人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[深い深い、海の色。

 そして


  心を惹きつけてやまない、鮮紅色。
  貨物船で多く流されたそれを思い起こさせる
  あまりにも艶やかな赤の色]


[焦がれていた宝石を目の前にして
 それでもフェルゼは、人間の理性を保つ。


 だってそうだろう。
 略奪すべき宝石は、まだまだ世界中の国庫にたくさんあるのだから**]


[ 船長が眩い光として皆を導くのならば。

 私はその影となって反乱の萌芽を摘み取ろう ]


[ 全てはRedWolf号を…

 私の生きる唯一の場所を護るため。 * ]


   『 なぁ。お前。
    何か俺に隠していないか? 』

[ モンドの半ば確信めいた瞳
 船長の強い光に時が止まったように感じ…

 何も隠していることはない、と
 答える声は震えていた
 長年共に戦ったからこそ
 これ以上の隠し事は出来ないと悟る。 

 そしてそれ以上の踏み込んだ話はする事無く。
 落ち着いた態度を繕いながら部屋を後にした ]


   この男を生かしておけない

[ この《聲》は普通の人間には聞こえない

 周りにそれを聞き取れる人間が居るかもしれない…
 なんて思いもしないままに呟いた

 長年共に戦った戦友をもアッサリと
 抹殺の対象に組み入れて

 元より情は持ち合わせてない。
 …それでも。冷静でいられる程強いわけでもない

 《聲》は迷いに震え ]


蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 19時頃



 『……獣の研究など、酔狂に過ぎる』


[不治の病。業病。或いは呪詛と言える現象。
 人の領域を踏み越えたその肉体を何と呼べばいいのか、
 今思うに尤も近しいのは――進化か、突然変異か。

 蔓延する噂の元が現実か虚言かなど、
 常ならば一笑に付すだけのはずだった。

 だが、1枚の羊皮紙に描かれた世界は、
 噂にしかすぎない筈の獣の存在の実在を示し、
 その証たる物品もまた、鞄に隠し持ってしまっている]



 『そんな簡単に治れば、苦労はしないな』


[かの貨物船の医者は兎で治療法を探していたらしい。
 だから食糧の用途にしては多い兎がいたのだろう。

 密やかに吐くため息は熱く、双眸は冷たく。
 冷えた物言いの奥底に滾る熱を沈めるには、
 血肉を忘れるようただ勤めるのみ――だが。

 心で描く《聲》は秘めやかに、熱を帯びて響く。
 
 斬新な治療法を求めて彷徨っている医者の正体など、
 斬新な治療でしか癒せない病を帯びている他に、
 平地の安寧を離れる理由などあるものか]



[秘め事は治癒が叶うまで。
 秘める為ならば地を紅で濡らすのも厭わない*]
 


【人】 蟻塚崩し エルゴット

─ 閑話 ─

[エルゴットの指先は、よく血が滲んでいた。
甘皮も余った爪も、全部がじがじと噛んでしまうから。
ぎざぎざになった爪は肌も傷つけて、
時々思ったよりも掻いた肌から血が出てしまう事もある。

だからよく、ジャーディンにお世話になった。
全部自分でしてしまう事だから、ごめんなさいって謝るけれど
クセのように染み付いたそれはなかなかとれなくて
結局いつも医務室でキズぐすりを塗ってもらう。

エルゴットは薬の痛いのが嫌いだから、昔は逃げようとしたんだけれど
ジャーディンと話せるのがうれしくて、
エルゴットは医務室に通うようになったんだ。

爪のギザギザが少しだけマシになってきたのもきっと
ジャーディンが塗ってくれる薬が苦いおかげだって何人かに言われるようになった。

そう、だから]

(45) 2019/03/12(Tue) 22時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

─ 甲板 ─

 あ、そ そうだ。 ジャーディンにも、
 と、とりさん 捕まえたって おしえなきゃ!

[思い出したように、見張りをしていた男が甲板で叫ぶ。
ジャーディンは、時々卵が手に入ると嬉しそうにするから。]

 沢山、た、たま たまご産むんだよ!非常食!

[ジャーディンが嬉しそうにするのは珍しい。
珍しいからこそ、エルゴットはジャーディンが嬉しそうにするのを見るのが好きだ。]

 ね ねぇ シチューと、非常食。
 き、き きみたち 飼っていいか
 あとで、き 聞いてあげるね

[餌はどうするんだとか言われたら、
貨物船の中から引き上げた荷物を探せばいいだろう。
こいつらが乗っていたからには出てくるはずだ。]

(46) 2019/03/12(Tue) 22時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[鶏は食べるより飼ったほうがきっと、卵をたくさんくれるから。
今膝にいるのが雄鶏だなんて知らないエルゴットは上機嫌だ。
皆が食べたいって言うのなら、エルゴットは従うけれども
もしかしたら、飼っていいって言われるかも知れない。

特にグスタフ兄ちゃんあたりなら、
一緒に飼うって言ってくれるかもしれない。
グスタフ兄ちゃんはそういうところがあるって、
僕は勝手に思ってる。

既に一羽、同じように思われた兎がいるなんて知らないまま>>0:294
皆が船に戻る気配を感じながら、そんな事を思案する。]

 お酒と、ごちそう…も、ある…。
 きょ、きょうは 楽しい夜に なると いいね!

[もう暫くしたら一度休憩に入ろう。
少なくとも見渡す限り、怪しいやつはいない。
この船の外には、きっと。*] 

(47) 2019/03/12(Tue) 22時頃

蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 22時頃


蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 22時半頃


【人】 蟻塚崩し エルゴット

― 少し前 ―

[褒めてもらいたくてかけた声は、舌打ちで返ってきた。>>53
エルゴットはそれを全く気にしない。
と、いうよりも返事が返ってきただけで喜んでいた。]

 めいん? め、 メイン かー
 で、でも まだ 非常食に、する

[話してる途中に去る背中にそうニコニコと返しながら
お腹が空いたら躊躇なく食べる気でいる非常食を抱きしめる。
兎をシチューと名付けながら、ザーゴを見送った。

動物はかわいい。かわいいから、仲良くしよう。
でも、おにくは、たべる。

奇妙すぎる倫理観は、きっとそのうち彼等の処遇について相談するであろうグスタフを悩ませることになるだろう。*]

(127) 2019/03/13(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

― 回想といま ―

[ジャーディンは、いつもすごく優しい。
医務室に行くと僕が痛がるのを宥めるように、
何が怖くて何が嫌なのかわからないまま癖で噛まれた爪を
責めることも無く治そうとしてくれる。>>73

以前用意してくれた果物の蜂蜜漬けみたいな甘いものは大好きだったし
ジャーディンが用意してくれたと思うと嬉しくて
嬉しいから余計に言葉が出なくて、
ありがとうの『あ』しか言えなかった。

ジャーディンはそれでも気を悪くしないで、
僕が何を言いたいかわかったように頷いてくれた。

苦くなっちゃった指よりも、はちみつ漬けのほうがうんと美味しかった。
年だってそんなに変わらないはずなのにあまりにも違いすぎる彼の事を、羨む以上に誇りに思う気持ちのほうが大きい。]

(128) 2019/03/13(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[メアリーだってそうだ。
僕の何よりも大事な彼女は、僕が大事にすればするほど汚れて怪我をしてしまう。
ジャーディンはメアリーを、バカにしないで手術してくれた。
いつも人形とばかり話す僕を、したっぱの皆はバカにするのだけれど。

『僕はバカだけど、メアリーはバカじゃないし、可愛いし、大切な存在で』
ジャーディンにそういうのを伝えれば、それに応えるようにメアリーの腕を治してくれた。>>75

すごく、すごく嬉しかった。

元から家族の言うことは聞く僕だけど、
とりわけジャーディンの言うことは素直に聞くようになった。

僕がお風呂に入るのは、ジャーディンに入れって言われちゃった時だけだ。

お風呂に入った後は、ほんの少しだけ
ギリアンが僕の頭を撫でるときの目つきが違うような、そんな気がしていた。>>100]

(129) 2019/03/13(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[鶏を捕らえた喜びからそんな事を思い出し、
報告するのが楽しみだなと瞳を歪ませていると

なんだかやたら陽気な声と呪文が船の中から響いてきた。>>63
エルゴットは耳もいい。
ここは甲板だったけれど、なんとなく断片的には聞こえてきた。

……耳の良さよりも、フェルゼの声が大きいことのほうが要因かもしれないが。]

 お、 おっさん アレ着ないと…?
 み、みりょ 魅力的…?
 おっさ ん 目に や、焼き付けて…?

[フェルゼはおっさんに何かを着せて目に焼き付けるつもりだろうか。
断片的に聞こえる言葉はよくわからない。
よくわからないけど、フェルゼの趣味がちょっとへんになっちゃったのだけは理解できた。]

(130) 2019/03/13(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[そして暫くすると、次に聞こえてきたのはニールの声だった。>>80
ばりばりと羽をむしられる鶏を前に、
とっさに非常食の目を塞ぐ。なんとなく。

あれはこれから僕たちのご飯になるやつだ。
ニールのご飯は何でも美味しいんだ。とにやけつつ
何が食べたいかを聞く声には、
にく、にくならなんでもいいや
なんて思って考え込んでいたら時間切れが訪れて

ニールは第二甲板へと戻っていってしまった。>>125
ぐぅと腹の虫が鳴る。
リクエストは思いつかなかったけれど、なんでもいいからご飯が食べたい。]

 ……お、お おなかすいた ね

[メアリーが、エルゴットにしか聞こえない声で「そうね。」と返してきた。]

(131) 2019/03/13(Wed) 01時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

─ →第三甲板 個室 ─

[食堂に行く前に、エルゴットは自分の部屋へと寄った。
私物はそんなにある方では無く、
ただグスタフに貰った変な国のおもちゃとか、>>56
そういう大事な宝物だけがベッドの隅に置いてある。]

 ……す、すこし ここに いてね

[非常食とシチューを、個室の中で放す。
だって食堂に連れて行ったら、多分ニールが
バリバリってして、ザックザクのグッツグツにしちゃう。

ふわふわの白い毛を持った2羽の生き物がちゃんと部屋に収まったのを見た後は、いつものようにメアリーと2人で食堂の方へと向かった。]

(132) 2019/03/13(Wed) 01時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

─ →第二甲板 食堂 ─

[食堂には既に人がいた。>>95>>105>>121
あたりにはシチューの美味しそうな香りが漂っていて、
思わず鼻をヒクつかせる。>>125
兎がシチューになっているあたり、ニールは本当によくわかっている。

船の後ろ側のテーブルの、更に一番隅っこに着席すると
髪の毛を軽く後ろで結いて束ねる。
流石に食事中に口に入れるのはすきじゃなかった。

そしてメアリーを隣に座らせて大人しくご飯を待とう…
…と思ったけれど]

 あ、あ ニール おかあ さん
 お、おてつだい する から
 言って、ね!

[ご飯の前の手洗いは、さっきちゃんと済ませてきたから
少しくらいなら手伝えるだろうと、ニールに声をかけた。**] 

(135) 2019/03/13(Wed) 01時半頃

蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 02時頃


[ 美味しいと感じる肉は ―― ]


【人】 蟻塚崩し エルゴット

[ニールの料理はいつも美味しい。
お肉が出る日はいっとうおいしいけれど、
いつものお魚だって最高なんだ。
こうそうやき?ってやつとか
普通の塩で焼くやつだって、なんかヒレとかにお塩ついてたり
すごくよくわからないけどおいしい。
焦げてないんだ!]

 え、 えへ えへへ……

[エルゴットは簡単な作業の手伝いならいつも申し出る。
手伝いを申し入れて、助かるわの一言がもらえると>>148
それだけで嬉しそうに皿やフォークを運び始めるのだ。

自分にも出来る、見張りと殺し以外の数少ないお手伝いだ。]

(191) 2019/03/13(Wed) 22時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[スプーンフォークを布に巻いて運び、
皆が座るであろうテーブルに並べていく。
料理が乗る前のお皿もひとつずつ。
多少歪な並びになっても、そこは男だらけの海賊船だ。
細かいことで怒るような人はいない。

ちょうどお皿が並べ終わったタイミングで、
シチューとパンというごちそうのおしながきが告げられた。>>149]

 た、たの たのしみ だなぁ
 シチュー、お部屋にいる、しちゅーとは
 ち、ちがう シチュー!

[同じ名前の兎はきっと、今大人しく部屋で待っているのだろう。]

(192) 2019/03/13(Wed) 22時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[早いものがち、という声がかけられてなお、エルゴットは動かなかった。
たまに面倒くさがりな下っ端に、代わりによそってきてくれと言われて従う程度で
その他の時間はテーブルの隅に座りつつ、
そわそわと足先を擦り付けて皆が取り終わるのを待つ。

みんなが美味しそうな顔で食べ始めるのを見てから食べるのが大好きなエルゴットの、いつもの癖だった。**]

(193) 2019/03/13(Wed) 22時頃


[この男も、治したいと思ってはいるのだろうか、などと]
 


 ―かつての話―

[反逆者について、直接ハワードに何か伝えたわけではなかった。
 割と真剣に、少しでも零したら即暗殺されそうな空気であったし
 頭脳労働担当のフェルゼには、戦闘員とタイマンで勝てるわけがない。

 ただちょうど、船に戻ってきていたハワードと
 今日のように普段どおりの会話をしただけ]

  ハワードさん、人狼ゲームって知ってます?
  数人のグループの中に人間のふりをする人狼がいて
  その人狼を探して吊り上げるってえげつないゲームなんですけど

[反逆仲間の規模など知らない。何人いるかも把握していない。
 自分を誘ってきた人間が、反逆者のトップなのかどうかもわからない。
 でも、視線を感じる。裏切り者に敵意を向ける視線を]


  人狼は月夜の晩に、人狼の姿に変身するんです
  そして人間を襲撃する。
  人間ももちろん無力ではなくて
  人狼がわかる占い師だったり、襲撃を止める守護者とかが居て……

[雑談のようなそれを、喋りながら指先を一定のリズムで動かし、自分の腕を叩く。
 独特なリズムはモールス信号で「反逆者アリ」と伝えるもの。
 海軍出身も居ないわけではないが
 少なくともある程度知識を持つ者でなければ理解しえない言語に賭けた。
 信号を理解出来るであろう数人の船員の中に裏切り者がいなければ、勝ちだ]


[実際それが功を奏したのかは分からない。

 少なくとも反逆者(誘ってきたやつは別の人だった)の首謀は死に
 そこから殺気は消えた。
 安寧が手に入った]


[基本的にハワードとは街で出会う事が多い。
 今までもこうして外で話す事は幾度かあったが、船で話す時にモールス信号を使ったのはあの時が初めてだった。
 彼はどこまで分かっていたのか。どれだけの意思を持ってそれを行ったのか]


  ………素晴らしいですね


[その心意気は、とても。
 狂っている――船を、守るためならば。
 その狂気はとても、心地良い]


  俺にも、手伝わせてください
  ハワードさんが船を守る、補助でも

  船の中の軽い情報やぐらいしか、提供できるものはありませんが……
  アリバイ工作とか、極秘裏の活動資金ならば、幾らでも提供できます


[その瞳はあまりにも、宝石のように美しくて
 狂うには当然だったのだ**]


【人】 蟻塚崩し エルゴット

[自分の食事が取れたのはいつのことだろう。
とはいえ、皆お腹をすかせているからそう時間はかからなかったはずだ。

気づけばいつものようにフェルゼが隣りにいて、
よくわからない手付きで食事を始めていた。>>200

忘れないように自分の分も取ってきてから、フェルゼに続いて手を付ける。]

 た、たのしい よ
 皆、ごはんのときは す、すすごく楽しそうだから。

[問われたものにはそう返し、美味しいシチューを口に運ぶ。
フェルゼと違い、握ったスプーンで無理やり口に入れる行為は犬食いに近い。]

(244) 2019/03/14(Thu) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:エルゴット 解除する

生存者
(5人 0促)

エルゴット
9回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi