人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ワタヌキ5人が投票した。
ツヅラ1人が投票した。

ワタヌキは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
犠牲者はいないようだ。殺戮の手は及ばなかったのだろうか?


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、リー、フウタ、ヌヴィル、クリストファー、ツヅラの5名


ろくでなし リーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

[落ちていく短い間に見た光景は、崩れ落ちるワッターの姿だった。
或いはそれは幻視だったのかもしれないが。]


  よかった。これで …

[呟いたそばから、ふいと意識が*飛んでいた*]

(0) 2018/10/19(Fri) 01時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[殺られる前に殺るのは、海賊の鉄則。
 だから己も、抜いたナイフを、ワッターの足や腹に突き立てた。]

 ……ッ、ふざけやがって。

[飛び散った血が、些か顔にかかった。
 手甲で拭い、汚れたナイフも乱雑に服で拭いた。]

(1) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 殺す―――ッ!!!!!


[咆哮と共に駆け出し、
生きてはいても、自由に動けないワッターへと、
体当たりするようにカットラスで貫く。

そのまま甲板の床へと押し倒し、
馬乗りになってザク、ザクと。

視界が赤に染まって、
普通の人間なら、もう死んでいてもおかしくはない。

そうカットラスを振り下ろす手を緩めた時、
ニタリと笑うワッターに、さすがに背筋がぞっとした。]

(2) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時半頃


【人】 カミナリ族 フウタ

 ふ、ざけんな………!!!


[「おもしろかった」とのたまうワッター>>2:164に、
もう、これっぽっちの情けも残っていない。

思い切り振りかぶり、心臓めがけて刃を落とした。]

(3) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おー、よかった。
 これでケリついたか。

 つかフウタよ、おめぇは過激だな。

>>2自分も手を貸したとはいえ、フウタに比べればちょっと切り傷つけた程度。
 勇ましさへの称賛のつもりが、呆れたような口調になるのは、毎度のことで。
 >>0ふと見ると、ツヅラが崩れ落ちている。
 騒ぎで気付かなかったが、こいつも落下したんだろうかと、歩み寄り]

 おーい?
 どうした、生きてっか?

[何度か軽く、肩を叩いた。]

(4) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時半頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

[─────そのとき。

 なんとなく感じた、身体の変調は。
 ワッターの血を浴びてしまったせいだと、思っていた。

 あの時のように、どうせ、暫くすれば治まるのだろう……と**]

(5) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 ろくでなし リー

 おい、おいっ!

[ワッターへ飛びかかるヌヴィル>>1とフウタ>>2
待てと呼びかけるけれど後の祭]

 やめ、やめろって

[甲板が血で赤く染まっていくのを、ただ見るしか*できず*]

(6) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

ろくでなし リーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時半頃


奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 01時半頃


【人】 カミナリ族 フウタ

 ―――バケモノ相手なんだ、
 手加減なんざしたら、こっちが殺られかねねぇ。


[ついさっきまで刃を向けられていた相手に対し、
随分と気安く話しかけてくるヌヴィル>>4
バツが悪いったらありゃしない。]


 ――チッ、悪かったな…… その、 さっき……


[馬乗りの体勢のまま、顔も上げずに。

ヌヴィルがツヅラを気にして離れて行ってから、
ゆっくりと突き立てた物を抜き、袖でその血を拭った。]

(7) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 さて………
   どうするよ、これ。
 
 腹でも裂くか?
 サイモンの体ァ、出てくるんじゃねぇの?


[甲板にいた仲間たちを振り返り、ニィと笑う顔面には、
べっとりとワッターの血が付いていた。**]

(8) 2018/10/19(Fri) 01時半頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 02時頃


【人】 紅茶屋 クリストファー

――ツヅラ。

[よかった、と呟きながら意識を失うツヅラを見れば、正気になれと頬をはたいてやるどころの話じゃない。
 身体をどう打ち付けたか、失神はそのせいか、肩を揺すぶり頬を叩けば起きるのか。
 ヌヴィルが声かける>>4のに、はっとそちらを振り返る。
 ワッターのものと思しき血が、ヌヴィルにもはっきりついていた。]

……ワッターは、逝きましたか。

[ヌヴィルに問いかける。返答は、果たしてどうだったか。
 いずれにせよ息絶えたらしいことが確認できたら、ワッターのことは頼みます、と告げて、ツヅラを担いでいこうとする。
 助ける手がなければ、乱雑に引きずる羽目になりながら、医務室へ向かおうと**]

(9) 2018/10/19(Fri) 02時頃

紅茶屋 クリストファーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 02時頃


紅茶屋 クリストファーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 09時半頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

[気を失ったのは、落下の衝撃だけでなく、緊張の糸がぷつり途切れたせいも大きかっただろう。
ヌヴィルに肩叩かれて>>4小さく呻くが、覚醒には至らない。
船医に担がれ>>9運ばれていく揺れと足を擦る船板の感触でようやく目覚め、身じろいで目を開けた。]

 ん…、あ。せんせ、
 あいつは?やったよね?

 ね、自分で歩けるよ。大丈夫。下ろして。

[ふにゃんとした笑みで頼み、自分の服を探る。
ポケットの底に押し込まれていた吸いさしのタバコを見つけて火をつけ、満足の顔で煙を吸い込んだ。]

(10) 2018/10/19(Fri) 10時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[吐き出した煙が空へ昇――らなかった。
煤のように黒い煙が、風にさえ逆らって真横にたなびく。
漂った煙の先が、別の煙と手繋ぐように交わった。

リーヌスのポケット>>2:127から、黒い煙が燻り昇っている。
それを目にした瞬間、ガタガタと足が震えた。]


 うそ。
 うそだよね?

  リーヌスが、だ、なんて …


[支えられなければ、その場に崩れ落ちるだろう。
見開いた目でリーヌスを見つめ、遠ざかろうと手足をばたつかせた。*]

(11) 2018/10/19(Fri) 10時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 10時頃


【人】 ろくでなし リー

[ワッターが動かなくなってしまうまで動かず、
飛び散る血にも当たらないところで見ているだけ。

――いつも、そうだった。
他の海賊船や商船を襲う時も、
手下の誰かが不始末をしでかして処刑されるときも。
この船の中で血なまぐさいことがあった時は、
決まってそこから一番離れたところにいた。

止めようとはせず、ただ険しい顔で見ているだけ。
負傷者の手当てだって、普段は手伝わずに頑張れよと
声だけかけて――さすがに、昨日のような場合は別だが。

船をてめえの女とも思わねえのに、肝心な時に限って
船から離れることがない。
たとえ船のお守りという大義名分があったといっても、
血の気が多い連中は陰で腰抜けだと見下していただろう。

だが、それが――唯一身を守る術だった。
血のニオイで、無駄に飢えた獣を起こさぬために]

(12) 2018/10/19(Fri) 17時頃

【人】 ろくでなし リー

 やりたきゃお前がやれ。
 俺ぁしらねえからな。

[返り血で顔を赤く染めたフウタ>>8に眉を顰める。
もしワッターの腹の中を検めて、サイモンがいなかったら
どうするつもりなんだろうな、と、視線は些か冷ややか。
そりゃそうさ、だってサイモンは――]

 俺には今のお前の方が十分バケモノに見えらぁ。

[手加減したら―>>7、フウタが言った言葉を
そのまま逆手にとって言ってやる。
ツヅラの方へ近寄って行ったヌヴィル>>4もそうだ。
フウタ程ではないにせよ、血の付いた顔を見れば
これ見よがしに顔を顰めてやった]

(13) 2018/10/19(Fri) 17時頃

【人】 ろくでなし リー

[ツヅラを抱えた船医が場を離れようとする>>9のを見つけ、
待てよ、と言って近づいた]

 センセー、全然、持ててねえから。
 医務室だろ、手ぇ貸すわ。

[さっきは手伝うと言っておきながら手伝えなかった。
ほとんど引きずられていたツヅラの身体を反対側から支え、
一緒に甲板を下りていく]

(14) 2018/10/19(Fri) 17時頃

【人】 ろくでなし リー

[甲板から娯楽スペースへ降りて、
さらにもう一つ、医務室へ向かって下りようとしたところで
支えていたツヅラが意識を取り戻した>>10

やったよね、とワッターの事を確かめたのに、
黙って眉を顰め、一人で歩けると言うから支える力を弱め
半歩離れ、こんな時に煙草を吸い始めるのに呆れていたが、
吐き出した煙がこちらへまとわりつくように流れてきて]

 んだ、よ、これはっ

[迷惑そうに手で振り払うと煙の向こうに怯えた顔が見えた。
その視線は、確かにこちらを見ていた。
変な漂い方をする煙を目で追うと、行先は己のポケット。
そこから、煙とにしては黒すぎるものが立ち上っていた]

 おい、俺がいつお前にマジック見せろって言ったよ。

[ポケットに入れっぱなしだった吸いさしを取り出し、
遊んでんじゃねえぞと下に落として踏みつけた]

(15) 2018/10/19(Fri) 17時頃

【人】 ろくでなし リー

[しかし、黒い煙を見たツヅラの足が震えだす>>11
ガタガタと、まるで恐怖を感じているように。
彼の言うまじないは、お遊びではないということか]

 俺が?
 ……俺が、どうした?

[ツヅラがこちらを見たまま腰を抜かしたように崩れる。
もがいているのは離れようとしているのだろうか。
見下ろし、訳が分からないと首をかしげて船医を見た]

 センセー、コイツ打ち所悪かったんじゃないの?
 それとも、その前から頭ヤラれてたのかな。

[そう思ってしまうくらい、
ツヅラがワッターを追い詰める様は異様ですらあった]

(16) 2018/10/19(Fri) 17時頃

【人】 ろくでなし リー

 なあ、おい。ツヅラ。

[もがき続けるツヅラの首へ片手を伸ばし、
首を絞めつけないよう顎の下を持ち上げて]

 お前、センセーにちゃんと診てもらえよ。

[そういって、船医の方へ突き出した。
傷を負ったはずの腕で人間一人を軽々と持ち上げ、
逆の利き手はまいったなと言いたげに髪をくしゃり。

もしツヅラが大声を上げようものなら、
驚いて首を絞めてしまうかも*しれない*]

(17) 2018/10/19(Fri) 17時頃

ろくでなし リーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 17時頃


【人】 カミナリ族 フウタ

[どこか冷ややかな視線>>13に、
面白くなさそうに「はん」と鼻を鳴らす。]


 そうかい。
 なら、お前ぇが俺を殺せばいい。

 ――できるモンならな。


[言い捨てて、視線を骸へと戻す。

ワッターに対する思いは複雑だ。
新参とはいえ、同じ船で生活を共にしてきた。
今回の一件が無ければ、
仲間たちの命の危険を感じなければ、
こんなふうに手にかけることもなかっただろう。

けれど、見てしまった。
自分と同じ「人間」とは思えない有り様を。]

(18) 2018/10/19(Fri) 21時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 最期まで、アンタがわかんなかったよ。


[立ち上がり、腰にぶら下げていた水筒の栓を抜き、
高い位置からワッターの口へと酒を落とす。

「面白かった」のは、何だ?

ツヅラとの鬼ごっこか?
人間になりすましての海賊ごっこか?]


 ――なぁ。なんでアンタぁ、狼にならなかった? 
 昼間だからか?


[自分が聞いた噂話では、
人狼は狼の姿で人を襲うと聞いた。
この命の危機に、何故ワッターは狼にならなかったのだろう。**]

(19) 2018/10/19(Fri) 21時半頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 21時半頃


奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 22時頃


紅茶屋 クリストファーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 22時頃


【人】 ろくでなし リー

[甲板から降りる前だ。

冷ややかに見遣った先で、
フウタが不機嫌そうに鼻を鳴らした>>18
その後に続いた言葉に、視線は一瞬鋭くなり
口元はニヤと笑っていた]

 あーあ、今のお前は物騒のカタマリだなあ。
 あんまりヒトを煽るもんじゃねえよ。

[宥めすかしたように言ったときは、
視線の鋭さもニヤリ笑いもおさめて
元の冷ややかで呆れたようなもの*]

(20) 2018/10/19(Fri) 22時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


  ひっ……!

[リーヌスを見る目には混乱と驚きがある。
それが、彼の手が伸びてくれば恐怖一色に染まった。

立とうとして足を滑らせ、床板に爪を立てて後ずさろうとする。
体が言うことを聞くよりも早く、リーヌスの手が首にかかった。>>17]

  や、 め、  …

[反射的にリーヌスの手首を掴んで引き離そうとするが、力が上手く入らない。]

(21) 2018/10/19(Fri) 22時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[掴み上げられ、身体が浮かんだ瞬間、恐怖が心の閾値を超えた。]


  嫌だっ!たす、 …っ


[叫んだ声は息を塞がれて途中でくぐもる。
抜きかけたナイフが指先を離れ、床に固い音を立てた。*]

(22) 2018/10/19(Fri) 22時半頃

ろくでなし リーは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 22時半頃


独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/19(Fri) 22時半頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>10ツヅラを突っつくと小さな呻きが返ってきたが、目を覚ます気配はない。
 なのでそれ以上は手を出さず、>>9ひとまず面倒臭そうなことは、クリストファーに任せてしまうことにした。]

 ん〜、あ?
 悪かったって、なにがだ。

[先に聞こえたフウタの声>>7に、ゆっくりと振り返る。]

 あぁ、さっきのアレか。
 別によくあるこったろ、あんなもん。
 それにおめぇの血の気がアホみてぇに多いことは、よく知ってんだ。

[気遣いなどではなく、本心から。
 そもそもこの男に、気遣いなどという愉快な芸当はできない。]

(23) 2018/10/19(Fri) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ワッターは死んだよ。
 つか、この状態で生きてるとか、どう考えてもそりゃねぇだろ。

>>9クリストファーからの問いかけには、ぶっきらぼうにそう答えておいた。
 尤も、あの高さから落ちて、骨が砕けても起き上がった時点で、十分異常なのだが。]

 ……で、どうしたもんかな。

 まぁとりあえず海に棄てときゃ……

>>8フウタの問いに、そう返しかけ]

 おい、なんつぅかな。
 今のおめぇの面のほうが、よっぽど人狼くせぇぞ。

[べったりと血糊の付いた口元を指し示し、顔を歪めた。]

(24) 2018/10/19(Fri) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>13それについてはリーヌスも同意見らしく。
 そうだろうというように、小さく鼻を鳴らしておいた。]

 まぁでも、腹裂いて、中のモン確かめるってんなら、手ぇ貸さねぇでもねぇぞ。

[やるのか、と視線で問いながら、ワッターの亡骸に語り掛けているフウタの様子を傍観する。

 混ざり合う、酒の匂いと血の匂い。
 そういえば、まだ今日は何も食べていなかったことを思い出し、こんな時だというのに、小さく腹の虫が鳴った。*]

(25) 2018/10/19(Fri) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 45促)

フウタ
12回 注目
クリストファー
18回 注目
ツヅラ
24回 注目

犠牲者 (1人)

サイモン
0回 (2d)

処刑者 (3人)

ワタヌキ
0回 (3d) 注目
リー
0回 (4d) 注目
ヌヴィル
6回 (5d) 注目

突然死 (0人)

裏方に (2人)

ソウスケ
0回 注目
イワン
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi