人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 食養会 ユエ

──多目的室──

[ ぱらぱらと挙がる手。挙がらない手。
 11番は無事目を覚ましたかな。
 誰がフィリップ王子役を担ったんだろう。
 マジで迷惑なやつだな。と僕は思って、
 でもこの人が眠り姫ごっこなんか始めなきゃ、
 たぶん僕は死んでたな。と思う。

 どっちがいいのかなんてわからないけど。
 どっちにしたって君はもう死んでる。
 物質的に社会的に幸福なはずの僕の、
 歩いてく世界は夜更けみたいに真っ暗。

 君が流れ星か隕石か何かみたいに、
 僕の人生に強烈に降り注いでくる前、
 何して生きてたかなんて思い出せないけど。]
 

(31) nabe 2019/02/23(Sat) 15時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 中止という言葉>>12の意味するところは、
 つまり、そう、ミッションインコンプリート。

 手を挙げなかった人はどうするのだろう。
 僕は8階から飛び降りて死んだ人を知ってるから、
 きっと帰りに玄関じゃなく屋上に向かって、
 果てしなくも思える階段を上りきって、
 そこから飛べば、きっと死ねるよ。と思い、

 けれど僕がそれを口にすることはなかった。
 写真を撮るって、カメラ担当の子>>25が言ったから。

 僕は言われるがまま、ひょいと立ち上がり、
 くあ、とあくびをひとつしながら、
 手招きのほうへとゆっくり歩き始める。]
 

(32) nabe 2019/02/23(Sat) 15時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 夢の国でオフ会してくるね。なんて、
 本当に夢の国に旅立つと信じ切って、
 洒落た冗談のつもりで言ってきてしまった僕は、
 手ぶらで帰ったら姉たちに総スカンを食うな。とか、
 大急ぎで向かえば閉園に間に合わないかな。とか、

 とってもくだらなくって、僕にとっての当たり前で、
 この場にいるいくらかの人には当たり前じゃない、
 そういうことを考えていた。ぼんやりとね。

 僕には家族がいて、なんなら結構大勢いて、
 十分なお小遣いをもらっていて、健康で、
 昨日の夕飯を覚えてるし、写真が怖くない。
 それでも絶望できちゃった。これはそんな僕の話。]
 

(33) nabe 2019/02/23(Sat) 15時頃

【人】 食養会 ユエ


 しなかった記念、っていうか。
 廃墟サークルの遠征かよって感じ。
 ……じゃないっすか。

 あ、っていうか、
 シンイチさんでかいんだから、
 女子と6番と僕に配慮した位置ね。

[ って、僕はマスクを捨てたシンイチさんに、
 ぴしっと人差し指を突き付けて言う。
 当たり前みたいに、立ち位置の話をする。

 正直同じことを1番の人にも思ったが、
 人見知りゆえ声には出せなかった。
 けど、二人で後ろに行けばいいと思うし、
 2行上のあれはダジャレじゃない。]
 

(34) nabe 2019/02/23(Sat) 15時頃

【人】 食養会 ユエ


[ チーズ。って結局、ズの口になんない?
 って僕はかねてから思っていて、

 はいっという掛け声>>26に合わせて、
 バターって言った頭の悪い僕は、
 たぶん、力の抜けたピースサインとともに、
 口は半開きなのにすまし顔でそこにいる。

 それを見る機会が僕にあるのかなんて、
 手を挙げなかった人の未来なんて、
 僕にはなんにもわからないけど、

 僕はちょっとくすぐったそうに、
 ふん。と小さく鼻を鳴らして笑った。*]
 

(35) nabe 2019/02/23(Sat) 15時頃

【人】 食養会 ユエ

──それから──

[ 解散はいつのことだっただろう。
 僕はここに来て、死なずに帰る。

 一緒に死ぬはずだった知らない人たち。
 死んだら友達だったかもしれない人たち。
 僕らの接点は永遠じゃなく一瞬になったので、
 僕はきっと、あっさりと外の世界に帰る。
 だってほら、夢の国に行かなきゃいけないからね。

 僕は来た道を戻るように外の世界へ。
 二度と見ないはずだった空は、
 相変わらずやたらと遠くて、澄んでる。]
 

(73) nabe 2019/02/24(Sun) 18時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ 空は仰ぎ見上げるものと、
 君は何度だって歌っていたから、
 僕はそれは自然に視線を持ち上げた。]

 ──あ。

[ 僕はその姿>>47を見つけて、小さく呟く。

 ぶらぶらと足を揺らすのを見て、
 僕はただ内心でBINGO! と思い、
 その瞬間よぎったのは、小さいころ、
 英会話教室で姉たちと歌った犬の歌で、

 ……そう、僕の記憶の引き出しってやつは、
 くだらない思い出でぎゅうぎゅうづめなのだ。]
 

(74) nabe 2019/02/24(Sun) 18時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ 薄暗くなってた空に向かって、
 僕は小さく微笑んだ。にっこりとね。
 そしてまた、前を向き直って足を踏み出す。
 僕はまた僕の道に戻る。その第一歩みたく。*]
 

(75) nabe 2019/02/24(Sun) 18時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ いきてる。僕は生きてる。
 君という偶像の養分となることも、
 バカでヘンな高校生として世間を騒がせることも、
 なんにもないまま、なんにもない日々を生きてる。]
 

(192) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ あの日。あのあと。
 8人家族の我が家に買って帰った、
 たった1つのチョコレートクランチ缶を見て、
 2人の姉が僕を非難して、3人の姉が僕を庇い、
 そのくだらない諍いを母が宥めた。

 僕はその最中ぼんやりとスマホを触り、
 ネットニュースを流し見ていたけれど、
 廃病院からの飛び降り自殺について、
 それらしい記事を見つけることはできなかった。

 誰も死ななかったのかもしれない。
 あるいは、子ども一人の死なんて、
 誰も注目しなかっただけかも。

 どちらとも知らなまま、
 僕はそのことに安堵も落胆もしない。]
 

(193) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ それからの話をしよう。僕は生きてる。]
 

(194) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 相変わらずの毎日だ。

 学校はつまらない。友達はいない。
 僕は勉強も運動も得意でないので、
 附属の大学に進みたいならもう少し。と、
 ぬるま湯のような説教のため呼び出しを食らう。

 耳に入れっぱなしだったイヤホンを指し、
 先生はそれを外しなさいというけれど、
 君はちょうど大サビを歌ってたんだ。
 指示に従うのにゆうに30秒はかけたので、
 本題よりもそのことで怒りを買った。

 何を聞いていたのか。とは先生は問わず、
 君の名前を世間で見聞きすることもなくなった。]
 

(195) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ もう少し時間が経っても、
 ついに百か日法要です! なんて。
 当然ながら誰も触れないし、
 人の噂が保たれる75日もとうに過ぎていた。
 僕はその日、一人で黒いネクタイを締めた。

 こっそり家を出たけど、
 教室であっさりと没収を食らった僕と、
 痛いやつを見るクラスメートの視線。
 知ってる。僕が痛いのも気色悪いのも。
 ドン引きしてる君たちの方が健全なのも、知ってる。

 何か事情があるのかと家に連絡した先生は、
 死んだ親族も何もいないことを知って、
 僕は少しナイーブで不安定になっているから、
 気をつけてあげてくださいと言い、
 放課後には校門に1番目の姉がいたので、
 僕はとことん愛されてるし甘やかされている。]
 

(196) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 砂を噛むような毎日だ。
 なんて、インテリぶって使ってみる。

 君を知る前何をして過ごしていたか。
 まったく思い出せないと思っていたけど、
 たぶん、することがなくて死にそうだった。

 死ぬ理由もないから漠然と生きて、
 あの日死ねば、ようやく僕の人生にも、
 意味や価値が生まれるような気がしてた。

 それを取りやめて、僕はただ、
 僕の神様をそっと心に飼っている。
 僕だけは覚えてる。僕だけは知ってる。
 そのためだけに生きてる。そのために帰ってきたの。]
 

(197) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ やっぱり、君がいないこの世なんてクソだ。]
 

(198) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ いっそ心底夢中になれるものなんて、
 知らないまんまなら楽に生きれたのかも。

 今も充分楽な人生のはずなのに、
 僕はちっとも幸福じゃないのはなぜだろう。

 校門で待ち伏せていたくせ、
 何気ないそぶりで「一緒に帰ろう」って、
 1番目の姉は斜陽を背負って歩き出した。

 ほんのりと赤色に照らされた背中に、
 ほんまに死んでしまう。と、
 フィクションでしか見ないような関西弁を思い出し、
 僕は姉の背中を追う。「あのさあ」と言う。]
 

(199) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


 むかし、飛行機で死ぬよりさ、
 車に撥ねられる確率のが高いとか、
 そういう話したじゃん。

 僕が明日死んだらどうする?

[ 雑談のように平坦な声で尋ねた僕に、
 姉は少し目を見開き、ぽんぽんと頭を撫でた。

 僕は、そんな背の高い姉を見上げながら、
 この人が死ぬとき僕は、君のときほど、
 ショックを受けないんだろうな。と思い、

 夕日に照らされて長く長く伸びた影法師を、
 後ろから踏んづけるみたいにして帰った。

 君のいちぶぶんになりたかった僕が、
 君の見せた夢を自らの養分として。]
 

(200) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

【人】 食養会 ユエ


[ *神様のしるしの消えた道を行く。*]
 

(201) nabe 2019/02/26(Tue) 18時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ユエ 解除する

生存者
(10人 0促)

ユエ
18回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび