人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


シーシャ森番 ガストンに投票した。
ハワード下働き ピスティオに投票した。
ギリアン執事 ハワードに投票した。
ピスティオ執事 ハワードに投票した。
エルゴット森番 ガストンに投票した。
ガストン蟻塚崩し エルゴットに投票した。
ジャーディン執事 ハワードに投票した。
ニール森番 ガストンに投票した。
ザーゴ弁務官 ジャーディンに投票した。

ガストンは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
ハワードが無残な姿で発見された。
ピスティオが無残な姿で発見された。


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、シーシャ、ギリアン、エルゴット、ジャーディン、ニール、ザーゴの6名


【人】 蟻塚崩し エルゴット

[ニールが差し出した酒を飲むガストン>>4:243>>4:260
が、スープを飲む。
肝を食べる。
シチューを食べる。>>4:265]

 …………。

[残念そうな口ぶりのニールに、>>4:276
悲しそうに目を細めた。

ああせめて
せめて”ソレ”を美味しそうに食べてくれればよかったのに。
”美味しいよ”と、嘘でも言ってくれればよかったのに。>>4:289]

(0) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット


 ね、ねえ ガストン。

[そして

ヒューが、と口にする男を前に、
エルゴットは音を立てて椅子から立ち上がった。

『どういうことだ?』>>4:291
という問いにも答える必要はもうない。

もう無いのだ。その名前を口にしてしまったのなら。]

(1) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[倒れたピスティオの姿。
影。

ピスティオに振り下ろされようとしている凶器>>4:253>>4:270
間に合うかどうかなんて


それがハワードだという認識だけが遠くで灼けつく。

感情や思考は追いついてこない。
シーシャに引っ張られていることは理解していたけれど
何も考えなかった。
手に持っていたモノを投げる。  "敵"と見えた影に*]

(2) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

 ”スープ、美味しかった?”

[歩き、棍棒を引きずりながら
ガストンとニールの間に立つ。

ニールに指し示された食料貯蔵庫に行こうとするのなら
それに追従するように。>>4:284>>4:292

馬鹿げた交渉だ。
人狼を捕まえたのかだなんて。>>4:269
彼が人間であるならば、今大事なのは
”眼の前の僕らがどちらであるか”だ。]

 死体の在り処がそんなに大事?
 僕らに、じょ、情報を渡せないほど。

[ニールにちらりと目配せをして、棍棒を背負う。]

(3) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[ピスティオが人狼でないのなら。
ガストンとハワードとザーゴが人狼という事になる。
グスタフとジャーディンは信じると決めた。
ギリアンとピスティオに対しての確証はない。
だからこそ、まだ疑惑のまま。
けれど濃いグレーであるからこそ、
痛む腕で棍棒を握った。]

 が、ガストンは何を知ってるんだろうね。
 ヒューが人狼なら、い、言わない理由が、ないよね。

 じゃあ、何を僕たちに、伏せるの?
 ヒューにやられたの?ヒューを殺したの?

 ねえ

[次々と浮かぶ嫌な可能性、
イメージが、目に涙の膜を張る。]

(4) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[まるで起きて欲しいと願うかのように
フェルゼの名を呼ぶ姿>>296を見ても

「そんな気持ちがあるのか」という八つ当たりじみた感情が滲んでさえきてしまう。
まだ確証はないのに。
全部嘘かもしれないのに。けれどどうやって目を逸らせと言うんだ。
自分が知っている全てと、目の前の男の行動の一致を。

止められない。
感情が滝のように溢れてきて、止まらない。

腕の痛みなんてもう感じなくて、
ただあらん限りの声で叫んだ。]

(5) 2019/03/20(Wed) 01時頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時頃


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時頃


【人】 蟻塚崩し エルゴット

 ヒューになにをしたんだよ!!!!!!

[動かなかったフェルゼの前で、背を晒す男に棍棒をふり翳す。]

 どうして!!!!!!!

[そのまま自らの腕が軋み悲鳴を上げる事なんて厭わずに、
ガストンに向かって不意打ちのように棍棒を振り下ろした。

 鈍い音が鳴る。
 先程聞いたばかりの、何かを確実に折り、凹ませた音。

気づけば、側のニールが止めてくれるまで何度も棍棒を振り下ろしていただろう。]

(6) 2019/03/20(Wed) 01時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット


 どうして………ッ!!!

[ヒューが人間であるなんて、同室である自分が一番良く知っている。

だからこそ。

だからこそ、ヒューの名を出したガストンが、
彼の身に起きたことを伏せる理由なんて

エルゴットにはひとつしか思い当たらなかった。**]

(7) 2019/03/20(Wed) 01時頃

蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


【人】 肉屋 ニール

[貯蔵庫へ向かうガストンの背を、エルゴットが追ってゆく。>>3
 目配せを受ければ、無謀なことをしでかさないかと少し不安になったが、僅かに頷いた。
 そして静かに、その場から、貯蔵庫の中の様子をうかがっていたのだけれど。]

 …………え、
 フェル、ちゃん?

>>4:295一度目には、さして疑問を抱かなかった。
 単に、真っ先に目についたのだろうと。
 なのにガストンは、繰り返し呼びかけた。>>4:296
 フェルゼに。]

(8) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


【人】 肉屋 ニール

 ねぇ、ガスティちゃん?

[すぐそこに、船長だって眠っているのに。
 やっぱりおかしいと、立ち上がり、貯蔵庫へ歩み寄る。

 が、それよりも早く……]

(9) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


【人】 肉屋 ニール

 エルゴちゃん!?

>>6叫び声と、鈍い音が。
 袋小路の食料貯蔵庫に響いた。]

 ちょっとエルゴちゃん、どうしたの!!
 落ち着いて……ッ!

[止めなければ。
 けれど、もしもガストンが、悪い予感通りの存在だったとしたら、むしろエルゴットに加勢すべきなのか。
 なので、静止もしきれず。
 チョッパーナイフを離すこともできず。]

(10) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[喉奥を鳴らし、唇を歪めて己を嗤う。

 狂乱の獣か狂乱した人間の何方を指したのか。>>4:279
 或いはそれらが混然と入り混じる己を、
 その内面を知らずとも射抜いて指摘したのか。

 ザーゴの言葉に諧謔味はなく、
 それこそ、後者なのだろうと思えて嗤った音は、
 傷の痛みに遮られ、咳込んで、また血を溢れさせ]


  どうかな……君にはどう見えている?
  自分のことを理解できるのは、
  理解しても遅いときであることが私には多くてね。


[ぽたりと床に血の滴が落ちる音がやけに近く感じた。
 この鋭い感覚は既に獣のものだろう。
 それでいて理性は未だ人間の残滓が主導に抗い、
 血に沸き立つ獣の発露を抑え続ける苦痛に浴している]

(11) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  あんたも、ということは、
  誰かがそう考えたのを知っているのか。


[一歩を踏み込む――ザーゴの側へ。
 様相は人と変わらず、纏う雰囲気も医者のまま、
 人の傲慢さを前に穏やかな笑いを浮かべて首を振り]


  死ぬ前に殺す気があるなら付き合え。
  血清は残り4つ――渡すよ、生きて欲しい者にな。


[その数が意味することなど、言わずとも。
 銃を向けられようが後は何も言わずに部屋を出る]

(12) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[ハワード。
その名を呼んだ気がしたけれど。


頭の中で、ぶつん、と音がした。
"敵"の姿が視界から消える。
音が消える。
足元から床が消えて]


  や、だ  ぅ

[シーシャにつかまろうとしたのか、わからない。
意識が墜ちていく。
巨体が自立を失って、倒れた**]

(13) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

【人】 肉屋 ニール

[けれどその時、殴りつけられていたガストンの血が、口元へ飛んだ。]

 ……ッ。

 …………これ…………

[人間のものと、明らかに違う味。
 若い頃、興味本位で舐め比べた、獣の血。
 そこに混ざっていた人狼の血と、同じ味がした**]

(14) 2019/03/20(Wed) 01時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 01時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[同じようなことを言われ軋む感情を、>>3:353
 表情に描く甘えを二度と己に許すことはなく**]
 

(15) 2019/03/20(Wed) 02時頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 02時頃


肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 02時頃


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 02時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 02時頃


肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 09時頃


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 12時半頃


【見】 賭場の主 ヨアヒム

/*
[ウサミミ帽子拾って被って跳ねるよあひむ>>+76]

(死亡組お疲れ様です**)

(@0) 2019/03/20(Wed) 13時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
 
[――もう二度と、破らせるものか]

 

(16) 2019/03/20(Wed) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[その死を望んでいたかと誰かに問われれば。

 人狼であっても副船長は仲間だった。
 人狼へと変わり獣に染まった――
 その心根まで染まり切っていたかは判らないが、
 新たな人狼として目覚めた大男に対する思いも同じ。

 人狼という存在自体が、
 この船から消え去ればいいと確かに願った。

 獣が己に潜む病を治したかった願いは届かず、
 人狼を殺そうとした願いだけが届くなど、
 皮肉な現実を未だ、知る由もなく]
 

(17) 2019/03/20(Wed) 13時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[律する苦痛は熱の息となって視界を揺らし、
 人が肉に見える生々しい視界を、
 “そんなものは存在しない”と強く意識する。

 ――幻肢痛を語って聞かせたのは誰へだったか。
 
 思いを馳せるには少しばかり苦痛が過ぎ、
 記憶の断片すら獣に侵され始めもう思い出せない。

 あの古い狼は人の心を残していたのだろうか。
 記憶は血の色彩に塗り替えられなかったのか。

 現実と幻の境界線すら曖昧になっていくこの違和感を、
 副船長はどう乗り超えたのか今更興味が湧いたが、
 もし尋ねて答えを得られたとしても役立てる気はなく]
 

(18) 2019/03/20(Wed) 14時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[この船の、人狼の懸念を全てなくす。
 ただそれだけを、揺らがない意思として]


  まず、医務室に、いく


[辛うじて綴る言葉も掠れ、
 ザーゴへこの直情が伝わったかどうか。
 彼が留めないならば、己の城へ向かうだろう**]
 

(19) 2019/03/20(Wed) 14時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 14時頃


【人】 蟻塚崩し エルゴット

[落ち着いてと自分を止めようとするニールの声が>>10
どこか遠くのことのように脳に届かない。
振り上げた棍棒は初撃でガストンの頭蓋を砕き、
バウンドするソレを二度三度と叩くうちに
その中身までもを潰した。

顔に跳ねた血の感覚にも気付かないほど激情に駆られ、
力の入れ方を誤った腕が上がらなくなって漸く、
ガストン”だったもの”を叩き潰す腕が止まる。]

 ……ッ、は…… ぅ
 ぅ…… ううううううううううう

[肩を上下させ、ぐずぐずに泣き濡れた顔を隠しもせず唸った。
感情を抑える方法がわからない。

ガストンの首から上は砕かれ、ひしゃげ、
恐らく服装で判断した方が早いほどに打ちのめされ
フェルゼの死体に折り重なるように、動かなくなっていた。]

(20) 2019/03/20(Wed) 17時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[あと何人殺せばいい?殺したくないのに。

ヒューは、エルゴットの頭を撫でてくれるのに。
非常食とシチューを連れてきちゃっても怒らなかったし、
ぶっきらぼうに見えて優しかった。
部屋でエルゴットが下手くそな裁縫をしてても
馬鹿にしなかったし、話しかけても無視せず
ちゃんと目を見て話してくれた。

そのヒューに何かがあった事を、何故隠す?
隠す理由なんてひとつしかないのに。]

 …… …、

[ガストンの体に巻かれた包帯を捲くると、
その下の傷跡が顕になる。>>3:395]

 ッぐ、ぅ…… …っ

[ヒューのカトラスと同じ大きさの、刺し傷が。]

(21) 2019/03/20(Wed) 17時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

 にーる゛ッ  ニールぅ…ッ!!

[もう持てなくなった棍棒を床に落とすと、
困惑し、先走った自分を止めようとしてくれていた
ニールを、縋るように呼んだ。

途端目に映るのは口に跳ねた血を舐め、
驚いたような声を出す姿。>>14
妙な焦りが湧き上がり、急いで嫌だと首をふり殆ど動かなくなった腕で縋った。]

 や、やだ やだよ
 に、にー… ッ、ニールはっ
 お、狼、ならない、よね…っ!?

[思い出されたのはフェルゼの言葉。>>3:306

自分はならなかった。けれどニールは?
これ以上家族を失いたくない。
ニールが発した驚きがどの理由からくるなんてわからなくて、手の震えが抑えられなかった。**]

(22) 2019/03/20(Wed) 17時頃

蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/20(Wed) 17時半頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 8号室 ―

[ジャーディンを笑おうとして上手くできなかった。
彼は笑おうとしたのか奇妙な音をたてて血に咽た。
どちらも笑うのが下手だった。いつもそうだ。
Redwolfには感情豊かすぎる連中も多いが、何を考えているかわらかない奴らもそこそこいる。それを気にする風潮はなかった。
ここは船の上だ。最初から社会を知らぬ者もいれは自らはみ出した者もいる。それを獣と罵る陸の連中だっていた]

 そうだな、あんたは……
 俺にはずっと、人に見える

 人狼なのだろうと思う、けれど人に見える。

[何か(彼の場合は医療の技だろうか)に長けた者は、何が欠けるのかもしれない>>11。彼は正しく、自分のことには疎い……違う、興味がないように見えた。
自分の死にすら、もしかしたら]

(23) 2019/03/20(Wed) 21時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 それ。答えになってないけど?
 ちなみに俺は、罰なんてバカバカしいと思ってる

[彼が首を振るのを見れば>>12、再びそうか、と軽く肩を竦めた。だからジャーディンを殺そうと思ったのは罰なんかじゃない。ムカついたからだ。
死にたがっているように見えたから。
それなら、殺してやろうと思ったのだ]

 生きてて欲しいやつ、ね
 ……もう結構、残ってないかもしれねーよ

[上でも横でも、水音やら誰かの声やら何かの落ちる音やら。
波音に交じるそれらは、名も覚えきれていなかった下っ端だけのものではないだろう。

それが誰の声か認識できたとしても、誰かを助けるとか誰かを殺しにいくとか、そういったことは考えなかった。
目を離した隙にジャーディンがもし、獣になってしまったら。それは少し、面白くないように思えたから]

(24) 2019/03/20(Wed) 21時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi