人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 会は中止。
  思った通りの結末ではあった。

  死にたい人間たちが死にたい人間を
  見過ごせる人間であるかは、別の問題だ。

  自分や相手が子供であるのならなおさら
  寂しさから死を選ぶ者は拠り所を見つけるだろう。

  そもそも本気で死にたいと思っているのか。
  十二人全員が意志を揺るがさずに居られるのか。
  考えてみれば無理な話だと思う。

  万一実行されたって、ワタルは構わなかったけど。 ]
 

(49) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 16時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ ハノンが写真を撮る、と言うので>>25
  ワタルは単純にもそちらへ足を運んだ。
  同じように向かっていった子どもは多く、
  なんだかんだノリは良い人達だなと思う。

  まあ、ノリのノの字も無ければ
  こんな集会に参加する気も起きないだろう。

  ワタルは前列に滑り込んで、満面の笑みを浮かべた。
  楽しい楽しくないという問題は置いておいて
  もし自分の葬式が開かれるとして、
  集団自殺の集合写真が遺影だったら
  なかなか面白いと思ったからだ。

  チーズとバターなら、どっちが自分は好きかな。
  考えながらも、ワタルは笑う。 ]
 

(50) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 16時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 解散と言った雰囲気が流れた後、
  ワタルは主催者であるシュウイチに声をかけられた。

  調べておくといった言葉に>>14顔を顰める。
  主催者の視点から考えれば当たり前のことだが
  歩んできた人生を覗かれた不快感があった。

  しかしその顰め面も、続く言葉で霧散した。 ]


  へ……?

 

(51) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 16時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 医者になりたい訳では無かった。
  それはもう、昔の事であったし、
  昔ですら“母の望むもの”になりたかっただけだ。

  ぽかん、と呆気に取られた顔でワタルは瞬く。

  それはシュウイチの語る自分の夢が
  随分と古びたものであったからではない。
  それに続く言葉があまりにも
  予想外の話だったからだ。

  宇宙人でも見るかのようにワタルはシュウイチを見る。
  集まりを主催する目的でさえ測りかねているのに
  掛けられた声は更に意図を測りかねるものだった。 ]
 

(52) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 16時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 

  ……守れるんですか?


[ 爆発物を扱うように慎重に絞り出した返答は
  そんな、疑うような言葉でしかなかった。

  ワタルはシュウイチのことを殆ど知らない。
  どんな人生を歩んできて、何を望むか。
  彼がここにいることしか知らない。 ]
 

  自分の命すら、守れないのに

 

(53) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 17時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 責め立てる口調では無かった。
  ただ単純に、不思議に思っただけだ。

  自殺教唆とも捉えられない集会を開くのに
  自殺を止めるような言動をすることも、
  死にたがっていない訳でなさそうなことも。 ]*
 

(54) sa13ichi 2019/02/23(Sat) 17時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 自分の為に守りたい。
  という答えは>>109困惑するワタルの頭を
  一言で落ちつけるに至った。

  シュウイチは生きる理由を探している。
  ワタルが死ねる理由を探しているように。 ]


  ……いいね


[ まだ仄かに驚いた瞳のままワタルは言う。 ]
 

(127) sa13ichi 2019/02/25(Mon) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 少年は、死ななきゃならなかったというよりも
  どう足掻いても死期が決まっていて、
  腹が立ったので死んでやろうと思っていた。

  どうしようもなく見下していて
  当然のように利用していた母親だった。
  母親よりも母親に優しい自分が好きだった。

  けど、母親のことだって好きだった。

  母親に裏切られて腹が立って呆れて、
  だけど傷ついたのも嘘では無かった。

  それでも一秒は一秒でしかないように
  少年の残り時間は長くはならない。 ]
 

(128) sa13ichi 2019/02/25(Mon) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 少年は死にたかった。>>4:209
  少年は死にたくなかった。>>4:208

  少年は死ぬしかなかった。

  二つの相反する感情と
  一つしかない選択肢。

  だから少年は、自殺志願者の話でも聞けば
  本当に、心から、“死にたく”なるかな
  ──と考えて今ここに居る。 ]
 

(129) sa13ichi 2019/02/25(Mon) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 

  とても良いと思う


[ ワタルは言葉を繰り返す。
  いつのまにか唇は自然と微笑んでいた。

  ワタルは誰かの役に立とうとは思わない。
  誰かを自分の役に立たせようとしていた。
  生きるための理由は探していない。
  死ねる理由を探していた。

  反している。 一致していない。
  目の前の人物は、ワタルが人格を模索した際
  切り捨てた部分そのものだった。 ]
 

(130) sa13ichi 2019/02/25(Mon) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 殺したと思っていた部分が現れて
  自らを守ろうと言ってくる。

  そんな状況をワタルは、単純に面白いなと思う。

  ワタルの為と言われたのならば
  絶対に頷いてやらなかったけれど、
  ギブアンドテイクだ。

  期限が来ればあっさり殺されるかもしれないが
  笑いかけながら、手を差し伸べる。 ]


  僕を守ってください


[ 死ぬまで。 と少年は心の中で付け足した。 ]*
 

(131) sa13ichi 2019/02/25(Mon) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 死にたいこどもたちは、
  死にたいこどもたちでしかない。

  死ななきゃいけないこどもたちでも
  死のうとしているこどもたちでもなくて
  ただただ、 死にたい。 と
  思っている子どもたちでしかないのだ。

  だってそうじゃなきゃ、わざわざ
  十二人全員の意見の一致が必要な
  あんな死ねない集会に足を運ぶような
  面倒なことはしないのではないだろうか。
  と、ワタルは思う。

  ワタルもまた、その中の一人だった。 ]
 

(246) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 家に帰れば母親が困った顔をしていて
  ワタルはリュックに入った現金の束を思い出す。
  気付くのが早かったな、と考えた。

  どうしたの、とワタルが聞くと
  困惑しながらもなんでもないわ、と答える母親は
  ワタルのことを一切疑っていなくて
  ほんの少しだけ良心と言うものが痛んだ。

  だからと言って返してやる気は微塵もない。
  いつか払われるだろう多額の生命保険の内の
  たった50万前借してるだけなのだから。

  母もワタルも自分の事が誰よりも一番好きで
  お互いの事が多分三番目くらいに好きだ。 ]
 

(247) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 少年は何事も無かったかのように日常に戻る。
  勉強漬けの枷から外れただけが差異だ。

  あの病院に入れば二度と浴びる筈の無かった
  伸びやかな太陽の光を浴びて登校した。 ]


  おはよう


[ と言えば、野球部の馬鹿が挨拶を返して
  釣られて彼の友達何人かと話すことも増えた。

  下らない動画を教えて貰って笑ったり
  学校のイベントを共に過ごしながらも。

  少年は、きっと遠く無い未来
  彼等や母親の前から、姿を消す。 ]
 

(248) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 時間は有限だ。
  タイムリミットは迫っている。

  もしかすれば、犯罪者たちにとって
  掛けられた金は些細なものかもしれない。
  そんな幸運があるというのなら
  ワタルは見逃して貰えるかもしれない。

  でもそんなの、希望的観測でしかなかった。

  たかが15歳程度の人間が逃げ切れる可能性なんて
  ほんのこれっぽっちしかなくて、
  だからシュウイチの連絡先だけは暗記して
  殴られたって忘れないようにしてる。 ]
 

(249) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ シュウイチのことを殺したって生き延びてやる
  と今のワタルは思うのだけれど、
  そのころには十分情が移っていて
  きっと彼が死ねば自分は泣くだろう。

  冷静にそんなことを考えて、
  自分が死んだら恐らく泣くだろう母親を思い
  血だな、なんてワタルは愉快だ。

  ワタルは、犯罪者と母に見逃されたとしても
  いつまでも怯えて生きなければいけない。
  いつ殺されるのかと不安に思い続けるだろう。

  だから少年は死にたくって、
  だけど少年は死にたくなかった。 ]
 

(250) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 少年は、死にたくて死にたくなくて
  泣きたくて泣くなんて恥ずかしくて
  母親が憎くそれでも愛していたから
  只管現実から逃げたくて逃げられず
  世界のがこのまま止まってしまえば
  そう思って数字の一つとなったのだ
  けれど時計は止まってくれないまま
  矛盾した感情を削り切れないままで
  だけどそれこそか自分自身なんだと

  気付いたので、今日も生きている。

  少年は、ワタルは、今日も変わらず
  “死にたい”けれど、死にたくない。 ]**
 

(251) sa13ichi 2019/02/26(Tue) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワタル 解除する

生存者
(10人 0促)

ワタル
17回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.171 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび