  オカ研自体を潰しに来るかもしれない。 ]

  もし、活動してますか、って訊かれたら、
  こういうの渡せばいいと思うし。

  ……もちろん、よければ、の話だけど。
  俺が言い出したことだし、俺も勿論、参加するよ。
  構想とか、考えるの、楽しいし。

[ どうかな、と問いかける。
  『百物語レポート』……。それは、部活として、
  そして、未来の自分の夢として、
  完成させてみたいものになったのだった。* ]

(107) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時頃

【人】 地道居士 エニシ

― 春 ―

[ それは出会いと別れの季節。
  落ちに落ちまくっていた成績も。
  現代文や英語・歴史はちらちらと回復して。
  それでも、今までの悩みを、一つ越えた大地は、
  1年経って、少しだけ眉の皺も表さなくなった。 ]

  一時はどうなることかと思ったけれど。
  良かったな、呼び込みの効果があって。

[ 呼び込みに関しては、上手い売り文句は苦手なので、
  大分英に任せてしまったが、英は上手くやったらしい。
  すごいなあ、英、と思った。 >>79
  どっかから持ってきたのだろうか。 ]

(108) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時半頃

【人】 地道居士 エニシ

[ そして、近いうち聞かされる、『もう一人の副部長』の話。
  一瞬驚いたが、成る程、と思った。

  そういえばあの時、『オスカーくん』の案を
  出したのは、夕季だっけか。 ]

  そうだな。俺も副部長2人は助かるよ。
  女子部員、増えたしな。

[ そう言って、くすりと笑う。
  きっと、彼女はどんな顔をするだろうか。 ]

(109) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時半頃

【人】 地道居士 エニシ

  ……ふふっ。

[ 一連の流れを聞いて、大地はくすり、と笑う。
  夕季の返事に、一瞬ドキっとしたが。
  いや、そういえば言ってなかったな。
  意図的に意地悪したわけじゃない……が。 ]

  そうだな、就任おめでとう。
  なんか、こうして正式に就任した、って言われると、テンション、ちょっとあがるよな。

[ そんな台詞を返した。
  で、『名前』で言われた時、大地は目を見開く。 ]

  ……え、これ、俺も言う流れ……。
  いや、う、うん。

  心、英。 今後とも、よろしくな。
  ……くぅ、『心』、だって。すげえ恥ずかしい……。

[ そう言って、顔を真っ赤にする、副部長だった。* ]

(110) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時半頃

【人】 地道居士 エニシ

― そして ―

[ 数年後、とある、雑誌にて。]

「そうですね、『百物語レポート』の始まり。
それを語る為には、まず私の高校生の時の話をしましょうか。

百物語レポート、第一巻、第一話。
本当に最初の話は、これにしよう、と、
決めていたんですよね。

私が出会った、少しだけ、不思議な、夜の話を……」

[ そこから始まる、インタビュー雑誌。
  それを書いた人物の、名前は――…… **]

(120) moumoureena 2018/07/27(Fri) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:エニシ 解除する

生存者
(3人 27促)

エニシ
19回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi