人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ウツギ1人が投票した。
ノッカ1人が投票した。
ワタル9人が投票した。

ワタルを処刑するには畏れ多かったので、取りやめた。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
犠牲者はいないようだ。殺戮の手は及ばなかったのだろうか?


現在の生存者は、ウツギ、はのん、ススム、ノッカ、マユミ、レン、ヒナコ、ワタル、シンイチ、ユエ、ガーディの11名


食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 00時半頃


聖愛色同胞 ノッカは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 00時半頃


次元X式コンピューター (村建て人)は、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 01時半頃


宇宙原理衆 ウツギは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 01時半頃


【人】 架空惑星 レン


[ 見透かせない。
 自分の心にも殻をかぶらせて
 大人しく膝を抱え込んでいた。
 音だけを発するような声が途切れる。
 伸びた指>>3:188に触れられて心臓が止まる ]


  …………、


[ がんばってなんか、ない。

 咄嗟に返そうとして呼吸に詰まった。
 つきりと痛み疼く左胸は煩く音を立てていた ]

(0) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ 期待していないから諦めていた。
 そのつもりだったと言い聞かせていたと
 気づいていたのは頬に添えられた指先>>3:189

 癒されるつもりもないってそっぽを向こうとした癖に
 迷い迷いに懸命に紡がれる言葉に少し絆された。
 唇を噛みそうになって誤魔化すよう視線は彷徨う。

 捨てられた、後。
 いなくなっても大丈夫>>1:77
 それにお揃いだと答えた声が蘇った。

 思わず上げた顔はひどい顔だった。
 おそらくあの時よりもずっと>>1:78 ]

(1) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  なんだよ、お前がなんとかするのかよ。

[ 酷い、酷い、殺し文句>>3:190だ。
 それだけじゃない、これも、あれも>>3:193
 無責任な神様になり損なった俺>>1:91に言う。
 守るように頬を包む手の温度は優しい。
 それでいて望々花が口遊む願いは一種の楔めいたもの ]

  俺は、お前の理想の兄貴には、多分なれない。
  幸せに生きる価値なんてないし、
  ……不幸に、するだけかも、しれない。

(2) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  さっきも何回も、泣かせたし。

[ 卑屈な性格を露わにして呟きを落とす。
 キラキラしたのは頭の色だけで
 実際はこっちにおいでなんて手を伸ばせない。
 差し伸べてくれたのは妹の方だった。
 汚泥に沈みそうな蓮を掬ったのは望々花だった。
 
 そんな彼女が死にたくないと願う人生に
 俺の存在などただの弊害ではなかろうかと
 こんなに都合のいい展開なんて夢幻なんじゃないかと
 そう思い込んでしまうと恐ろしく思えた ]

  望々花は、バカだ。
  いなくなっても大丈夫なんかじゃない。
  ……全然、お揃いなんかじゃない。

(3) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  望々花が覚えていなくても
  無邪気に笑って指を離さないでいてくれた望々花に
  俺はずっと、救われてた。


  でも今は、――――優しくしないで欲しかった。


[ 溢れる。
 そう言い切る前に伸びた手は望々花の肩へ。
 感動のハグ>>1:90よりも粗雑で勢い任せの力。
 抱き寄せようと籠もった力はどうしようもなかった ]

(4) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  お願いだから死なないで、望々花。

[ 掠れたような声はどうしようもなく小さい。
 ふるりと震える瞼を強張らせたまま唇を震わせた ]

(5) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  …………生きてよ。
 

(6) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ たった四文字の願いだ。
 泣き出すのを抑え込むように息を吸って
 それから眉間の皺を寄せた。

 今だって死にたいという気持ちは消えていない。
 そんなに簡単に切り離せるものではなかった。
 それ程までに根強く蔓延っていたのだ。

 歯噛みする。
 どうするべきなのか迷いはあった。
 それでも今この手を離したくなかった ]

  …………なんとか、する、から。
  だから取り柄ないとか言うなよ。
  望々花も世界から切り離されないようにって
  頑張ってたんだろ。

(7) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

【人】 架空惑星 レン


  もし世界と繋がれなくたって、
  そばに、いるから。
  ……、だから幸せになっていい。

[ 音に発して重さを感じる。
 死にたくて仕様がない癖して
 結局天秤が選んだのは彼女の未来だった ]

  一緒に、帰ろう。

[ いっしょに生きての代わりに彼女へと願った ]**

(8) 2019/02/22(Fri) 01時半頃

架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 01時半頃


【人】 真向一気 シンイチ

[興味本位で他人の領域に踏み込んだ
数分前の自分を心底恨んだ。

何言ってんだコイツ。
全くそう思わない訳ではなかったし、
多分、死を目前にして無ければ
タチの悪い冗談だと一笑に付すくらいはしていた。

けれど、今。
真一は怒ることも笑うことも出来ず、
かといって茶化すことも出来ずに
困ったように眉を下げていた。

正直、何を言うべきか分からなかった。]

(9) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[『ルイくん』>>3:181の名前に思い当たる節はあって
彼が語る『上向シンイチ』の未来像>>3:176
そっくりそのまま、少し前のメディアが
好き勝手語っていたことであると気付く。

自分もああなるのだろうか。
適当な悲劇を書き加えられるのだろうか。
或いは、目の前の彼みたいな存在が
出てくるのだろうか。

そう考えて、それは嫌だな、と
真一は思った。何となく。]

(10) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[上向真一は王子様とは程遠くて、
王子様を辞めてしまいたくて。
けれども、王子様であろうとしたのは
紛れもない事実であって。

ましてや、王子様で手一杯なのに、
神様になりたい、なんて。]

(11) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[少し、考えるような沈黙があって
ややあって、口を開いた。]

 残念ですが、君が死んでも、
 ルイくんが神様になることはないと思います。
 いや、ないです。絶対に。

[気休めの言葉とか、
慰めの言葉は持ち合わせていない。
ただ、真一は淡々と言葉を紡いでいく。]

(12) 2019/02/22(Fri) 02時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 君が死んで、ルイくんの素晴らしさを
 主張しようとしたとしても
 精々マスコミには面白がられるだけです。

 君が死んで、この事件で有名になったとしても
 『アイドルの後追いをした』って
 君自身の異常性にスポットが当てられて、
 ルイくんへの好意や信念なんて誰にも伝わらへん。

 あぁ、もしかしたら、
 ファンを死に追いやったアイドルとか
 取り沙汰されるかもしれんけど
 精々そのくらいやろ。

 もしそうなったとしても文句言われへんで。
 だって、死んどるんやし。

 えぇように言われて、笑われて、同情されて
 そんで、忘れられてくだけやわ。
 ルイくんも、ユエくんも、皆。

(13) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……そんなに好きなんやったら、
 好きって言い続けたってや。
 アホなこと言う奴なんて
 すぐそいつのこと忘れてどっか行くんやもん。

 好きって言ってくれる人までおらんくなったら
 ルイくんのええとこ知ってる奴おらんくなるやん。
 ルイくん、ホンマに死んでまうやん。

[途中から取り繕うことも忘れて、
まくし立てた真一は、
ゆっくり、大きく息を吐いた。
震える喉を、どうにか誤魔化すように。]

(14) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[上向真一は利根ルイでは無い。
だから彼が死を選んだ理由を知る由もないし、
彼の意思を偉そうに代弁したつもりもない。

ましてや、由衛にとっては
望んでもいない答えだろう。

それでも、ルイの純粋なファンであったろう
目の前の少年には生きて欲しいとは思った。
それは確かだった。]

(15) 2019/02/22(Fri) 03時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[真一は眼鏡の位置を直そうとして、
少し迷ったような仕草の後、それをゆっくりと外す。
帽子の方は、顔が見える程度に浅く被り直して
そうして、ゆっくりと、由衛の方に向き直った。

窓の外、太陽は少しずつ傾き始めている。**]

(16) 2019/02/22(Fri) 03時頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 03時半頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[粗方、僕の中の毒を歌へと乗せてしまったから、さっきまでの僕よりは少し穏やかである。
そこまであったかくはないが、日差しを浴びる。
今までは駄目だと言われていたが、別に最期なのだ。咎める人もいなければ、その先に待つ苦痛の前に死んでしまえば、苦痛は訪れない。

声をかけられる。
そちらへと首だけ向けたのであれば、姿はウツギ>>3:182のもの。

歌うのに邪魔だったから、下げてたマスクを口元に戻して]


  ……どーも


[挨拶にはそう返して。
毒がなければ口数は少ない。
毒が多ければ口数が増えて言葉も鋭くなる。
それはわかってはいるが、直す気がないのは僕の意思なのか、身体に引っ張られてるのか。
それとも自身のテリトリーを侵されたくないからか]

(17) 2019/02/22(Fri) 05時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[「君はどうして死にたいの?」>>3:185
そんな問いを投げられた。

瞬きを一つ、ゆっくりとする]


  ……そういうウツギさんは
  なんで集団自殺なんか計画したんですか?

  僕としては有り難いとは思いましたが


[質問には質問を返す。
質問に答えることに意味を見出せなかった。
互いに踏み込まず、踏み込ませず、ただ、淡々と作業のように皆で死ねばいい。そう、思っていたのだから。

分かり合う?今更、何を?]

(18) 2019/02/22(Fri) 05時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ



  なんでそんなこと聞くんですか?
  あ、僕はまだちいさいから、死ぬには早いとか
  そういうこと言いたいんですか?

  ……いや、ごめんなさい
  なんでもないです


[ああ、また毒が出てくる。
吐ききったと思ったのになぁ……。

がりっ、唇の端を食いしめたのなら、ほんのすこしだけ血の味がした*]

(19) 2019/02/22(Fri) 05時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 05時半頃


薔薇∴十字 ススムは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 08時頃


【人】 透明女子会 ヒナコ

[進さんに続いて中へと入る>>3:191
何だか埃っぽかったけれど、それほど気にする事もなく
わたしも手を伸ばして、一つ一つ積み上げていく

進さんの言葉は少し難しかったけれど
言っている事はなんとなくだけど、理解できた

わたしは、生き長らえるのには
必要なだけの知識しかなかったから

知恵を付けられたら、
もっと早く死んでいられたかも、しれない
逃れる事ができたかも、しれない]

(20) 2019/02/22(Fri) 09時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[でも、そうなら
ここに来て、ノッカたちに会う事は出来なかったから
これで、よかったと思える

ふと、進さんの声が微かに漏れて、振り返る
隠した跡が見えてしまったことには、気付かず
どうしたんだろう、と見上げていれば
「知っていたら」>>192
わたしも、そうだと思ったから、力なく笑って、頷いた]

  …これだけあれば、足りますか?

[進さんが持っている分と
わたしがガーディアンを広げて、持ち込んだ分と、見比べて**]

(21) 2019/02/22(Fri) 09時頃

透明女子会 ヒナコは、メモを貼った。

2019/02/22(Fri) 09時半頃


【人】 薔薇∴十字 ススム

 …恐らく、足りると思う。窓枠とドアとで、良いだろうから。

[>>21 力無い笑み。漂っていたのは疲労感か。
脳裏に浮かぶ2文字が、正しいかどうか分からないけれど。

そうだとして、そこから逃れる方法にこれを選ぶのは無知によるものなのか、何なのか。軽い理由ではない、それは分かるから。難しいな、と。

このご時世。常習性が認められるなら、自分の通報で親を逮捕させることも可能らしい。
それが目の前の彼女に可能かどうかは、兎も角としてだが。

日没まで、という。短いようで長い時間。何も解決していないのに、自殺したいという衝動はやはり来た時が一番だった。

死にたいか死にたくないか、という問いかけがあっても、「死ななければならない」っていう答えが浮かぶのだ。]

(22) 2019/02/22(Fri) 10時頃

【人】 薔薇∴十字 ススム


 今日は、笑えた?

[根掘り葉掘り書く代わりに、問いかけを一つ。そしてその答えがどうであれ、一度多目的室にそれらを置きに行くつもりだった。

自殺することは、マイナスを0に、そうでなくてもマイナスを減らすことだと思っている。
何が救いになるのか。それが死だと思うから、皆此処にいるのだろうが。少なくとも、今日日向子さんが笑えているといい。*]

(23) 2019/02/22(Fri) 10時頃

【人】 食養会 ユエ

──給湯室──

 でも、だって、ルイくんは死んで、
 ……そーかもしんないっすけど、
 シンイチさんのゆーとーりでも、

 ……そーなんだとしたら、
 …………マジ、嫌い。この世なんか嫌い。

[ シンイチさんの否定は強く>>12
 それから、いつの間にか剥がれてた敬語と、
 流暢な関西弁に、この人も敬語へただな。
 ──って、思わなかった。僕は泣いてた。

 シンイチさんは先ほど僕が試したように、
 淡々と話し始めたようで、
 それでいて最後に大きく息を吐いた>>14
 それから、多分その言葉は真実だった。]
 

(24) 2019/02/22(Fri) 10時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ だから、もう、マジで嫌い。
 この世が全部解釈違い。

 君は死んだ。8階から落っこちて死んだ。
 それはもうひっくり返しようのない事実で、
 たとえ僕がタイムマシンを持ってたとしても、
 自由意志で死んじゃう君を止める権利なんて、
 僕は持ち合わせちゃあいないと思うから、
 天変地異が起こって22世紀からの使者が、
 僕のもとに現れたとしたって、君は死ぬ。死んだ。]
 

(25) 2019/02/22(Fri) 10時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ だから、僕の目の前にいるのは君じゃなくて、
 また別の偶像を背負っている人でしかなくて、

 眼鏡を取っても帽子をずらしても、
 そこにいるのは上向真一でしかないから、
 お門違いも甚だしいんだけれど、
 僕はぐしぐしと目を擦って顔を上げ、
 斜陽の中立つきみに、掠れた声で言う。]
 

(26) 2019/02/22(Fri) 10時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(10人 0促)

はのん
54回 注目
ススム
18回 注目
ノッカ
16回 注目
マユミ
20回 注目
レン
14回 注目
ヒナコ
31回 注目
ワタル
17回 注目
シンイチ
32回 注目
ユエ
18回 注目
ガーディ
33回 注目

犠牲者 (1人)

0回 (2d)

処刑者 (1人)

ウツギ
11回 (5d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi