人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


この村にも恐るべき“人狼”の噂が流れてきた。ひそかに人間と入れ替わり、夜になると人間を襲うという魔物。不安に駆られた村人たちは、集会所へと集まるのだった……。


【人】 少年 A

(着信音)

うぇ、絡まれてる?
言葉通じてないなー。削除削除。ハハハ

ぽち。ぽち。簡単な操作をしてケータイをしまう。

(0) 2019/02/17(Sun) 00時半頃

村の設定が変更されました。


宇宙原理衆 ウツギが参加しました。


【人】 宇宙原理衆 ウツギ

― 廃病院前 ―

  …………

[立ち入り禁止の札の下がった鎖を持ち上げ、
慣れた様子で潜り抜ける。

そのまま大きな楠の植わるロータリーを突っ切って
「宇都木記念病院」と掲げられた正面玄関前を横切った。
文字はところどころ欠けている。

自動ドアのその先を覗き見ることは、
カーテンによって叶わない。


裏口にはロックが掛けられていた。
――否、己が掛けたものだ。

寒さで悴む指で丁寧に入力したら
扉の鍵はあっさりと解除された。]

(1) 2019/02/17(Sun) 00時半頃

【人】 宇宙原理衆 ウツギ

[廃業してしばらくたつというのに、
院内はやはり、病院特有のにおいがした。

静寂に、ジャリと革靴が砂埃を踏みしめる音が
やたら大きく響く。

腕時計で時間を確認すれば、時刻は11時になろうとするころだった。
『集い』の時間まで、あと一時間ほどだ。


受付横の金庫を開ければ、
そこには12枚の木札が入っていた。

自分はそこから「12」と書かれた札を手にした。]

(2) 2019/02/17(Sun) 01時頃

【人】 宇宙原理衆 ウツギ

[配電盤のある場所へ向かったら、
ブレーカーのスイッチをゆっくりと押し上げた。

これから起こりうること、
画面越しに出会った参加者たち、
足許に横たわる「死」の気配

それらすべてを飲み込んで

細く、長く、息を吐く。]

(3) 2019/02/17(Sun) 01時頃

【人】 宇宙原理衆 ウツギ

[と、先程まで気味が悪いくらい無機質で
静かだった院内に、自分以外の気配を感じる。

リノリウムの床を鳴らす音は、靴音ではなく
車輪だ。

早足に受付まで戻れば、
ちょうど「11」の木札を手にした青年と目が合うだろう。
少々視線が彷徨ったのは、
彼の人が車椅子に腰かけていたせいか。]

 …こんにちは。お早いですね。
 
[ポケットにしまわれたらしいスマホがブブブと小さく音を立てた。
まるでそれが挨拶の返事のように。]

 『集い』にいらした方、ですね。

[確認するまでもないけれど、青年が頷くのをじっと待って]
 

(4) 2019/02/17(Sun) 01時頃

【人】 宇宙原理衆 ウツギ

  
 では一緒に行きましょうか

[と、会場になる地下の多目的室へ歩き出す。
11番の彼>>0の車椅子を押しながら。**]

(5) 2019/02/17(Sun) 01時頃

次元X式コンピューター (村建て人)

『集い』にいらっしゃる皆様へ

こんにちは。いよいよ、明日となりました。
(中略)
会場は廃病院となっている「宇都木記念病院」です。
正面ゲートにかかってる鎖を潜って、ロータリーを進み、正面玄関横の裏口までいらしてください。正面玄関は開きません。

裏口の鍵は「0217」で開きます。
中に入りましたら、受付横に金庫があります。
金庫は「右に20、左に20、右に40」で開きます。
中に番号の書かれた木札があるので、ご自身に割り振られている番号の札をお取りください。

会場は地下にある多目的室となっております。

集合時間は12時ですが、一時間前には鍵を開けておこうと思いますので、早めに到着された方は中に入ってくださって構いません。
(中略)
それでは、当日皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

管理人

(#0) 2019/02/17(Sun) 01時半頃


次元X式コンピューター (村建て人)は、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 01時半頃


共信の友 はのんが参加しました。


【人】 共信の友 はのん

  ―― 廃病院正面玄関  ――


  立ち入り禁止というのは。
  立ち入るのが禁止という意味で。
  それすなわち。

  本当に入って大丈夫かな?
  入っちゃうよ?
  ………おじゃましま〜す。

  ―――っと、その前に。


[札に注いでいた視線を上げる。>>1
 パシャリ。
 掲げたスマートフォンがシャッター音を響かせて
 病院の外観をデータに収めた。] 
 

(6) 2019/02/17(Sun) 02時頃

【人】 共信の友 はのん


[別に私は、廃墟マニアじゃないから。
 心震わせるわけでもない風景。
 ただ"今まで"の私は
 細かく記録することを心掛けていたみたいだから。
 何番目かわからない私もそれに倣った。
 ………それだけなんだ。
 多分ね、


    それは私が生きるのに、必要な作業だったから。]
 

(7) 2019/02/17(Sun) 02時頃

【人】 共信の友 はのん


[私の海馬がポンコツになってから、
 3年程月日が流れたらしい。
 伝聞系なのは、私がそれを実感として認識できないから。

 ――― …… 今の私が持っているもの。
 『天使 羽音(あまつか はのん)』という
 ちょっとばかりキラキラした名前。

 ・・
 あの瞬間までの記憶。

 ……そして、おそらく日課にしているんだろう。
 目覚めた私の手に、握られていたスマートフォン。

                  それだけ。]
 

(8) 2019/02/17(Sun) 02時頃

次元X式コンピューター (村建て人)は、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 02時半頃


村の設定が変更されました。


【人】 共信の友 はのん


[これ以上積み重ねたら。
 私というコップは、容易く溢れてしまう。

 ………天使羽音には、過去と今日しかない。
 未来がない。
 描くことができない―――らしい、から。

 ( いつの間にか高校三年生になってしまっていた私。
   手元にあった進路希望調査票は
   白紙のまま、提出期限を大幅に過ぎていた。 )

 おそらくだけどね。
 死を選ぶ理由としては、そんなところだったのかなぁ。
 そのことだって私は、覚えていないんだけど。]
  

(9) 2019/02/17(Sun) 02時半頃

【人】 共信の友 はのん


[子供っぽいピンク色のスマートフォン。
 少々型落ちしていることに、私は気づかない。
 それでもきっちり仕事をこなして、
 今日のスケジュールを教えてくれる。

 持ちあげた鎖が、指先でじゃらと重量感を響かせた。
 はて裏口は何処だろう?

         ××××年。××月××日。
         今日は私が、死ぬ日 らしい。
         ――― びっくりだよねぇ。]*
 

(10) 2019/02/17(Sun) 02時半頃

【独】 共信の友 はのん

/*
まつこさん村建てありがとう。
久しぶりのまつこ村だよー!

冲方さんの本は何冊か読んだことあるけど。
このタイトルは未読であります。

設定重い子が多い(多分)だろうから。
基本ポジティブさんでいけたらよいな。
つらいことあっても記憶できないしね。

(-0) 2019/02/17(Sun) 02時半頃

共信の友 はのんは、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 02時半頃


【独】 共信の友 はのん

/*
キャラセット「帰還者議事」のままで大丈夫かな?
と思ったけど、予約全部帰還者だね。
なら@1の方が他の選ばない限りいいのかな。

新チップたくさんあるから使いたいよね。

(-1) 2019/02/17(Sun) 02時半頃

次元X式コンピューター (村建て人)は、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 03時頃


薔薇∴十字 ススムが参加しました。


【人】 薔薇∴十字 ススム


 ……ここか。

[何の感慨もない、訳ではない。
やっと死ねる、という思いと。本当に死ねるのか?という思いと。

自分が、何かに巻き込まれるんじゃないかという疑念と。そんなものがない交ぜになっているのを感じていた。
でも、まぁ。兎に角。死んでしまえば、赦してくれるのかなぁって。

そんな訳ないことも、何となく分かるが。
でも、そうしないではいられないんだ。]

(11) 2019/02/17(Sun) 09時半頃

聖愛色同胞 ノッカが参加しました。


【人】 聖愛色同胞 ノッカ

―きっかけのこと―

[床に座り、ポテトチップスをぼんやり食べながら、ずっと考え事をしてた。
ポテトチップスの袋の中身は、考え事を始めたときよりかなり減っている。
空腹を満たすためではなく、なんとなくで口に運ぶだけの食事を続けながら。
少し体を折り曲げて、そして呻く]

いた……ぃ……

[少し床と下着が擦れただけだというのに、血が滲む。
火であぶられてるみたいな熱さと痛みが、太股の付け根のその奥をチリチリと痛め付けていた。
その痛みと異常が、考え事の中身だった。

病院はむりだ。だって、保険証ないと病院はなにもしてくれないんでしょ?
だから、ずっと、ずっと、放っといて。
治る気配はなくて、ずっと、ずっと、痛くて。
セックスも、できなくて。

なにか大きな病気なんだろう、なぁ]

(12) 2019/02/17(Sun) 09時半頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

……こわい

[出した声は、誰もいない家にポツンと転がった]**

(13) 2019/02/17(Sun) 09時半頃

聖愛色同胞 ノッカは、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 09時半頃


薔薇∴十字 ススムは、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 09時半頃


【独】 薔薇∴十字 ススム

/*
カンジダ、と指定されると中身が顔を出しそうなので性病にしてもらった方が良かったかも、などと思ってしまいましたNemuriです。初めましての方も、多い気がします。

いつぶりのRPなのでしょう…ご迷惑は多分おかけしそうですが、出来る限り頑張ります…

(-2) 2019/02/17(Sun) 09時半頃

白銀∴秘星 マユミが参加しました。


【人】 白銀∴秘星 マユミ

― 廃病院前 ―

  私、は。
  今日ここで……

[ 楠の木漏れ日に目を細めつつ白く聳え立つ
 廃病院をそっと見上げた

 ザリ。
 たじろいだ私の足元で、ローファーの靴が
 病院前の砂利石を踏みしめる音が
 嫌に大きく耳朶を打つものだから、思わず立ち止まる

 ――…怖い。
 元より覇気のある方では無かったが
 " あの時 " 以来、より人を怖がるようになってしまった ]

(14) 2019/02/17(Sun) 10時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

[ 一番上まで止められた真面目な制服と
 少し長めのカーディガン。

 その下に隠された複数の暴行の痕と
 心に残る傷が私をこの廃病院へ導いた。

 そうなるきっかけ等、きっと大したことは無かった
 ただ" 虐められていたあの子を庇った "


 ――…ただそれだけだったんだ]

(15) 2019/02/17(Sun) 10時半頃

【人】 白銀∴秘星 マユミ

   ……こわい。

[ いつか、人知れず少女が落とした呟き>>13
 と同じ言葉だという事は知らぬままに。

ポツンと呟いた言葉はサラサラとした
 楠の葉擦れの音に紛れ消えていった
 
 今日ここで多くの人に会うのだろう
 人の視線に晒されるのは怖かった

 でもそれ以上に。
 これ以上生きてるのはもっと怖い。
 そして人を信じられなくなってしまった
 自分の事は何よりも嫌いだった。

 私が此処に立つ理由はそれだった*]

(16) 2019/02/17(Sun) 10時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2019/02/17(Sun) 10時半頃


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
敢えて映画とは正反対の方向性に。
どうなるか楽しみです!

(-3) 2019/02/17(Sun) 10時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(10人 0促)

はのん
54回 注目
ススム
18回 注目
ノッカ
16回 注目
マユミ
20回 注目
レン
14回 注目
ヒナコ
31回 注目
ワタル
17回 注目
シンイチ
32回 注目
ユエ
18回 注目
ガーディ
33回 注目

犠牲者 (1人)

0回 (2d)

処刑者 (1人)

ウツギ
11回 (5d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.203 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi