人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 真向一気 シンイチ

[興味本位で他人の領域に踏み込んだ
数分前の自分を心底恨んだ。

何言ってんだコイツ。
全くそう思わない訳ではなかったし、
多分、死を目前にして無ければ
タチの悪い冗談だと一笑に付すくらいはしていた。

けれど、今。
真一は怒ることも笑うことも出来ず、
かといって茶化すことも出来ずに
困ったように眉を下げていた。

正直、何を言うべきか分からなかった。]

(9) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[『ルイくん』>>3:181の名前に思い当たる節はあって
彼が語る『上向シンイチ』の未来像>>3:176
そっくりそのまま、少し前のメディアが
好き勝手語っていたことであると気付く。

自分もああなるのだろうか。
適当な悲劇を書き加えられるのだろうか。
或いは、目の前の彼みたいな存在が
出てくるのだろうか。

そう考えて、それは嫌だな、と
真一は思った。何となく。]

(10) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[上向真一は王子様とは程遠くて、
王子様を辞めてしまいたくて。
けれども、王子様であろうとしたのは
紛れもない事実であって。

ましてや、王子様で手一杯なのに、
神様になりたい、なんて。]

(11) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[少し、考えるような沈黙があって
ややあって、口を開いた。]

 残念ですが、君が死んでも、
 ルイくんが神様になることはないと思います。
 いや、ないです。絶対に。

[気休めの言葉とか、
慰めの言葉は持ち合わせていない。
ただ、真一は淡々と言葉を紡いでいく。]

(12) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 君が死んで、ルイくんの素晴らしさを
 主張しようとしたとしても
 精々マスコミには面白がられるだけです。

 君が死んで、この事件で有名になったとしても
 『アイドルの後追いをした』って
 君自身の異常性にスポットが当てられて、
 ルイくんへの好意や信念なんて誰にも伝わらへん。

 あぁ、もしかしたら、
 ファンを死に追いやったアイドルとか
 取り沙汰されるかもしれんけど
 精々そのくらいやろ。

 もしそうなったとしても文句言われへんで。
 だって、死んどるんやし。

 えぇように言われて、笑われて、同情されて
 そんで、忘れられてくだけやわ。
 ルイくんも、ユエくんも、皆。

(13) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……そんなに好きなんやったら、
 好きって言い続けたってや。
 アホなこと言う奴なんて
 すぐそいつのこと忘れてどっか行くんやもん。

 好きって言ってくれる人までおらんくなったら
 ルイくんのええとこ知ってる奴おらんくなるやん。
 ルイくん、ホンマに死んでまうやん。

[途中から取り繕うことも忘れて、
まくし立てた真一は、
ゆっくり、大きく息を吐いた。
震える喉を、どうにか誤魔化すように。]

(14) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[上向真一は利根ルイでは無い。
だから彼が死を選んだ理由を知る由もないし、
彼の意思を偉そうに代弁したつもりもない。

ましてや、由衛にとっては
望んでもいない答えだろう。

それでも、ルイの純粋なファンであったろう
目の前の少年には生きて欲しいとは思った。
それは確かだった。]

(15) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[真一は眼鏡の位置を直そうとして、
少し迷ったような仕草の後、それをゆっくりと外す。
帽子の方は、顔が見える程度に浅く被り直して
そうして、ゆっくりと、由衛の方に向き直った。

窓の外、太陽は少しずつ傾き始めている。**]

(16) 2019/02/22(Fri) 03時頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 03時半頃


【独】 真向一気 シンイチ

/*
色々感情ばかりが先走ってもうて
文章力とロル書く速度が追いつかねぇ〜!

しっかり捕まってろ〜!振り落とされるぞ〜!!

(-6) 2019/02/22(Fri) 03時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
あともう由衛くんのロルの呼吸(?)がド好み過ぎて
毎秒わかる〜!ってなってるし
この村の人らの文章めちゃくちゃ好き(ファンの人格)

(-7) 2019/02/22(Fri) 03時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[薄く隈が出来た目は、驚いたように目の前の少年を見て
そうして、その視線はゆっくりと床に落ちた。

自分に向けられている言葉>>27でないのは百も承知だ。
それでも、もしかしたら。
『上向真一』にも、こう言ってくれる存在が
世界の何処かにいるのかもしれないなぁ、なんて
そんなことを考えた。

ただの都合のいい妄想でしかない。
それに気付いたところで、真一の生活は変わらないし
視線やカメラに怯えることは変わらない。けれど。

少し陰った日差しの中、真一は目を伏せる。
暫しの後、ふ、と穏やかに微笑んだ。]

(66) 2019/02/22(Fri) 16時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 そうですね。
 戻りましょうか。

[両手にチャッカマンを携えた由衛の姿>>29
どこかでやったゲームのキャラみたいで
真一はくく、と笑みを漏らした。

ハンカチでも差し出す気遣いがあればよかったのだけれど
生憎、真一は王子様とは程遠いので
そういったものは持ち合わせていない。

タイムリミットまでは時間がある。
少しだけ、まだ、考える時間が欲しかった。]

(67) 2019/02/22(Fri) 16時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[火元は2本もあれば十分な気がするな、と思うので
真一は手ぶらのままに給湯室を後にする。

地下へ戻るべく廊下を歩きながら、
手持ち無沙汰な手をポケットに突っ込んだ。
マスクと煙草の箱が指先に当たって
真一は、あ、と声を上げる。]

(68) 2019/02/22(Fri) 16時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……。

[少しの間、迷ったように眉を下げ、
廊下の隅に置かれたごみ箱に視線を向ける。
そうして、その中に、ポケットのふたつを
無造作に放り込んだ。

がさ、と、思った以上に派手な音がしたものだから、
「なんでもありません」と苦笑して
真一は、再び地下へ向かって歩き出す。**]

(71) 2019/02/22(Fri) 16時頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
今一瞬前のやつ全部すっとばして投稿してもうたかと思って
滅茶苦茶焦った

ゆえくんに生きてほしいでござる〜
というかみんなに生きてほしいでござる

(-31) 2019/02/22(Fri) 16時半頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 16時半頃


【人】 真向一気 シンイチ

 あ、ちょっと、何するんですか。

[行きと同じの手ぶらスタイルは
どうやら彼のお気に召さなかったらしい。

ポケットに突っ込まれそうになったチャッカマンを
真一はひょいと身をよじって避ける。>>96
落ちはしなかったと思う。多分。]

(144) 2019/02/22(Fri) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 せこくないです〜。
 チャッカマンなんて、
 そんな何十本も使わないでしょ。

[肩をすくめて、真一も鼻を鳴らす。
とはいえ、問答するつもりもないので、
渋々といった表情を作って受け取ったチャッカマンを
バトンのようにくるくると右手で弄ぶ。

――ふと、視界の隅に何かが入った。
それが何か分かって、あぁ、と真一は声を上げた。
何事かを考えるように、暫し黙りこんで。]

(145) 2019/02/22(Fri) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……すみません、ちょっと、寄り道します。

[もう一人のチャッカマンの持ち主に
軽く断りを入れて、真一は踵を返す。]

(146) 2019/02/22(Fri) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[マスクは煙草と一緒に捨てた。
眼鏡は胸ポケットに引っ掛けているので
どこかバツの悪そうな表情を隠すものもないままに、

真一はカツカツと足音を立てて、
重たげな箱を抱えた少年>>120に歩み寄った。]

 手伝います。

[運動神経や体力は人並み以上という自負がある。
荷物の半分ほどを請け負ってから
ちら、と、1番の少年を見遣った。
口元をへの字に曲げた真一は、ようやく口を開く。]

(148) 2019/02/22(Fri) 22時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……さっきはすみません。
 言いすぎました。

[少しだけ、頭を垂れた後、
要件は終わったとばかりにすたすたと歩きだす。

別に何か考えを改めたとか、
心変りがあったとか、そんな難しい話でない。

このまま死ぬのは寝覚めが悪い、とか
後々追い出されてはかなわない、とか
そんな単純な理由。ただ、それだけ。*]

(151) 2019/02/22(Fri) 22時半頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 22時半頃


真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 22時半頃


真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 22時半頃


【人】 真向一気 シンイチ

[荷物を抱え直すようにして、箱に顔を埋めた真一は
先程眼鏡を外したことを
今までにないくらい後悔していた。

真一は驚いたように目を見開いて、
怜の言葉を>>175噛み締める。
視界が潤んで、喉の奥が引き攣った。

少し、時間をかけて、それら全てを飲み込んで。
うっすら隈の浮いた眼を数度瞬いてから、
深く、深く息を吐いた。]

(212) 2019/02/23(Sat) 00時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……そんなの、言われるまでもありません。

 上向真一っていう王子様だって、
 僕がいないと、存在出来ませんから、ね。

[無理はしません、と、テレビの前よろしく
微笑んだ時には、既に涙の影は失せていたと思う。

ただ、彼の前で素の口調を晒したら、
何だか笑われてしまうような気がしたので、
ボロは出さないと心に決めて
そうして、真一は
立ち止まっていた足を再び動かした。]

(213) 2019/02/23(Sat) 00時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[なお、両手が塞がっているのを良いことに
ポケットに突っ込まれた煙草>>175には
真一は苦笑する。
吸ってたの、見られてたのだろうか。]

 ……いただいておきます。

[折角の感謝を突き返すのも悪いとか何とか
内心で言い訳をしながら
真一も多目的室へ足を踏み入れる。*]

(214) 2019/02/23(Sat) 00時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

―地下・多目的室―

[死ぬための小道具が整った部屋で
真一は管理人の言葉>>104を静かに聞いていた。

(濡れ衣>>97は、ぶんぶんと首を振って否定した。
そんなにキツイことを言った覚えはない。)]

(215) 2019/02/23(Sat) 00時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[キャップ帽の鍔を直して、考え込むように腕を組む。
ちらほら、上がる手を眺めて
あぁ、これは中止になるだろうなと思いながら、

真一自身も、真っ直ぐに右手を上げた。
静かな眼差しで、管理人の裁定を待つ。*]

(223) 2019/02/23(Sat) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:シンイチ 解除する

生存者
(10人 0促)

シンイチ
32回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi