人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 01時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 八号室 ─



[――――滴る、 ……]


 

(48) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[赤い、紅い、朱い、潤いの甘露。
 唇から滲むそれを啜ろうと獣が擡げて喚き、>>3:289
 握る掌から滴る雫の芳香に、意識は眩む。>>3:292

 暴れる獣を押し留める船医の輪郭は朧に過ぎず、
 心臓を穿つはずの刃が落ち銃口を向けられて、
 組み敷いた身体へ崩れ落ちる刹那、>>3:353
 戦慄く唇が音のない言葉を綴ったのが、彼へ届いたかは]
 

(50) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  お そ 、い ……


[苦し紛れの言葉は熱の燈った吐息に掠れ、
 寝台の上で震える獣は人の意思で制御できる域にない。
 
 視線を向けずとも空気の流れが、
 グスタフの動きを伝えてくれていた。

 銃口は変わらず己に向けられたまま指を震わせ、
 彼らしい慈悲の言葉を囁く一挙一動そのすべてが、
 人の枷から離れた獣の双眸に映さずとも理解できる。

 理解、できてしまった――彼の意志を、全て]
 

(51) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[人間で留まっていられる内に刃が心臓を貫いたなら、
 理性は”慈悲の短剣”だと理解したはずだった。

 手遅れとなった者への、安らかな死への一撃。
 苦しむままに生き長らえ摩耗していくだけの人生を、
 終らせてもらえる──そんな一撃だと理解したのに。

 獣は嗤う。遅い、と。
 刃の一撃でなければ駄目だったと、嘲るように。

 人肉の味を憶え滾る獣は、
 人として在りたかった理性の枷から解き放たれて
 故に、眼前の男の行為を、
 己を脅かすただの殺戮の挙動にしか取れずに]
 

(52) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  ぁ、あ ァ、ぁああ……ッ… !


[響く発砲の音――
 初弾は、身を捩り額を掠めるだけで留めて迫り
 続く銃声に肩を貫かれ血飛沫が飛び
 互いの顔を濡らす、紅に染まる凄惨な光景と化した。

 そうして最後の弾の音響は、
 人に非ざる俊敏さで銃を構える手首を捉え、
 壁を打たせて、手首を捻り銃を落とさせながら。

 問答前へと巻き戻したかのように、
 とらえた手首を束ね、片手で寝へ台縫い付け、
 呼吸を三度往復する間、血玉の如き獣の瞳で見下して]
 

(53) 2019/03/18(Mon) 17時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[唇を歪ませたのは笑いの心算だったのか、
 意識を奪うことなどしない残酷さで、
 彼と約束を交わした船医の面影を残す双眸を細め。
 
 獣は、捕えた獲物を食すべく服を掴んで引き裂いた。
 血肉しか興味がないと言いたげなぞんざいさで、
 露出した肌に未だ人の指先で、トンと突く。

 美味なる肉はここにある。
 皮膚を破れば、噴出す血潮と、柔軟な肉がここに。

 そう教えるように、
 ゆるりとした仕草で血が滲む唇を舌で舐め取って]
 

(54) 2019/03/18(Mon) 18時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……ぐす、たふ

[人と関わるのを避けていた。
 人と関わってしまえばきっと病に負けた時、
 人を食う業に堪えられないと理解していたから。

 常に不愛想で居続け、会話も避けた。
 人嫌いで通し、己の目的に叶う相手しか関わらず、
 それを貫き通していた人生を、船で崩したのは何故か。

 自分の城である医務室でのサボリを許し、
 その代わりにピスティオを使い倒すこともして。
 人ならざる人形を愛すエルゴットに付き合い、
 メアリーを“手術”し、彼に心を砕いたことも。
 何を食べても砂の味しかしない食事に、
 唯一、卵という光明を見出してくれたニールへ、
 珍しく笑いながら食卓を他人と囲むことだって。

 何より───なに、より……?]

(55) 2019/03/18(Mon) 18時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……グスタフ。


[心臓の上を突く指は震えて、そこに雫が落ちて。
 それが瞳から零れる熱い何かだと知りながら、
 その瞳の中心は未だ友人だった男へ注がれたまま。

 震える指が獣に抗い、皮膚を貫く指は1つ。
 獣に変わることなく指先の爪だけを鋭くし、
 まるで短剣のような鋭利なそれで心臓を穿って。

 切り裂けば噴出しただろう血を浴びることなく、
 こと切れるまで、瞳は友人の最期を映し続ける。

 獣性の発露を抑えきれない脆弱な己では、
 返り血に濡れてしまえば暴走してしまっただろう。
 生存本能を刺激されて暴れる獣に出来る唯一の抵抗は、
 彼を人として終らせその肉を獣に食わせないこと──
 それが慈悲になるかは、己ではもう理解ができない]

(56) 2019/03/18(Mon) 18時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[脈動が尽き、終わる。
 友人を殺した、その罪悪感は恐らく永遠に残るだろう。

 もはや、この罪を背負って自死など楽な道を選べない。
 彼へ願ったのと同じように愛すべき仲間へ、
 殺してくれと願う残酷な業を再び犯すこともできない。

 彼は肉じゃない食事なんかじゃない。
 仲間だった>>3:292
 己にとっては唯一だった友人を、己の意思で殺した。

 獣に負けたなど言い訳にすぎず、
 ただ、獣に彼を食事として呈することだけは避け、
 胸に埋めた一突きの刃を抜き、細く息を吐く]
 
 

(57) 2019/03/18(Mon) 18時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……どうしてだろうな。

  君になら人として殺されたいなどと、
  思ってしまわなければ……
 

[これが自分の運命だ、――というのなら。
 この醜悪な生き物たる獣として生まれた定めなら。

 治せると夢想し医学に没頭した時間は、
 全て無駄だったのだろうか、と過るも苦笑した。
 その没頭がなければ今より早く獣に落ちて、
 それこそ陸で賢しく食い荒らしていたことだろう]

(58) 2019/03/18(Mon) 18時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[ここに居るのは、彼を苦しめ、彼を殺し、
 誰にも慈悲を懇願せず秘め続け、
 罪業を背負い生きようとする醜い生き物。

 頬は涙で濡れたまま乾く気配はなく、
 だが、このまま呆然としても生きられはしないだろう。

 人は集団において牙を研ぐ。
 
 船長室でヌヴィルに疑惑の視線を向けた者がいたように。
 故に、己がすることは一つきりだ。
 落ちたままのグスタフの銃を握り、
 部屋のあちこちに無造作に弾を放って銃声を響かせる。

 武器など扱うことのないひ弱な医者が、
 何かを守るように──抵抗するかのように──幾度も。

 額に傷、そこから溢れた血で汚れた身体、
 ついでに廊下に気配がないのを確かめ扉を蹴り開けて、
 最後の銃声をもう一つ響かせ床へと座る]

(59) 2019/03/18(Mon) 18時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[誰が気付くか、など、どうでも良かった。
 蒼白な顔をし、血を流し、それでも武器を構えた医者は、
 扉の横へと座り込んで荒く息を継ぐ**]
 

(60) 2019/03/18(Mon) 18時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 18時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[叫んで枯れた声はより罅割れて、
 撃ち尽くした銃身を投げ捨て医療鞄を乱暴に開けた。
 
 人外の力で拉げた扉はそのままで、
 消毒、ガーゼ、包帯――掴んだ薬液を胸に零し、
 瓶は投げ捨て血が溢れる胸板にガーゼを押し付ける。

 息を引き取っているのは知っている。
 己の手で幕を引いた男から溢れる血潮を、
 留めるような血止めの仕草は正しく滑稽だろう。
 だが、医療の心得がないものが見れば――

 頬は涙で濡れてそのままで、
 叫んだ喉は枯れて未だ荒い息を繰り返し、
 圧迫して血を止めようとしている姿はどう映るか]
 

(98) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  グスタフ、嫌、だ……
  まだ、まだだめだ、……グスタフ……


[譫言のように繰り返す言葉もまた、
 この滑稽な舞台劇を彩る小道具の一つになるか。

 尤も、頬を濡らす涙は紛れもなく本物で、
 友の名を呼ぶ慟哭もまた、嘘の欠片すらなく、
 治そうとする行為に迷いなどない]
 

(99) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[血肉の匂いが己を狂わせるのを知りながら、
 眼前の男のものだけには、もう食指は動かない。

 手遅れの処置を自我が壊れた人形のように繰り返す。

 この演劇に観客が現れるまで、ずっと*]

(109) 2019/03/18(Mon) 22時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 22時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[獣の膂力で蹴り飛ばした扉は拉げ、
 その気になれば覗き込むこともできただろう。

 だが、律儀に響くノックに、>>117
 永遠と苛むだろう焦燥と孤独、後悔、獣の愉悦――
 複雑に入り混じる坩堝が現実へと傾き、顔を上げて]


  入って、くれ……手伝いを、誰か……


[疲れきった声音で縋る言葉を吐き出した。
 濡れた視界に映る姿を見て反射で出たのは警戒で、
 そこから滲み出る安堵──次いで哀切の喘鳴を鳴らす]
 

(127) 2019/03/18(Mon) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[乱れた寝台の上で仰臥する仲間は、
 傍目に力を失いきって死体にしか見えないはずだ。

 だが、それでも胸から零れる血を止めようと圧迫し、
 押し当てたガーゼが血色に染まり切っても、
 治療をやめようとしない己の姿は彼にはどう映るか]


  グスタフが、……死 ん で、しま…ぅ…


[額の血が片側の視界を曇らせて目を閉じても、
 手遅れの治療は止まらず、ただそれだけを訴えた*]
 

(128) 2019/03/18(Mon) 23時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 23時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  ……死んで


[宣告が静かな楔となって貫くまで、
 覗き込まれた顔は泣きじゃくる子供のようで、>>134
 常の不愛想でいえば他人と思えるほど感情も露に。

 血と涙に濡れた顔はそれほど酷い。
 圧迫を繰り返すたび籠る力が額の傷も広げ、
 どくどくと生々しい赤が白い肌を血染めとしている。
 
 呟きは空虚に近く響かせた。
 演技ではなく、死の幕を引いたのが己であっても、
 その現実を他人に突きつけられ、ぐっと瞼を落して]

(145) 2019/03/19(Tue) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ちが、う……


[金髪をゆるりと揺らして俯いて、
 搾るように零した否定はこれだけだった。
 それ以上の言葉を語る余力など今はない。

 疑うならば疑えとでも言いたげな無気力さで、
 だが、それでも、グスタフの掌を掬い、
 胸の前で組ませてやり、瞼を閉じさせてやってから]

(146) 2019/03/19(Tue) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[──人は、狼に牙を向くものだから。

 目撃者はこの男ひとりきり。
 目敏く、抜け目のない会計士――そんな印象だった。
 苦手ともしていないが距離が近くもない、
 きっと言葉を交わすことも仕事絡みだけだっただろう。

 尤も、報告の義務を常日頃から怠るだけに、
 略奪のたびに忠告をされ続けていた記憶があるが]
 

(147) 2019/03/19(Tue) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……ダイミだったように、思う。


[のろのろと上げた名は、
 下っ端の中でも特に孤独を好む男の名だった。
 患者の名だけは覚えている頭は適切な候補を選び、
 ぐす、と鼻を鳴らしながら訥々と綴る。

 体調を崩し、グスタフに看病されていた真実を。
 そのころに起きた騒動の混乱もまた真実で、>>19
 そこに一滴の嘘を混ぜ込み、
 混乱に乗じた人狼に押し入られ、襲われたことにして]
 

(148) 2019/03/19(Tue) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[あとはそれらしい流れを被害者らしく、
 ところどころ混濁した記憶を描くように語ればいい。
 あの混乱の結実が海の藻屑など知る良しもないが、
 単独行動が多かったダイミに全てを被せるは容易い筈。
 
 だが、疲れ切った被害者は
 第三者に促されるまで多くは語らないものだ。

 単純な心理のそれを知るだけにそこで言葉を鎖して、
 額から流れた血を腕で拭い、その多量を知り溜息を吐き]


  このままでは、私も死ぬな。
  ……もう薬はない、医務室に……
  いや、その前に、皆に警告、を……


[グスタフの身体に毛布をかけてやり、弔いとして。
 立ち上がる脚はやはり震えて、力なく*]

(149) 2019/03/19(Tue) 00時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/19(Tue) 00時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[きりきりと痛む何かが、
 意識の沼へと沈んでいくのを自覚した。。

 執心していた希望を失い、友人も失い、
 獣に一度奪われた理性は制御できる域にはなく、
 もがいて浮上できるのは僅かな間のみ。

 取って変わった人間を嘲笑う獣に抗い、
 時折、人の感傷も露に、泣いて弔いをしたり。
 生き抜こうと足掻く獣にそれが精一杯。

 他人に罪を被せる獣の本性を留められず、
 できることといえば沈む意識の沼の波を揺らし、
 他人へ、違和感という“隙”を作り出すだけ]
 

(180) 2019/03/19(Tue) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  死なせたくなかった――
  死んで欲しくはなかったんだ、だから


[支えられようとする手を伸ばす姿に、>>159
 逃れようとするような挙動を制して好きにさせた。

 同時に獣が呟こうとした懐柔の言葉は、
 下手な銃撃がグスタフを守ろうとして撃ったのか、
 或いは、彼を殺したのだと、自白したに近いと取るか。

 取り方で意味が多様になる表現へすり替えて]
 

(181) 2019/03/19(Tue) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  きみも驚くことがあるのか……?

  怒っているか、誰かに文句を言っているか、
  そのくらいしか……私は、見たことがなかった。


[つまりはお互いさまなのだろうと、
 決して広すぎはしない船内での関係性に苦笑する。

 人に関わらないようにして生きた結果がこうだ。

 きっとグスタフは己にとって特別だったのだろう。
 同じようにエルゴットも、一方的であろうがニールも。

 深く結んだ縁や執着がなくば己はもう二度と、
 血肉を前にして暴走しようとする獣を止められまい。
 人でありたかった己が獣に消し去られようとしている今、
 実際にそうなって止められるかは不明だが──…]
 

(182) 2019/03/19(Tue) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[―――なら、船内の人狼たちへはどうだろう]
 

(184) 2019/03/19(Tue) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[不穏な思考が過り、ふるりと背筋を震わせた。
 醜悪なる獣の執着は人間でありたかった己にはなく、
 ならば、仲間殺し――

 ──獣同士で渡り合える牙も爪も膂力も、
 獣に目覚めかけた己には自在な武器とし備わっている]


  ……きみは、どうして欲しい?


[前者を首を振り否定し、後者には震えた声音で、>>16
 まるで意味の分からないだろう問いで返して。

 伏せていた双眸を揺らめかせザーゴを映す。
 その色彩がただの紅か、血色に染まって見えるか、
 関わりの薄かった他人だからこそ託し、真っ直ぐに**]
 

(186) 2019/03/19(Tue) 01時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/19(Tue) 02時半頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/19(Tue) 10時半頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/19(Tue) 15時半頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/19(Tue) 21時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン

 
[額の傷は痛覚を刺激されるより発熱を認識し、
 今も流血し続けていると感覚だけで理解する。

 ふらりと視界を揺らしたのは幾度目だろうか。
 腕を掴まれようとする刹那に湧いた獣の反発を、>>193
 その眩暈が留めたのは、己にとって僥倖でしかない。

 “良く動く、柔らかそうな唇だ――”
  ――綴られる言葉を静かに聞く。>>195
 “腕を捉える指は折るに容易い細さだ、だから”
  ――摩耗した自我が人の感情を理解できる内に。

 異なる認識に鬩ぎ合う感覚が息苦しくて、
 喉を震わせ喘ぐも空気を上手く肺へ送り込めず、
 細い呼気を辛うじて繋いで――、そして]
 

(217) 2019/03/19(Tue) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……人狼、だ


[人狼――己の中に眠り、目覚めさせられた獣。
 今はまだ人の残滓が獣に抗っているとしても、
 このままでは何れ人は消え、獣が勝つだろう。

 獣は身の危険から目覚め、暴食の業に逸り、
 人はそんな獣に抗い、彼をただの肉としなかった。

 殺意の有無で言えば食事に殺意は在るのか否か。
 強烈な生存本能に抗いきれず、
 彼を殺すのを阻止できなかった己に──…]
 

(220) 2019/03/19(Tue) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[死なせたくはなかった。
 殺意を抱くなど、あろうはずもない。

 けれど己に潜む獣を自覚し、
 孤独であるべきだと信じ陰鬱な医者だった己と、
 友になろうとした奇特な男に執着して絆されて、
 遂には人のまま殺して欲しいと泣き縋りもして。

 結果、彼を苦しめ、殺してしまった己には、
 償いきれない罪はある──あることを、
 眼前の会計士は、躊躇いなく突きつけてきて。
 
 ふ、と――
 鶏を絞めて食事を作る料理長の姿が浮かぶ。
 彼に殺意があるかと問えば、何と答えるのだろう。

 そんな思考が過るほどには人を取り戻し、
 同時に自覚がもう一つ、今更ながら滲む]
  

(226) 2019/03/19(Tue) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.179 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび