人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【赤】 奴隷運び ヌヴィル

[そういえば、傷の手当てをしてくれた町医者が言っていた。
 人狼に襲われた人間の中には、同じく人狼になってしまうやつがいると。
 そして、死なず、人狼にならずの奴でも、ふとしたはずみに獣の血が蘇るやつがいると。

 そう言って、ご丁寧な手当のあとで、自分を撃ち殺そうとしてきたあの医者は。
 今も、あの港の水底で、眠っているのだろうか。]

(*0) 2018/10/19(Fri) 01時頃

【赤】 奴隷運び ヌヴィル

[そうか。

 つまりこういう事なのか。]

(*1) 2018/10/19(Fri) 01時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[殺られる前に殺るのは、海賊の鉄則。
 だから己も、抜いたナイフを、ワッターの足や腹に突き立てた。]

 ……ッ、ふざけやがって。

[飛び散った血が、些か顔にかかった。
 手甲で拭い、汚れたナイフも乱雑に服で拭いた。]

(1) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おー、よかった。
 これでケリついたか。

 つかフウタよ、おめぇは過激だな。

>>2自分も手を貸したとはいえ、フウタに比べればちょっと切り傷つけた程度。
 勇ましさへの称賛のつもりが、呆れたような口調になるのは、毎度のことで。
 >>0ふと見ると、ツヅラが崩れ落ちている。
 騒ぎで気付かなかったが、こいつも落下したんだろうかと、歩み寄り]

 おーい?
 どうした、生きてっか?

[何度か軽く、肩を叩いた。]

(4) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[─────そのとき。

 なんとなく感じた、身体の変調は。
 ワッターの血を浴びてしまったせいだと、思っていた。

 あの時のように、どうせ、暫くすれば治まるのだろう……と**]

(5) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時半頃


【赤】 奴隷運び ヌヴィル

[頭におかしな声が響く。

 そういえば、あの時も。
 すぐ消えはしたけれど、獣じみた声が、頭に響いていたのだった。]

 ……ッ、んだよ、またかよ。

  あぁ……?

[だが今度の声は、気のせいか、聞き覚えがあるような……?**]

(*3) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 22時頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>10ツヅラを突っつくと小さな呻きが返ってきたが、目を覚ます気配はない。
 なのでそれ以上は手を出さず、>>9ひとまず面倒臭そうなことは、クリストファーに任せてしまうことにした。]

 ん〜、あ?
 悪かったって、なにがだ。

[先に聞こえたフウタの声>>7に、ゆっくりと振り返る。]

 あぁ、さっきのアレか。
 別によくあるこったろ、あんなもん。
 それにおめぇの血の気がアホみてぇに多いことは、よく知ってんだ。

[気遣いなどではなく、本心から。
 そもそもこの男に、気遣いなどという愉快な芸当はできない。]

(23) 2018/10/19(Fri) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ワッターは死んだよ。
 つか、この状態で生きてるとか、どう考えてもそりゃねぇだろ。

>>9クリストファーからの問いかけには、ぶっきらぼうにそう答えておいた。
 尤も、あの高さから落ちて、骨が砕けても起き上がった時点で、十分異常なのだが。]

 ……で、どうしたもんかな。

 まぁとりあえず海に棄てときゃ……

>>8フウタの問いに、そう返しかけ]

 おい、なんつぅかな。
 今のおめぇの面のほうが、よっぽど人狼くせぇぞ。

[べったりと血糊の付いた口元を指し示し、顔を歪めた。]

(24) 2018/10/19(Fri) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>13それについてはリーヌスも同意見らしく。
 そうだろうというように、小さく鼻を鳴らしておいた。]

 まぁでも、腹裂いて、中のモン確かめるってんなら、手ぇ貸さねぇでもねぇぞ。

[やるのか、と視線で問いながら、ワッターの亡骸に語り掛けているフウタの様子を傍観する。

 混ざり合う、酒の匂いと血の匂い。
 そういえば、まだ今日は何も食べていなかったことを思い出し、こんな時だというのに、小さく腹の虫が鳴った。*]

(25) 2018/10/19(Fri) 23時半頃

【赤】 奴隷運び ヌヴィル

[変な声が聞こえてきて、頭がガンガンと痛む。
 しかしよくよく聞いてみれば、それは聞き覚えのある声だ。]

 リーヌスに……こりゃ、先生かぁ?

 なんだ、どういうこったこれは。
 勝手になったって?

[仲間だの、ひとりでに変わるだの言われても、今一つ理解できず。
 ただただ、不穏なかおをするばかりだったが]

 ……あぁ、もしかして……。

(*10) 2018/10/20(Sat) 00時半頃

【赤】 奴隷運び ヌヴィル

 人狼の声ってヤツか、こいつは。

[何かを思い出したように、納得したように、呟いた。]

(*11) 2018/10/20(Sat) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 なんだ冗談か。
 おめぇなら本当にやりかねねぇって思ったんだがな。

>>26割と真顔で。
 ワッターの亡骸に歩み寄り、しゃがみ込んで、見つめ]

 ま、腹裂いて中身見たところで、噛み砕かれたモンがサイモンの肉かどうかなんざ、どうせ分かんねぇしな。

[独り言のように言いながら、深い刺し傷の、腹の辺りに指を突っ込む。
 まだ少し温かいが、おそらくすぐに冷たくなるのだろう。]

(28) 2018/10/20(Sat) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[……それにしても。
 酒気が強く混ざっているからか、屍肉が、血が、やけにいい匂いがする。]

 …………。

[ひそかに、生唾を呑み込んで]

 なんならアレじゃねぇか。
 先生にでも診せりゃ、ちったぁ何か分かるんじゃねぇの。

[さらりと、尤もそうな提案をしてみるが。
 それが、真相を知りたいからではなく、新鮮な肉をすぐ捨てるのを勿体なく思ったから……だということを、隠しきることが出来たろうか。*]

(31) 2018/10/20(Sat) 00時半頃

【赤】 奴隷運び ヌヴィル

 ─────……。


[すぅと、息を吸い込んで、大きく吐き出す。
 少しずつ、声に身体が馴染んでゆくような気がした。]

 ……そういやぁ、おめぇらも言ってたろ。

 人狼に襲われた人間は、人狼になるかもしれねぇってやつ。
 あんとき、俺を治療した医者にも、それ言われてな。
 んで、今のうちにって殺されかけたんで、逆に殺して海に棄てたんだ。

 聞こえてたんだよ、そんときも。
 こんなハッキリじゃねぇけど、頭ン中に、獣の呻き声みたいなモンが。
 まぁ、すぐき聞こえなくなっちまったし、怪我で熱出してたからな、気のせいかって思ってたよ。

 今日までは。

(*12) 2018/10/20(Sat) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 何してんだって?
 いや別に、たいして意味はねぇよ。
 強いて言えば、腹の中どうなんだか、ちぃと興味が沸いたくれぇだ。

>>32サイモンの肉が本当にあるのかどうか、ではなく。
 酒付の肉は美味いかどうかについて、だが。
 怪訝な視線を向けられても、指は、まだ突っ込んだまま。ぐにゃり……と、腸をつまんでみたりしながら]

 あぁそうだな、船医の巣までこいつ抱えてくよりは、先生のほうを呼び出したほうが何倍も楽だな。

 おう、任せた。
 とりあえず俺ぁ、こいつがいきなり蘇ったりしねぇか、見張っとくわ。

>>35フウタが向かってくれるというなら、その役目は彼に任せて。
 自分はここで、死体の番でもしていよう。*]

(36) 2018/10/20(Sat) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[フウタが去った後……。]

 ハッ、人狼か……人狼なぁ……。

[ぶつぶつと呟きながら、指を更に深く、ワッターの腹に突っ込んで。
 その腸を鷲掴みにし、引きずり出す。
 まだほのかに温かさを残すそれは、血を滴らせ、やけに美味しそうに照らっていた。
 生唾呑み込み、誘われるように口を近づけ、ひと噛み。]

 ……ッ、は、なんだこりゃ。

[美味い。
 今まで味わったことのない、身体に染み渡るような味だ。]

(40) 2018/10/20(Sat) 02時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 成程なぁ……そうか。
 こりゃ、なぁ……。

[人狼が、なぜ人間を襲うのか。
 簡単な話だ、美味いからだ。

 ぐちゃり、ずるりと、腸を引き出し、齧る。
 夢中で貪れば、口元も、服も、赤黒く汚れていった。
 そして、もっと美味しいものはないかと、胸元を引き裂くように手を動かす。
 見つけ出した丸い臓器は、とうに活動を止めていたが、それでも、食欲そそってやまないものだった。

 力ずくで、ぶち、ぶちりと、太い血管を引きちぎり。
 心臓を抉り、引っ張り出す。]

(43) 2018/10/20(Sat) 02時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ハァ……驚くほど美味ぇな……。

[齧りついた心臓は、どんな果実よりも甘く、濃厚で。
 どんな酒よりも深く芳醇な血を湛えていた。]

 たまんねぇな、こりゃ……。

[時折、くぐもった笑いを零しながら。
 覚醒したてで腹が減っていたこともあり、暫し我を忘れたかのように、ワッターの亡骸を裂き、貪り喰らっていた**]

(45) 2018/10/20(Sat) 02時頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/20(Sat) 02時頃


【赤】 奴隷運び ヌヴィル

 そういやあん時の医者ぁ、言ってたな。
 蜂に刺された人間が、一回目はなんともなくても、次刺されたときにショック起こして死ぬことがあるって。
 人狼化する人間にも、そんなことがあるとも言ってたなぁ。

 ……つか、なんだ?

 じゃあつまり、この船に潜んでた人狼ってのはおめぇらで……え?
 先生は、そうじゃねぇってのか?
 よく分かんねぇけど、おめぇら、俺になんかしたのか?

[知らないうちに引っ掛かれたか、食事に血でも混ぜられたか。
 それとも、気配にあてられ、本当に勝手に覚醒したのか……自分では、班別のしようもなく。]

(*14) 2018/10/20(Sat) 02時半頃

【赤】 奴隷運び ヌヴィル

 まぁでも……案外、悪いもんでもねぇかもな。

[ククッと、低い笑いを零し。]


  ………………。


[暫し黙りこくったかと思えば、やがて、咀嚼音のようなものが、聞こえてくるかもしれない**]

(*15) 2018/10/20(Sat) 02時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[顔も、衣服も、赤黒く染め、無我夢中で新鮮な血肉を貪っていた。
 医務室へ行った面子が、とうに戻ってきていることにも気づかずに。]

 ……ッ、ぷは、ぁ。

 やべぇな、こりゃ、やべぇわ。

[噛みしめ、呑み込むたび、内側から、今までにない力が湧いてくるような気がした。
 それはまさに、獣の力。
 己が無敵になってゆくような錯覚。]

(85) 2018/10/20(Sat) 18時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ……あぁ"〜?

[それを邪魔するような叫び声。>>59
 先程までの、気力に欠けたものではなく、ぎらりと赤く血走った目を、フウタへ向ける。]

 何だ、もう戻ってきちまったのか。
 まぁそんな顔すんな、俺だって自分で驚いてんだ。
 なんか知らねぇが、急に、こんな力に目覚めちまってよぉ。

[にたりと笑いながら、口元を汚す血を舐める。]

(86) 2018/10/20(Sat) 18時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 リーヌス、先生……おめぇらも来てたのか。
 なぁおいリーヌス、俺になんかしたのはおめぇか?

[覚醒したてで、何もかもがあやふやだ。
 目覚めたばかりの獣の欲望は、抗おうとすればできたかもしれない。
 だが、そんなつもりなど、ハナっからなく]

 ……ま、いいけどな。
 いま俺ぁ、すげぇ力が湧いてきてる気がして、ものすげぇ気持ちがいいんだ。

[笑いながら。
 ワッターの肩を踏みつけ、左腕を掴んで力尽くで引きちぎる。
 ぶち、ぶちと音を立てて肉がちぎれ、きたない切り口からは白い骨がのぞく。]

 ほらフウタ、おめぇも食うか?
 驚くほど美味ぇぞ、人の肉ってのは。

(87) 2018/10/20(Sat) 19時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 なぁフウタよぉ。
 そう怖ぇ顔すんなって。
 何ならどうだ、おめぇも、人狼になっちまったらどうだ?

[笑いながら、フウタにワッターの左腕を投げて渡そうとするが。
 >>74とてもではないが、そんな雰囲気ではなさそうだ。]

 ケッ、馬鹿なやつだ。
 このたまんねぇ高揚感、味わってみてぇって思わねぇのかね。

[どうすれば人狼になるのか、己でもまだあやふやなのに。]

(88) 2018/10/20(Sat) 19時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ッはは、リーヌスすげぇな。
 そんな力まであんのか。

>>78獣にかわり、低く唸るリーヌスの姿に、感嘆の声を上げる。
 面白い見世物に、手を出すつもりはないというように、両手を腰へ充てがって。
 狼の狩りがどんなものなのか、暫し見せてもらうとしよう**]

(89) 2018/10/20(Sat) 19時頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/20(Sat) 19時頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

 なんだどうした、殺りあわねぇのか?

[人狼が人を襲うさまを間近で見られる、そう思い、腰に手を当て傍観決め込もうとしていたが、狩りはなかなか始まらない。
 緊迫感なく、退屈そうに、欠伸をひとつ。]

 つぅかどうすりゃ、獣の姿になれるんだ? あ?
 せっかく力が手に入ったってのに、これじゃ今ひとつ面白くねぇ。

 ……こうか?

 それとも、こうか……?

[身体に力を込めてみたり、遠吠えの真似をしてみたり。
 だが、どれも違う。]

(99) 2018/10/20(Sat) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 あーもしかして、まだ狼の血が足りてねぇ、とかか?
 あん時は襲われたっつっても、額をガッと抉られただけで、わりと俺ピンピンしてたしなぁ。

[そういえば、あの時の人狼はどんなだったろうと、思い起こしてみる。
 女の血を全身に浴び、薄明かりに浮かび上がったシルエット。
 赤黒い、闇のような。
 けれどあれは、影で黒く見えたのではなく、たしかに美しい黒だった。

 ─────目の前の人狼のような。]

(100) 2018/10/20(Sat) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[断片の記憶とともに、背筋がぞくりとした。
 まさか、そんなことが……?]

 なぁ、リーヌスよぉ。

[だから半信半疑の戯れに、聞いてみる。]

 おめぇ、娼婦を襲って喰らったことって、あるか?
 港は────……

[告げた港に、彼が憶えがあるかどうか。*]

(103) 2018/10/20(Sat) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[濡羽色の狼は、ぴくりと耳を動かすのみ。
 だがそれは、記憶を確信させるには十分だった。]

 カハッ。
 あぁ、そうか……やっぱりそうか。

 おめぇが、あん時の人狼か……!

 ッあッはッはははは!!!
 そうかそうか!
 いやぁ、まさかこんな海のど真ん中で再会するとはなぁ!!
 そうかそれであんな夢見て、急に古傷が疼きやがったのか!!

[狂ったような高笑いは、どこまで響いたろう。]

(108) 2018/10/21(Sun) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 あァ、じゃあ何だ。
 もしかして、おめぇに喰らいつくことができれば、俺もその姿になれるようになるってことか?

 ハッハハ!
 こんな半端な力でなく、本当の人狼の力が手に入るってぇことか?!

 ─────なんだそれ、面白そうじゃねぇか。

[狂気と好奇に、赤く染まった瞳を輝かせて。
 口端を高く歪め、黒い狼に歩み寄る。]

(109) 2018/10/21(Sun) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヌヴィル 解除する

処刑者 (3人)

ヌヴィル
6回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi