人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【赤】 弁務官 ジャーディン

/*
サイモンに接触がなかったのでどうしたものかと考えていました。キリングって赤と表のどっちでするのかな?
今の所ハワードが一番接触ある感じかな?
出来ればお任せしたいところですがどうだろう。
今夜はいられる予定なので、その件についての相談は22時以降ならできます〜。

(*1) 2019/03/14(Thu) 01時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン

/*
フェルゼありがとう……!
あ、目覚めてて、自覚もありです。ただ人殺し童貞(?)だけど。
人狼化を病認定してるせいで、
どうにか治そうと躍起になってるって陰キャ医者でした。
食わせてもらえるならそっから衝動を憶える形に出来たらうれしいかなー!

あとすいません、お腹痛すぎ侍なので今日はこれで……。
他に何かあったら赤においといてください。

(*3) 2019/03/14(Thu) 02時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 前日:食堂にて ─
[咀嚼もなにもなく、
 胃袋に収まる肉の味には柳眉を落とす。
 問いかけに応じるグスタフの言葉には苦笑し、>>1:280
 残念だと珍しく諧謔で返すのが珍事件とも言える。

 視線を落とせば、ふわふわの耳が見えた。
 とうとう腹に耳でも生えたか、など続けようと思えど、
 隠す様子から話題に上げるのは控えるべきなのだろう。
 
 続く声音の意味から逃れる理由を兎に被せて、>>1:283
 紅い双眸は分かりやすく逸らされ、息をそっと吐き]

  私に治せない病があるとしたら、そうだな……
  人間の傲慢さくらいだろう。

[吐き出した息と共に絡めた音韻は、
 故に、傍らにしか届かない程度で独り言のように。
 頭を撫でる男の行為を視界にいれて頷いて、
 今日は部屋に戻るつもりだと話題を切り替えた]

(18) 2019/03/14(Thu) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  妙な噂のせいではないが、兎は後で診せろ。
  専門ではないが、一応……な。


[そんな気紛れでしかない行動が、
 ザーゴの忠告を軽やかに無視していた>>1:233
 と気付くのは、もちろん、翌日の話で。

 今宵は医務室に戻らずまっすぐと部屋に戻り、
 兎を一晩中、調べ尽くすことだろう*]

(19) 2019/03/14(Thu) 11時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン

/*
おはよーございます。
おなかは少し良くなりました、ありがとう。
昨日のお話の流れみたいに船長はハワードさんに任せられるなら任せて、サイモンをフェルゼが殺して私が頂くという感じの流れではだめそうかな?

(*6) 2019/03/14(Thu) 11時半頃

【独】 弁務官 ジャーディン

/*
ほげぇー自室INッテメモにかかなかった。
整合性どうしよう……

とりあえずニール霊能
ヒュー人犬?
ギリアン預言者

か?

(-19) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 真夜中 ─

[───酷い、酷い頭痛に浸り、夢を紡ぐ。

 忙殺の中に見出した蜉蝣を、
 掴み所のない妄想だと嘲笑うかのように。
 
 喉が焼けるように熱かった。
 粘膜を満たす潤いを水に欲しても、
 満たされたと思うことはただ一度もない。
 
 好意とレモンとライムに酔い、
 何より蔓延する噂に酔い溺れ自室に戻り、
 今宵ばかりは焦燥を忘れ、卵を夢見ようと──

 そうでなければこの酔いが癒やされまい、
 そんな長閑な発想で無理に眠ったのが悪いのか]

(59) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 ────っ、は……


[”治す”ことから一時目を逸らしたのが悪いのか、
 結局のところ、眠りを貪れたのは、概ね一刻程度。
 疲れが取れたかといえば真逆で、
 得体の知れない焦燥と共にベッドを軋ませ、
 眠りの安寧からそれこそ無理やりに引き上げられた。

 魘されていたのだろう。
 汗ばみ、疲れ──何故か昂揚した肌を見下ろし、
 それから見慣れない天井を見上げ、
 次いで室内を見渡し、荒らいだ息を整える。

 薄いシャツ1枚の寝巻きは薄っすらと寝汗で湿り、
 未だ心臓が煩いことこの上なく、寝乱れていた。
 そんな酷い有様でありながら、
 同室者に動く様子はなく、吐く息を安堵に変えて]
 

(63) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……眠れもしないか。
  なら、夜風にでも、…………
 

[物心ついた頃より時折訪れる不可解な衝動を抱え、
 すでに慣れた歪みを病と認識しここまで来た。

 その衝動は遠く、近く、潮騒のように。

 掴み所のないそれを治すべく邁進するのが、
 運命なのだと己の何もかもから訴えられた現状では。
 眠れもしないのならば、
 眠らずに、今、己ができることをするのみ]

(66) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[そうして静かな音を最後に、部屋の扉が閉まって。
 医者の姿は夜のひととき、寝室からかき消えていた*]
 

(67) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


[夜風にあたりたいならば甲板へ往くべきだったろう。
 だが、足は無意識に医務室へ向き、
 扉のメモを夜に知るが、放置し内に籠って。>>1:233
 
 手にしたのは、医療鞄に入れた小箱。
 中に入っている紅色のサンプルは、果たして人か、
 それとも獣のものか──そんな思考に耽って暫し。

 肉片はおそらく兎だろう。
 兎特有の赤み、その匂い、何よりこの微細な手触りが、
 何も己に昂揚を齎さないただの獣肉。

 貨物船の船医が何を思って意味のない肉を、
 こうしてサンプルとして採取した理由は推測できる。
 だからこそ手袋をして解体しようとメスを手に取り、
 肉に刃先を向けたその刹那、
 己に向けてかけられた声音に眉根を寄せた。>>2:*18

 こんな距離に近づかれるまで気づかない、だなんて]

(*21) 2019/03/14(Thu) 22時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 22時半頃


【独】 弁務官 ジャーディン

/*
あんまり時間取られない用事であった。
ハワード:首無し
フェルゼ:囁き

ニック :降霊者
ギリアン:預言者
ヒュー :半狼? 人犬?

(-27) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─朝─

[夜風を浴び、癖のない金髪を枕に散らし、
 深い睡眠を貪った朝は鶏の目覚まし時計により潰えた。

 瞼を開いて数度瞬きし、
 見慣れない天井の理由を思い出して身を起こし、
 細い指先で乱れた前髪を整えて瞳の焦点を定めて。

 皺のよってしまった寝間着を脱ぎ捨て、
 無言のままに新しい服へと着替えて息をつく。
 昨日と変わらない白衣の上着も羽織り、
 未だグスタフが眠っているならば声だけは掛ける。

 ──彼の身が平穏ならばだが。
 
 覗き込み観察している紅い双眸に宿るは興味の色。
 が、そんな好奇心の瞳と目が合うかは彼次第だろう。
 医者は医者の領分を守り、
 彼の健康を観察しているに(恐らく)過ぎない]

(103) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  起きているか。
  外が想像しい、何か騒ぎでも起きたんだろう。


[起きれば淡々とそれだけ。
 まるで興味を失ったかのようにふいと離れて、
 身支度を終えた今、目指すは医務室へ──だ。

 なんせ、騒ぎがある=医務室が混む。

 そんな日常茶飯事であるからして、当然といえよう。
 という訳で勤めを果たすべく医務室へと行くのだが。

 涼しい顔で扉を潜る刹那、一言を添えた。
 兎の触診の結果は───]

(107) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 その兎、雌だな。
 妊娠しているようだ、そのうち仔を産むぞ。

[言い終えた後の笑いは、ほんのりと柔らかく]

(113) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 自室→医務室 ─

[──扉に縫い付けられた伝言に、>>1:233
 無視していた言い訳を考え込む医者の姿があった*]

(116) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【赤】 弁務官 ジャーディン

[腕を引かれて、意識は混乱から現実へ。
 患者が真夜中でも医務室にいることが多い己を頼りに、
 こうして訪れることは稀にある出来事だった、

 故に、誘い出しにも不自然さを感じることや、
 警戒心が刺激されることもなくその後に続いて。

 行く先が捕虜牢だと知っても警鐘は鳴らず、
 蒼白な肌をしたサイモンを見下ろしても変わらない。
 強いて言えば説明を求め、
 フェルゼを瞳に映したくらいだろうか。

 乾いた喉が鳴る匂いに脳漿を揺らされ、
 紅を揺らしたことも変化のひとつとも言える]

(*26) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン

 
  なにを


[するつもりだ、の問いかけは途絶えて。
 振り下ろされる斧よりも、濃密な血潮の香よりも、
 瞳に映すフェルゼの嬉しそうな様子に気圧されて。

 眼前で解体されゆく人体に憐れみも何もなく、
 ただ、拷問めいた幕あけに薄い唇を噛み締め耐える。

 ふつりと沸き起こる衝動は”拙い”ものだと思えて、
 辛うじて淵へと留まる思考は、
 拒絶するかのようにゆるりと金糸を横へと揺らす]

(*27) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


  きみは、人間を、食えとでも


[息が苦しく、言葉の節を区切って息継ぎし、
 鼻腔を満たす熱い香りにまた意識が薄れて遠く。
 心臓が呈され背筋を震わせた。>>50
 不思議と逃げねばという発想には至らず、
 気づけば鼻先に弱々しく動く 肉 がある。

 瞼を落とし、視界を塞いだ。
 けれど鼻から入り込む匂いが、間近な体温が、
 閉じていた唇を弱々しく開かせ瞳と同じ紅い舌が覗く。

 これは夢だと否定する人間性が、
 紅い舌先が心臓を艶めかせる甘露へと触れた刹那、
 まるで極上のソースのようにとろり蕩けて]

(*28) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


 ン、……


[ぴちゃりと舐めとった雫の味は、ただ甘く。
 抑え続けた獣性の衝動は、
 後頭部に添えられたフェルゼの腕を振り解きながら。

 人間としての傲慢な思考を捨て、
 喉を潤すかの如く心臓の血潮を啜り、
 肉を咀嚼し、そのみ瑞々しい硬さを味わい尽くす。

 きっと、見るに堪えない醜悪さで。
 癒えることのなかった衝動を発露した獣の性は、
 この場における人間を食い尽くすべく、
 双眸を生き残りへ向いて迫るもその言葉に>>2:*20

(*29) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


 ……人狼


[押しては返す潮騒のように。
 衝動が引いて、人としての嫌悪が膨れて繰り返す。

 人狼。病。呪い──あぁ、これが。

 独白めいた囁きは音の意味はなく《聲》にて。
 そうして漸く、人の匂いに交じる獣がもう1匹──
 そう気付いて苦笑を滲ませ、口元の血を拭う。

 このままでは戻れまい。人間にも、船にも。
 だが、後者であれば、用意周到な協力者がいれば別だ]

(*30) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


  あぁ、そうだな。
  済まないが着替えを用意しているだろうか。


[言葉は少なく、無愛想は常の温度で。
 後悔と充足の天秤がどちらに傾いているのかは隠し、
 血塗れのシャツを脱ぎフェルゼへ手渡す。

 紅というよりは血色の瞳を。
 宝石で例えるならば極上の鳩血の双眸は、
 今宵、この狂気を孕んだ協力者へ注がれ続けた*]
 

(*31) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 ……不穏だな。


[言い訳を考えるところから始まり、
 仔ウサギの名前を考え初めてから数拍の後に。

 ざわめく船員たちとその言葉を裏付ける血の匂いに、
 さすがの無表情も柳眉を寄せて半眼となって。>>137

 とりあえずはメモを放って医務室へ入り、
 そうして片付けてある治療鞄を手に取って、
 この違和感の源を探そうと踏み出しかければノック連打。

 返事をする前に開かれた扉から入ってきたのは、>>155
 昨日、グスタフに撫でられていたシーシャだった。

 その彼の勢い付いた言葉に瞠る瞳には嘘がない。
 船長が死ぬなどありえない、とでもいいたげに、
 何より獣に食われたという推測に]

(158) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  獣狩りより先に真相を突き詰めるべきだ。
  今行く、……あぁ、シーシャ。
  シーツを1つ……いや、2つ、持ってくれないか。


[無残だろう遺体を包む──
 という目的を告げない配慮はどう取られたか。
 場所を告げて自らは鞄の中身をいくつか足して、
 彼と共に、急ぎ足で船長室へと急ぐだろう]

(161) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 医務室 → 船長室 ─

[中肉中背、引きこもりに等しく白い肌に紅い双眸。
 海賊というにはひ弱な体は、
 船長室の前でざわめく観衆をかき分けるのに一苦労し、
 それでも辿り着いた先で、診る必要もない死体が1つ。

 赤黒い血溜まりに踏み込めば粘った感覚。
 放置されてどのくらいかを知るには微かな情報だが、
 少なくとも、深夜に殺されていることは理解ができた]
 

(180) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……喉が致命傷だな。


[例えば刃による殺傷であれば、
 その刃の特徴から武器の使い手を辿ることもできよう。
 だが、これは刃でないもので噛み千切られている。

 服が汚れるのも厭わず膝を付き、
 喉奥まで迫り上がる衝動は辛うじて抑えて、
 吐き気を散らしながらの触診は人を診るより長く。
 途中、出ていくザーゴには目もくれず、
 首に固まる血を鞄の中にあったガーゼで丁寧に拭い、
 顕な傷を覆い隠し、少なくともまともな死体へ引き戻す。

 最終的には瞼をそっと手のひらで落とさせて、
 瞑目の遺体としてから見守る者へ傍を離れて首を振る。
 誰でも見ればわかる死体だが、
 観衆が知りたい情報は、一つきりだろう]
 

(182) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  鋭利なもので割かれてから食いちぎられている。
  余程の狂気に塗れない限り、人間には不能だろう。

  だが、人間が無理なら獣の犯行だとして、
  獣にとってご馳走だろう内蔵が無事な理由が不明だ。

  これだけでは断言はできないな。
  ただ、少なくとも──…


[シーツはシーシャが届けるといっていたが、
 船長をこの無残な姿のまま晒すのも忍びなく、
 せめてガーゼで顔だけは覆ってやり、立ち上がりつつ。

 感情を殺したような声音は誰に届くか、
 海の遺体は慣習のように海に沈めるものだが、
 誰が担うかまでは知らずにその場で溜息を吐き]

(186) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  この船の誰かが、モンドを殺した。


[それを綴る言葉はやや震えて。
 紅い双眸は彷徨い、行く先を失い、曇って。

 顔だけ覆われた死体に落ちてその姿を濁らせる。

  この船の人間が死んだ。

 その事実が己の内へ浸透するのを耐えるかのように*]

(187) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


  捨てていい、むしろ捨ててくれ。


[海に沈めれば進む船の上ではもはや見つかるまい。
 血塗れのシャツを脱ぎ捨てた今は白い肌を晒し、
 闇の中で白と血色を浮かばせシャツを待つこと暫し。

 着替えを済ませ、楽しげにかけてくる言葉に頷いた。
 誰がこの匂いのもとかをなぜ知っているのか、
 そんな疑問が浮かんだが今更協力者を疑う余地もない。

 着替え終われば元通り──
 白いシャツはややサイズが違って違和感があるも、
 寝乱れれば同室者にも気づかれまい]

(*34) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


[秘事の如く、彼と別れて部屋に戻って寝台へ。
 瞼は先刻と違って重く、充足を得た眠りへと落ちる*]
 

(*35) 2019/03/15(Fri) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi