人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
サイモンが無残な姿で発見された。


噂は現実だった。血塗られた定めに従う魔物“人狼”は、確かにこの中にいるのだ。

非力な人間が人狼に対抗するため、村人たちは一つのルールを定めた。投票により怪しい者を処刑していこうと。罪のない者を処刑してしまう事もあるだろうが、それも村のためにはやむを得ないと……。


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、リー、フウタ、ヌヴィル、ワタヌキ、クリストファー、ツヅラの6名


【人】 ろくでなし リー

[それから、コンパスを持って船尾楼へ上がると
空と手元を交互に見て船の進行方向を確かめる。
ロックを掛けていた舵をわずかに直した。

静かな甲板も悪くない。
しばらくここでと思った矢先にまたくしゃみをした。
ここにいてはダメだと
身体が警鐘を鳴らしている気がする。

片手でよたよたと梯子を降り、部屋に戻ろうとする。
ヌヴィル>>1:137とすれ違うのはその頃か]

(0) 2018/10/17(Wed) 01時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 01時頃


ろくでなし リーは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 01時頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

[甲板へ向かおうと、梯子に脚を掛けかけたところで。
 探し人が、こちらへと降りてきた。>>0
 足を引き、数歩下がって、待つ。]

 おぉ、生きてたか。
 なぁリーヌスよ、どうだ、次の陸地までの見通しみてぇなもんは。
 美味い酒は飲めそうか?

 できりゃ、魚釣りなんざしなくていいと助かんだがね。

[クリストファーに言われたことを軽く揶揄い、苦々しげに口元を歪める。]

(1) 2018/10/17(Wed) 01時頃

旅団✡肘笠雨 ワタヌキは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 01時頃


【人】 ろくでなし リー

[甲板から降りるのを待っていたヌヴィル>>1に]

 なんだ、俺に用か?

[なんだと問えば、次の陸まではどのくらいかと]

 その話か……あー。

[髪をくしゃりとやって、言い方を考える]

 少なくとも、美味い酒にありつけた頃にゃ、
 お前さん釣りスキルは上がってるだろうよ。

[遠まわしに、大海原のど真ん中だと告げる]

 日がな一日魚釣って暮らすなんて
 優雅でいいだろ?

[吐いた言葉と裏腹に、浮かべるのはヌヴィルと同じ
苦々しげなものだ]

(2) 2018/10/17(Wed) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>2リーヌスの仕草を見れば、それだけで、返答が喜ばしくないものだということも見当がつく。
 案の定、返答は口元が引きつるようなものだった。]

 ハッハハ、なんだそりゃ。
 海賊やめて漁師にでもなれってか。
 そりゃ笑えねぇ冗談だ。

[本当に笑えない。]

 つーても、おめぇさんド突き飛ばしたところで、船の速度が上がるもんでもねぇしなぁ。
 明日にゃ少しはマシな風が吹いてることを祈るしかねぇってか。

(3) 2018/10/17(Wed) 02時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―見張り台―

[「くしゃみを連発させているヤツ>>1:136に言われたかねぇよ」という顔をしても、下から見えたかどうだか。

下での会話は聞こえてはいるが、
どうしたって比べてしまう。

昨日までの騒々しい夜と。]


 ――見えねぇな。 なんも。


[既に暗くなってはいたが、
悪くはない目をいくら凝らしても、
港の灯りも、航海中の船も見当たらない。

敵船に遭遇しないという点では、よいことだが。]

(4) 2018/10/17(Wed) 02時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[この船で、どこまで行けるのだろう。

死ぬわけにはいかない。
あの海賊たちに、報復するまでは。


夜風に首を撫でられ、
指が空を摘んで「そうだった」と声を漏らす。

トレードマークのように身に着けていた、赤いボロ布。

初めて敵船に乗り込み、戦闘員として戦果をあげた日。
船長から「上等な物だ」と、
褒美とばかりに巻いてもらったものだ。

今はリーヌスの肩にある。]

(5) 2018/10/17(Wed) 02時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ……となりゃ、ここでグダグダ考えてても、体力の無駄、油の無駄ってな。

 血も足りてねぇし、横んなってささやかな休息でも得るとすっか。

[そう考えだすと、途端に眠くなるもので。
 軽い伸びと、大欠伸。]

 じゃあな、俺ぁ寝る。

[そして覚束ない足取りで、自身の船室へとおりていった**]

(6) 2018/10/17(Wed) 02時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 情けねぇって、笑うかよ? 
 笑うよな。 俺も笑えらぁ。


[船長はもういない。
相部屋で寝起きした仲間も。

身体の一部と化していた布も貸出していて、

なんだか――、
頼る者のなかった、
子どもの頃に戻ってしまったような不安で
胸がざわついていた。]


 ――消えろ。


[幼い頃の自分の影を追いやろうと、
ニィと笑ってつぶやく。**]

(7) 2018/10/17(Wed) 02時頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 02時頃


奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 02時半頃


【人】 ろくでなし リー

 そうか?
 冗談にしちゃ建設的だと思うがな。

[笑えねえという評価>>3に、
苦々しい表情のまま肩をすくめる]

 おいおい、俺に当たるなって。
 俺からすりゃー

[戦闘員の連中が下手打ったからこんなことになった。
だなんて今更言ったってどうにもならないから]

 ケンカ売る船間違えたんが運のツキだろ。

[言い換えた。
船長が血の気滾ってしまったのかしらないが、
その判断が全ての間違いの始まりなのは事実だ]

(8) 2018/10/17(Wed) 02時半頃

【人】 ろくでなし リー

[寝る、と言ってふらふらと船室へ降りていく>>6のを
見送って]

 ……血が足りねえって、てめーは吸血鬼かっつの。

[はは、と呆れたように笑って、
ヌヴィルの少し後から船室へと降りた]

(9) 2018/10/17(Wed) 02時半頃

【人】 ろくでなし リー

― 船室 ―

[ヌヴィルと話をした後、船室へ降りる。
比較的古株だからか部屋は個室だ。

ベッドに座り、止血のために巻いてもらった
フウタのトレードマークを解く。
切ったとか擦ったではなく、抉られた、なので
傷口の周りはいまだずくずくと鈍い痛みが残るが
おかげで血は止まってくれた]

 アイツ、俺の腕なんかより
 自分の耳どうにかしろってんだよ…

[しょうがねえやつだなとぼやく言葉に悪意はない。
明日返してやるかと赤い布は机の上に置いて、
ベッドの下に隠した秘密の酒の入った壷を出す。

空の水筒へ酒を移して、寝酒を、ちびり、ちびり。]

(10) 2018/10/17(Wed) 03時頃

【人】 ろくでなし リー

 ……あれ、味が、変だな。
 まあいいか。

[アルコールが身体に回ってくると、
細かいことはどうでも良くなる。

いつもならふわりと心地よい眠りに落ちるのだが
今日に限っては――]

 なんだこれ、頭が割れそうに痛え……

[風邪引いたからか、酒が悪くなってしまったのか。
急に襲ってきた頭痛に頭を抱えてばたりと*倒れた*]

(11) 2018/10/17(Wed) 03時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 朝 ─

[目覚めは、良くは無かった。
変な夢を見ていたらしい。
気持ち悪かった、という感覚だけで、内容は覚えていないけれど。]

 おはよー。

[声を出しても、返事はない。
昨日までは部屋にも誰かしらいて常に騒がしかったものだが、今聞こえてくるのは船にぶつかる波の音ばかりだ。]

 ……水。

[それでも声を出してしまうのは、習慣だから。
こういえば世話焼き好きのあいつが水のコップを差し出してくれるのだけれども、今朝からは自分で取りに行かないと。]

(12) 2018/10/17(Wed) 12時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 船底 ─

 ここ嫌いなんだよねー。
 暗いし。じめじめしてるし。

[ぶつくさ文句を言いながら、船底へ降りる。
水ー、みずー、と貨物庫の扉を開けようとしたところで、奥に誰かいる気がして目を凝らした。]

 あれー。なんでそんなとこで寝て ――

[今は無人のはずの牢の中に横たわっている人物がいる。
暗さに目が慣れるより先に、嗅ぎ飽きた鉄錆の臭いがぶつかってきた。]

  う、え ?

[鼻と口を押さえながらも近づいて覗きこむ。
鉄格子の開け放たれた牢の床に倒れているのは、かろうじてサイモンと判別できた。
けれども身体はズタズタに引き裂かれていて、赤いなにかとしかわからない。
死体なんて見慣れているけれど、これはさすがに胸からなにかこみあげてきそうになった。]

(13) 2018/10/17(Wed) 12時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 第三甲板 ─

 船長ー!!せん……
 ああもう、えーと、

 船医さーん!!
 サイモン死んでる!ぐちゃぐちゃ!

[ともかく報告を、と染みついた見張り根性のままに大声で船長を呼びながら階段を駆け上がり、途中で思い出して船医を呼ぶ。
声を押さえるとか、そんなこと思いもしない程度には動揺していた。*]

(14) 2018/10/17(Wed) 12時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 12時頃


【人】 ろくでなし リー

─ 朝 ─

[何か声>>14が聞こえた気がして、目が覚めた。
寝入り良くなかったからか、やや頭が重い。
起き上がって、身体を伸ばそうとしたら――]

 ……へ、へぁっくしょ!

[畜生、またくしゃみだ!
寒気がするってレベルじゃないような…]

(15) 2018/10/17(Wed) 14時頃

【人】 ろくでなし リー

─ 第三甲板へ ─

[チェストから厚手の服を探して重ねて着る。
見るからに着ぶくれになってしまうのは仕方ない。

そんなわけだから、船室を出るのは声>>14が聞こえてから
しばらくたった後だった]

 おーい、朝っぱらからなんだってんだよ。

[下へ降りながら、変なニオイがするとは感じていたが]

 掘り出し物でも見つかったか―――よ。

[牢屋に赤いものが見えて、ぎょっとする]

(16) 2018/10/17(Wed) 14時頃

【人】 ろくでなし リー

[一歩近づいて、それがべちゃりとしたものだとわかる。
もう一歩近づいて、サイモンぽい顔だなと思ったら、
転がってるのがずたずたにされたサイモンだと気付いて]

 うぇ……ひでえなこりゃ……。

[咄嗟に口元を押さえ]

 なんでこんなことになってんだよ…。

[信じられないと、眉を*寄せた*]

(17) 2018/10/17(Wed) 14時頃

天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 17時半頃


【人】 旅団✡肘笠雨 ワタヌキ

 −朝−

[起床の鐘は鳴らなかったが、体内時計は健在なようだ。
もそもそとハンモックから出て、伸びをする。
関節の鳴る音がやけに響いた。]

 ん゛ー

[隣のハンモックをつついてみる。
みっしりとした重みのあるそれは、だが、何の反応も返さなかった。]

(18) 2018/10/17(Wed) 20時頃

【人】 旅団✡肘笠雨 ワタヌキ

 死んじまったかァ

[手傷を負って横になったまま、二度と起きなかった連中が一人二人ではないようだ。
布をまくって確かめる気はしなかったが、チェストの方は漁って、みつけた酒は片っ端から飲んでしまう。]

 あ゛ー、 天にまします眩しい神様
 今日の糧を感謝しますぅ

(19) 2018/10/17(Wed) 20時頃

【人】 旅団✡肘笠雨 ワタヌキ

[と、階段を駆け上がってくる軽快な足音と、船医を呼ぶ声がした。
他の場所でも船員が死んでいるらしい。]

 ん゛ー? そこは神父の出番だろー

[さすがのクリストファーでも死人を治療するのは無理なはずだ。
むろん、自分が神父役をやるつもりもないから、応えず甲板へ向かう。
天気がよければ、洗濯でもしようと考えていた。*]

(20) 2018/10/17(Wed) 20時頃

紅茶屋 クリストファーは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 21時頃


【人】 紅茶屋 クリストファー

――朝――

[医務室で揺り椅子の上取る眠りは決して心地よくはない。
 心地よくはないが、身体は思いの外疲れていたらしい。
 起床の鐘がなかったとはいえ、船の中で人の声がしはじめても眠っていたとは。]

おい、起こせクソ坊――


……チ。

[隣にあるはずの気配に当たろうとして、振り仰いだ先の虚しさに舌打ちをした。
 盛大なため息をついて、立ち上がる。]

(21) 2018/10/17(Wed) 21時半頃

【人】 紅茶屋 クリストファー

何ですか、騒々しい。
俺はいつも通りやったんですから、死んだのはそいつの運が悪――

ぐちゃぐちゃ?

[見張り根性で声上げて駆け回るツヅラ>>14に眉を顰めるも、気にかかる単語が後に続いた。
 どういうことだ。傷は勝手には広がらないし、なんならサイモンは駆けていくのを見たくらいで、割合元気だったはずだ。
 私闘なんかが起こるような人数ももう残っていない。]

サイモンはどこです?

[聞けば、下だということは聞けたか。]

(22) 2018/10/17(Wed) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―真夜中・甲板―

[甲板からの声も一つ、また一つと減っていき、
聞こえるのは、船が水を裂く音と、たまに吹く風の音だけ。
星空を眺めても、知識がない者の目には、
明るい星とそうでない星の違いしか分からない。

カクン、と頭が前へ倒れるのに驚いて、
眠りかけていたことに気付く。

ツヅラに渡した袋とは別、
一つだけポケットに忍ばせておいた、
ヌヴィル曰く「いつのだ」というパン>>1:54を取り出して]


 大袈裟なヤツ。


[歯で噛み切れるだけマシだろうと、
一口分を噛みちぎっては、眠気覚ましに奥歯でしばらく噛んだ後、喉の奥へと送り込んだ。]

(23) 2018/10/17(Wed) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[パンを噛みながら、ぶるりと身が震える。」


 酒、持ってくるか。


[見張り台の上。

風にさらされてじっとしているには少し寒い。
身体を温めるものが欲しかったので、
酒を調達しに船底へと降りることにした。]

(24) 2018/10/17(Wed) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[船内に入れば、風や水の音も少し遠ざかって。
皆、眠りについたのだろう、
酒盛りやケンカの声も聞こえない。

こんなに静かな船の中を歩くのは、
恐らく初めてのことだろう。]


 別の船みてぇだな。


[独り言を漏らしながら船底に降り、
水や飲料が置かれた場所で、自前の水筒へと酒を移す。

いったい、いつまでもつだろうか。
多くはない備蓄の心許なさに息を吐いて、階段へと。]

(25) 2018/10/17(Wed) 22時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 45促)

フウタ
12回 注目
クリストファー
18回 注目
ツヅラ
24回 注目

犠牲者 (1人)

サイモン
0回 (2d)

処刑者 (3人)

ワタヌキ
0回 (3d) 注目
リー
0回 (4d) 注目
ヌヴィル
6回 (5d) 注目

突然死 (0人)

裏方に (2人)

ソウスケ
0回 注目
イワン
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi