人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 真向一気 シンイチ

/*
お疲れ様です!今日は寝ます!!

(-8) ふゆのひと 2019/02/23(Sat) 01時頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
おはようございます。
うああはのんさんんんんん……好き……(拝)

ロルは夕方以降に**

(-78) ふゆのひと 2019/02/23(Sat) 10時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
戻りました〜

女子皆可愛い ガールズトークしててほしい

(-121) ふゆのひと 2019/02/23(Sat) 22時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
すみません眠気がやばいので朝に来ます……今日は寝ます**

(-131) ふゆのひと 2019/02/23(Sat) 23時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[静かな空間に響いたウツギの言葉>>11>>12
真一は下を向いたままに噛みしめる。

昨日と今日で、真一の置かれた状況が
変わったかと言われれば、否。
向けられるカメラや視線を遮ることは出来ないし
明日からは事務所からの監視も厳しくなるだろう。

けれど、夢の終わりくらいは、自らの手で。
それまではきっと、上向真一が死ぬことは無い。

なんなら、関西弁の王子様とかもえぇんちゃうかな。
なんて考えて、一人で口元に笑みを浮かべた。
それはまた、別の話だ。]

(64) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[何気なく電源を入れたスマホには
恐ろしい数の着歴が届いていたので
慌てて携帯を機内モードに戻す。

俺は何も見なかった。自分にそう言い聞かせながら、
飛んできたお節介>>23に、困ったように頬を掻いた。
案外、思っているより自分は
知られていないんじゃないかなとすら思いそうになる。]

 えぇ、まぁ、それなりに。

[煙草のことは、どうか忘れていただければ、と
真一は複雑な笑みを浮かべた。

写真を撮る>>25と笑いながら、
自らは写ろうとしないはのんの
上げられなかった手を見ていた。

つまり、そういうことなのだろう。]

(65) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[当然のように指定された立ち位置>>34
1番>>39の隣くらいだったと思うので、
金髪の後ろにピースサインを生やしておく。
鬼に見えるか、ウサギに見えるかは見る人に任せておこう。

マイナーな掛け声>>26をガン無視して、
王子様のような微笑を浮かべた真一は、
向けられるカメラが無くなってもなお、
暫し、その場に立ち尽くしていたと思う。]

(66) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[何事か考えるように口元を押さえていた手を
ポケットへと突っ込んで。
そうして、多目的室を後にする。

階段を登りながら、眺めた窓の向こうは
少しずつ、夜を迎えようとしていた。]

(67) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

―屋上にて―

 はのんさん。

[殺風景だな、というのが真一の第一印象だった。
フェンスの途切れた部分に、危ないなと思い。
その部分に腰かける少女>>47に声をかける。]

 お邪魔してすみません。

 煙草を吸いに来たんです。
 しばらく、吸えないと思うので。

[つい先ほど止められたばかりの白い箱を
真一は軽く振って見せる。

生憎、長生きとかそういうのには興味がないし
もし、彼女が“そう”するつもりなら、
スキャンダルになるはずもない。そう思った。]

(68) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[バニラの香りがしない煙を吐き出す。
苦いな、と真一は思った。でも、嫌いな味じゃあない。]

 ……死ぬつもり、ですか?

[暫し黙り込んだ後、意を決した真一は
座ったままの背に向って言葉を発した。

止めに来たという訳じゃない。
それほどの確固たる決意もなく、
けれど、見なかったフリをするのも釈然としない。

生きている彼女に、話を聞きたかった。
ただ、それだけの理由。**]

(69) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
朝とはなんだったのか(すみません)
心残りなのではのんちゃんに突撃しつつ
今日は早めに着席頑張りますね**

(-164) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
延長ありがとうございます!
明日は多分のんびり見てると思います**

(-165) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 17時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[>>72断る理由はない。
片方の手で白い箱を差し出して、
もう片方で王子様らしい仕草で
恭しくライターを差し出した。

さて、初めての煙草の感想はどうだったろう。
真一は細く煙を吐き出しながら、
へらりと緩く笑ってみせる。

これなら、受動喫煙もへったくれもありゃしない。
あからさまに危なそうなフェンスからは、
少し距離を取って、
真一は彼女の隣に腰掛ける。]

(76) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 23時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 きっと、次に吸う時に、
 はのんさんのこと思い出しちゃいますね。

 君は知らないみたいですけど、
 僕、案外有名人なんですからね。

[光栄に思ってください、と
冗談めかした調子で彼女に笑いかけた真一は
(やっぱり薄いな>>0:159)なんて感想を抱きつつ
再び煙草を咥えた。

次に吸うのは、
世間様に認められる年齢になってから。

それまでに夢を終わらせることが出来るのか
或いは、その後も続いていくのか。
そればかりは真一にも分からない。]

(77) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 23時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[煙を深く深く吐き出して
少しずつ暗くなりつつある空を見上げた。

煙草を吸い終わったあと、
彼女がどうするつもりなのか。
返答代わりの要求が何よりの答えで、
それを察せない程に真一も馬鹿じゃない。]

 ……僕に出来ることは、
 何も、ありませんか?

[口に出した問いかけは
彼女の為でなく、自分の為のもの。

死にたいと思う気持ちも理解出来るし、
かといって、見なかったフリを出来るほど
冷淡な人間でも無いらしい。]

(78) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 23時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[あの時、何も出来なかったのか。
どうしようも無かったのだろうか。

死人に問いかけたところで
答えが得られるはずもない。
だから、彼女が生きているうちに問うことにした。
自分が後悔しないために。

ここに来た理由は
そんな自分勝手なものが全てなので、
自分はやっぱり、王子様とは程遠い。**]

(79) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 23時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
>>-183 せやろ!!!!

お返事遅くなってすみません……!
明日は昼前からいると思います!ぼちぼち寝ます**

(-186) ふゆのひと 2019/02/24(Sun) 23時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 そりゃあ、煙ですからね。
 チョコみたいな味はしませんよ。

[どうやら、初めての煙草>>84
お気に召さなかったらしい。
文句は受け付けません、とばかりに
真一はすまし顔で耳を塞いで。

そうして、はのんと顔を見合わせて、
くく、と笑い声を漏らした。]

 これ、さっきのとは別の煙草なんです。
 僕は嫌いじゃないですけどね。

[付け足して、短くなってきた煙草の灰を落とす。
床に落ちたそれは、風を受けて何処かへと消えていく。]

(111) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[さっきとは違い、はっきりと返ってきた拒絶>>87
真一はそうですか、とあっさりと頷いた。

所詮は今日会ったばかりの他人だ。
死を引き留めるような熱意も
相手の生を引き受ける覚悟も持ち合わせていない。

そうして、煙草の火を消して、
出番のない王子様は潔く舞台から去るのが
きっと正解だった。物語の中であれば。]

(112) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[けれど、真一は王子様ではないので
隈をなぞる指>>90を振り払うことはしなかった。

いいんですか?と問いつつも、
素直に好意に甘えることにした。]

 では、失礼して。

[宙ぶらりんになっていた脚>>91
此方を向いたことに何となくほっとして、
おずおずと彼女の脚に頭を預ける。

案外、悪くないと思った。
強いて言うなら、もう少し肉をつければいいのに、と
見上げた彼女の顔も良く見えたので、
真一はなんだかおかしくなって、
くくと笑い声を漏らした。]

(113) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[自分の部屋のベッドに比べれば、
地面は固いし、頬に当たる風は冷たい。

それでも、窓の外から聞こえる黄色い声とか、
カメラのフラッシュとか、おっさんの怒声とか、
そういったものはどこにもなかったので
真一は安堵したように瞼を閉じる。

子守歌を聴くのなんて何年ぶりだろう。
ましてや、膝枕なんて。

きっと、世の男子に自慢したら羨ましがられるだろうが、
生憎、真一に友人らしい友人はいない。
ので、このことは彼女と自分だけの秘密になるのだろう。]

(114) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[眠りたい。そう考えて真一はここに来た。
だというのに、重くなってきた瞼が疎ましいと思う。]

 ……僕が眠ったら、
 気にせず、かえっていい、ので。

[もごもごとそれだけ告げて、押し黙る。
これ以上起きていたら、
余計なことまで言ってしまいそうだったので、
真一は、襲い来る睡魔に身を任せることにした。

その最中、縋るように彼女の服の裾を摘まんだのは、
きっと、屋上の肌寒さのせい。**]

(115) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
遅くなった!!!!すみません!!!!!!

あっ延長ありがとうございます!
体調不良の方はお大事にです。

(-220) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 15時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
>>-221 言っとるやないかい!!!
>>-223>>-225 ちゃうわい!><
ってそれぞれ真一くんが言ってた

雑用済ませてきます**

(-227) ふゆのひと 2019/02/25(Mon) 19時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[きっと、起きた時には、
彼女はいなくなってしまっているだろう。
そう思いながら、目を閉じた。

彼女の決断を止めるつもりはない。
今日会ったばかりの他人に、その資格はない。

そのはずなのに。

どうか、かえらないでほしい。
引き留めるように、微睡みの中、
真一は彼女に手を伸ばした。]

(150) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[――心地いい眠りから真一を引き上げたのは、
耳元で聞こえた叫び声>>141だった。

がばりと身を起こして、殺風景な屋上を見回してから、
声の主に目を向ける。

いるはずのない人が、そこにいた。

ぼんやりとしていた意識が、一気に覚醒する。]

(151) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 はああああああああああ!?!?!?!?!?

[そうして、負けず劣らずの絶叫を
夕暮れ空に響かせた。
遠くの烏がばさばさと飛び立つ音が聞こえた。]

(152) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[突然の自己紹介>>143に目を白黒させながらも
数時間前と同じように、真一は小さく頭を下げる。]

 えぇと、シンイチです。僕の名前。
 上向、真一。

[一体何が起こっているのだろう。
いや、そんなのはどうでもいい。]

(153) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[真一は「失礼します」と断りを入れてから
目の前のはのんの頬へ手を伸ばす。

温かい。生きている。

彼女の身体が透けてもいないことを確認して、
そうして、ようやく真一は
安堵したように、深く深く息を吐きだした。

腕を伸ばして、はのんの華奢な身体を抱きしめる。
多分、今にも泣きだしそうな顔をしていた。]

(154) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……よかった、です。
 君が、生きててくれて。

[何を言っているんだろう、と
そう思うだろうか。
真一からすれば、お互い様なので
勘弁してほしい。

自分に、こんなことを言う資格はない。
終わらせたいという切実な想いを、
他人の身勝手さで遮るのは横暴だ。分かっている。

それでも。
――もっと、話していたい。
――もっと、彼女のことを知りたい。
優しい子守歌>>144を聴きながら、そう思ったのは
紛れもない事実だった。]

(155) ふゆのひと 2019/02/26(Tue) 10時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:シンイチ 解除する

生存者
(10人 0促)

シンイチ
32回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.195 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi