人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


 
[ 腹が減ったな ]
 



[あの卵料理は絶品だった]
 


 
[――男の耳許で、耳孔へと響く距離で]
 


 
[目の前の男が何かを喋っている。

 視界は昏く、血色で、輪郭は滲み、世界は曖昧で、
 聴覚は潮騒で満ちて耳鳴りへとなり空虚に響く。

 もう呼吸をするのですら億劫となりながら、
 唇の動きを辿ればどうやら男は罵っているらしい。
 
 苛立ちも露に何もかもを責め立て、
 分かり合えるはずもないと真実を言いながら、
 その実、言葉を綴っている裏腹な男]
 


 
 (……医者は、殆ど残っていないのに)
 

[獣を抑え込む苦痛に削がれ続けながらも、
 やるべきことを掲げ、最期までそれを貫き通して。
 限界まで自己を削り尽くしたのだから当然の如く、
 残されたものなど、僅かでしかない。

 何も思い残すことがないなどあろう筈がなかった。
 あれの内に潜んだ獣だから知る抱えていた絶望を、
 結局の所、死ぬことでしか癒せない結末では。

 何も救われていないことを良く知っている。
 獣と混じっていながら人間でありたかった医者の、
 抱いた願いを……少なくとも、“自覚”している]
 


 
[――人間ではないのに。
 人間に届けられた言葉が支えた願いは打ち砕かれて、
 その友を殺した契機に自ら死へ駆け出した医者が、
 救われた何かがあるとするなら。

 背に届いた、あの言葉。
 病を自覚しその病を罹患している己を厭い、
 人嫌いで通した人間の背に、届けられた言葉だ。

 人は言われなければ何も伝わらない。
 想われても、思っても、
 見守ってくれる者がいたとしても、
 同じ悩みを抱えていたかもしれなくても。

 あの泣きじゃくる医者見習の言葉は、
 確かに、“自覚”へと響いてしまっている]
 



  ……ふ


[そんな思考しているうちに、
 己を殺す人間の言葉は終わったらしい。

 そう、全てはもう、終わっている。
 やり残したことをやり遂げて、
 獣が狩りをするには力の失せた身体を残し、
 あの医者の残滓は、漣一つで攫われてしまう程度]

 


 
[のろりと顔を上げ、“そこ”を見た。
 ――海への入り口。漸くの終わりの場所。

 血肉を憶えて覚醒した筈が、
 獲物としか思えなかった人間に抑えつけられて、
 その人間の意志が消えてもこの身体にもう力など無く、
 であるならば、最期くらいは獣らしく]
 


 
  他人の思い通りが、気にくわないか。
  ああ、そうだろうな……うん。


[肩を震わせ唇を吊り上げる。
 終わりの場所まで足を引きずるように歩き、
 銃口を向けられてもその言葉に嗤うかのように。

  案外、気が合うじゃないか人間。
  獲物でしかなかったはずの人間と気が合うなど、
  おかしいにもすぎるが、事実でしかない。

  あの医者は仲間を守ろうとした友に殉じた。
  自ら幕を引き人に獣を殺させまいとしていたが、
  その思い通りにしてやるなど気に食わない。

 腰掛けろと言われたが無視をして、
 喉を震わせ、獣らしく悪辣に嗤ってやるのも精一杯で、
 どちらかといえば無理をしているような様相だろうが]


 
  確かに。
  ひとり勝ち逃げさせるのは気に食わないよな。


[銃を向けられ嗤う獣の意図は恐らく伝わるまい。
 眼前の男が“医者”を殺したいのだったなら、
 これこそが人間への反撃だが、言葉にする意もなく]
 


  
 
[ 銃声が響くその刹那まで、紅い瞳は逸らさずに **]
 
 


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ブッカ 解除する

舞台に (5人)

ブッカ
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi