人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 透明女子会 ヒナコ

[促されるけど、わたしはまだ戻りたくなかった
まだ彼と話がしたい、わたしは、まだ何も知らない]

  わたしは、ディくんに幸せになってほしい
  これからも会いたいし、お話したい

  ディくんの事…名前も知らないし
  なんにも知らないけど…

  わたしに優しくしてくれたのは、本当だから
  それだけで、変って思われるかもしれないけど

  わたしは、ディくんが好きだから
  ディくんにも幸せになってほしい…

[ディくんは、ディくんの意志でここに来てる
きっと考えも変わらないんだと、思う
だから、これは、わたしの我儘だって分かってるけど

彼の、幸せを願ってもいいよね?*]

(0) アリス 2019/02/23(Sat) 00時半頃

透明女子会 ヒナコは、メモを貼った。

アリス 2019/02/23(Sat) 00時半頃


【人】 透明女子会 ヒナコ

[彼が笑う、おかしい、と笑う>>1
ありがとう、と言ってくれる
幸せだと、言ってくれる

嘘に聞こえない
嘘が上手いなら、わたしには見破れないけれど
本心に聴こえるから
わたしは、彼の言葉を素直に信じられるから

だからこそ、辛い、つらい

わたしの欲という願いは、彼が幸せになること
「幸せ」と言われたら、もう何も言えない

彼は、死を覚悟した、一人の人間なんだ]

(5) アリス 2019/02/23(Sat) 01時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[涙は、流さない、流したくない
きっと、もう、彼とは会えない
それを理解しないように、振り切って

今以上、彼に近付く
もう、多分これが"最後"だから

拒絶されないなら、わたしは
腕を広げて彼を抱きしめただろう

そうして、彼にしか聞こえないように囁いた]

(6) アリス 2019/02/23(Sat) 01時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ


  わたしは、生まれ変わりを信じてるんだ
  だから今度会ったときは、名前、教えてね

  それから、…もう一回、友達になろう?

(7) アリス 2019/02/23(Sat) 01時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[今度会えたときは、一生分お話するんだ、と心に誓って
泣かずに言えた、今までで、一番難しかったかもしれない
でも、わたしは笑顔で]

  さよなら、ディくん>>3

[笑顔で、さよならができた
我儘のわたしは、今は蓋をしておこう

彼の元から離れる
彼に背中を向ける、泣いちゃだめ
彼の意志を尊重するんだ
それが、わたしに出来る唯一の、彼にできることだから

彼の気持ちは、最後まで分からなかった>>4
だけれど、彼が「幸せ」だと言っているから、歩き出せる

そうして、ノッカの隣に戻っていく*]

(8) アリス 2019/02/23(Sat) 01時半頃

透明女子会 ヒナコは、メモを貼った。

アリス 2019/02/23(Sat) 02時半頃


【人】 透明女子会 ヒナコ

[わたしの腕の中で、彼は何を思うのだろう>>17

もっとお話したいけど
それはまた、"次に会った時"の>>18
楽しみにしておこう

また友達になろうと、約束したから>>19大丈夫

拒絶しないでくれた
わたしの話をきいてくれた
彼の笑顔を、感じられた>>20

わたしは、今「幸せ」だ

わたしの背中の方の世界で 貴方 が
 わたし  の事を考えてくれていると、嬉しい
わたしも、そうだから

だから、歩みを進めて
自分の意志で決めた、未来へ*]

(27) アリス 2019/02/23(Sat) 12時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[ノッカの隣で
主催者の宇都木さんの言葉を聞く>>9>>10

「自分次第」>>11
ここに来る前、今、こんな気持ちになるとは
思っていなかった

死ぬことしか、考えられなかった
生きることの楽しさを、知らなかった

"終わり"を告げる言葉>>12
そう、過去のわたしに終わりを告げる
未来のわたしは、わたしだけのもの

それは、ここに来て学ぶことができた
一人じゃ、何もできなかったけれど

今は、一人じゃない
ずっと生きたかった、外の世界に
大切な友達と、手を繋いで、一歩を踏み出すんだ*]

(28) アリス 2019/02/23(Sat) 12時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

はのんちゃんが、みんなに声を掛ける>>25]

  はのんちゃん、ありがとう
  写真撮るって、楽しいね

["死なない"記念写真
学校で記念写真は撮ったことは、あるけれど
こんな風に、大好きな人たちと
身勝手にも生きてほしいと思った人たちと、撮る
これ以上ない、写真を撮るのは、初めてだった

もちろん、ノッカの隣で写りたい
でも、もう一人]

(29) アリス 2019/02/23(Sat) 12時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ


  でぃくん!

[嫌じゃそうじゃなければ
その、わたしと同じくらいの手を引いて]

  一緒に、撮ろう?

[彼が来なくても、嫌な顔はしない
今、そこに居てくれることが
出会ってくれた事が、幸せだから*]

(30) アリス 2019/02/23(Sat) 12時半頃

ヒナコは、ノッカにむぎゅうした。

アリス 2019/02/25(Mon) 01時頃


【人】 透明女子会 ヒナコ

[これで、きっと最後>>80
次会えるのは、いつになるかな
なんて考えながら
その冷たい手のひらは、現実感を増す

少しでも温かくなるといいな、と
握った手に力を込めた

心の蓋が開きかけようとするけれど
また手を置いて

わたしは、一度だけ振り返り
にこり、と微笑んだ]

(95) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[みんな揃って、並び始める
ノッカはお化粧を落としたみたい>>58
写真を撮るのに何でだろう、と思ったけれど

お化粧をとっても、彼女の可愛らしさは変わらず
むしろ、きらきら輝いてるみたいで

ノッカの楽しげな笑い声が、響く>>92
周りを見渡す
全員が手を挙げた訳ではなかったけれど
ここに来た時の事を順番に、思い出していた
みんなの顔を、心に焼き付けるように]

(96) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[隣にいてくれる、ノッカがわたしの名前を呼ぶ>>93
何かと、顔を向ければ]

  …え!あ、そのっ…

[顔が、頬が一気に熱くなる
そういう事は、考えていなかった

恋を語るには、わたしは何も知らなすぎるけれど
ディくんの事が好きなのは、確かな事実
それが、そうなのかな、と考えても
……よく分からなかった

なんだか恥ずかしい、ディくんの顔が見れない
そう感じても、わたしから手を離す事はしなかった

いやでも
その瞬間は必ずやってくると、知っていたから]

(97) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ


  わたしも、写真ほしいです

[きっと、絶対、生涯の宝物になるから*]

(98) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

  宇都木さん

[彼には、感謝しても、感謝しても、足りない]

  ありがとうございます
  わたしは、…もう大丈夫です

[ここに来る前と、今と
まるで、生まれ変わったように自然に笑えている、わたしがいる

それはもちろん、ここで会った人たち、みんなのお陰

でも、この集まりを開催してくれなかったら
みんなに、出会うことは出来なかった

生きてるのに、死んでいる毎日が続いていた

これから生きる一生分感謝しても
全然、足りないんだ*]

(99) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[気が付けば、ディくんは居なかった>>81
大丈夫、さよならはもう告げた

"約束"もしたから、大丈夫

寂しく感じると
わたしはいつも涙を溢していた
でも、わたしは今はひとりじゃない

もう、ひとりじゃない

隣に居てくれる
大切な、たいせつな、友達が

わたしは、これからもたくさん泣くと思う
でもそれは、寂しいからじゃない

嬉しいから、溢れるんだと思う

だって、今にも溢れてしまいそうだから]

(100) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

  ノッカ、

[これからの事

一緒に暮らしていく
きっと大変な事が、たくさんあると思う

でも、死にたくなるような世界から抜け出せる
もう、戻らなくていい]

  連れ出してくれて、ありがとう…

[お菓子と、お酒も持って、どこか遠く、どこに行こうか

    わたしたちの望む、幸せになる未来へ

*彼女の手を、ぎゅう、と握った*]

(101) アリス 2019/02/25(Mon) 08時半頃

ヒナコは、によによ見ている

アリス 2019/02/25(Mon) 22時頃


【人】 透明女子会 ヒナコ

ーー ある、あたたかい春の日 ーー
[生きたいと思って、初めて見た外の世界は
思っていた以上に、眩しい世界だった

ノッカと二人で生活し始めて、幾日が経った頃

新しい生活は、やっぱり大変だけれど
ノッカと一緒にいるから、毎日が楽しい

ノッカの体を蝕む病気は
病院の通うことで、完治しつつあっただろうか

彼女が少しでも楽になるなら
思い付く事なら何でもやった]

(206) アリス 2019/02/26(Tue) 20時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[働き始めた彼女を見習って
わたしも頼ってばかりはいられない、と
アルバイトを始めた

アルバイト経験もなく
非力そうなわたしを雇ってくれる事はなかった

早く見つけたいのに、気持ちだけが空回り
その日も面接時に不採用と言い渡されて
落ち込んでいた時に
ふと目にしたお花屋さんのお花が、あまりにも綺麗で
膝を折って暫く眺めていた

なんとそこにもアルバイトの張り紙があったので
植物に囲まれてお仕事出来るなら楽しそうだと
その場の勢いで申し込んだら、なんと採用された]

(207) アリス 2019/02/26(Tue) 20時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[今でも信じられなかったけれど
優しそうなご夫婦が経営しているお花屋さんに働かせてもらえることになった

今日は、記念すべき初出勤だった

見た目とは裏腹に体力仕事で
もう既に腕と足がプルプルと言っている

だけど、続けられそう。そう思った
これで、ノッカと二人での生活が少しでも楽になるかな]

(208) アリス 2019/02/26(Tue) 20時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[水やりのため店先に出ると
日差しがあまりにも気持ちよくて

空を見上げる]

  わあ、いいお天気

[春の澄みきった空>>174
どこまでも、どこまで続いていそうな、広い空
ディくんが笑っているような、優しい空

彼は今どこにいるんだろう
まだこちらにいるかな?
まだ歩いてる途中かな?
それとも、もう向こう側の近くにいるのかな?

どこにいたって、また会える
また会えるって、信じてる]

(209) アリス 2019/02/26(Tue) 20時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[彼と、約束したから]

  ディくん、わたしは幸せだよ
  会いたくてしかたがないけど

  ディくんが幸せなら…わたしも幸せ

[また会える日を夢見て

…また直ぐに会えたりして
わたしの"わがまま"が、そう思わせるんだ

大切な人達と、眩しい未来と
ちょっぴり切ない恋心を胸に

*わたしは、これからも生きていく*]

(210) アリス 2019/02/26(Tue) 20時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

―― 約束の日 ――
[ディくんに会いたい
それは、変わらず毎日想っている

難しいことだと、頭で理解はしていても
心は、わがままのままで

だから、これは
わたしのわがままが見せた、夢なんだと思った
目が合った瞬間>>323、白昼夢でも見ているのかと]

  ディ……?

[どこか、以前と雰囲気が変わっていても
一目で、彼だと分かった
そうか、マスクがないんだ
初めて見る顔なのに、懐かしさが大きくて

彼は、わたしの名を呼んで
わたしに、名前を教えてくれた]

(242) アリス 2019/02/26(Tue) 23時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ


  (名前…)

[会いに来てくれただけでも、胸がいっぱいなのに

約束、忘れないでいてくれた、果たしに来てくれた
体が崩れていきそうだった、顔がくしゃりと歪む

友達から始めようと言う、彼
幸せだったかい?>>233と問う、彼

間違いなく、会いたくて止まなかった、大好きな人

手を伸ばして、首を傾げて「駄目?」問いかける彼が瞳に映ると
わたしは、もう耐えられなくて、小さく唸りを上げた
涙が止まらなかった

そして次の瞬間、彼に向かって走り出した
彼との距離を、会えない時間を減らそうと、必死に]

(243) アリス 2019/02/26(Tue) 23時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

  ディ…大弥くん!!

[彼の胸に飛び込むと、もう離れないと言わんばかりに抱きしめた
間違いなく、ここにいる
わたしのわがままが見せた、幻じゃない]

  …幸せだったよ
  また会えるって、大弥くんに会えるって信じてたから

  大好きな…大弥くんと一緒なら、…わたしも嬉しい

[嬉しくて零れた涙が止まらない

体を少しだけ離せば、そこには微笑む彼の顔が直ぐ側にあって
その笑顔が、心に染みて、体中に広がる感覚

あったかい、しあわせ]

(244) アリス 2019/02/26(Tue) 23時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[これからは、ずっと一緒だね

*新しい約束、してもいいかな*]

(245) アリス 2019/02/26(Tue) 23時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

―― 君ありて幸福 ――
[以前と比べ物にならないほど
わたしの生活は輝かしく一変した

それは、ノッカや、あの時出会った人たち
アルバイト先でお世話になっている夫婦
わたしの周りにいる人たちのお陰で…約束のお陰で…
毎日眩しく幸せな毎日を送っている

昼間はアルバイトだけれど、
夜はノッカとご飯を食べて、今日あった事とか
ノッカのこととか、今度遊びに行く事とか
時間がいくらあっても、話は尽きない]

(252) アリス 2019/02/27(Wed) 00時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[そんなわたしでも、今日は少しだけブルー
楽しみにしていたお弁当を忘れてしまった]

  …きみたちは、食べられないなぁ

[なんて、そもそもお花は商品だから、と
自分でもよく分からない事を呟いた

そんな時、流星のごとく…いや光の妖精かな?
わたしの、他の誰よりも可愛い親友が現れた>>236
もちろん、冗談ではなく心からそう思っている

わたしの名前を呼ぶ、彼女の笑顔がキラキラしていてた
わたしは、手を振り返す]

(253) アリス 2019/02/27(Wed) 00時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

  あ…!

[もしかしなくても、その手に持っているのは
わたしが忘れたお弁当]

  ご、ごめんね!ごめんね!
  忘れたって気が付かなくて…

[しっかりしようと思っていたのに
忘れた事がバレてしまったと
ちょっとだけ手をバタバタさせた]

(254) アリス 2019/02/27(Wed) 00時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[すると、ふんわりした可愛い声で
ノッカから不思議な質問が投げかけられた>>236
どこか楽しそうにしている

それよりも、わたし以外に住んでる一緒に女の子いたかな
なんて、一瞬本気で考えてしまった

意味が分かった数秒後、くふふ、と笑いが零れた]

(255) アリス 2019/02/27(Wed) 00時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[楽しい
ノッカといると、本当に楽しい

ノッカと一緒にいて、分かったことがある
楽しいがたくさん、溢れるくらい感じると
幸せになるんだって、知ることができた

ノッカのこと、もっと、もっと知りたくなる>>237
もっと、もっと一緒にいたいと思う>>238]

  ね、お嬢さん
  同じ家に住んでるお友達は、誰よりも可愛いんだよ
  だから、誰よりも幸せになっていいと思う!

[と、ノッカの悪い顔を真似して笑ってみたけど

うまくできたかな]

(256) アリス 2019/02/27(Wed) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヒナコ 解除する

生存者
(10人 0促)

ヒナコ
31回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび