人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 弁務官 ジャーディン

[喉奥を鳴らし、唇を歪めて己を嗤う。

 狂乱の獣か狂乱した人間の何方を指したのか。>>4:279
 或いはそれらが混然と入り混じる己を、
 その内面を知らずとも射抜いて指摘したのか。

 ザーゴの言葉に諧謔味はなく、
 それこそ、後者なのだろうと思えて嗤った音は、
 傷の痛みに遮られ、咳込んで、また血を溢れさせ]


  どうかな……君にはどう見えている?
  自分のことを理解できるのは、
  理解しても遅いときであることが私には多くてね。


[ぽたりと床に血の滴が落ちる音がやけに近く感じた。
 この鋭い感覚は既に獣のものだろう。
 それでいて理性は未だ人間の残滓が主導に抗い、
 血に沸き立つ獣の発露を抑え続ける苦痛に浴している]

(11) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  あんたも、ということは、
  誰かがそう考えたのを知っているのか。


[一歩を踏み込む――ザーゴの側へ。
 様相は人と変わらず、纏う雰囲気も医者のまま、
 人の傲慢さを前に穏やかな笑いを浮かべて首を振り]


  死ぬ前に殺す気があるなら付き合え。
  血清は残り4つ――渡すよ、生きて欲しい者にな。


[その数が意味することなど、言わずとも。
 銃を向けられようが後は何も言わずに部屋を出る]

(12) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[同じようなことを言われ軋む感情を、>>3:353
 表情に描く甘えを二度と己に許すことはなく**]
 

(15) 2019/03/20(Wed) 02時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 02時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

 
 
[――もう二度と、破らせるものか]

 

(16) 2019/03/20(Wed) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[その死を望んでいたかと誰かに問われれば。

 人狼であっても副船長は仲間だった。
 人狼へと変わり獣に染まった――
 その心根まで染まり切っていたかは判らないが、
 新たな人狼として目覚めた大男に対する思いも同じ。

 人狼という存在自体が、
 この船から消え去ればいいと確かに願った。

 獣が己に潜む病を治したかった願いは届かず、
 人狼を殺そうとした願いだけが届くなど、
 皮肉な現実を未だ、知る由もなく]
 

(17) 2019/03/20(Wed) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[律する苦痛は熱の息となって視界を揺らし、
 人が肉に見える生々しい視界を、
 “そんなものは存在しない”と強く意識する。

 ――幻肢痛を語って聞かせたのは誰へだったか。
 
 思いを馳せるには少しばかり苦痛が過ぎ、
 記憶の断片すら獣に侵され始めもう思い出せない。

 あの古い狼は人の心を残していたのだろうか。
 記憶は血の色彩に塗り替えられなかったのか。

 現実と幻の境界線すら曖昧になっていくこの違和感を、
 副船長はどう乗り超えたのか今更興味が湧いたが、
 もし尋ねて答えを得られたとしても役立てる気はなく]
 

(18) 2019/03/20(Wed) 14時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[この船の、人狼の懸念を全てなくす。
 ただそれだけを、揺らがない意思として]


  まず、医務室に、いく


[辛うじて綴る言葉も掠れ、
 ザーゴへこの直情が伝わったかどうか。
 彼が留めないならば、己の城へ向かうだろう**]
 

(19) 2019/03/20(Wed) 14時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 14時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 22時頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[人狼だろうと思う――
 獣の危機感を煽るに相応しいその言葉に、>>23
 ぞわりと背筋が粟立ち獣の殺意が膨れても。

 意志は頑なに、それ以上の獣の発露を許さない。
 血を失い続けて冷え行く体温とは裏腹に、
 己の内側で煮え滾る熱の熱さに焼かれていても。

 それだけは譲らずに、
 ただ、ザーゴの言葉を静かに聞いて]
 

(44) 2019/03/20(Wed) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  少なくとも君が残っている。


[淡々と事実を述べる表情は常と変わらない。

 ザーゴの主観であれば、
 己の笑うことなど殆どなかっただろう。
 笑う相手などグスタフ相手かエルゴットくらい。
 ピスティオあたりには苦笑くらいはしていたが、
 ニールに対してすら卵料理が出た時しか笑わない。

 見かたによれば憮然としているようで、
 生真面目に過ぎる口調も何もかも、
 血に濡れ呼気を乱しているのを除けば普段と同じ]
 

(46) 2019/03/20(Wed) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[失血に晒され続けている以上、
 無駄に力を籠めるような力仕事は行えない。
 故に、扉を開けるザーゴをやはり静かに見つめ、
 通行が可能となれば廊下へと進み――

 耳に届く忘れ物を気にする余裕などなかった。>>25
 
 階段の前に死体が二つ。
 先の言葉を裏付けるかのような、
 人狼と人間の、もはや治療の余地のない死体。

 あれは、ハワードとピスティ……]
 

(47) 2019/03/20(Wed) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  なに、が


[無意識に喉が鳴る。
 流れた血の多くを嗅ぎ分ける嗅覚が、
 人間の血臭だけを正確に嗅ぎ取って獣を刺激して。

 離れた場所に動く影と、倒れた大男。>>5:35 >>5:43
 鉛臭い血の芳香から理解したのは、  ]
 

(49) 2019/03/20(Wed) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[ ”まだ、彼は治せる” ]
 

(50) 2019/03/20(Wed) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 ザーゴ、医務室だ。
 医務室に行って、ありったけの消毒薬を持って来い。
 包帯とガーゼも持てるだけだ、注射器もな――急げ。
 

[彼が投げかけた言葉を、
 そのまま返すかのように指示をして。>>4:193

 ザーゴがギリアンを見捨てるとは考えもせず、
 さも当然と言いたげに呆然としているシーシャへも]
 

(54) 2019/03/20(Wed) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 シーシャ、ギリアンを抑えろよ。
 手元が狂えば大出血だ、暴れさせるな。


[選任に裏はない。
 ふたりを比べて力がありそうなのは何方だ、
 そういう単純な話でしかない。

 ギリアンの傍らへ寄り、
 膝を付いて状態を確かめ眉根を寄せる。>>5:43

 酷い血の色だ。それに臭い。
 獣の嗅覚は鉛に汚染された血の匂いすら嗅ぎ分けて、
 だからこそ、彼の症状と窮状を知る]
 

(55) 2019/03/20(Wed) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[医者として生きた記憶が身体を滑らかに動かし、
 鞄の中身から応急処置用の器具を取り出した。

 頭を開いて鉛を抜き取るには足りない玩具。
 ここが医務室ならばもう少しマシな道具があるが、
 今、動かせる状態になければ無いのも同じこと。

 応急処置用の道具でできることはただ一つ、
 彼を死なせないためだけの、延命処置に過ぎない]
 

(58) 2019/03/21(Thu) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  溜まった血を抜く、弾は抜けない。
  そうすればとりあえず今は死なずにすむ。
  陸に上がりマトモな医者にかかればその先もな。


[鎮痛剤などない。
 ましてやこんな玩具のような道具で、
 正確さを要求される治療行為などあり得ない。
 本来ならこんな不潔な場所で血抜きなど、
 出来るものじゃないと、訴えもしただろう。
 
 けれど流れる雫を見て動かない医者などいない>>5:43
 

(62) 2019/03/21(Thu) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[ザーゴが動いたのを見た。>>5:59
 シーシャも動いた、泣きながら。>>5:57

 痛みは当然あるだろう。
 鞄に入っていた1人分の僅かな消毒薬。

 それをギリアンへ遠慮なくぶちまけ濡らし、
 鼻腔まで侵入する程に溢れた血の固まりへナイフを]
 
 
  ……なるべく動くな。


[人の血肉を割く”治療”ならば慣れているのに。
 今更、誰かの胸を突いた感覚が蘇り僅かに震えて]
 

(67) 2019/03/21(Thu) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[小さな玩具みたいなナイフで慎重に。
 傷痕の多いギリアンに、傷を新たに増やす。

 血管が破けたか皮膚の下で留まる血が飛沫となって、
 蒼白な肌を血に濡らし、また震えもしたが。

 衝動は未だ沼の底。
 それが暴れて波打ち、溢れようとしても、
 注射器を投げ渡され受け取って、
 他にも溜まった血を抜き処置を終えるまでは静かに。

 苦痛を相当に与えただろうことを理解して、
 新たな消毒薬も得ればそれを浸したガーゼで傷を多い、
 血止めがわりに包帯をキツく巻く。

 ガストンに彼がしたような乱暴なものではなく、
 知識が示した最大限に効果を発揮する医者の技で]
 

(68) 2019/03/21(Thu) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[時間をかけるような処置ではなく、それで終わった。
 本来なら傷を縫うべきだが針と糸などない。

 エルゴットのために鞄には裁縫セットが常にあったが、
 これはメアリー専用の治療器具でギリアンには適さない。

 まあ、使わなければ死ぬのなら使ったかもしれないが]


  ……これ以上放置は無理だ、ギリアン。
  君は陸に一度降りて、医者を探すべきだ。

  あと、暫くは暴れるな。


[それは終わりの言葉。
 その意味を正しく知るのはザーゴくらいのものだろう] 

(72) 2019/03/21(Thu) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[発病さえしていなければ効くと思われる血清を。
 それを治療の沿線上のように注射器で吸い上げ、
 ギリアンへと施した──真の意味を*]
 
 

(74) 2019/03/21(Thu) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……だいじょうぶ


[それは、ごく柔らかな声音で。
 子供に言い聞かせるような含みを持たせ、
 助けてと縋ったシーシャへ手を伸ばしながら。>>73
 
 力の抜けた身体を支えるようにしてから、>>80
 指先で乱れた前髪を梳き、宥める様に整えた。

 ささやかすぎる慰撫の仕草は不慣れに過ぎて、
 まるで己らしくない行為に血塗れの頬を緩める。

 笑っているのだろう。苦笑かもしれない。
 けれど頬は確かに緩んで彼を宥めて、
 もういちどその耳に届くように言い聞かせる]
 

(82) 2019/03/21(Thu) 01時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  大丈夫だ、シーシャ。
  ギリアンは死なない――暴れなければな。


[傷は圧迫して止血しただけ。
 脆い処置だ、早く設備がここ以上に整った場所で、
 医者に診せるべきなのは間違いない。

 繰り返し安心を浸透させるのは、
 彼もまた“患者”だからか、“仲間”だったからか]
 

(87) 2019/03/21(Thu) 01時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  君も、ほら。
  
[食堂で彼も食事をしていた。
 つまり貨物船の獣の肉を、彼も口にしている。

 獣の肉が本当に人狼化を引き起こすかは未知だが、
 実験体の肉を食ったのならば、血清は有効のはず。

 細かい説明は混乱を増すだけだと口を噤み、
 必要ならばザーゴが話すだろうと説明責任を投げ、
 残る人間の為の血清をもう1つ、手に掴んで。

 ……が、なんかはむはむしている。>>81

 食事か。食事なのか。
 まるで人間を食う獣のようだと呆れながら、
 掌の中に血清を持ったままシーシャとギリアンを見た。

 緊迫の空気が抜けていく*]

(88) 2019/03/21(Thu) 01時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/21(Thu) 01時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/21(Thu) 01時頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  ギリアン、人を喰うな。

[シーシャが笑っている。>>90
 ギリアンも意識が現実へ戻ってきたようだ。>>92

 呆れた響きは未だ言葉に宿るが、
 薄らいだとはいえ緊迫感の全てなくなった筈もなく。
 
 死体に近づく様子にそっと眉を寄せた。>>5:91
 あれはもう治せないものだ、
 誰かを害したりも、笑いも、怒りも、
 もう治せない……手の施しようがない。

 だが、損傷して心が晴れるのならばすればいい、
 とまでは、割り切れるものでもなく]
 

(94) 2019/03/21(Thu) 02時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[近づく足音には気付いてはいた。>>86
 だが、関心は、それよりも怯えた様子の患者へ。>>91

 近付いてシーシャの腕をとった。
 斧を扱う側ではない腕を己へ引き寄せて、
 柔らかな強制力で怯えに支配された身体を抱く。

 発熱に眩む己では熱いくらいだろう。
 けれど生きた体温が伝わるならば、
 昏い感情に沈む彼を拾う切っ掛けにはなると信じて]
 

(95) 2019/03/21(Thu) 02時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  大丈夫だ、シーシャ。
  だいじょうぶ……あれは死んでいる。

  もう殺さなくても死んでるんだ、だから


[他人を振り解く程に狂乱し、
 そうすることだけが乱れた心を救う治療ならば、
 シーシャの好きにさせたことだろう。

 彼の言葉を憶えている。>>3:53
 殺さなければいけない人狼は、
 だが、もう死んでいるのだ、だからこそ]

(96) 2019/03/21(Thu) 02時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[人狼を殺したいと願うのは同じ。
 否、この場にいる誰よりもそう願っている、
 など傲慢にもそう思っていた。

 それでも死体を壊す理由はない。
 手の施しようがない死体ならもう一つある。
 医務室のサボり常連だったこの青年が、
 どうやって人狼を殺したかは想像も付かないが]

  
  死んだ獣に構うより、彼を弔うべきだ。
  それに獣の悪血を悪戯に撒き散らしてはいけない。


[零した声音を悲痛で満たして、
 全ては語らず、ただそれだけを伝えた**]

(97) 2019/03/21(Thu) 02時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/21(Thu) 03時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/21(Thu) 20時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン

 
[人を糧にし生きる獣が己に潜むと自覚して、
 幾夜を越えただろうか、もう、思い出せない。
 
 月が昇って陽に溶けるたび、
 人の欠片を失くしていくことに摩耗し続けた。
 紅よりも血に近い双眸は陽よりも夜に馴染み、
 味覚もまた人の自覚でしかなかった頃に比べ激変し、
 砂を噛むような食を続けなければいけなくなって。
 
 侵食する獣の本能へ染まりきらずに済んだのは、
 病なら治せると思い込むことでの暗示に過ぎない。

 医者として病を癒す術を探し続けることで、
 辛うじて人の輪郭を保ち、今、この船にいる]
 

(120) 2019/03/21(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ここに居る人間だけだ、生きているのは。


[腕の中からすり抜けた身体に、>>5:106
 人知れず、安堵の吐息をそっと逃がした。

 それだけの些細な行動であっても、
 治療で集中した意識を緩めたせいか流血は増す。

 この肉体が真に動けなくなる前に、
 医者として意識を失うわけにはいかない。
 
 ここに居るのは、治せる人間たちだけだ。
 誘惑の如き獣の囁きに真正面から抗って、
 狩りへ傾こうとする意識の天秤を医者へと正す]
 

(125) 2019/03/21(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[その鬩ぎ合いは失血と共に終幕へ逝く。
 その結末を知るからこそ、
 施す機会を逃した手の中の薬瓶へ視線を落とし]


  ………ザーゴ。
  君は観察をしていただろう?


[示唆したのは滑らかな注射の仕草。>>5:74

 この状況で治療自体の観察をするなど、
 己に潜む病を知るだろう会計士しかいまい。
 そして血清の残り数も、効果も、彼ならば知っている]
 

(126) 2019/03/21(Thu) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.187 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび