人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 01時頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 01時半頃


【人】 森番 ガストン

 ―フェルゼの裏工作―

[サイモンを、船長を、殺してしまった時点でもうどうしようもないのは分かっていた。

 ガストンが目覚め、立ち去った後。
 慌てて甲板に上がってきた船員達を前にして
 ハワードに話しかけた。


  「この船に人狼が居るのは決定的だね。
   そう言えば、武器庫に緊急避難用の簡易ボートが何台かあったし
   丁度船も赤谷諸島を通り過ぎるところだから
   青島が見えてくる頃合な筈……」


[直接言ったわけではない。
 しかし、ただそれだけでも
 人狼騒動で不安定になっている船員を煽るには充分だった。
 ハワードが更に彼らに声を掛ければ盤石だ]

(18) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

【人】 森番 ガストン

  「ああでも、あのボート、数が少ないんだよね……」


[船員達は我先にと武器庫からボートを出し
 第一甲板に運び上げる。

 “ボートで外に逃げられるらしい”
 “早い者勝ちだ”

 そんな言葉を周囲の者に伝えながら。


 丁度ザーゴ、ピスティオ達が下に降りるのと入れ替わりの形で
 第一甲板にボートが揃う]

(19) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

【人】 森番 ガストン

[その後、何が起きるか。
 数少ないボートのパイを奪い合う、殺し合いだ。
 仲間は大切だ。共に生きてきた。
 殺したくなんかない、そんなことはしたくない。

 しかしそれすらも飲み込むのが、恐慌という精神状態であり
 一人の警戒の動きに群れ全員が理由抜きに従い逃げる
 まさに野生動物を彷彿とさせる、動き。

 貨物船のでは被験動物による人狼実験が行われていた>>1:10
 争いの周りを飛び回る鶏や兎達が人間を煽り
 野生化を促進する物質を感染させ、更に理性は消し飛ばされる]

(20) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

【人】 森番 ガストン

[勝った者はボートに乗り込み
 負けた者は海に叩き込まれ。


 極限状態で、船の甲板の端に数多の血痕を残したまま
 惨劇の跡を残し、勝者は船を離れた]

(21) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

【人】 森番 ガストン

[野生のような極限状態の殺し合いならば
 人狼に目覚めやすいのではないか。
 その目論見が成功したのかどうか、フェルゼが知ることはない。

 人狼に目覚めれば、ハワードの赤い一聲で、ボートでの脱出をやめてこちらに戻ってくるだろうし
 それなりに分の良い賭けとして仕掛けていたが
 残念ながら、覚醒した者はいなかったようだった]

(22) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

【人】 森番 ガストン

[時間は少し巻き戻り、ハワードに話しかけた時間。
 慌てて駆け降りて行った船員を見ながら
 またひとつ、ハワードに対して呟く]


  『このやり方、何年前だっけ?
   あの時殺したのは、密告者だったね。

   ボートに穴を開けて、板で隠しているだけなのに
   追い詰められると気付けない。
   自分から出て行くから、皆の心にも優しい。
   相手を選ぶけど、便利な作戦を考えたものだね。

   ああ、そう言えば
   あのボートの残骸らしきもの、赤島に流れ着いてて
   海鳥の巣になってるんだってさ』


[ボートを得た勝者は
 沈みゆく船と共に、海の底**]

(23) 2019/03/18(Mon) 10時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 10時半頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 14時頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 14時半頃


【人】 森番 ガストン

[カトラスを振り下ろしたが、狙いは外れた。]



――11号室――



[人間であるヒューには似合わない。
ヒューから全てを奪う――

そう思い、振り下ろしたガストンの滲んだ視界が捉えたのは、笑みと――>>3:406]

(41) 2019/03/18(Mon) 17時頃

【人】 森番 ガストン

[人狼の爪のような銀の錐を備えた、人でなしの腕。
ガストンが作ったもの。

ヒューから人狼の痕跡をひとつ残らず奪う。
死してなお、
"人間"であることを、
"人狼"ではないことを、
弱いことを悔やめと。

そう、思ったのに。]

(42) 2019/03/18(Mon) 17時頃

【人】 森番 ガストン

[不要だと捨てようとした。
ガストンは、造るのではなく、壊すモノとなった。
ガストンの手は、作る手ではなく、壊す手になった。
――ここの、"元"同室者のように。

人狼に成り"下がった"ガストンにとっては、
一本爪のなり損ないの偽物の、
ガラクタでしかないそれ。>>3:406]

(43) 2019/03/18(Mon) 17時頃

【人】 森番 ガストン

[認める訳にはいかない。



「今度は、錐に砕いたダイヤを纏わせればどうだ?」
「フェルゼは怒るかもしれないが。」



あの時間が楽しかったなどと。

手元が狂っただけだ。
手から力が抜けてカトラスが床に落ちる。]

(44) 2019/03/18(Mon) 17時頃

【人】 森番 ガストン

[息は荒いまま。
がくりと膝が落ちる。
ちょうどそこにあった寝台に身を預ける。
色褪せた寝具が赤く染まる。

右側の感覚がない。
頭がくらくらする。

人狼に変化した銀の毛並みが、赤い瞳が、人のものへと戻る。]

(45) 2019/03/18(Mon) 17時頃

【人】 森番 ガストン

気を、失う訳にはいかない。

[ここにはヒューがいる。
今ここで、気を失うのは即ち、死を意味する。

寝具を剥いで、左手で傷跡――顔と、動かない右肩から腕全てを抑える。
ゆらりと立ち上がり、部屋を出る。

目指すは医務室。
そこで気付け薬と、包帯で、]

(46) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 森番 ガストン

――廊下――

[ヒューとやり合っている間、船長室>>31や8号室>>3:354で起こっていたことにガストンは気付いていなかった。

医務室は11号室の向かいにある。
それでも、廊下を横切らなければならない。

色褪せたシーツを身に纏い、
感覚のなくなった右半身を引き摺るように廊下を歩く。

潰れた右目が、遠近感を失わせていることもあり、
廊下を横切るだけなのに、その距離が今は遠い。

ふらりと廊下に倒れ込みそうになったガストンを支えてくれたのは、ギリアンだった。>>40]

(47) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 森番 ガストン

ギリ、アン…?

[名を呼ぶ。
ギリアンと別れてどのくらいの時間が経ったのか。
しかし、ガストンにとっては短くはない時間だった。]

ギリアン、ヒューが……

[荒い息で告げる。

ヒューの遺体は、ほとんど人狼の爪で傷付けられていた。
今のガストンに、その爪は、ない。]*

(49) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 17時半頃


【人】 森番 ガストン

――廊下――

[うん、でも、うーん、でもない、ギリアンの声が聞こえた気がした。>>72]

……ギリ、アン。

[しかしそれは幻ではなかったらしい。
一瞬意識を失っていたのだろう。
ギリアンが抱え止めてくれなければ、廊下に倒れていただろう。

ギリアンがまた、うん、と言った。

わからんと、首を横に振ろうとして、
顔の右側に抑えつけられたシーツの下から、
どんどん赤い血が滲み出していく。

瞳が潰されただけではなく、こめかみまでぱっくり切れ、>>3:301
右耳を抉られた>>3:403傷は、塞がる様子もない。]

(78) 2019/03/18(Mon) 21時頃

【人】 森番 ガストン

――医務室――

[ギリアンに引き摺ってもらうように辿り着いた医務室。
どすんと、寝台に転がされると、また血が噴き出す。
今度は肩。
右肩をカトラスで貫かれ>>3:395、その後何度も刺されたそこは、
骨から半分ほど肉が削がれている。>>3:398

寝台を血で汚してしまう。
真っ赤な血。
――今のこの血は、"人間"の味なのか、"人狼"の味なのか、
そんなことガストンにはわからないが。>>14]

 『――――』

[唸り声で何かを言われたが、聞き返す気力が今はない。>>73]

(79) 2019/03/18(Mon) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[瞼がくっ付きそうになる。
駄目だ、ここで気を失ったら、次起き上がる気がしない。]

ぎり、あん

[名を呼び、姿を探す。
聞こえたのは、良く聞いたギリアンの口笛の音。]

さっき、なにか

[言葉を発していたじゃないかと、
言いかけて、痛みで言葉を止める。

ギリアンが言葉を発しない理由を、ガストンは知らないから。

ギリアンが話せなくても、これまで困ったことはなかった。
それでも、こんな時まで、いつも通りのギリアンに]

(80) 2019/03/18(Mon) 21時半頃

【人】 森番 ガストン

[まるで、数日前に戻ったみたいな気分になって。]

いたいんだ、はやく
はやく、なおしてくれ

[右半身を覆っていたシーツを剥いで、顔を埋める。

痛くて、
悲しくて、
懐かしくて、

我慢出来なくて、喉がひゅっと鳴った。]

(81) 2019/03/18(Mon) 21時半頃

【人】 森番 ガストン

[何故思い出してしまったのか。
何も痕跡を残さず、
全て奪って、人狼として生きる自由に浮かれた。

それなのに、奪えなかった。

――奪うことを許されるのが勝者の特権なら、
自分は負けたのだろうか。]

(82) 2019/03/18(Mon) 21時半頃

【人】 森番 ガストン

[ギリアンが酒を振りかける。
すごく染みて、悲鳴が漏れる。
涙も引っ込むくらい痛い。

ギリアンが話せなくて良かった。
何も問われなければ、ギリアンが手を止めなければ、
右半身の傷すべてにしとどに酒を染み込ませ、治療(?)を終えるまでシーツに顔を押さえ続けた。

痛いんだ。
だから、しばらくの間だけ。
顔を見ないで欲しい。]*

(83) 2019/03/18(Mon) 21時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 21時半頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 21時半頃


【人】 森番 ガストン

――第三甲板・医務室――

[ギリアンの、うん、が優しく聞こえて嫌だ。>>88
頭を撫でるなら左側じゃなく、右側にして欲しい。
それなら感覚がないのに。
…本当にギリアンのごつそうな手で撫でられたら、
撫でられた拍子に頭の皮剥がれそうな気もするが。

右腕は死んでいた。
本来なら落とすべきなんだろう。>>1:230
しかし、今ここに船医はおらず、
いるのはギリアンだけ。

馬乗りになられた。>>89]

(104) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

グ…ァ

[その重みに潰れそうで声が漏れた。
左手でギリアンを叩く。
重い、退いてくれ。

けれど、重さなんて比ではないくらいの痛みが走った。]

[二の腕を縛られ、それから手の先までの血は止まった。
肩は、貫通していたからか、抑えられることで、ひとまずは。

痛みで、意識が明瞭になる。

涙が滲む目で、ギリアンを見上げる。]

(105) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン


 『――?』>>90

[ギリアンが傷を見て声を上げる。
一度では聞き取れない。
聞き取れなかったから、怪訝な顔を浮かべた。
聞き取れていたら、頷いたかもしれない。
答えてしまっていたかもしれない。]



[酒の匂いが充満する。
酩酊しそうな気もするが、都度、緩められたり、きつく縛られたり。
意識を失わないようにわざとじゃないかとギリアンを睨み付ける余裕も出来てきた。]

(106) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

[ギリアンが次第に(?)無言になっていった。
しかし、馬乗りになられている今、
暴れて逃げることも出来ない。

ギリアンから抜け出せたとしても、
全速力で走ることは出来ないだろう。

僅かだが、ギリアンの治療のおかげで血が胸に通い始めた。
頭の痛みは拭えないが、
口は開ける。
ギリアンと違って、言葉は発せられる。]

ギリアン、その酒飲ませてくれ。

[ギリアンが何を見てるのか気付かなかった。>>91
治療のおかげでだいぶ楽になった。
あとは、気付けに一杯。
大分マシになったとは言え、痛みを鈍らせなければ、
――動くことも出来ない。]

(110) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

[そう、自身の治療を優先した。
だから、気付かなかった。>>91
ヒューに気付かれたのも、"それ"のせいだったのに!>>3:146>>3:147>>3:238]

(111) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

[ギリアンに起こされて顔を向ける。
失われた血液は戻っていないために、
顔色はまだ白いだろう。
まだ流れ続ける赤と、血色を失った白い肌。
そして、こびり付いたどす黒い血。

そのこびり付いたいくつかは、ヒューの血も混じっていたかもしれない。]

(113) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

ギリアン、酒を飲ませてくれ

[夜、一緒に倉庫に籠っていた時、
ギリアンが夜食のおやつをくれることがあった。>>2:27
最後に食べたのは、干し肉と干しイチジク。
渡されなければ、作業に集中して食事を抜いてしまうガストンを理解してくれていたのだろう。

海の上。
限られた物資をやりくりしなければならない。
そんな中、干し肉も、干しイチジクも、酒も、貴重なものだ。

これまで、強請ることなんてしてこなかったと思う。

特にギリアンには。

持てと言えば持つし、引っ張れと言えば引っ張る。
戦利品だってにこにこ譲ってくれた。
よっぽどの無茶じゃない限り、
ギリアンはきっと叶えてくれるだろうと、そう思っていたから。]

(114) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

[表情は乏しかっただろう。
なんたって、痛いんだから。

けれど、いろいろなことに我慢が出来なくなってきている。
それを変化だと気付かないまま。

わずか数時間。
その変化に、気付かれるか。]*

(115) 2019/03/18(Mon) 23時頃

【人】 森番 ガストン

[ギリアンを見上げる。
久し振りに訪れた静かな時間。
傷を治療してくれた。

だから、疑わなかった。

ぐるぐると顔の半分に包帯を巻かれる。
残った左の目を閉じて、大人しくして。]

(118) 2019/03/18(Mon) 23時頃

【人】 森番 ガストン

――…ッ、ぎっ

[首に手が絡み付いた。
包帯じゃない。
このごつい指は、ギリアンの。>>103

ひゅ、と喉から細い息が漏れる。
足をばたばたと動かそうとしたが、
傷が開いてしまい、それも叶わない。

無事な左腕は、馬乗りになったギリアンに踏みつけられたまま、
成す術もなく、意識はブラックアウトした。]*

(119) 2019/03/18(Mon) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ガストン 解除する

処刑者 (4人)

ガストン
0回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.187 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi