人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 白銀∴秘星 マユミ

― 裁定の前 ―

 ごめんね
 楠本さんがそう言うの、予想外だったから…

[ 浮かべた苦笑>>55に謝りつつ
ほぉって大きく息を吐いた

ずっと、息を殺すように生きてきた。
思いっきり笑うと気持ち良いんだな、って

そう思っている顔はきっと
多目的室までお茶を運んだ時よりはずっと
柔らかだった ]

(116) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


  生きることにした記念日に…
  一緒に写真、撮りませんか?

[ 提案したのは所謂自撮りというやつで。
これならばカメラマンも写真に映るでしょう? ]

  それじゃあ、また連絡しますね

[ 日常へ帰ろうと踵を返して。
歩き始めてすぐ、ふつんと携帯の電源が落ちた
チラッと母から多くの着信が見えたから
そのせいだとは思うけれど… ]

(117) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


  えーと…
  帰り道オシエテクダサイ…

[ 来る時には携帯で調べつつ
電車を乗り継いできたけれど
帰り道なんて調べているわけもなく。

ちょっぴり情けない笑顔を浮かべつつ
さて、帰り方は教えてもらえたかな?*]

(118) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

― 集合写真の前 ―

   はのんちゃん、ありがとう…!

[ 挙げた手の平ごろ抱きしめて
喜んでくれた女の子が居た>>24

生きて良いんだって。
生きていこうと思えた事が嬉しくて。

ぎゅっと抱きしめ返す
人の身体ってこんなに暖かいんだ
それを知れたことが嬉しくて。
ポロポロ、ポロポロ。
熱い塊が溢れて止まらないんだ ]

(119) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ 大丈夫だよ

 世の中はひどい人たちばかりじゃないって。

 人のために涙を流せるひどく優しい子がいる事を
 今の私は知っているから。

 私は人を…貴女を
 信じて生きていけるよ ]

(120) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


[ 写真に対するトラウマは
そう簡単には消える事は無いけれど。

スマホを構える手が>>25暖かいことを
知っているから、大丈夫

トコトコと写真の端の方に収まりに行った
目元は赤く腫れているけれど
きっと、私はしっかりと笑っていた

また会えるかな、会いたいな。

――…天使になろうとしているなんて知らないままに* ]

(121) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

― それから ―

[ 帰る直前にトラブルはあったけれど。

どうにかして帰ることは出来たのだろう

家の扉を潜れば、泣き腫らした目をした
両親が待っていた。
その震える手には残してきた遺書が握られていて。


嗚、オトナでもこんなに取り乱すことってあるんだな
なんて逆に冷静になってしまったのだけは
ハッキリと覚えている ]

(122) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[その夜はたくさんたくさん泣いて
怒られて、そして話をした

私は学校で起こっていた事を両親に
何ひとつ伝えていなかった

その夜初めてボロボロになった制服を見せたら
とても悲しそうな顔をして。

あまりに悲しそうな顔をしたものだから
"汚してごめんなさい、また買ってください"
そう謝ったら更に怒られた

その理由を未だに私は理解する事ができないままに

…私は知らなきゃいけない事がたくさんあるなぁ。
大変だけど頑張ろう。
私の口元は知らず緩く弧を描いていていた** ]

(123) moko0113 2019/02/25(Mon) 16時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ 二人並んで撮った写真>>132を見て
私はふふりと微笑んだ

私も恰好が恰好だし
写真映りは良くなかったかもね

でも私にとっては大切な一枚で。]

(157) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ 手帳にペンを滑らす>>133端正な横顔を見ながら
私はわけもなく嬉しかった

笑みを浮かべながら見つめる、
その理由は訊かれても答えられなかっただろうけれど。

でも。きっと、私は彼のことが ―― ]


  私がまた迷いそうになったら。
  また帰り方を教えてくださいね?

  進さん?

[ 一瞬ぎゅっと抱き着こうとして。 ]

(158) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ きっと。今日生きる希望を得たからと言って
 教室内で起きていることが綺麗に片付く
 …なんてことは夢物語だ。

 めでたしめでたし!
 おーじさまと幸せに暮らしましたとさ!
 ――…それこそテレビドラマの中だけの物語だろう

(159) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

 現実は多分。
 地道に一日一日を積み重ねて生きるしかなくて。

 そんな日々の中には躓くことだって
 弱音を吐きたくなることだって
 きっとある。

 だって、生きるってそういう事だから

 彼だってきっとそう。
 彼は完全無欠のヒーローじゃなくて、
 今此処に確かな体温を持って生きている人間だから。

 だからね ――  ]

(160) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


  もし進さんが迷いそうになったら
  すぐ私に言ってくださいね?

  ヒーローみたいに空は飛べないけど…
  すぐ駆けつけちゃいますから!

[ 誰かの…貴方の役に立ちたい、
 それは自分のために。

 誰かの役に立っていること、
 それは生きる希望になるのだから。
 似たようなこと>>3:69を思っていたなんて
 知らないけれど

 へらっと悪戯に微笑みながら
 ただ自分のためだけに希望を押し付ける ]

(161) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ 困った顔されちゃうかな?
 でも欲しいものは欲しいって。
 少しだけ我儘に生きてみよう、今はそんな気分。

 答えがどうであれ、大きく手を振って
 私はメモを胸に、家路に着くのだろう

 まだ語られることのない別の話>>133
 陽の光を浴びることを願いながら**]

(162) moko0113 2019/02/26(Tue) 11時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


  …?
  本気ですよ?

[ 揶揄うなよ?>>176
と言われてもきょとーんとした顔
少なくとも、言ったこと>>158は本気だったからね

少しばかり朱の差した頬も、熱があるのかな、なんて額に冷たい手を当てようと手を伸ばして。

ちなみにアレだ
…制服の胸の辺りの膨らみは
意識して見ないと分からない…というか平らに近いから、らっきーですけべな事にはなりにくかったんじゃないかな?]

(186) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

― 春の日に ―

[ メールが、来た>>177

差出人の名前を見た瞬間
あわあわと携帯を取り落しそうになって頬にぴとりと手を当てる

あれ、可笑しいな。今日こんなに暑い日だったっけ?

ともかく。私は返事を出した
『良いですね
 私も話したかったところです』 ]

(187) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ


[女子にしては飾りが少ない文章は
ちょっとぶっきらぼうに見えちゃったかな?

でも送ってしまったものは仕方ない
約束を取り付けて、一人ドキドキする胸を抱えていた

…何、着てこうかな?
めまぐるしく考えながら*]

(188) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

― 少し先の未来の話 ―

[ 数か月のち。
 桜の花びらが緊張を浮かべた新入生たちを
 優しく迎え入れる頃

 そこには真新しい制服に身を包んだ私が
 少しばかり緊張した面持ちで立っていた

 結局。
 前居た学校からは転校することになった。
 といっても同じ地区にある高校だから
 引っ越しをすることは無いけれど。
 
 そこを選んだのは、とある大学の付属高校だったから。
 …まぁそんな所だ ]

(189) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

  あれ、あの子…

[ それは通学中かもしれないし
 何処か遠くへ遊びに来た際だったかも
 しれないけれど。

 そこには少し背が伸びたように見える
 色白な男の子>>172の姿

 確か、廃病院で見た際には
 手を挙げていなかったけれど――… ]

(190) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

  ……良かった。

[ ふっと微笑むと心からの呟きがぽつりと漏れた
 きっと、彼にも生きる希望が出来たんだね

 暗い病院で結ばれた縁。

 願わくば、彼が澄み渡った空の下で
 ずっと生きていけますように。
 願わくば、世界を呪うかのような目をした彼と
 二度と会う事がありませんように。

 特に声を掛けることはない。
 互いに以前の自分ではないのだから。
 
 柔らかな春の光の中、心に咲いた一輪の桜と共に
 踵を返して新しい一歩を踏み出した *]

(191) moko0113 2019/02/26(Tue) 16時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マユミ 解除する

生存者
(10人 0促)

マユミ
20回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび