人狼議事


264 戦慄のニューイヤーパーティー

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 信徒 オーレリア

  ――はっ、…………!

[ようやくオーレリアは意識を取り戻す。

 しかし瞼を開けど辺りは暗いままだ。昼か夜かもわからない。
 どうやらどこかのベッドに横たわっているらしい。>>5
 これが自分の部屋ならば、と、横へと手を伸ばす。
 指先にベッドライトのスイッチらしき感触。
 当たりだ。

 しかしスイッチを何度押せど、カチカチと音を立てるだけ。電球が切れてしまったのか、それとも電気が通っていないのか。
 ならば、と今度は枕元を探る。

 ……………………あった。

 上体を起こし、手にしたスマートフォンの電源を入れる。
 ……ぼう、と暗がりに女の白い顔が浮かび上がる。]

(1) あさくら 2019/01/04(Fri) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[画面の明かりを頼りに辺りを見回す。間違いなく自分の部屋だ。]

  ――夢、…………だったの……?

[ならば、あれは、夢だったのか。
 夫がいないという、悪い夢。]

[オーレリアの指先はサイモンの番号を呼び出す。
 …………しかし、繋がらない。]

  嘘。 嘘でしょう……!?

[電話、メール、音声通話、チャット、ラ○ン、ス○○プ、Di×××rd……、どれも繋がらない。通信、そのものが出来ない。機械の故障なのか、それとも…………

 オーレリアはふらふらと立ち上がる。
 がたん、と何かに躓いた。どさどさと物が落ちる気配がする。
 足元を照らすと文庫本が散乱していた。どれも読み終えた本ばかりだ。それを納めていた棚にぶつかって、弾みで床に落ちたらしい。

 …………散らばる表紙のひとつを目にして、はっとオーレリアは息を呑む。
 昔、読んだ本だ。――確か、停電になるシーンが…………>>3:15

(2) あさくら 2019/01/04(Fri) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[ばん、と勢いよく扉を開け、オーレリアは弾かれたように飛び出した。]

  嫌っ……!!違うわ………!!
  そんなこと、あるわけない……!!!

[しかし飛び出した廊下も真っ暗で、再び竦み上がってしまう。]

  ……、ひいっ!!!

[刹那、閃光が廊下を照らし出す。
 ……遅れてゴロゴロと大きな音。

  ――――雷だ。]

(3) あさくら 2019/01/04(Fri) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[…………オーレリアは見てしまった。

 稲光に照らされた廊下の、

 その先の、





 大窓の前に立つ、黒い人影を――――]

(4) あさくら 2019/01/04(Fri) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア



  …………いったい……、

[オーレリアは力なく膝をつき、弱々しく呟いた]




    いったい、この家で何が――――

      …………起こって……いるの…………


**

(5) あさくら 2019/01/04(Fri) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[オーレリアは這うように手近の部屋に逃げ込んだ。
 はずみではらりと何かを落としたが、オーレリアは気づかない。

 後ろ手にドアを閉め、床の上にへたり込む。
 動悸がおさまらない。
 くらくらと目眩がする。
 がくがく身体中が震え、呼吸すらままならない。

 窓の前に立つ黒い影。>>4
 まさか、姿の見えない夫と関係が?
 夢に現れた黒い影。>>2:16>>2:17
 まさか、夢ではなかったとでも……?]


[…………黴臭い匂いがする。
 この部屋は、何だろう。暗くてわからない。
 夫のサイモンには「入るな」と常日頃から言われていた部屋だ。
 埃まみれの床は、掃除が行き届いている様子もない。
 ここに何があるのか、オーレリアは知らない。]

(27) あさくら 2019/01/05(Sat) 20時頃

【人】 信徒 オーレリア

[壁に手を付いたつもりだったが、壁ではなかったようだ。
 ぐらりと壁だと思ったそれが揺れ、
 遅れてどしゃんと何かが床に落ちてけたたましく割れる音。
 足元に広がった液体がネグリジェの裾を濡らした。]

  ひゃっ――!?

[驚いて飛び退こうと思うも背後は扉。
 そもそも足が動かない。
 水だろうか。もしも、危険な液体だったら……

 動悸がおさまらない。
 意識が朦朧としてきた。
 指先から感覚がなくなっていく。
 …………そうだ、朝の薬をまだ飲んでいない。]



[――ばしゃり、と床の上に倒れ込んで、オーレリアは再び気を失った……*]

(28) あさくら 2019/01/05(Sat) 20時頃

【人】 信徒 オーレリア

[屋敷の主人と夫人の部屋が並ぶ廊下。
 窓の前に立つ黒い影。>>4

 近づいて見ればその正体は採寸用のマネキンだ。
 サイモンが不在の間にも新しい服を仕立てられるようにと、彼と似た背格好のマネキンが、この屋敷には何体かある。
 ……普段は然るべき所に収められているそれが、なぜ、どうして今そこに置かれているのかは定かではないが。


 その手前、廊下の床の上に一枚の紙切れが落ちている。
 紙切れにはオーレリアの筆跡で――サイモンから贈られ、彼女が好んでいつも使用していたターコイズブルーのインクで、こう書かれている。


   『あの人と共に逝きます。

    それが、あの子の為だから……』


 そして紙切れのすぐ傍、一番近い扉の向こう側から…………
 血のように真っ赤な液体が、廊下へと流れ出てきている。
 その扉を開けると、埃まみれの部屋の中で。まるで喀血でもしたかのように、赤い液体の――――葡萄酒の海に横たわる、オーレリアの姿があるだろう……**]

(29) あさくら 2019/01/05(Sat) 20時頃

【人】 信徒 オーレリア

  …………、う――

[オーレリアの睫毛がぴくりと動く。
 ひゅう、といやな音を立てて息を吸い込んだ途端、肩を震わせて大きく咳き込んだ。]

  ――ごほっ、ごほ……っ、

  くす、り……、ごほっ、
  薬……を……

[ちかちかと廊下の灯りが瞬く。復旧したのだろうか。
 うっすらと、オーレリアの瞼が開く。]


  ……カルヴィン、くん……?
  そこに……いるの……?

[声が聞こえた気がした。>>52
 そちらの方へ、おもむろにオーレリアの手が伸びた――*]

(57) あさくら 2019/01/06(Sun) 10時頃

【人】 信徒 オーレリア

[――――嵐は過ぎようとしていた。


 風切る雪の音がわずか、ほんのわずか……
 弱まりつつある事に、気づいた者は居ただろうか。**]

(58) あさくら 2019/01/06(Sun) 10時半頃

【人】 信徒 オーレリア

  ……、かあ……さん……?


  私の、こと……?
  ……“母”と……呼んでくれるの……?


[聞き間違いではないかと思った。

 だが、少年の小さな手が触れたのは、たしかに、オーレリアの手だった。>>62

 オーレリアの睫毛が涙に濡れる。
 その手をしっかりと握り返した。]

(64) あさくら 2019/01/06(Sun) 22時半頃

【人】 信徒 オーレリア

  ええ……、っ、ごほ、ごほ……っ、
  私は…………、平気よ……

  ……あなたは……、大丈夫……?

[まだ暗い部屋の中で、横たわったまま咳き込みながら、オーレリアはカルヴィンに頷いた。>>63
 呼吸のたびにひゅうひゅうといやな音がする。この部屋が埃っぽいのも原因だろう。

 この部屋がなんであるかは、オーレリアにもわからない。
 わかっているのは、どこかに割れた瓶なり何なり、床に広がる液体の『外身』が落ちているだろうという事だけだ。>>28*]

(65) あさくら 2019/01/06(Sun) 23時頃

【人】 信徒 オーレリア

  …………ありがとう……

  そう呼んで…… 貰えた、だけで…………
  ……もう……ーーーー

[悔いはない、とでも続けたかったかのようにオーレリアが微笑む。>>66
 その瞳から大粒の涙が零れ落ちた。
 うんうんと頷き、カルヴィンの言うとおりおとなしくハワードを待つ。>>67

  良かった……
  あなたにまで何かあったら、私ーー……

[大丈夫だと繰り返す少年の姿に、オーレリアは横たわったまま安堵の溜息を吐く。
 しかしその彼の体がぐらりと傾ぐのを見て、思わず跳ね起きた。>>68

  カルヴィンくん!!!
 

(71) あさくら 2019/01/07(Mon) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[鋭く叫び、彼を支えようと腕を伸ばした…………かった。
 そこで息を詰まらせ、うう、と呻いて胸を抑えて蹲る。]

  …………ハワード、さん……、
  助かり、まし、た……

[オーレリアは息を切らして、ちょうどそこにやってきた執事を見上げる。>>69
 これを、といつもの薬を受け取り、すぐさま飲み下した。]

(72) あさくら 2019/01/07(Mon) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

  ええ、これでもう、私は大丈夫……、
  有り難う、ハワードさん……


  ……カルヴィンくんは?怪我をしているの?
  大丈夫……、なんですか……?

[まだ荒い息遣いで、カルヴィンの膝に滲む血に気づいたオーレリアはハワードに訊ねる。
 それからようやく明るくなった事に気づいたらしく、オーレリアはきょろきょろと辺りを見回した。]

  ワイン…………?ああ……、
  私、夢中で……、
  ここに逃げ込んだ時に、
  何か落として、しまって……

[それがこれか、と床に広がる赤い液体改め葡萄酒の海を見下ろす。
 まじまじと見ると、淡いブルーのネグリジェが散々な事になっていた。顔や髪も散々な事になっているのだが、オーレリアからはそれは見えない。]

(73) あさくら 2019/01/07(Mon) 00時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[そしてオーレリアははっと顔を上げる。]

  そうだわ、廊下の先に…………!


  誰か居たんです、
  それで私、ここへ逃げ込んで…………

  ふ、二人とも、平気……!?
  あの人に何も、されてない……!?

[青い顔で、早口になって訴えた。
 ……あれがマネキンだなんて、気づいてないんだもの。*]

(74) あさくら 2019/01/07(Mon) 00時半頃

【人】 信徒 オーレリア

  …………、まね、きん…………?


[オーレリアはぽかんと口を開けた。
 『まねきん』と名のつく事柄を知っている限り頭の中に思い浮かべる。
 ――カリフォルニア出身のロックバンド。……の事ではないだろう。さすがに。]

  さ、サイモン様の姿をした、あれ、……ですか?
  どうしてあんなところに……?

[オーレリアは知らない。
 サイモンからあのマネキンを処分するよう指示を受けていたメイドが、今日になってあそこまで引っ張り出してきたところで停電に見舞われ、驚いてマネキンだけ置き去りにしていった、などとは……]

(82) あさくら 2019/01/07(Mon) 01時頃

【人】 信徒 オーレリア

[少年の謝罪には微笑みを浮かべて、黙って首を振った。>>78

  ハワードさん……、
  カルヴィンくんの事、お願いしますね。

[己は邪魔になるだけだろう。彼の傷の手当てはハワードに任せ、ふらりと壁に手を付きながらもオーレリアは立ち上がる。

 少し、気分も落ち着いてきた。
 体の具合まで、とはいかないが、いつまでもここにいるわけにもいかない。
 本来、足を踏み入れてはいけない場所なのだから。

 ……それに埃と葡萄酒まみれの己の様も、なんとかしたい。**]

(83) あさくら 2019/01/07(Mon) 01時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[メイドに支えられながら、オーレリアは顔を曇らせる。>>84

  …………あの人は……、

  サイモン様はやはり、いらっしゃらないのですか?

[再びオーレリアの目に涙が浮かんだ。
 いままでこんなことはなかったのだ。
 客人を放ったらかしにするような人ではないし、なにより一人息子を残して何も言わずに消えるような人ではないと信じたい。

 悪い予感ばかりが頭をよぎる。
 女啼きの伝承のように……あるいは件の小説のようにどこかで?>>3:15
 それとも昨夜のあの様子……己に愛想を尽かしてどこかへ?>>1:13


  私……、
  私、もう、どうしたら……、

[顔を覆ったオーレリアを慰めるように、メイドの手が彼女の背中へと伸び、廊下へ出るよう促される。
 ……そのときだ。場違いな声が響いたのは。>>85

(87) あさくら 2019/01/07(Mon) 21時頃

【人】 信徒 オーレリア

  あっ、あなた!?!?

[オーレリアは目をひん剥いた。]

  な、なにが……、
  何があったのか聞きたいのはこっちですっ!!

  あなたは居ないし、お家の中は暗いし、
  カルヴィンくんは怪我するし、
  雑誌の記者さんはマネキンだしっっ!!!
  メールも電話もラ○ンもス○○プも
  フェ○○○ックも通じないし……!!!

[それだけ連絡手段があってなぜまともに会話ができないのだろうか、この夫婦は。
 メイドを押し退け、ずかずかとサイモンに近づきながら一頻り捲し立てると、オーレリアは、]

(88) あさくら 2019/01/07(Mon) 21時頃

【人】 信徒 オーレリア

  心配っ…………、
  死ぬほど心配、したんですよ…………!?



    …………良かったぁあ〜〜〜〜……


[へたりと座り込んで、彼の傍でわ〜〜んと子供のように声をあげて泣き出した。
 冷静な説明は、スーパーウルトラデラックスアルティメットハイパー執事に任せよう……>>85**]

(89) あさくら 2019/01/07(Mon) 21時頃

【人】 信徒 オーレリア

[思えばこの家へ来てから、こんなにも感情を誰かにぶつけたことがあっただろうか。
 憤りをあらわにしてはいけない。>>1:14
 悲しみを口に出してはいけない。>>2:15
 己は「サイモンの妻」であり「カルヴィンの母」なのだから。
 それ以上であっても以下であってもいけない。

 カルヴィンに対しても――己が『母』としての“役割”すら担えぬのであれば>>1:25、使用人たちに世話を任せたほうがきっと、彼は健やかに育ってくれるのだろうと思っていた。>>1:17

  この家には、――そう。例えば、恩師のレオナルドに対するように。>>0:56――『オーレリア』として話し掛ける事が出来るような人は、いない。
 ……少なくともオーレリアは、そう思っていた。]


  ……うん。
  有難う、カルヴィンくん。
  ……ありがとう……

[なんということはなかったのかもしれない。
 こちらが涙を流せば、共に泣いてくれるような子だったのだ。>>93

 己に欠けていた何かが、オーレリアの中でぼんやりと、輪郭を得つつあるような気がしていた。]

(101) あさくら 2019/01/08(Tue) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[メイドと連れ立って、いちど部屋へと戻る。
 ……ひどい有様だった。>>2
 床には文庫本に加えて、数枚の紙切れも散らばっている。それを見てオーレリアははっとした。]

  こっ、こっ、これは、私が片付けますわ。
  あなたは着替えの準備をお願いしますね。

[慌ててメイドを遠ざけ、オーレリアは紙切れを拾い集める。
 ターコイズブルーのインクで書かれているのは、どれも似たような文面で。
 すぐさま開いたままだった事典のページ>>3:8に挟んで、それを閉じた。]

(102) あさくら 2019/01/08(Tue) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア


 『あの人のところへ逝きます。』
 『あの人と共に参ります。』
 『それがあの子の為だから』


 似たような文面ばかりのメモは……嫁入り前から大学ノートに書き綴り続けている「OL探偵湯けむり事件簿」の27(0..100)x1巻に登場するものを模したものだ。
 追い詰められた犯人が、崖の上へ向かうクライマックスのシーンで登場する書き置き。物語の山場とあって、やはり納得のいく表現を選びたい。
 だから実際に書いてみてじっくりと吟味していたのだった。




 こんなものを人に見られたら、いらぬ誤解を受けかねない。
 どうやらメイドには気付かれなかったようで、オーレリアは一人、額の汗を拭う。

 ……暗闇の中、部屋を出たときに一枚ネグリジェにくっついたものが、廊下に落ち>>29、既に人の目に触れまくっていた>>40>>43事などオーレリアは知る由もない。]

(103) あさくら 2019/01/08(Tue) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

 ―……そしてしばらくの後―

[再び客人たちの前に姿を見せた屋敷の主人。
 装いも新たに、改めて新年の挨拶などかますのだろう。

 その傍らで、笑みを浮かべる女性が一人。


   ……今度は、心からの笑みを。**]

(104) あさくら 2019/01/08(Tue) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:オーレリア 解除する

生存者
(6人 72促)

オーレリア
25回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi